【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180112173354.html
黒色が好きな人の深層心理

黒色が好きな人の深層心理 | LADYCO

LADYCO
黒色が好きな人の深層心理

黒色が好きな人はそんな心理なのでそうしてしまうのでしょうか。

これから挙げる9つの点に注目してみましょう。

  • 気分が憂うつで明るい色の洋服を着たいという気持ちにならない
  • どんなときにも合う色である
  • 汚れにくく目立たない
  • 高級感のある雰囲気を出したい
  • 色白を強調したい
  • 清楚さや控えめな雰囲気を出したい
  • シンプルなスタイルに憧れている
  • 誰からも干渉されたくない
  • ミステリアスな雰囲気になる
  • まとめ

1. 気分が憂うつで明るい色の洋服を着たいという気持ちにならない

気分が憂うつで明るい色の洋服を着たいという気持ちにならない

悲しいこと、それは失恋とか友人の裏切り、またいじめなどとてもつらいことがあると明るい色の服を着たいという気持ちにならずに、ダーク系の色特に黒を選んでしまうところがあります。

自分のその憂うつな気持ちがそのまま色として表れているのであり、不幸なモードになってしまっています。

笑顔を作ることができずに黙々と仕事だけをしているという感じかもしれません。

他の人が近寄りにくい雰囲気を黒という色で出しているのであり、周囲の人たちもなにかあったのかなと察したりすることでしょう。

2. どんなときにも合う色である

どんなときにも合う色である

黒い色というのは誰でもどんな状況でも失礼のない色であることが多く、あまりセンスに自信がないので派手な色は無理と感じており、黒を着れば間違いがないという安心感を得たいのかもしれません。

男性は冬はもちろん夏でも黒のスーツを着ていますし、プライべートでも黒を選んでシンプルに着こなすことをすることは多いです。

黒は他の色との組み合わせやすいということもあるでしょう。

3. 汚れにくく目立たない

汚れにくく目立たない

ホワイトなどのパステル系で明るい色というのはちょっとしたことで汚れてしまうし、首筋が当たる襟の部分や袖、また食事のときにうっかりと食べ物を洋服にこぼしてしまうと大変なことになります。

でも黒であれば同じ汚れがつくことがあったとしてもそれが目立たないので恥ずかしさがありません。

少しくらい洗濯をしなくても不潔なように見られることがないので安心なのです。

汚れが目立たない色である黒は確かに安全であり、あまり汚れに気を使わずに着れる、無難な色なのです。

4. 高級感のある雰囲気を出したい

高級感のある雰囲気を出したい

ブラックというのは重厚感があり同時に高級感を感じる色でもあります。

軽くて浮ついているような感じではなく、どっしりと構えており幼稚に見られたくないという気持ちが働くために黒を選ぶのです。

黒は相手を時に威圧するような雰囲気を与えますし、堂々とした感じを出したいので、男性は黒で大人っぽくしっかりしている仕事のできる人と見られたいという願望のゆえに黒のスーツを着たりします。

5. 色白を強調したい

色白を強調したい

女性たち特に色白のきれいな肌を持つ女性は、黒い服を着ることで肌の白さを引き立たせたいという気持ちがあります。

実際そのような色の服はとっても似合いますし、肌の白さが普通以上であるかのような印象を与えることに成功します。

同姓からはその白さを羨ましく思われるし、異性からはその肌の白さゆえにきれいで惹きつけられていくということでいろいろなメリットを感じています。

6. 清楚さや控えめな雰囲気を出したい

清楚さや控えめな雰囲気を出したい

特に女性は派手な色目の服を着ることもできるのですが、あえて地味で黒っぽい服を選ぶことで清楚さや控えめな雰囲気、そしていかにも異性へのアピールを狙っているかのような注意を引くような目立つものを避けようとします。

異性探しでやる気満々になっているように思われるのが嫌ですし、そこまでガツガツもしていないので、おとなしく普通な感じでありたいので黒い色はその点でぴったりなのです。

7. シンプルなスタイルに憧れている

シンプルなスタイルに憧れている

モデルやきれいな女性というのは、服を地味にしていることが多く、単色の黒で無地というシンプルスタイルを好んでおり欧米系でもその傾向は強いです。

そんなシンプルな服装がとってもかっこいいし、すっきりしていてそれでいて安っぽさがありません。

合わせやすくてコーディネイトしやすく、そして黒というのは服ではなく、その服を着ている女性そのものに目を向けやすくする効果があり、それを狙っていたりします。

8. 誰からも干渉されたくない

誰からも干渉されたくない

黒を着ることで、近づいて来ないでというオーラを出したいためにそうしていることがあります。

疲れており誰かにしょうもないことで話しかけられるとさらにイライラしてしまうので、あえて重たい服装をしてダークな雰囲気を出して近づきにくくしているのです。

目を合わせようとすることもなく、淡々と自分の仕事をしてさっさと帰ってしまう感じになるかもしれません。

9. ミステリアスな雰囲気になる

ミステリアスな雰囲気になる

ちょっと神秘的でミステリアスな男性や女性になりたい人は黒系の服を選びます。

知的で賢く大人であるという雰囲気を出すのに最適な色はブラックであると認識しているのです。

まとめ

黒色が好きな人はいろいろな理由でその色を選ぶのであり、それは男性と女性でも違いがあるといえます。

男性は威圧感や大人っぽさを出したいという気持ち、女性は干渉されたくないことや清楚さを出したい、また自立している雰囲気を出したいことからそうした色を選ぶ傾向にあります。

いずれにしてもブラックという色はちょっと大人な男性と女性が似合いますし、スマートな雰囲気を与えるので人気があります。

黒色が好きな人はそんな心理なのでそうしてしまうのでしょうか。

これから挙げる9つの点に注目してみましょう。


気分が憂うつで明るい色の洋服を着たいという気持ちにならない

悲しいこと、それは失恋とか友人の裏切り、またいじめなどとてもつらいことがあると明るい色の服を着たいという気持ちにならずに、ダーク系の色特に黒を選んでしまうところがあります。

自分のその憂うつな気持ちがそのまま色として表れているのであり、不幸なモードになってしまっています。

笑顔を作ることができずに黙々と仕事だけをしているという感じかもしれません。

他の人が近寄りにくい雰囲気を黒という色で出しているのであり、周囲の人たちもなにかあったのかなと察したりすることでしょう。

どんなときにも合う色である

黒い色というのは誰でもどんな状況でも失礼のない色であることが多く、あまりセンスに自信がないので派手な色は無理と感じており、黒を着れば間違いがないという安心感を得たいのかもしれません。

男性は冬はもちろん夏でも黒のスーツを着ていますし、プライべートでも黒を選んでシンプルに着こなすことをすることは多いです。

黒は他の色との組み合わせやすいということもあるでしょう。

汚れにくく目立たない

ホワイトなどのパステル系で明るい色というのはちょっとしたことで汚れてしまうし、首筋が当たる襟の部分や袖、また食事のときにうっかりと食べ物を洋服にこぼしてしまうと大変なことになります。

でも黒であれば同じ汚れがつくことがあったとしてもそれが目立たないので恥ずかしさがありません。

少しくらい洗濯をしなくても不潔なように見られることがないので安心なのです。

汚れが目立たない色である黒は確かに安全であり、あまり汚れに気を使わずに着れる、無難な色なのです。

高級感のある雰囲気を出したい

ブラックというのは重厚感があり同時に高級感を感じる色でもあります。

軽くて浮ついているような感じではなく、どっしりと構えており幼稚に見られたくないという気持ちが働くために黒を選ぶのです。

黒は相手を時に威圧するような雰囲気を与えますし、堂々とした感じを出したいので、男性は黒で大人っぽくしっかりしている仕事のできる人と見られたいという願望のゆえに黒のスーツを着たりします。

色白を強調したい

女性たち特に色白のきれいな肌を持つ女性は、黒い服を着ることで肌の白さを引き立たせたいという気持ちがあります。

実際そのような色の服はとっても似合いますし、肌の白さが普通以上であるかのような印象を与えることに成功します。

同姓からはその白さを羨ましく思われるし、異性からはその肌の白さゆえにきれいで惹きつけられていくということでいろいろなメリットを感じています。

清楚さや控えめな雰囲気を出したい

特に女性は派手な色目の服を着ることもできるのですが、あえて地味で黒っぽい服を選ぶことで清楚さや控えめな雰囲気、そしていかにも異性へのアピールを狙っているかのような注意を引くような目立つものを避けようとします。

異性探しでやる気満々になっているように思われるのが嫌ですし、そこまでガツガツもしていないので、おとなしく普通な感じでありたいので黒い色はその点でぴったりなのです。

シンプルなスタイルに憧れている

モデルやきれいな女性というのは、服を地味にしていることが多く、単色の黒で無地というシンプルスタイルを好んでおり欧米系でもその傾向は強いです。

そんなシンプルな服装がとってもかっこいいし、すっきりしていてそれでいて安っぽさがありません。

合わせやすくてコーディネイトしやすく、そして黒というのは服ではなく、その服を着ている女性そのものに目を向けやすくする効果があり、それを狙っていたりします。

誰からも干渉されたくない

黒を着ることで、近づいて来ないでというオーラを出したいためにそうしていることがあります。

疲れており誰かにしょうもないことで話しかけられるとさらにイライラしてしまうので、あえて重たい服装をしてダークな雰囲気を出して近づきにくくしているのです。

目を合わせようとすることもなく、淡々と自分の仕事をしてさっさと帰ってしまう感じになるかもしれません。

ミステリアスな雰囲気になる

ちょっと神秘的でミステリアスな男性や女性になりたい人は黒系の服を選びます。

知的で賢く大人であるという雰囲気を出すのに最適な色はブラックであると認識しているのです。

黒色が好きな人はいろいろな理由でその色を選ぶのであり、それは男性と女性でも違いがあるといえます。

男性は威圧感や大人っぽさを出したいという気持ち、女性は干渉されたくないことや清楚さを出したい、また自立している雰囲気を出したいことからそうした色を選ぶ傾向にあります。

いずれにしてもブラックという色はちょっと大人な男性と女性が似合いますし、スマートな雰囲気を与えるので人気があります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-