【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180111164630.html
キャラが被っている人に嫉妬心を抱く心理

キャラが被っている人に嫉妬心を抱く心理 | LADYCO

LADYCO
キャラが被っている人に嫉妬心を抱く心理

自分とキャラが被ってしまうのは腹が立つし見過ごすことのできないことかもしれません。

嫉妬心がメラメラと沸いてくるのですが、そもそもどうしてそのような気持ちになるのでしょうか。

これからキャラが被っている人に嫉妬心を抱いてしまう7つの心理を考察してみましょう。

  • 自分の居場所がなくなってしまうという危機感
  • 比較されるのが嫌
  • 自分だけのオリジナルの個性ではなくなる
  • 相手が自分を真似ることの幼稚さに腹が立つ
  • 取り合いになる気持ちが嫌
  • 自分が負けていることがわかる
  • まとめ

1. 自分の居場所がなくなってしまうという危機感

自分の居場所がなくなってしまうという危機感

自分のキャラを大切にしている人にとって、キャラが被り自分よりも少し目立っている、あるいは自分よりもその点でちょっと優れている人が身近に現れるようになると、自分の影が薄くなっていくような感じがして嫉妬してしまうことがあります。

これまでの自分のポジションがその人に取って代わるようなことが起きるのではないかという気持ちであり、友人関係がぎくしゃくしたり、他の人が自分にではなくそのキャラが被っている人に向いてしまうので、自分が放っておかれているように感じてしまい、嫉妬心や対抗心を露わにするようになるかもしれません。

自分を守ることに必死になります。

2. 比較されるのが嫌

比較されるのが嫌

キャラが被ることで他の人が自分とその人を比較するようになることが嫌だったりします。

服装や選ぶカラーが似ているとそれを指摘されるかもしれませんし、考え方や行動また趣味が似ていると事あるごとにそんな比較をされて面白くないのです。

しかも比較されて自分の方が少し劣っているかのような発言をされるとムカムカしたり、相手への嫉妬心が強くなり不機嫌になるのです。

3. 自分だけのオリジナルの個性ではなくなる

自分だけのオリジナルの個性ではなくなる

キャラが被る部分があるとそれが自分だけのオリジナルな個性ではなくなってしまうことが我慢なりません。

それが自分のカラーであり自分の特徴であったのに、キャラが被ってしまうことでそのオリジナル性が失われるのは寂しい気持ちになります。

真似されているような気持ちになることもあるかもしれませんし、自分の方が先にこのキャラになっていたとばかりに対抗意識を持ったりして嫉妬することがあります。

4. 相手が自分を真似ることの幼稚さに腹が立つ

相手が自分を真似ることの幼稚さに腹が立つ

たまたまキャラが同じであればそれは仕方がないことですが、相手が自分のことを真似してキャラを被せてくるようなことをすると腹が立つのは当然であり、まるで無許可で特許が侵害されたような気持ちになるかもしれません。

そんなことしかできないのか、という気持ちや相手の発想の乏しさを嘆くこともあるでしょう。

とはいえ相手に真似されるほど自分の個性は魅力があるという気持ちになれれば多少自分の感情をコントロールできるかもしれませんが、相手が幼稚に見えてしまうものであり、そのような人とは少し距離を置くことができるかもしれません。

5. 取り合いになる気持ちが嫌

取り合いになる気持ちが嫌

キャラが被るというのは、自分と似ているわけで好きになるものが同じということでもあります。

つまり仲の良い友人をそのキャラが被っている人と取り合いになる、もっとひどいことに異性の好みまで同じだと、狙っている相手まで同じになりかなり嫌な気持ちになります。

性格が良いと、そんな取り合いを相手に譲ってしまってもいいかなという気持ちになってしまうことさえあります。

キャラが被ることで、人間関係がこじれてしまうのはつまらないし、大切な人を取られてしまうのではないかという不安は穏やかはありません。

6. 相手に悪気がないゆえにつらくなる

意図的にキャラを被せてくるような相手には腹が立つのは当然ですが、相手に全く悪気がなくたまたまキャラが被っていると思える場合には、相手にそれを言うこともできないし、自分だけがそう思っているのかもしれないと考えてどうすることもできなくてつらい気持ちになります。

その相手が自分も大切にしている友人と楽しそうに話しているとやきもちを焼いてしまったりします。

キャラの被る相手は自分を全く意識していないし、自然体なので自分だけがその人を意識している状態はとてもつらいのです。

7. 自分が負けていることがわかる

自分が負けていることがわかる

キャラが被り明らかにその能力やキャラの洗練さという点で負けていることを感じるときに挫折感と嫉妬心が芽生えてきます。

自分の能力をもっと伸ばさなくてはいけないという気持ちと、それをするのは無理ではないかという気持ち、できればこの人さえいなければ自分が注目されるのにという思いが強いので、その人を追い出したい、自分の視界に入るところに来ないで欲しいという気持ちになるでしょう。

まとめ

キャラが自分と被るというのは、自分がなくなっていくような感じがして本当に嫌なものです。

周囲の人たちも気がついていると比較されるし、自分が劣っているように見られることさえあるのです。

そうしたことが気になってしまうと仕事に手がつかなかったり、相手に対して嫌な感情が高まってしまうので、少し距離を置くようにしたり、表面的な付き合いのみにすることができるかもしれません。

嫉妬してしまうのは仕方がない部分でもありますがその感情も一時的なもので終わることが多いので時間が解決してくれたりします。

自分とキャラが被ってしまうのは腹が立つし見過ごすことのできないことかもしれません。

嫉妬心がメラメラと沸いてくるのですが、そもそもどうしてそのような気持ちになるのでしょうか。

これからキャラが被っている人に嫉妬心を抱いてしまう7つの心理を考察してみましょう。


自分の居場所がなくなってしまうという危機感

自分のキャラを大切にしている人にとって、キャラが被り自分よりも少し目立っている、あるいは自分よりもその点でちょっと優れている人が身近に現れるようになると、自分の影が薄くなっていくような感じがして嫉妬してしまうことがあります。

これまでの自分のポジションがその人に取って代わるようなことが起きるのではないかという気持ちであり、友人関係がぎくしゃくしたり、他の人が自分にではなくそのキャラが被っている人に向いてしまうので、自分が放っておかれているように感じてしまい、嫉妬心や対抗心を露わにするようになるかもしれません。

自分を守ることに必死になります。

比較されるのが嫌

キャラが被ることで他の人が自分とその人を比較するようになることが嫌だったりします。

服装や選ぶカラーが似ているとそれを指摘されるかもしれませんし、考え方や行動また趣味が似ていると事あるごとにそんな比較をされて面白くないのです。

しかも比較されて自分の方が少し劣っているかのような発言をされるとムカムカしたり、相手への嫉妬心が強くなり不機嫌になるのです。

自分だけのオリジナルの個性ではなくなる

キャラが被る部分があるとそれが自分だけのオリジナルな個性ではなくなってしまうことが我慢なりません。

それが自分のカラーであり自分の特徴であったのに、キャラが被ってしまうことでそのオリジナル性が失われるのは寂しい気持ちになります。

真似されているような気持ちになることもあるかもしれませんし、自分の方が先にこのキャラになっていたとばかりに対抗意識を持ったりして嫉妬することがあります。

相手が自分を真似ることの幼稚さに腹が立つ

たまたまキャラが同じであればそれは仕方がないことですが、相手が自分のことを真似してキャラを被せてくるようなことをすると腹が立つのは当然であり、まるで無許可で特許が侵害されたような気持ちになるかもしれません。

そんなことしかできないのか、という気持ちや相手の発想の乏しさを嘆くこともあるでしょう。

とはいえ相手に真似されるほど自分の個性は魅力があるという気持ちになれれば多少自分の感情をコントロールできるかもしれませんが、相手が幼稚に見えてしまうものであり、そのような人とは少し距離を置くことができるかもしれません。

取り合いになる気持ちが嫌

キャラが被るというのは、自分と似ているわけで好きになるものが同じということでもあります。

つまり仲の良い友人をそのキャラが被っている人と取り合いになる、もっとひどいことに異性の好みまで同じだと、狙っている相手まで同じになりかなり嫌な気持ちになります。

性格が良いと、そんな取り合いを相手に譲ってしまってもいいかなという気持ちになってしまうことさえあります。

キャラが被ることで、人間関係がこじれてしまうのはつまらないし、大切な人を取られてしまうのではないかという不安は穏やかはありません。

6. 相手に悪気がないゆえにつらくなる

意図的にキャラを被せてくるような相手には腹が立つのは当然ですが、相手に全く悪気がなくたまたまキャラが被っていると思える場合には、相手にそれを言うこともできないし、自分だけがそう思っているのかもしれないと考えてどうすることもできなくてつらい気持ちになります。

その相手が自分も大切にしている友人と楽しそうに話しているとやきもちを焼いてしまったりします。

キャラの被る相手は自分を全く意識していないし、自然体なので自分だけがその人を意識している状態はとてもつらいのです。

自分が負けていることがわかる

キャラが被り明らかにその能力やキャラの洗練さという点で負けていることを感じるときに挫折感と嫉妬心が芽生えてきます。

自分の能力をもっと伸ばさなくてはいけないという気持ちと、それをするのは無理ではないかという気持ち、できればこの人さえいなければ自分が注目されるのにという思いが強いので、その人を追い出したい、自分の視界に入るところに来ないで欲しいという気持ちになるでしょう。

キャラが自分と被るというのは、自分がなくなっていくような感じがして本当に嫌なものです。

周囲の人たちも気がついていると比較されるし、自分が劣っているように見られることさえあるのです。

そうしたことが気になってしまうと仕事に手がつかなかったり、相手に対して嫌な感情が高まってしまうので、少し距離を置くようにしたり、表面的な付き合いのみにすることができるかもしれません。

嫉妬してしまうのは仕方がない部分でもありますがその感情も一時的なもので終わることが多いので時間が解決してくれたりします。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-