【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180109165217.html
余計なお世話をする人の心理

余計なお世話をする人の心理 | LADYCO

LADYCO
余計なお世話をする人の心理

本当はやって欲しくないのに、余計なお世話をしてくる人って何処にでもいますよね。

やっている本人は良いかもしれませんが、やられた側にとってはちょっとウザイと思うこともあるでしょう。

そこで、今回は、余計なお世話をしてくる人の心理について迫ってみたいと思います。

  • 余計なお世話をしてくる人は自分が主導権を握りたい
  • 余計なお世話をしてくる人は愛情の押し付けをしている
  • その人のやることが信用できないから
  • 自分の存在をアピールしたい
  • 余計なお世話をしてくる人はもともと親切
  • 余計なことをしているとは思っていない
  • 余計なお世話をしてくる人は人のことに首を突っ込みたい
  • 人との関りが大好き
  • まとめ

1. 余計なお世話をしてくる人は自分が主導権を握りたい

余計なお世話をしてくる人は自分が主導権を握りたい

余計なお世話をしてくる人は、とにかく自分が何でも把握していないと気が済まないような人でしょう。

「私がやらなくては!」「私がまとめないとダメなの!」などと常に自分が先頭に立って何でもやってしまうようなタイプが多いのです。

そのため、余計なお世話ではなく、その人の中では、「やらなくてはいけないこと」になっているのです。

自分がまとめたり、引っ張って行くためには色んなことを掌握してあれこれ指示していくのが当然だと思っているため、どこまででも世話をやいてきます。

2. 余計なお世話をしてくる人は愛情の押し付けをしている

余計なお世話をしてくる人は愛情の押し付けをしている

余計なお世話をしてくる人は、お世話をやいている人のことが気になって仕方がありません。

例えば、母親がいつまでも自分の子供の世話をやきたがるのは、子供のことが可愛い。

子供をいつまでもそばにおいておきたいなど、余計なお世話は愛情表現だと勘違いしている傾向にあります。

他人に対しても同じような心理がはたらき、その人のことが好き、その人のためなら何でもやってあげたい、という気持ちの表れで、こちらも相手の気持ちをあまり考えない愛情の押し付けのような行動になりますよね。

女性が男性にやりすぎると、ダメ男を作ってしまうことになりかねない言動でしょう。

3. その人のやることが信用できないから

その人のやることが信用できないから

余計なお世話をしてくる人の心理は、余計なお世話をやいてしまう対象者に対してあまり信用していないことも原因でしょう。

「自分が何とかしなくては、この人に任せていたら出来ないかもしれない」「この人のやることは、いつもツメが甘い」などと、余計なお世話だとわかっていても手を出さなくてはことがスムーズに運んでいかないことを心配しての行動です。

4. 自分の存在をアピールしたい

自分の存在をアピールしたい

余計なお世話をしてくる人は、とにかく自分のアピールを優先します。

自分がやってあげた。

自分におかげでここまで成功したんだ!ということを人に認めてもらいたいがため必要以上に余計なお世話をしてくるのです。

そして、余計なお世話をしてきても必ず、自分がやったことがみんなに分かるように大げさにアピールしたりします。

例えば、勝手に余計なお世話をしてきたのに「私が、成功するよう励ましました」「私も色々、お世話をするのに骨を折ったんです」などと、自分の成果を付け加えることを忘れたりはしません。

5. 余計なお世話をしてくる人はもともと親切

余計なお世話をしてくる人はもともと親切

余計なお世話をしてくる人は、とにかく誰に対しても親切なのです。

少しでも困っていたら気になって仕方がないため、考えるよりも先に行動してしまうことが多いようです。

「困ったな...」と呟きが聞こえたら、自分の時間を割いてでもお手伝いしてあげたいと思ってしまうのです。

そのため、本当は余計なお世話だと感じていてもやってもらう側は何にも言えなくなってしまうのです。

6. 余計なことをしているとは思っていない

余計なことをしているとは思っていない

余計なお世話をしてくる人は、そもそも自分がやっていることが余計なお世話だとは感じていません。

親切心な気持ちや、自分が目についたから手伝ってあげているだけだと思っていることも多く、その人の手順があるのなんてあまり考えようとはしないのです。

そのため、もしやってもらった人が「実はそこまでやってもら鵜必要はなかったんだ」などと、言ったとしても「あっ、そうなんだ」で終わってしまうほど、自分では余計なお世話をしていることに気がつかないのです」。

7. 余計なお世話をしてくる人は人のことに首を突っ込みたい

余計なお世話をしてくる人は人のことに首を突っ込みたい

余計なお世話をしてくる人の心理は、とにかく色んな人の深い部分にも首を突っ込みたい人なのです。

つまりは、詮索することが好きな人ですね。

隣の人が何かケンカをしていたら気になってしまい、「どうしたの?」「何かあったら言って」などと、親切に声をかけたりしますが、実は心配していることよりただ詮索したいだけなのです。

そして、余計なお世話をしてくる人は、噂好きでもあるため、仕入れたネタは色んな人にペラペラ話してしまう傾向にあるのです。

8. 人との関りが大好き

人との関りが大好き

余計なお世話をしてくる人の心理は、ただ人との関りが好きなだけの場合もあります。

色んな人と関るり人とのコミュニケーションをするのを求めているため、余計なことにも自ら首を突っ込みややこしいことに巻き込まれることもあるのです。

それでも、やっぱり人との関りを絶つことはなくどっぷりと色んな人のお世話に明け暮れてしまうこともあるのです。

まとめ

余計なお世話をしてくる人の心理について、ご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

ホント余計なお世話をしてくる人だなっと思ってもなかなか言えませんよね。

やってくれているから、一応お礼も言わなくてはいけないし...。

余計なお世話をしてくる人の心理を掴んで、上手く対処していくよう心掛けることでしょうね。

本当はやって欲しくないのに、余計なお世話をしてくる人って何処にでもいますよね。

やっている本人は良いかもしれませんが、やられた側にとってはちょっとウザイと思うこともあるでしょう。

そこで、今回は、余計なお世話をしてくる人の心理について迫ってみたいと思います。


余計なお世話をしてくる人は自分が主導権を握りたい

余計なお世話をしてくる人は、とにかく自分が何でも把握していないと気が済まないような人でしょう。

「私がやらなくては!」「私がまとめないとダメなの!」などと常に自分が先頭に立って何でもやってしまうようなタイプが多いのです。

そのため、余計なお世話ではなく、その人の中では、「やらなくてはいけないこと」になっているのです。

自分がまとめたり、引っ張って行くためには色んなことを掌握してあれこれ指示していくのが当然だと思っているため、どこまででも世話をやいてきます。

余計なお世話をしてくる人は愛情の押し付けをしている

余計なお世話をしてくる人は、お世話をやいている人のことが気になって仕方がありません。

例えば、母親がいつまでも自分の子供の世話をやきたがるのは、子供のことが可愛い。

子供をいつまでもそばにおいておきたいなど、余計なお世話は愛情表現だと勘違いしている傾向にあります。

他人に対しても同じような心理がはたらき、その人のことが好き、その人のためなら何でもやってあげたい、という気持ちの表れで、こちらも相手の気持ちをあまり考えない愛情の押し付けのような行動になりますよね。

女性が男性にやりすぎると、ダメ男を作ってしまうことになりかねない言動でしょう。

その人のやることが信用できないから

余計なお世話をしてくる人の心理は、余計なお世話をやいてしまう対象者に対してあまり信用していないことも原因でしょう。

「自分が何とかしなくては、この人に任せていたら出来ないかもしれない」「この人のやることは、いつもツメが甘い」などと、余計なお世話だとわかっていても手を出さなくてはことがスムーズに運んでいかないことを心配しての行動です。

自分の存在をアピールしたい

余計なお世話をしてくる人は、とにかく自分のアピールを優先します。

自分がやってあげた。

自分におかげでここまで成功したんだ!ということを人に認めてもらいたいがため必要以上に余計なお世話をしてくるのです。

そして、余計なお世話をしてきても必ず、自分がやったことがみんなに分かるように大げさにアピールしたりします。

例えば、勝手に余計なお世話をしてきたのに「私が、成功するよう励ましました」「私も色々、お世話をするのに骨を折ったんです」などと、自分の成果を付け加えることを忘れたりはしません。

余計なお世話をしてくる人はもともと親切

余計なお世話をしてくる人は、とにかく誰に対しても親切なのです。

少しでも困っていたら気になって仕方がないため、考えるよりも先に行動してしまうことが多いようです。

「困ったな...」と呟きが聞こえたら、自分の時間を割いてでもお手伝いしてあげたいと思ってしまうのです。

そのため、本当は余計なお世話だと感じていてもやってもらう側は何にも言えなくなってしまうのです。

余計なことをしているとは思っていない

余計なお世話をしてくる人は、そもそも自分がやっていることが余計なお世話だとは感じていません。

親切心な気持ちや、自分が目についたから手伝ってあげているだけだと思っていることも多く、その人の手順があるのなんてあまり考えようとはしないのです。

そのため、もしやってもらった人が「実はそこまでやってもら鵜必要はなかったんだ」などと、言ったとしても「あっ、そうなんだ」で終わってしまうほど、自分では余計なお世話をしていることに気がつかないのです」。

余計なお世話をしてくる人は人のことに首を突っ込みたい

余計なお世話をしてくる人の心理は、とにかく色んな人の深い部分にも首を突っ込みたい人なのです。

つまりは、詮索することが好きな人ですね。

隣の人が何かケンカをしていたら気になってしまい、「どうしたの?」「何かあったら言って」などと、親切に声をかけたりしますが、実は心配していることよりただ詮索したいだけなのです。

そして、余計なお世話をしてくる人は、噂好きでもあるため、仕入れたネタは色んな人にペラペラ話してしまう傾向にあるのです。

人との関りが大好き

余計なお世話をしてくる人の心理は、ただ人との関りが好きなだけの場合もあります。

色んな人と関るり人とのコミュニケーションをするのを求めているため、余計なことにも自ら首を突っ込みややこしいことに巻き込まれることもあるのです。

それでも、やっぱり人との関りを絶つことはなくどっぷりと色んな人のお世話に明け暮れてしまうこともあるのです。

余計なお世話をしてくる人の心理について、ご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

ホント余計なお世話をしてくる人だなっと思ってもなかなか言えませんよね。

やってくれているから、一応お礼も言わなくてはいけないし...。

余計なお世話をしてくる人の心理を掴んで、上手く対処していくよう心掛けることでしょうね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-