【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180109132905.html
人と話すのが苦手な人の心理

人と話すのが苦手な人の心理 | LADYCO

LADYCO
人と話すのが苦手な人の心理

人と話すのが苦手な人は多いのですが、就職の面接や仕事やバイト、また家庭を持つことなど人と関わって生きていく以上その苦手意識を克服したいものです。

人と話すことが苦手な人の心理について7つを考察してみましょう。

  • 相手の人の話している内容がつまらないと思ってしまう
  • 話の要点を掴むのが得意ではない
  • 相手の目を見て会話することができない
  • メールばかり使うようになる
  • 内気な人
  • 論理的な話ができない
  • 言葉に詰まり沈黙してしまう
  • まとめ

1. 相手の人の話している内容がつまらないと思ってしまう

相手の人の話している内容がつまらないと思ってしまう

人と話すのが苦手な人というのは、相手の話を聞くのが苦手、つまり相手の話に興味を持って聞くことが得意ではないことが多いです。

自分にあまり関心のないことだとさらっと聞いたり場合によっては相手の話を聞きながら別の事を考えてしまったりすることさえあります。

確かに他の人の話というのは時にとても長いことがあり、結局なにが言いたいのかよくわからないようなこともあるために、そういう人と話すことは苦手であり、つまらない、時間の無駄と先入観を持ってしまうのです。

2. 話の要点を掴むのが得意ではない

話の要点を掴むのが得意ではない

論理的に相手が話していても、その話の要点を掴むことが得意ではなく、それにふさわしい反応ができない、適切な言葉を返すことができない人は人と話すことが苦手な人が多いです。

つまり会話が噛み合わないのであり、相手の人はピント外れな反応にイライラしてしまうことでしょう。

そのような反応をされてしまうと、ますます自分に自信がなくなり、人と話すことを避けるようになってしまうことがあります。

3. 相手の目を見て会話することができない

相手の目を見て会話することができない

人と話をすることが苦手な人は相手の目を見て話すことがなかなかできなかったりします。

相手の目を見て会話するのは普通のことですが、相手に見つめられるとドキドキ緊張してしまい、自分が話したい内容をうまくまとめて話すことができなくなってしまうのです。

相手の表情を気にしてしまい、どんな反応をするのかが不安になったりして、できるだけ話すことを控えるような内向きになってしまいやすいです。

4. メールばかり使うようになる

メールばかり使うようになる

相手と会話をしなくてもメールなどの文字を使ったコミュニケーションで考えを伝達することができるために、人と話をすることが苦手な人はそうしたツールに頼るようになります。

確かに連絡事項などの場合にはそうしたものの方が間違いがなく、あとでそのメールで確認ができるために確実かもしれませんが、人と話をしないことで、お互いがどのような気持ちと持っているのかということがわかりにくいために、意思の疎通がスムーズにできないような状況が生まれることがあります。

5. 内気な人

内気な人

内気な人は人と会話をすることが苦手と感じています。

最低限の会話しかしませんし、できるだけ一人でいたいという気持ちになってしまいます。

人と話をすることで自分の事を探られたり干渉されたりすることが嫌なのかもしれませんし、黙々と仕事をしたいというタイプなのかもしれません。

相手からどう思われるのかということをとても気にしており、ネガティブ思考を持っているために、人と会話をすればするほど自分のことが知られてしまうことが恥ずかしいとか、場合によってはいじめられるかもしれないという恐れの気持ちがあったりします。

6. 論理的な話ができない

論理的な話ができない

人と話すことが苦手な人は論理的な話ができないことが多く自信がありません。

過去に人と話していて、結局何が言いたいの、とか話がよくわからないといったことを言われ、わかりやすく自分の気持ちや状況を伝えることが苦手であると感じてしまっています。

そうした反応を受けると確かに人と話すのが嫌になってしまうし、自分が否定されたという思い込みをしてしまうことがあり、ますます人と話さなくなってしまいます。

7. 言葉に詰まり沈黙してしまう

言葉に詰まり沈黙してしまう

人と話すことが苦手な人は、話が続かなくなってしまって沈黙してしまうことの空気がとっても重たくそれが嫌だと感じています。

沈黙したときに焦ってなにかを話さないと思うと変なことを言ってしまったりしてますます気まずくなってしまうことも少なくありません。

そんな感じだと人と話すことをしない方が平安な気持ちでいられると思ってしまうのであり、極力人と話すことをしなくなりやすいです。

相手の話をよく聞いたり、相手に質問したりすることで会話は自然にすることができるものですが、そうしたこともなかなかできないと気まずくなってしまいます。

まとめ

人と会話をすることが苦手な人は、緊張してしまうとか他の人のように上手に話すことができないといった自分と他の人とを比べてしまうこと、また過去に人と話をしたときに冷たい反応をされたとかうまく自分の気持ちを伝えることができなかった、そんな落胆がトラウマのようになってしまっていることもあります。

家庭でも仕事でもやはり人と話すことは必要であり、コミュニケーションがスムーズでないとお互いの理解を深めることができず、疎遠になってしまいがちですので、まずは相手の話を良く聞くことや目を合わせることなどを意識してみることができるかもしれません。

恥ずかしさを少しずつ克服することができれば人と会話することは苦手ではなくなっていきます。

人と話すのが苦手な人は多いのですが、就職の面接や仕事やバイト、また家庭を持つことなど人と関わって生きていく以上その苦手意識を克服したいものです。

人と話すことが苦手な人の心理について7つを考察してみましょう。


相手の人の話している内容がつまらないと思ってしまう

人と話すのが苦手な人というのは、相手の話を聞くのが苦手、つまり相手の話に興味を持って聞くことが得意ではないことが多いです。

自分にあまり関心のないことだとさらっと聞いたり場合によっては相手の話を聞きながら別の事を考えてしまったりすることさえあります。

確かに他の人の話というのは時にとても長いことがあり、結局なにが言いたいのかよくわからないようなこともあるために、そういう人と話すことは苦手であり、つまらない、時間の無駄と先入観を持ってしまうのです。

話の要点を掴むのが得意ではない

論理的に相手が話していても、その話の要点を掴むことが得意ではなく、それにふさわしい反応ができない、適切な言葉を返すことができない人は人と話すことが苦手な人が多いです。

つまり会話が噛み合わないのであり、相手の人はピント外れな反応にイライラしてしまうことでしょう。

そのような反応をされてしまうと、ますます自分に自信がなくなり、人と話すことを避けるようになってしまうことがあります。

相手の目を見て会話することができない

人と話をすることが苦手な人は相手の目を見て話すことがなかなかできなかったりします。

相手の目を見て会話するのは普通のことですが、相手に見つめられるとドキドキ緊張してしまい、自分が話したい内容をうまくまとめて話すことができなくなってしまうのです。

相手の表情を気にしてしまい、どんな反応をするのかが不安になったりして、できるだけ話すことを控えるような内向きになってしまいやすいです。

メールばかり使うようになる

相手と会話をしなくてもメールなどの文字を使ったコミュニケーションで考えを伝達することができるために、人と話をすることが苦手な人はそうしたツールに頼るようになります。

確かに連絡事項などの場合にはそうしたものの方が間違いがなく、あとでそのメールで確認ができるために確実かもしれませんが、人と話をしないことで、お互いがどのような気持ちと持っているのかということがわかりにくいために、意思の疎通がスムーズにできないような状況が生まれることがあります。

内気な人

内気な人は人と会話をすることが苦手と感じています。

最低限の会話しかしませんし、できるだけ一人でいたいという気持ちになってしまいます。

人と話をすることで自分の事を探られたり干渉されたりすることが嫌なのかもしれませんし、黙々と仕事をしたいというタイプなのかもしれません。

相手からどう思われるのかということをとても気にしており、ネガティブ思考を持っているために、人と会話をすればするほど自分のことが知られてしまうことが恥ずかしいとか、場合によってはいじめられるかもしれないという恐れの気持ちがあったりします。

論理的な話ができない

人と話すことが苦手な人は論理的な話ができないことが多く自信がありません。

過去に人と話していて、結局何が言いたいの、とか話がよくわからないといったことを言われ、わかりやすく自分の気持ちや状況を伝えることが苦手であると感じてしまっています。

そうした反応を受けると確かに人と話すのが嫌になってしまうし、自分が否定されたという思い込みをしてしまうことがあり、ますます人と話さなくなってしまいます。

言葉に詰まり沈黙してしまう

人と話すことが苦手な人は、話が続かなくなってしまって沈黙してしまうことの空気がとっても重たくそれが嫌だと感じています。

沈黙したときに焦ってなにかを話さないと思うと変なことを言ってしまったりしてますます気まずくなってしまうことも少なくありません。

そんな感じだと人と話すことをしない方が平安な気持ちでいられると思ってしまうのであり、極力人と話すことをしなくなりやすいです。

相手の話をよく聞いたり、相手に質問したりすることで会話は自然にすることができるものですが、そうしたこともなかなかできないと気まずくなってしまいます。

人と会話をすることが苦手な人は、緊張してしまうとか他の人のように上手に話すことができないといった自分と他の人とを比べてしまうこと、また過去に人と話をしたときに冷たい反応をされたとかうまく自分の気持ちを伝えることができなかった、そんな落胆がトラウマのようになってしまっていることもあります。

家庭でも仕事でもやはり人と話すことは必要であり、コミュニケーションがスムーズでないとお互いの理解を深めることができず、疎遠になってしまいがちですので、まずは相手の話を良く聞くことや目を合わせることなどを意識してみることができるかもしれません。

恥ずかしさを少しずつ克服することができれば人と会話することは苦手ではなくなっていきます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-