【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180108145225.html
弾丸トークがとまらない人の心理

弾丸トークがとまらない人の心理 | LADYCO

LADYCO
弾丸トークがとまらない人の心理

話術が上手な人はとても重宝されます。

しかし話が止まらない人は嫌煙されがちで要注意です。

そんな弾丸トークを続ける人の特徴を探ります。

  • いつも心が寂しがりな人
  • 目立ちたがり屋な人
  • 気を遣う人
  • 自分をアピールしたい気持ちが強い人
  • 頭の回転率が高い人
  • その時点でとても気分がわくわくしている人
  • 身近に話を聞いてくれる人があまりいない人
  • まとめ

1. いつも心が寂しがりな人

いつも心が寂しがりな人

弾丸トークタイプの人は、基本的に自分の事ばかりを延々としゃべり続ける人です。

会話は言葉のキャッチボールという事をよく耳にしますがその通りです。

しかし、一方的に間髪を入れず話すこの手のタイプの人は徐々に嫌煙されてしまいます。

コミュニケーションという場面においては、とてもマイナスは要素となってしまいます。

最大の特徴は、その人がとても寂しがり屋でありその場で自分に注目を集めたい人というところです。

自分にいつも関心を向けて貰いたいという気持ちがある人だと思います。

元々お喋りな人は話術を駆使してその場にいる殆どを自分の出来事について延々と喋り続けて周囲を唖然とさせます。

聞く方は最初相槌を打ちますが、興味のない話が続けば段々鬱陶しくなり、そのうちその人から離れていきます。

2. 目立ちたがり屋な人

目立ちたがり屋な人

本当はとても目立ちたいという心理が根底にある目立ちたがり屋さんですが、目立つ要素が薄いと喋り続ける事で注目をしてくれると考えるタイプです。

関心を向ける手段が喋る事しか見つからないのです。

人気があって自然に皆の注目が集まる人はお喋りでも疑似的な目立ちたがり屋でもなく、自然に皆が寄ってくるから注目を浴びるだけの事ですよね?しかしなかなか自分に皆の目が向いてくれないと悟ると、喋り続けて注目を集めようとする人がいます。

3. 気を遣う人

気を遣う人

お喋りさんは、独りよがりな人だけとは限りません。

根が心配性でサービス精神が強い人程、その場の長い沈黙に耐えられない時や誰も喋るタイミングがなく気まずい空気にならない様に一人気が気ではなくなり自分が犠牲になって喋り続けるという人です。

話術に長けている人の話であればプロの司会者の様に皆の興味をひきながらその場を盛り上げる事が出来るのですが、無理に話そうとするとなかなかうまくはいかず弾丸トークに聞こえてしまうという気遣い損というパターンに陥ります。

4. 自分をアピールしたい気持ちが強い人

自分をアピールしたい気持ちが強い人

自分をアピールする事が必要な時も勿論あります。

逆に不必要なのにひたすらアピールする場合もあります。

アピールしなければならない時は大いに自分を出すべきですが、日常的にはそこまでアピールする必要もない事が一般的でしょう。

やたらと自分をアピールしたがる人は自分に自信を持つ人が多い様に思います。

自分はこれが出来る! ここが自慢だから見て欲しいという事柄が多い人お喋りな人は思わず喋る続けてアピールするしたがる時があります。

5. 頭の回転率が高い人

頭の回転率が高い人

やたらと機転がきいて、頭に色々な事がすぐに浮かぶ人は話題に事欠かない人が多いのではないでしょうか?

お話上手な人ならばこの手段は大いに役立ちます。

しかしただ浮かぶ事をそのまま喋っているだけでは「うるさい人」になってしまいます。

頭の回転率が良い人は、どの場面でどの話をどういう感じで話したら良いのか?

という構成も瞬時に思いつくので、話上手な人の方が多いかもしれません。

6. その時点でとても気分がわくわくしている人

その時点でとても気分がわくわくしている人

その時にその人に取ってとっても良い事があり浮足立っている人は、その嬉しい気持ちをうまく自分の中で消化出来ずに嬉しすぎて思わずお喋りになってしまう事もあります。

嬉しい事があると、確かに無口で無表情がちな人でも自然に笑顔になっていたり、気分よく一言でも喋ってくれたりと良い変化を感じる事が出来たりします。

小躍りしてしまいたくなるような気持ちを、表現方法の一つとして話す事をします。

そういったパターンの場合は、その時が物凄く嬉しくて溢れる思いがお喋りに出てしまっているだけなので、一緒に喜んであげれば直に気持ちが落ち着き納まるので問題はないでしょう。

7. 身近に話を聞いてくれる人があまりいない人

身近に話を聞いてくれる人があまりいない人

普段話をしたくても、身近に直ぐに話を聞いてくれる人がいない人は周りに親しい人がいると、いつも話せない分、たまっている話題等をついつい長々と喋ってしまう癖があるかもしれません。

一人暮らしをしていたり、仕事等が多忙でなかなか知人と予定を合わせられずプライベート時間が取れない人等です。

一人の時間が苦にならなければそういった事もないとは思いますが、お喋りさんはいつもの分を聞いてほしいという気持ちが溢れてしまいお喋りを続けてしまうでしょう。

悪気はないので出来る限りは聞いてあげると良いかもしれません。

まとめ

いかがですか?

コミュニケーション能力は人生を生きていく上でとても大切な事ですよね?誰でも少なからずどこかの集団に所属をしなければなりません。

ベストなタイミングで話を切り出し、その場のみんなが適度に話しながらより良い空間を作り上げていく話方というのは簡単な様で本当に難しいスキルだと思います。

もし、ご自分で自分が話すとシーンとしてしまうという場合は、一度その場面を思い返して、その時のご自身の喋り方を思い返してみると良いかもしれません。

主導権を握りたいのであれば、その場にいる全ての人の様子に気を配る配慮が必要だという事を肝に銘じてこれからコミュニケーションスキルをあげて行かれると良いでしょう。

話術が上手な人はとても重宝されます。

しかし話が止まらない人は嫌煙されがちで要注意です。

そんな弾丸トークを続ける人の特徴を探ります。


いつも心が寂しがりな人

弾丸トークタイプの人は、基本的に自分の事ばかりを延々としゃべり続ける人です。

会話は言葉のキャッチボールという事をよく耳にしますがその通りです。

しかし、一方的に間髪を入れず話すこの手のタイプの人は徐々に嫌煙されてしまいます。

コミュニケーションという場面においては、とてもマイナスは要素となってしまいます。

最大の特徴は、その人がとても寂しがり屋でありその場で自分に注目を集めたい人というところです。

自分にいつも関心を向けて貰いたいという気持ちがある人だと思います。

元々お喋りな人は話術を駆使してその場にいる殆どを自分の出来事について延々と喋り続けて周囲を唖然とさせます。

聞く方は最初相槌を打ちますが、興味のない話が続けば段々鬱陶しくなり、そのうちその人から離れていきます。

目立ちたがり屋な人

本当はとても目立ちたいという心理が根底にある目立ちたがり屋さんですが、目立つ要素が薄いと喋り続ける事で注目をしてくれると考えるタイプです。

関心を向ける手段が喋る事しか見つからないのです。

人気があって自然に皆の注目が集まる人はお喋りでも疑似的な目立ちたがり屋でもなく、自然に皆が寄ってくるから注目を浴びるだけの事ですよね?しかしなかなか自分に皆の目が向いてくれないと悟ると、喋り続けて注目を集めようとする人がいます。

気を遣う人

お喋りさんは、独りよがりな人だけとは限りません。

根が心配性でサービス精神が強い人程、その場の長い沈黙に耐えられない時や誰も喋るタイミングがなく気まずい空気にならない様に一人気が気ではなくなり自分が犠牲になって喋り続けるという人です。

話術に長けている人の話であればプロの司会者の様に皆の興味をひきながらその場を盛り上げる事が出来るのですが、無理に話そうとするとなかなかうまくはいかず弾丸トークに聞こえてしまうという気遣い損というパターンに陥ります。

自分をアピールしたい気持ちが強い人

自分をアピールする事が必要な時も勿論あります。

逆に不必要なのにひたすらアピールする場合もあります。

アピールしなければならない時は大いに自分を出すべきですが、日常的にはそこまでアピールする必要もない事が一般的でしょう。

やたらと自分をアピールしたがる人は自分に自信を持つ人が多い様に思います。

自分はこれが出来る! ここが自慢だから見て欲しいという事柄が多い人お喋りな人は思わず喋る続けてアピールするしたがる時があります。

頭の回転率が高い人

やたらと機転がきいて、頭に色々な事がすぐに浮かぶ人は話題に事欠かない人が多いのではないでしょうか?

お話上手な人ならばこの手段は大いに役立ちます。

しかしただ浮かぶ事をそのまま喋っているだけでは「うるさい人」になってしまいます。

頭の回転率が良い人は、どの場面でどの話をどういう感じで話したら良いのか?

という構成も瞬時に思いつくので、話上手な人の方が多いかもしれません。

その時点でとても気分がわくわくしている人

その時にその人に取ってとっても良い事があり浮足立っている人は、その嬉しい気持ちをうまく自分の中で消化出来ずに嬉しすぎて思わずお喋りになってしまう事もあります。

嬉しい事があると、確かに無口で無表情がちな人でも自然に笑顔になっていたり、気分よく一言でも喋ってくれたりと良い変化を感じる事が出来たりします。

小躍りしてしまいたくなるような気持ちを、表現方法の一つとして話す事をします。

そういったパターンの場合は、その時が物凄く嬉しくて溢れる思いがお喋りに出てしまっているだけなので、一緒に喜んであげれば直に気持ちが落ち着き納まるので問題はないでしょう。

身近に話を聞いてくれる人があまりいない人

普段話をしたくても、身近に直ぐに話を聞いてくれる人がいない人は周りに親しい人がいると、いつも話せない分、たまっている話題等をついつい長々と喋ってしまう癖があるかもしれません。

一人暮らしをしていたり、仕事等が多忙でなかなか知人と予定を合わせられずプライベート時間が取れない人等です。

一人の時間が苦にならなければそういった事もないとは思いますが、お喋りさんはいつもの分を聞いてほしいという気持ちが溢れてしまいお喋りを続けてしまうでしょう。

悪気はないので出来る限りは聞いてあげると良いかもしれません。

いかがですか?

コミュニケーション能力は人生を生きていく上でとても大切な事ですよね?誰でも少なからずどこかの集団に所属をしなければなりません。

ベストなタイミングで話を切り出し、その場のみんなが適度に話しながらより良い空間を作り上げていく話方というのは簡単な様で本当に難しいスキルだと思います。

もし、ご自分で自分が話すとシーンとしてしまうという場合は、一度その場面を思い返して、その時のご自身の喋り方を思い返してみると良いかもしれません。

主導権を握りたいのであれば、その場にいる全ての人の様子に気を配る配慮が必要だという事を肝に銘じてこれからコミュニケーションスキルをあげて行かれると良いでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-