【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180108145036.html
喧嘩したら家から出ていく彼氏の心理

喧嘩したら家から出ていく彼氏の心理 | LADYCO

LADYCO
喧嘩したら家から出ていく彼氏の心理

喧嘩になると家から出ていってしまう男性が少なくありません。

残された女性は「どうして?」と不思議に感じるものでしょう。

ここでは、喧嘩すると家から出ていく彼氏にはどんな心理があるのか見ていくことにしましょう。

  • 冷静になりたい
  • 彼女を冷静にさせたい
  • 話してもムダだと思っている
  • 言葉では勝てないと思っている
  • めんどくさい
  • 疲れたくない
  • 彼女に強い嫌悪感を抱いていて、顔を見たくない
  • まとめ

1. 冷静になりたい

冷静になりたい

喧嘩になると、どうしてもボルテージが上がってしまうものです。

特に感情的になりやすい男性は、すぐに頭に血が上ってしまうに違いありません。

家を出ていく彼氏の多くは、外に出ることによって頭を冷やそうとしていると考えていいでしょう。

「自分は激しやすい性格だ」という自覚のある男性は特にそう考えます。

男性の場合、頭に血が上って、喧嘩がエスカレートすると、彼女に手を出してしまうケースが少なくありません。

自分にはそういうDVの気質が少なからずあるという自覚のある男性は、そうなることを避けるために、自分から家を出ていくということがあるのです。

「このまま喧嘩を続けていくと、よくない事態になってしまいかねない。

だから、自分の頭を冷やしたい」
というのが、家を出ていく彼氏の心理の一つということになるでしょう。

2. 彼女を冷静にさせたい

彼女を冷静にさせたい

彼氏のほうはそれほど激していなくても、女性のほうが一方的にヒートアップしてしまうというケースもあるでしょう。

彼女が感情的になりやすく、喧嘩をエスカレートさせてしまうというケースです。

この場合は、「彼女を冷静にさせたい」という心理から、彼氏が家を出ていくということがあるのです。

女性の中にも、喧嘩がエスカレートすると手が出るという人もいます。

過去の経験から、「このまま喧嘩が続くと、また、彼女が手を出してきかねない」と考えた彼氏が、それを避けるために自分から家を出ていくわけです。

実際には、彼氏が家を出ていくことによって、残された女性の怒りがさらに強くなるということが少なくありません。

つまり、逆効果になることもあるのですが、「彼女の怒りを鎮めたい」という心理から、彼氏は家を出ていくわけです。

3. 話してもムダだと思っている

話してもムダだと思っている

上から目線の心理から、喧嘩になると男性が家を出ていくというケースもあります。

口喧嘩になって、お互いに言いあった場合、ほとんどのケースは話がかみあわないに違いありません。

話がかみ合わないために、喧嘩がエスカレートしていくわけです。

そんなとき、上から目線の男性はこう考えます。

「彼女はすぐ感情的になって、理屈にあわないことばかり口にする。

こちらがいくら話をしても、それを理解する能力が彼女にはないのだ。

だから、これ以上話をしてもムダだ」
つまり、かんたんに言うと、彼氏は「彼女は頭が悪いから、話してもムダ」と考えているのです。

これは、ムダなことはしたくないという心理から、喧嘩になると彼氏が家を出ていくケースということになるでしょう。

4. 言葉では勝てないと思っている

言葉では勝てないと思っている

男性の中にもおしゃべりな人はたくさんいますが、恋人同士が口喧嘩になると、どうしても女性のほうが口数が多くなるものでしょう。

特に、あまりしゃべることが得意でない男性、無口な男性は、「口では彼女に勝てない」と考えることが少なくありません。

喧嘩になると黙ってしまう男性がよくいますが、それはこうした心理からと考えていいでしょう。

ただ黙っていると、一方的に彼女からの口の攻撃を受けることになってしまいます。

負けず嫌いな性格の男性、あるいはプライドの高い男性にとって、それは屈辱でしかありません。

そんな屈辱に耐えられなくなって、家を出ていってしまうこともよくあるのです。

このケースの場合、言葉では彼女に勝てないと考え、喧嘩に負ける屈辱から逃れたいという心理から、彼氏が家を出ていくと考えていいでしょう。

5. めんどくさい

めんどくさい

喧嘩することを「めんどくさい」と感じる男性も少なくありません。

言い合いをすることもめんどくさいですし、いつまでもそれが続くこともめんどくさい、と彼氏は考えています。

さらには、喧嘩を収束させるためには、それなりの努力をする必要もあるでしょう。

男性にとって、それもひどくめんどくさいことなのです。

そうしためんどくさいことを避けたいという心理から、家を出ていってしまうこともあるのです。

6. 疲れたくない

疲れたくない

彼氏が仕事や勉強などで忙しくしていて、心身ともに疲れているとしましょう。

そんなときに喧嘩が起こると、よけいなエネルギーを使う必要が出てきます。

もともと疲れていた彼氏にとって、それは避けたいことに違いありません。

つまり、「これ以上、疲れたくない」という心理から、喧嘩になると彼氏が家を出ていってしまうケースもあるのです。

7. 彼女に強い嫌悪感を抱いていて、顔を見たくない

彼女に強い嫌悪感を抱いていて、顔を見たくない

喧嘩になれば、相手に対して嫌悪感が生じるものです。

よく、「もう顔も見たくない」というセリフを口にする人がいますが、それはつまり、相手に対して大変強い嫌悪感を抱いたからにほかなりません。

喧嘩になると家を出ていく彼氏は、このような心理を抱いていることもよくあります。

「もういっしょにいることに耐えられない。

顔も見たくない」
というのが、このケースでの彼氏の心理ということになるでしょう。

まとめ

喧嘩した時に家を出ていく彼氏の心理を、ここでは7種類紹介しました。

どうして彼氏が家を出ていってしまうのかを判断するための参考になさってください。

喧嘩になると家から出ていってしまう男性が少なくありません。

残された女性は「どうして?」と不思議に感じるものでしょう。

ここでは、喧嘩すると家から出ていく彼氏にはどんな心理があるのか見ていくことにしましょう。


冷静になりたい

喧嘩になると、どうしてもボルテージが上がってしまうものです。

特に感情的になりやすい男性は、すぐに頭に血が上ってしまうに違いありません。

家を出ていく彼氏の多くは、外に出ることによって頭を冷やそうとしていると考えていいでしょう。

「自分は激しやすい性格だ」という自覚のある男性は特にそう考えます。

男性の場合、頭に血が上って、喧嘩がエスカレートすると、彼女に手を出してしまうケースが少なくありません。

自分にはそういうDVの気質が少なからずあるという自覚のある男性は、そうなることを避けるために、自分から家を出ていくということがあるのです。

「このまま喧嘩を続けていくと、よくない事態になってしまいかねない。

だから、自分の頭を冷やしたい」
というのが、家を出ていく彼氏の心理の一つということになるでしょう。

彼女を冷静にさせたい

彼氏のほうはそれほど激していなくても、女性のほうが一方的にヒートアップしてしまうというケースもあるでしょう。

彼女が感情的になりやすく、喧嘩をエスカレートさせてしまうというケースです。

この場合は、「彼女を冷静にさせたい」という心理から、彼氏が家を出ていくということがあるのです。

女性の中にも、喧嘩がエスカレートすると手が出るという人もいます。

過去の経験から、「このまま喧嘩が続くと、また、彼女が手を出してきかねない」と考えた彼氏が、それを避けるために自分から家を出ていくわけです。

実際には、彼氏が家を出ていくことによって、残された女性の怒りがさらに強くなるということが少なくありません。

つまり、逆効果になることもあるのですが、「彼女の怒りを鎮めたい」という心理から、彼氏は家を出ていくわけです。

話してもムダだと思っている

上から目線の心理から、喧嘩になると男性が家を出ていくというケースもあります。

口喧嘩になって、お互いに言いあった場合、ほとんどのケースは話がかみあわないに違いありません。

話がかみ合わないために、喧嘩がエスカレートしていくわけです。

そんなとき、上から目線の男性はこう考えます。

「彼女はすぐ感情的になって、理屈にあわないことばかり口にする。

こちらがいくら話をしても、それを理解する能力が彼女にはないのだ。

だから、これ以上話をしてもムダだ」
つまり、かんたんに言うと、彼氏は「彼女は頭が悪いから、話してもムダ」と考えているのです。

これは、ムダなことはしたくないという心理から、喧嘩になると彼氏が家を出ていくケースということになるでしょう。

言葉では勝てないと思っている

男性の中にもおしゃべりな人はたくさんいますが、恋人同士が口喧嘩になると、どうしても女性のほうが口数が多くなるものでしょう。

特に、あまりしゃべることが得意でない男性、無口な男性は、「口では彼女に勝てない」と考えることが少なくありません。

喧嘩になると黙ってしまう男性がよくいますが、それはこうした心理からと考えていいでしょう。

ただ黙っていると、一方的に彼女からの口の攻撃を受けることになってしまいます。

負けず嫌いな性格の男性、あるいはプライドの高い男性にとって、それは屈辱でしかありません。

そんな屈辱に耐えられなくなって、家を出ていってしまうこともよくあるのです。

このケースの場合、言葉では彼女に勝てないと考え、喧嘩に負ける屈辱から逃れたいという心理から、彼氏が家を出ていくと考えていいでしょう。

めんどくさい

喧嘩することを「めんどくさい」と感じる男性も少なくありません。

言い合いをすることもめんどくさいですし、いつまでもそれが続くこともめんどくさい、と彼氏は考えています。

さらには、喧嘩を収束させるためには、それなりの努力をする必要もあるでしょう。

男性にとって、それもひどくめんどくさいことなのです。

そうしためんどくさいことを避けたいという心理から、家を出ていってしまうこともあるのです。

疲れたくない

彼氏が仕事や勉強などで忙しくしていて、心身ともに疲れているとしましょう。

そんなときに喧嘩が起こると、よけいなエネルギーを使う必要が出てきます。

もともと疲れていた彼氏にとって、それは避けたいことに違いありません。

つまり、「これ以上、疲れたくない」という心理から、喧嘩になると彼氏が家を出ていってしまうケースもあるのです。

彼女に強い嫌悪感を抱いていて、顔を見たくない

喧嘩になれば、相手に対して嫌悪感が生じるものです。

よく、「もう顔も見たくない」というセリフを口にする人がいますが、それはつまり、相手に対して大変強い嫌悪感を抱いたからにほかなりません。

喧嘩になると家を出ていく彼氏は、このような心理を抱いていることもよくあります。

「もういっしょにいることに耐えられない。

顔も見たくない」
というのが、このケースでの彼氏の心理ということになるでしょう。

喧嘩した時に家を出ていく彼氏の心理を、ここでは7種類紹介しました。

どうして彼氏が家を出ていってしまうのかを判断するための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-