【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180107184105.html
何食べたいと聞くと何でもいいと答える女性の心理

何食べたいと聞くと何でもいいと答える女性の心理 | LADYCO

LADYCO
何食べたいと聞くと何でもいいと答える女性の心理

「何食べたい?」と聞いた時に決まって「何でもいい」と答える女性がいます。

なぜはっきりと答えないのでしょうか。

心理を探っていきましょう。

  • 食に関して興味がない
  • それよりも今の状況に満足してしまっている
  • お店に詳しく何を食べても美味しいとわかっている
  • 相手に甘えたい
  • 選ぶ時間を取らせたり金額に気を遣わせたくない
  • 相手が何を選ぶか試したい
  • 困る相手がどう対応するか興味がある
  • いちいちお伺いを立てる相手にイライラしている
  • まとめ

1. 食に関して興味がない

食に関して興味がない

「何でもいい」と言い返す女性の中には本当に何でもいいと思っているような食に関して興味がないタイプの人もいます。

おなかが満たされさえすればそれでいいですし、むしろ一食くらい抜いたっていいくらいに思っています。

ですから、相手がノリノリで聞いてきても上手く言い返すことができず、つい本音で「何でもいいんだけど」と言ってしまいます。

うそがつけない馬鹿正直な女性でもあります。

2. それよりも今の状況に満足してしまっている

それよりも今の状況に満足してしまっている

何を食べるかということよりもすでに今の状況に満足してしまっているのでしょう。

大好きな彼氏とのデートの際や楽しみにしていた友達とのランチなどであれば、気分が高揚してテンションが上がってしまいます。

何を食べたって楽しいからこそ美味しく感じられると信じているので「何でもいい」という発想になります。

また、何でもいいと適当に返して早くおしゃべりを楽しみたいなどという気持ちもあるかもしれません。

3. お店に詳しく何を食べても美味しいとわかっている

お店に詳しく何を食べても美味しいとわかっている

そのお店に詳しく何を食べても美味しいとわかっている女性は「何でもいい」などと言ってしまうでしょう。

だって、何でも美味しいのですから選ぶのに困ってしまうんです。

グルメな女性は自分の行動範囲内の美味しいお店の食べるべきメニューを把握しています。

そんな女性からの何でもいい発言が聞けた時は安心してどのメニューを選んでもいいと判断してみるのも楽しいですね。

4. 相手に甘えたい

相手に甘えたい

相手に甘えたい女性も「何でもいい」とちょっとしたわがままを言ってみせることがあります。

実際には何でもいいのではないのですが、一緒にいる相手に自分のためにメニューを選んだり美味しいメニューを勧めてほしいのです。

大好きな相手に選んでもらったメニューを食べた方が美味しいと思えるに決まっていると感じているのでしょう。

食事よりも相手とのこんなやりとりが大好きで楽しんでいます。

5. 選ぶ時間を取らせたり金額に気を遣わせたくない

選ぶ時間を取らせたり金額に気を遣わせたくない

優柔不断だと自覚している女性はメニューを選ぶ時間を取らせるのが申し訳ないと考えます。

また、デートであれば金額を見て安いものをチョイスしてあげたいと思いますが、あからさまだとかえって気を遣わせるかもしれないなんて考えるうちにどれにしたらいいのか選べなくなってしまうこともあります。

相手を思うがあまり、自分が食べたいものは諦めて「何でもいい」と相手に合わせたり任せたりして身を守っているのです。

とても謙虚で相手思いな性格の女性と言えます。

6. 相手が何を選ぶか試したい

相手が何を選ぶか試したい

「何でもいい」と返したら相手が何を選んでくれるのか、面白い発想を持っていたり間違いない提案をしてくれる信頼のおける相手との食事なら「何でもいい」と言ってみたくもなります。

自分の判断よりも相手を信頼しているため、つい期待を込めてわがままのようなこんな発言をしまうのです。

一度試した時に美味しくてはずれなかったのであれば次回からも相手に任せてみたくなってしまい、何度か繰り返すことでもう聞かないでほしいと訴えているつもりもあります。

7. 困る相手がどう対応するか興味がある

困る相手がどう対応するか興味がある

何がいいか聞いているのに「何でもいい」と返されると聞いた相手は困ってしまいます。

それをわかっていてその相手がどう対応するか、興味があるのではないでしょうか。

ちょっと意地悪をしたいというタイプの女性は結局は自分で決めるつもりでとりあえずこんなことを言って最初に相手のリアクションを楽しみます。

そして、オロオロしたりせかしてくる相手を見てクスクス笑いながら満たされ、やっとメニューを決めるという流れを作ります。

8. いちいちお伺いを立てる相手にイライラしている

いちいちお伺いを立てる相手にイライラしている

デートでは彼氏にリードされたいという女性も多いので、何がいいかなんていちいちお伺いを立てる相手にイライラしている女性なのかもしれません。

また、いつもオススメをごり押ししてくる友達が急に何がいいかなんて聞いてきてもじれったくなります。

そして、イライラしながら「何でもいい」とすねてしまいます。

相手に決めてほしいと言うのも嫌で、雰囲気から察してほしいと思っています。

まとめ

何を食べたいかせっかく聞いてくれている相手に「何でもいい」と返す女性にはこんな思惑が秘められています。

ただ、その思いは伝わりにくく、興味がないのか何でもいいと言えるほど今の状況に満足してくれているのかは判断が難しいところです。

デートの際は席に着く前の彼女の機嫌を思い返しながらどんな気持ちでこのセリフを言っているのか考えて空気を読みましょう。

友達であればそれほど気にせず、仲良くしたい相手であるならおすすめを紹介してポイントアップを狙ってみるのもいいですね。

「何食べたい?」と聞いた時に決まって「何でもいい」と答える女性がいます。

なぜはっきりと答えないのでしょうか。

心理を探っていきましょう。


食に関して興味がない

「何でもいい」と言い返す女性の中には本当に何でもいいと思っているような食に関して興味がないタイプの人もいます。

おなかが満たされさえすればそれでいいですし、むしろ一食くらい抜いたっていいくらいに思っています。

ですから、相手がノリノリで聞いてきても上手く言い返すことができず、つい本音で「何でもいいんだけど」と言ってしまいます。

うそがつけない馬鹿正直な女性でもあります。

それよりも今の状況に満足してしまっている

何を食べるかということよりもすでに今の状況に満足してしまっているのでしょう。

大好きな彼氏とのデートの際や楽しみにしていた友達とのランチなどであれば、気分が高揚してテンションが上がってしまいます。

何を食べたって楽しいからこそ美味しく感じられると信じているので「何でもいい」という発想になります。

また、何でもいいと適当に返して早くおしゃべりを楽しみたいなどという気持ちもあるかもしれません。

お店に詳しく何を食べても美味しいとわかっている

そのお店に詳しく何を食べても美味しいとわかっている女性は「何でもいい」などと言ってしまうでしょう。

だって、何でも美味しいのですから選ぶのに困ってしまうんです。

グルメな女性は自分の行動範囲内の美味しいお店の食べるべきメニューを把握しています。

そんな女性からの何でもいい発言が聞けた時は安心してどのメニューを選んでもいいと判断してみるのも楽しいですね。

相手に甘えたい

相手に甘えたい女性も「何でもいい」とちょっとしたわがままを言ってみせることがあります。

実際には何でもいいのではないのですが、一緒にいる相手に自分のためにメニューを選んだり美味しいメニューを勧めてほしいのです。

大好きな相手に選んでもらったメニューを食べた方が美味しいと思えるに決まっていると感じているのでしょう。

食事よりも相手とのこんなやりとりが大好きで楽しんでいます。

選ぶ時間を取らせたり金額に気を遣わせたくない

優柔不断だと自覚している女性はメニューを選ぶ時間を取らせるのが申し訳ないと考えます。

また、デートであれば金額を見て安いものをチョイスしてあげたいと思いますが、あからさまだとかえって気を遣わせるかもしれないなんて考えるうちにどれにしたらいいのか選べなくなってしまうこともあります。

相手を思うがあまり、自分が食べたいものは諦めて「何でもいい」と相手に合わせたり任せたりして身を守っているのです。

とても謙虚で相手思いな性格の女性と言えます。

相手が何を選ぶか試したい

「何でもいい」と返したら相手が何を選んでくれるのか、面白い発想を持っていたり間違いない提案をしてくれる信頼のおける相手との食事なら「何でもいい」と言ってみたくもなります。

自分の判断よりも相手を信頼しているため、つい期待を込めてわがままのようなこんな発言をしまうのです。

一度試した時に美味しくてはずれなかったのであれば次回からも相手に任せてみたくなってしまい、何度か繰り返すことでもう聞かないでほしいと訴えているつもりもあります。

困る相手がどう対応するか興味がある

何がいいか聞いているのに「何でもいい」と返されると聞いた相手は困ってしまいます。

それをわかっていてその相手がどう対応するか、興味があるのではないでしょうか。

ちょっと意地悪をしたいというタイプの女性は結局は自分で決めるつもりでとりあえずこんなことを言って最初に相手のリアクションを楽しみます。

そして、オロオロしたりせかしてくる相手を見てクスクス笑いながら満たされ、やっとメニューを決めるという流れを作ります。

いちいちお伺いを立てる相手にイライラしている

デートでは彼氏にリードされたいという女性も多いので、何がいいかなんていちいちお伺いを立てる相手にイライラしている女性なのかもしれません。

また、いつもオススメをごり押ししてくる友達が急に何がいいかなんて聞いてきてもじれったくなります。

そして、イライラしながら「何でもいい」とすねてしまいます。

相手に決めてほしいと言うのも嫌で、雰囲気から察してほしいと思っています。

何を食べたいかせっかく聞いてくれている相手に「何でもいい」と返す女性にはこんな思惑が秘められています。

ただ、その思いは伝わりにくく、興味がないのか何でもいいと言えるほど今の状況に満足してくれているのかは判断が難しいところです。

デートの際は席に着く前の彼女の機嫌を思い返しながらどんな気持ちでこのセリフを言っているのか考えて空気を読みましょう。

友達であればそれほど気にせず、仲良くしたい相手であるならおすすめを紹介してポイントアップを狙ってみるのもいいですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-