【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180105165508.html
指を噛んでしまう人の心理

指を噛んでしまう人の心理 | LADYCO

LADYCO
指を噛んでしまう人の心理

指を噛む癖を直したいのになかなか直せないという人は多いのではないでしょうか。

自分にその癖はなくても、よく周りを見てみると指を噛んでいる人はいますよね。

今回は指を噛む心理をご紹介するので、癖を直すための参考にしてください。

  • ストレスを感じている
  • 甘えたい
  • 自傷行為
  • 愛情不足
  • 完璧主義者
  • 繊細
  • ただの癖
  • まとめ

1. ストレスを感じている

ストレスを感じている

ストレスといっても様々なものがありますが、特に鬱屈した感情を感じている時に指を噛んでしまう人が多いようです。

具体的な感情を挙げるとイライラ、緊張、不安、退屈などです。

その中でも指を噛んでしまうのは上手くストレスを発散することができない人で、指を噛むことで溜まり切ったストレスを発散させていると言われています。

指を噛むことで脳内に快楽物質が発生するので、無意識にやってしまうという人も多いです。

子供は何らかの不安を抱えていたり、心配事があったり、したいことを我慢している時に指を噛むことが多く、それは大人でも同様です。

仕事や勉強でのストレスや、社会生活に対しての不安や抑圧などで指を噛んでしまうのです。

ざっくりまとめてしまうと、情緒不安定で自分の感情をコントロールできないため大人になっても指を噛む癖が直らないのです。

2. 甘えたい

甘えたい

赤ちゃんがおしゃぶりをして安心感を覚えるように、指を噛むことで安心感を得ています。

大泣きしていた赤ちゃんがおしゃぶりをした途端泣き止んだりしますよね。

口に何かを含むということは安心感を得られるのです。

ですが、指を噛むことで得られるのは一時的な安心感にしかすぎないので根本的に安心することはできません。

他の事で安心することを覚え、精神的に安定するという事が必要だといえます。

何かリラックスできることを探したり、楽しい事をすることが必要でしょう。

3. 自傷行為

自傷行為

たまにではなく、常習的に指を噛むことは癖ではなく自傷行為です。

自分の体を傷つけることで心の安定を求めているのです。

あまりにも自傷行為がひどいと自分では直す事が困難になるので、専門である心療内科に行くことが必要でしょう。

そこまでしなくてはいけないのかと抵抗があるかもしれませんが、直すためには通院が必要である場合もあるのです。

こういった人は日常的に欲求不満を抱え、情緒不安定な状態だといえます。

大人になるにつれそういった感情のコントロールを覚え、自傷行為はいけないと自制心を身に着けていくのですが、中にはそういったことができないまま大人になってしまう人もいるのです。

自力で直す事はなかなか困難でしょう。

4. 愛情不足

愛情不足

人間には口唇期と呼ばれる時期があります。

口に物をあてがうことで満たされる時期、つまり赤ちゃんの頃のことです。

口唇期に母親から十分な愛情を与えられていないと、大人になってからもその欲求を引きずったままになってしまいます。

噛み癖が直らない、食べ物を常に口に入れている、タバコなどで口を満たしていないと我慢できないという人は口唇期の愛情不足が原因かもしれません。

5. 完璧主義者

完璧主義者

過度に高い目標を定めて自分や他人に完璧な状態を求める人は、その目標を達成できなかった時に強いイライラや不満を抱きます。

自分で自分を苦しめている状態ですが、かなりのストレスです。

完璧主義者には過度な努力家も多く、努力をして報われないのは本当に悲しいことでショックな体験ですよね。

自分の思い通りに事が進まない場合にその大きなストレスに耐え切れず指を噛むということをしてしまうのです。

高く目標を定めて努力することは素晴らしい事ですが、時には力を抜く事も必要です。

自分にかかるストレスともうまく付き合いながら目標を定めていくことが大切です。

6. 繊細

繊細

指を噛む人はデリケートで傷つきやすく、繊細な人が多いです。

ストレスに弱く、些細な事で落ち込むのでストレスも多大に感じているでしょう。

慢性的なストレスを感じ、自分を保つために指を噛むという自傷行為をしてしまうのです。

指を噛む癖を直したいと考えると、これは性格的な問題であるので、指を噛むという点に着目するのではなく性格を少しずつ変えていく必要があるといえるでしょう。

7. ただの癖

ただの癖

ストレスなど関係なく無意識に指を噛んでしまう人もいます。

暇があれば無意識に指を噛み、人に指摘されて自分が指を噛んでいることに気付く人もいるくらいです。

そういった人は今現在は強いストレスを感じていないかもしれませんが、過去に辛かった体験があるのかもしれません。

一度ついた癖はなかなか直らないものです。

無意識に指を噛んでしまう人は、なるべく両手を使うようにすると徐々に回数が減っていきます。

両手で携帯電話を持ったり、両手で本を読むだけでいいのです。

仕事などもできるだけ両手を使い、片手間で何かをするのはやめましょう。

今現在に原因がないからこそ、自分で癖に気付き直そうとしていく必要があります。

指を噛まないことを意識してみましょう。

まとめ

心当たりのあることはありましたでしょうか。

いくら綺麗にしていても、指にはたくさんの雑菌が付着しているので口に含まないに越したことはありません。

指を噛む行為自体には様々な原因があるので、多方の面から自分を見つめ直すことが必要でしょう。

癖を直していくための参考にしていただければ幸いです。

指を噛む癖を直したいのになかなか直せないという人は多いのではないでしょうか。

自分にその癖はなくても、よく周りを見てみると指を噛んでいる人はいますよね。

今回は指を噛む心理をご紹介するので、癖を直すための参考にしてください。


ストレスを感じている

ストレスといっても様々なものがありますが、特に鬱屈した感情を感じている時に指を噛んでしまう人が多いようです。

具体的な感情を挙げるとイライラ、緊張、不安、退屈などです。

その中でも指を噛んでしまうのは上手くストレスを発散することができない人で、指を噛むことで溜まり切ったストレスを発散させていると言われています。

指を噛むことで脳内に快楽物質が発生するので、無意識にやってしまうという人も多いです。

子供は何らかの不安を抱えていたり、心配事があったり、したいことを我慢している時に指を噛むことが多く、それは大人でも同様です。

仕事や勉強でのストレスや、社会生活に対しての不安や抑圧などで指を噛んでしまうのです。

ざっくりまとめてしまうと、情緒不安定で自分の感情をコントロールできないため大人になっても指を噛む癖が直らないのです。

甘えたい

赤ちゃんがおしゃぶりをして安心感を覚えるように、指を噛むことで安心感を得ています。

大泣きしていた赤ちゃんがおしゃぶりをした途端泣き止んだりしますよね。

口に何かを含むということは安心感を得られるのです。

ですが、指を噛むことで得られるのは一時的な安心感にしかすぎないので根本的に安心することはできません。

他の事で安心することを覚え、精神的に安定するという事が必要だといえます。

何かリラックスできることを探したり、楽しい事をすることが必要でしょう。

自傷行為

たまにではなく、常習的に指を噛むことは癖ではなく自傷行為です。

自分の体を傷つけることで心の安定を求めているのです。

あまりにも自傷行為がひどいと自分では直す事が困難になるので、専門である心療内科に行くことが必要でしょう。

そこまでしなくてはいけないのかと抵抗があるかもしれませんが、直すためには通院が必要である場合もあるのです。

こういった人は日常的に欲求不満を抱え、情緒不安定な状態だといえます。

大人になるにつれそういった感情のコントロールを覚え、自傷行為はいけないと自制心を身に着けていくのですが、中にはそういったことができないまま大人になってしまう人もいるのです。

自力で直す事はなかなか困難でしょう。

愛情不足

人間には口唇期と呼ばれる時期があります。

口に物をあてがうことで満たされる時期、つまり赤ちゃんの頃のことです。

口唇期に母親から十分な愛情を与えられていないと、大人になってからもその欲求を引きずったままになってしまいます。

噛み癖が直らない、食べ物を常に口に入れている、タバコなどで口を満たしていないと我慢できないという人は口唇期の愛情不足が原因かもしれません。

完璧主義者

過度に高い目標を定めて自分や他人に完璧な状態を求める人は、その目標を達成できなかった時に強いイライラや不満を抱きます。

自分で自分を苦しめている状態ですが、かなりのストレスです。

完璧主義者には過度な努力家も多く、努力をして報われないのは本当に悲しいことでショックな体験ですよね。

自分の思い通りに事が進まない場合にその大きなストレスに耐え切れず指を噛むということをしてしまうのです。

高く目標を定めて努力することは素晴らしい事ですが、時には力を抜く事も必要です。

自分にかかるストレスともうまく付き合いながら目標を定めていくことが大切です。

繊細

指を噛む人はデリケートで傷つきやすく、繊細な人が多いです。

ストレスに弱く、些細な事で落ち込むのでストレスも多大に感じているでしょう。

慢性的なストレスを感じ、自分を保つために指を噛むという自傷行為をしてしまうのです。

指を噛む癖を直したいと考えると、これは性格的な問題であるので、指を噛むという点に着目するのではなく性格を少しずつ変えていく必要があるといえるでしょう。

ただの癖

ストレスなど関係なく無意識に指を噛んでしまう人もいます。

暇があれば無意識に指を噛み、人に指摘されて自分が指を噛んでいることに気付く人もいるくらいです。

そういった人は今現在は強いストレスを感じていないかもしれませんが、過去に辛かった体験があるのかもしれません。

一度ついた癖はなかなか直らないものです。

無意識に指を噛んでしまう人は、なるべく両手を使うようにすると徐々に回数が減っていきます。

両手で携帯電話を持ったり、両手で本を読むだけでいいのです。

仕事などもできるだけ両手を使い、片手間で何かをするのはやめましょう。

今現在に原因がないからこそ、自分で癖に気付き直そうとしていく必要があります。

指を噛まないことを意識してみましょう。

心当たりのあることはありましたでしょうか。

いくら綺麗にしていても、指にはたくさんの雑菌が付着しているので口に含まないに越したことはありません。

指を噛む行為自体には様々な原因があるので、多方の面から自分を見つめ直すことが必要でしょう。

癖を直していくための参考にしていただければ幸いです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-