【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180105165340.html
スピード重視で仕事をする人の心理

スピード重視で仕事をする人の心理 | LADYCO

LADYCO
スピード重視で仕事をする人の心理

仕事を進めるスタイルは様々で、とにかくスピードを重視して仕事をする人もいます。

どんな心理がそうさせているのかまとめてみました。

  • せっかちなので自然と早くなるだけ
  • スピードに乗って仕事をする方が楽しい
  • スピード重視な方が上手そうに思える
  • まずやり終えてからじっくり見直すスタイル
  • 「一つの仕事をじっくり」ではなく多くの仕事をしたい
  • スピードがいまいちな人に参考にしてほしい
  • 仕事が嫌いなので怠けないように気をつけている
  • 早いことくらいしか取り得がないと思っている
  • まとめ

1. せっかちなので自然と早くなるだけ

せっかちなので自然と早くなるだけ

スピード重視で仕事をする人の中には単にせっかちな性格のせいで自然と早くなっているだけという人もいます。

早くしようと心がけているわけではないので、人にスピードを褒められてもお世辞としか思えなかったり「だから何?」といった様子なのではないでしょうか。

むしろ自分の早さが普通だと感じているため、人のやり方が遅く見えて常に周りにいらいらしてしまいます。

そのため、普通の早さで仕事をする人に対して嫌悪感を抱いていたり下に見てしまっていることがあります。

2. スピードに乗って仕事をする方が楽しい

スピードに乗って仕事をする方が楽しい

スピード重視で仕事をするのは自分がその方が気分がのって楽しめるタイプだということがわかっているからです。

ゆっくりやると飽きてしまいますし、余計なことを考えていらない心配やしらけた発想をしてしまうことまで想像できてしまい、勢いに任せてどんどん仕事をするべき人間だと思っているのです。

こんな人は勢いが途切れると途端にやる気がなくなり、怠け始めてしまうこともあります。

それが怖いとどんどんスピードに任せるようになります。

3. スピード重視な方が上手そうに思える

スピード重視な方が上手そうに思える

スピード重視で仕事をしている方が上手そうに思えるという発想なのでしょう。

自分が周りの人を見て「早くてすごい!」と感じるからこそ自分もそう見られたいという願望を持っています。

そして、自分もそう見られるためにスピードを重視しつつ仕事を進めていきます。

てきぱきと仕事をこなすさまはベテランの風格もあり、頭の回転の早さも感じさせてかっこいいという価値観なのです。

4. まずやり終えてからじっくり見直すスタイル

まずやり終えてからじっくり見直すスタイル

確実に一歩ずつ確認しながら進めていくスタイルの人もいれば、まずさっとやり終えてからじっくり見直すというスタイルの人もいます。

学生時代のテストの解き方もこんな風に2つのタイプに分かれますが、どちらがベストかどうかはその人次第です。

雑でもとにかく全体を終わらせて済ませてしまう方が「終わらせた」という意味で良いことと捉えるならスピード重視スタイルとなります。

その上見直す時間が取れるので素晴らしい仕事ぶりに思えるでしょう。

5. 「一つの仕事をじっくり」ではなく多くの仕事をしたい

「一つの仕事をじっくり」ではなく多くの仕事をしたい

一つの仕事をじっくり進めるのも確実で素晴らしいことです。

しかし、それではとにかく時間がかかってしまい、他にやるつもりだった仕事に取り掛かれないままその日を終えてしまうなんてこともあるでしょう。

その仕事を他の人に取られてしまい、評価や出世に悪影響を及ぼすこともあります。

ストイックに働く人ならやはり多くの仕事をこなして自分のイメージアップや将来にも繋げたいと考えるものでしょう。

6. スピードがいまいちな人に参考にしてほしい

スピードがいまいちな人に参考にしてほしい

仕事をする上で「この人ちょっと丁寧過ぎる…」とじれったく感じた時にこそスピード重視な仕事ぶりを見せ付けることもありますが、そうすることで相手に「あなたは遅いよ」「このくらい急いで!」という意思表示ができます。

先輩や上司という立場であっても口うるさく言いたくないと思った時にこんな方法で手本を見せ、相手に自分が求めるスピードを示すということもあるのではないでしょうか。

相手によっては口でうるさく言われるよりも確実に訴えかけることができたりします。

7. 仕事が嫌いなので怠けないように気をつけている

仕事が嫌いなので怠けないように気をつけている

仕事が嫌いなので怠けたり気持ちがだれないようにスピードを重視して仕事を進めるという場合もありますね。

深く考えたり嫌いだと思いすぎてしまうとますます仕事が嫌になります。

そして、後回しにすることによってどんどん仕事が溜まり、さらに仕事が嫌になっていくという負の連鎖が起こるのです。

それを防ぐためにあえてスピード重視で片付ける人は自分の性格をよく理解している賢い人ではないでしょうか。

8. 早いことくらいしか取り得がないと思っている

早いことくらいしか取り得がないと思っている

自分に対して特に自信が持てる部分がなく、しいていうなら早いことくらいしか取り得がないと思い込んでいる時にそれを存分に活かして仕事に励もうとします。

スピード重視で仕事をすることだけが自分の武器であり、それを失くしてしまうと自分らしさもなくなってしまうと考えています。

人にそこを褒められたり羨ましいと言われるとますますそこにだけ自信を持ち、偏った見せ方になっていきます。

まとめ

スピード重視で仕事をする人の中には、そんな自分に誇りを持って堂々とそれを見せている人もいれば、やりすぎだとわかっていて自分を変えたりとかもっと楽に仕事をしたいと苦しんでいる人もいるのではないでしょうか。

しかし、ある程度のスピードは仕事をする上では必要不可欠なものです。

その度合いがいきすぎかどうか、自分に知らずしらずに負担をかけていないか、たまに客観的に見て判断しながら仕事を進めていきましょう。

仕事を進めるスタイルは様々で、とにかくスピードを重視して仕事をする人もいます。

どんな心理がそうさせているのかまとめてみました。


せっかちなので自然と早くなるだけ

スピード重視で仕事をする人の中には単にせっかちな性格のせいで自然と早くなっているだけという人もいます。

早くしようと心がけているわけではないので、人にスピードを褒められてもお世辞としか思えなかったり「だから何?」といった様子なのではないでしょうか。

むしろ自分の早さが普通だと感じているため、人のやり方が遅く見えて常に周りにいらいらしてしまいます。

そのため、普通の早さで仕事をする人に対して嫌悪感を抱いていたり下に見てしまっていることがあります。

スピードに乗って仕事をする方が楽しい

スピード重視で仕事をするのは自分がその方が気分がのって楽しめるタイプだということがわかっているからです。

ゆっくりやると飽きてしまいますし、余計なことを考えていらない心配やしらけた発想をしてしまうことまで想像できてしまい、勢いに任せてどんどん仕事をするべき人間だと思っているのです。

こんな人は勢いが途切れると途端にやる気がなくなり、怠け始めてしまうこともあります。

それが怖いとどんどんスピードに任せるようになります。

スピード重視な方が上手そうに思える

スピード重視で仕事をしている方が上手そうに思えるという発想なのでしょう。

自分が周りの人を見て「早くてすごい!」と感じるからこそ自分もそう見られたいという願望を持っています。

そして、自分もそう見られるためにスピードを重視しつつ仕事を進めていきます。

てきぱきと仕事をこなすさまはベテランの風格もあり、頭の回転の早さも感じさせてかっこいいという価値観なのです。

まずやり終えてからじっくり見直すスタイル

確実に一歩ずつ確認しながら進めていくスタイルの人もいれば、まずさっとやり終えてからじっくり見直すというスタイルの人もいます。

学生時代のテストの解き方もこんな風に2つのタイプに分かれますが、どちらがベストかどうかはその人次第です。

雑でもとにかく全体を終わらせて済ませてしまう方が「終わらせた」という意味で良いことと捉えるならスピード重視スタイルとなります。

その上見直す時間が取れるので素晴らしい仕事ぶりに思えるでしょう。

「一つの仕事をじっくり」ではなく多くの仕事をしたい

一つの仕事をじっくり進めるのも確実で素晴らしいことです。

しかし、それではとにかく時間がかかってしまい、他にやるつもりだった仕事に取り掛かれないままその日を終えてしまうなんてこともあるでしょう。

その仕事を他の人に取られてしまい、評価や出世に悪影響を及ぼすこともあります。

ストイックに働く人ならやはり多くの仕事をこなして自分のイメージアップや将来にも繋げたいと考えるものでしょう。

スピードがいまいちな人に参考にしてほしい

仕事をする上で「この人ちょっと丁寧過ぎる…」とじれったく感じた時にこそスピード重視な仕事ぶりを見せ付けることもありますが、そうすることで相手に「あなたは遅いよ」「このくらい急いで!」という意思表示ができます。

先輩や上司という立場であっても口うるさく言いたくないと思った時にこんな方法で手本を見せ、相手に自分が求めるスピードを示すということもあるのではないでしょうか。

相手によっては口でうるさく言われるよりも確実に訴えかけることができたりします。

仕事が嫌いなので怠けないように気をつけている

仕事が嫌いなので怠けたり気持ちがだれないようにスピードを重視して仕事を進めるという場合もありますね。

深く考えたり嫌いだと思いすぎてしまうとますます仕事が嫌になります。

そして、後回しにすることによってどんどん仕事が溜まり、さらに仕事が嫌になっていくという負の連鎖が起こるのです。

それを防ぐためにあえてスピード重視で片付ける人は自分の性格をよく理解している賢い人ではないでしょうか。

早いことくらいしか取り得がないと思っている

自分に対して特に自信が持てる部分がなく、しいていうなら早いことくらいしか取り得がないと思い込んでいる時にそれを存分に活かして仕事に励もうとします。

スピード重視で仕事をすることだけが自分の武器であり、それを失くしてしまうと自分らしさもなくなってしまうと考えています。

人にそこを褒められたり羨ましいと言われるとますますそこにだけ自信を持ち、偏った見せ方になっていきます。

スピード重視で仕事をする人の中には、そんな自分に誇りを持って堂々とそれを見せている人もいれば、やりすぎだとわかっていて自分を変えたりとかもっと楽に仕事をしたいと苦しんでいる人もいるのではないでしょうか。

しかし、ある程度のスピードは仕事をする上では必要不可欠なものです。

その度合いがいきすぎかどうか、自分に知らずしらずに負担をかけていないか、たまに客観的に見て判断しながら仕事を進めていきましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-