【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180105165315.html
すぐ氷を噛む人の心理

すぐ氷を噛む人の心理 | LADYCO

LADYCO
すぐ氷を噛む人の心理

レストランや喫茶店などで冷たい飲み物を頼み、コップに入っている氷を噛みたくなる人はそれなりに多いかもしれません。

ちょっと恥ずかしさを感じる行為かもしれませんが、それをせずにはいられなくなる心理状態になる人もいます。

ではどのような心理状態になっているゆえに氷を噛んでしまうのでしょうか。

次の7つの点を考察してみましょう。

  • ストレスを溜めてしまっている
  • もったいない気持ち
  • 水分不足である
  • 待つことができないせっかちな傾向
  • 氷食症の可能性もある
  • それが趣味になっている
  • 攻撃的な面がある
  • まとめ

1. ストレスを溜めてしまっている

ストレスを溜めてしまっている

普段ストレスを抱えている人たちというのはそれをどこかで発散したいという気持ちがあり、それができるときにするものです。

喫茶店やレストランで冷たい飲み物を頼み、それを飲み終われば、このコップの中には氷が残っているのであり、それを口の中に入れてかみ砕くというのは、ある意味爽快であり、ボリボリと氷を破壊することでちょっとすっきりした気分になるものです。

氷を噛み砕きたくなってしまう場合には、自分がストレスをかなり溜めているかもしれないという自己吟味ができるでしょう。

2. もったいない気持ち

もったいない気持ち

せっかくお金を出して飲み物を注文しているのであれば、氷もその料金に入っているわけで、それを食べずに残すというのはもったいないという心理です。

すべて出されたものは食べきりたいし飲み切りたい、そのような思いは氷まですべて噛んで砕いて食べてしまうという行動に表れるものです。

節約志向の強い人たちはそのようなことをしがちであり、無駄を出しなくない、そして損はしたくない気持ちが強いです。

3. 水分不足である

水分不足である

飲み物を飲んでもこれでは全く足りない、もっともっと水分と摂取したいという症状のある人は氷まで食べることで少しでも水分不足を解消しようとします。

氷が解けるまで待っていることができないので、噛んで砕いてしまうのであり、そのようにして水分を補おうとします。

水分不足を感じるのはなんらかの病気の兆候ということもあるかもしれませんし、普段から水筒を持ち歩くなどして水分補給を意識していくことが必要でしょう。

4. 待つことができないせっかちな傾向

待つことができないせっかちな傾向

氷が解けるまで待つことができずにすぐに食べたいので氷を噛んでしまう心理です。

せっかちでありすぐに思ったことはしたいし、待つことが嫌いな人はさっさと飲み物を飲み、そして氷にも手をつけてかみ砕いて食べてしまうでしょう。

特にみんなで食事をし、自分があっという間に食べ終わり、他の人たちはのんびりとおしゃべりをして食べている場合にはやることがなにもないために、氷を口の中に入れて噛んでしまうことでしょう。

せっかちであり待つことが嫌いで手持ち無沙汰になるからです。

5. 氷食症の可能性もある

氷食症の可能性もある

体内の鉄分不足が原因で体温調節がうまくできなくなってしまう、あるいはそれがちょっと正常ではなくなり、氷を食べたくなる症状になることがあります。

特に女性は生理が毎月のように来ますので貧血になりやすく、鉄分の不足も起きやすいのです。

それでこうした症状を疑ってみるというのは必要かもしれません。

あまり氷ばかりを食べていると体を冷やしてしまい、胃腸に影響を与えてしまうこともあるために、意識的な取り組みをする必要があるでしょう。

6. それが趣味になっている

それが趣味になっている

氷を噛むことでそれを砕くことの気持ち良さや冷たさが好きでそれが趣味になっているということがあります。

飴とは違うサイズの大きさとボリューム、そして味がないし、元はただの水なのでいくら食べても糖分などを気にすることなど必要がないし、安心感もあるのかもしれません。

とはいえレストランなどで氷を食べる姿というのは、それほどマナーのよいものではないし、そのバリバリという音があまり好きではない人もいますので、状況をよく見た方が良いケースもあることでしょう。

7. 攻撃的な面がある

攻撃的な面がある

氷を噛むというのは歯に不安のある人にはできないことですし、冷たいものが苦手な人もそうです。

そうした中で氷を堂々と噛むことができるというのは、ある意味強さがあり、それが攻撃的な面を持っているのかもしれません。

氷を砕くというのはいわば破壊することで攻撃をすることであり、穏やかな人はあまり氷を噛むことはしないものです。

なにか面白くないことがあると、話し合いで解決というよりも力に訴えやすい傾向があり、相手を威圧したいという気持ちになりやすいものです。

そのようにして攻撃性を持つのであり、周囲の人たちはちょっと恐れるかもしれません。

まとめ

氷を噛んでしまうというのは病的なものもあればストレスに起因しており、無意識にそれをしてしまうことさえあります。

氷を噛むことがすぐに体に害を及ぼすということはないとはいえ、それを続けていくことは胃腸や顎関節症などのトラブルを抱えてしまうこともありますので注意が必要です。

ストレスが溜まっているゆえに氷を噛むことでその解消を図っている部分があるとすれば、そのストレスに上手に対処することや、それを解消していく努力を払うことができるでしょう。

レストランや喫茶店などで冷たい飲み物を頼み、コップに入っている氷を噛みたくなる人はそれなりに多いかもしれません。

ちょっと恥ずかしさを感じる行為かもしれませんが、それをせずにはいられなくなる心理状態になる人もいます。

ではどのような心理状態になっているゆえに氷を噛んでしまうのでしょうか。

次の7つの点を考察してみましょう。


ストレスを溜めてしまっている

普段ストレスを抱えている人たちというのはそれをどこかで発散したいという気持ちがあり、それができるときにするものです。

喫茶店やレストランで冷たい飲み物を頼み、それを飲み終われば、このコップの中には氷が残っているのであり、それを口の中に入れてかみ砕くというのは、ある意味爽快であり、ボリボリと氷を破壊することでちょっとすっきりした気分になるものです。

氷を噛み砕きたくなってしまう場合には、自分がストレスをかなり溜めているかもしれないという自己吟味ができるでしょう。

もったいない気持ち

せっかくお金を出して飲み物を注文しているのであれば、氷もその料金に入っているわけで、それを食べずに残すというのはもったいないという心理です。

すべて出されたものは食べきりたいし飲み切りたい、そのような思いは氷まですべて噛んで砕いて食べてしまうという行動に表れるものです。

節約志向の強い人たちはそのようなことをしがちであり、無駄を出しなくない、そして損はしたくない気持ちが強いです。

水分不足である

飲み物を飲んでもこれでは全く足りない、もっともっと水分と摂取したいという症状のある人は氷まで食べることで少しでも水分不足を解消しようとします。

氷が解けるまで待っていることができないので、噛んで砕いてしまうのであり、そのようにして水分を補おうとします。

水分不足を感じるのはなんらかの病気の兆候ということもあるかもしれませんし、普段から水筒を持ち歩くなどして水分補給を意識していくことが必要でしょう。

待つことができないせっかちな傾向

氷が解けるまで待つことができずにすぐに食べたいので氷を噛んでしまう心理です。

せっかちでありすぐに思ったことはしたいし、待つことが嫌いな人はさっさと飲み物を飲み、そして氷にも手をつけてかみ砕いて食べてしまうでしょう。

特にみんなで食事をし、自分があっという間に食べ終わり、他の人たちはのんびりとおしゃべりをして食べている場合にはやることがなにもないために、氷を口の中に入れて噛んでしまうことでしょう。

せっかちであり待つことが嫌いで手持ち無沙汰になるからです。

氷食症の可能性もある

体内の鉄分不足が原因で体温調節がうまくできなくなってしまう、あるいはそれがちょっと正常ではなくなり、氷を食べたくなる症状になることがあります。

特に女性は生理が毎月のように来ますので貧血になりやすく、鉄分の不足も起きやすいのです。

それでこうした症状を疑ってみるというのは必要かもしれません。

あまり氷ばかりを食べていると体を冷やしてしまい、胃腸に影響を与えてしまうこともあるために、意識的な取り組みをする必要があるでしょう。

それが趣味になっている

氷を噛むことでそれを砕くことの気持ち良さや冷たさが好きでそれが趣味になっているということがあります。

飴とは違うサイズの大きさとボリューム、そして味がないし、元はただの水なのでいくら食べても糖分などを気にすることなど必要がないし、安心感もあるのかもしれません。

とはいえレストランなどで氷を食べる姿というのは、それほどマナーのよいものではないし、そのバリバリという音があまり好きではない人もいますので、状況をよく見た方が良いケースもあることでしょう。

攻撃的な面がある

氷を噛むというのは歯に不安のある人にはできないことですし、冷たいものが苦手な人もそうです。

そうした中で氷を堂々と噛むことができるというのは、ある意味強さがあり、それが攻撃的な面を持っているのかもしれません。

氷を砕くというのはいわば破壊することで攻撃をすることであり、穏やかな人はあまり氷を噛むことはしないものです。

なにか面白くないことがあると、話し合いで解決というよりも力に訴えやすい傾向があり、相手を威圧したいという気持ちになりやすいものです。

そのようにして攻撃性を持つのであり、周囲の人たちはちょっと恐れるかもしれません。

氷を噛んでしまうというのは病的なものもあればストレスに起因しており、無意識にそれをしてしまうことさえあります。

氷を噛むことがすぐに体に害を及ぼすということはないとはいえ、それを続けていくことは胃腸や顎関節症などのトラブルを抱えてしまうこともありますので注意が必要です。

ストレスが溜まっているゆえに氷を噛むことでその解消を図っている部分があるとすれば、そのストレスに上手に対処することや、それを解消していく努力を払うことができるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-