【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171228162207.html
何事も理屈で押し進める、理詰めで会話する人の心理

何事も理屈で押し進める、理詰めで会話する人の心理 | LADYCO

LADYCO
何事も理屈で押し進める、理詰めで会話する人の心理

理詰めで会話する人には、ある共通した特徴があります。

理詰めで会話したがる心理や性格をご紹介します。

  • 議論で負けたくない、責められたくない
  • 論理的思考がパターン化している
  • 理詰めする人は男性に多い
  • 自らの感情も理論で下支えする
  • 理詰めする人は左脳が優れている
  • 理詰めする人の基本的思考パターンは二択で構成されている
  • 一つの考えに没頭しやすく、同時並行で複数の物事を思考するのが苦手である
  • 理詰めする人にも弱点はある
  • まとめ

1. 議論で負けたくない、責められたくない

議論で負けたくない、責められたくない

理詰めする人とは、理屈で納得させ物事を意のままに押し通そうとする人を言います。

一見、筋が通っているようにような言い方で、相手を納得させるのですが、他の意見を封殺しようとするような、強引なニュアンスを秘めていて、正論をわかりやすく語って相手の納得感を引き出す人より、理詰めする人の方がネガティブなイメージが先行します。

その言動の裏側には、議論という勝負で勝ちたい、責められたくないという気持ちが隠されています。

2. 論理的思考がパターン化している

論理的思考がパターン化している

理詰めで会話する人の多くは、確固たる自分の意見があり、それを押し通そうとすることを得意とします。

原点は親からの教育や、育った環境にあり、「親も同様に理詰めな人だった」ということがしばしばあります。

また学校教育等で理論的な思考を繰り返し訓練し、理詰め的会話術に傾倒した人もいます。

いずれにせよ理論的な思考パターンがクセになってしまっているため、大人になってから理詰めの言動を変える、また相手にやめてもらうということはとても困難です。

3. 理詰めする人は男性に多い

理詰めする人は男性に多い

「理屈」の反対語は「感情」であり、この言葉からも察せられる通り、理詰めする人は、感情的に会話する人と話がかみ合わないことが多く、どちらかが折れないと議論が平行線をたどります。

一般に理詰めする人は論理的な思考をもつ男性に多く、感情的な人は女性に多いとされます。

夫婦喧嘩では、旦那さん側が理詰めで、奥さん側が感情的な言動をすることが多く、すれ違ったまま議論するせいで、結論が出ないことはよくあることです。

4. 自らの感情も理論で下支えする

自らの感情も理論で下支えする

理詰めする人にも感情があり、自分の希望や意見を通したいという純粋な願望があります。

しかし理詰めな人は、その願望や欲望は感情から発したものではなく、理論的に考えてその方が妥当であると、理屈から導き出されていると考えています。

それが自然な感情から沸き起こったと考えると、理論派な自分を否定してしまうことにつながりかねないからです。

自分の感情から出たものも、客観的に見て正しい理論から導き出されたものだと、自分をねじふせてしまうため「自分の願望ではなく、理論的にこの方がいい」という言い方をしがちです。

5. 理詰めする人は左脳が優れている

理詰めする人は左脳が優れている

理詰めで会話をする人は、特に左脳が優れていると言われています。

左脳は論理的思考や言語を司るといわれており、左脳が発達することで、物事の筋道を立てて理論を考えることが上手になります。

話し上手で、相手を納得させる能力にたけており、相手を黙らせてしまうこともしばしばです。

直感やひらめきを司る右脳派人間は、思った事を口にすぐ出す傾向があるのに比べ、左脳派は理論武装をしてから、慎重に話始める人が多いです。

6. 理詰めする人の基本的思考パターンは二択で構成されている

理詰めする人の基本的思考パターンは二択で構成されている

理詰めする人の思考には、物事をまずは「イエス」または「ノー」「正しい」または「誤り」等の二択で考えている傾向があります。

理詰めする人は、正しいことを実行するべき、伝えるべきという考えが根底にあって、女性や子どもが泣いて叫んで感情的に訴えても、クールに即却下することもあります。

はた目から見ると、理屈ばかりで感情を汲み取る余裕がないように見えるため、ネガティブなイメージをもたれやすいです。

7. 一つの考えに没頭しやすく、同時並行で複数の物事を思考するのが苦手である

一つの考えに没頭しやすく、同時並行で複数の物事を思考するのが苦手である

理詰めな人は、一つの物事について論理的に深く考えを練る傾向が強い一方、複数の物事を同時並行的に浅く思考することが苦手です。

同時並行的な思考回路をもつ人は、会話をしている最中に、話題があちこちに飛びがちで、一つの考えに没頭しがちな理詰め思考の人は、話題が飛ぶと思考の切り替えに時間がかかって大変イライラします。

8. 理詰めする人にも弱点はある

理詰めする人にも弱点はある

理詰めする人は基本的に論理的思考の持ち主です。

自分が発言する前には、相手からの正当な質問や反論に対応できるような理論を既に用意していますが、その返答は理詰めする人の想定内のものばかりです。

そのため相手から想定外の対応をされると、用意していた返答が使えず、うろたえてしまいます。

つまり、理詰めする人の弱点は「想定外」な内容をたくさんのセリフで反論をされることです。

夫婦喧嘩で、感情的な言葉をシャワーのように浴びせる女性の方が、結果的に有利に終わることが多いのもそのためです。

まとめ

理詰めする人は、自分の考えや欲望を、理屈で押し通そうとするあまり、少し強引な論理展開をしていることがあります。

理詰めする人に真正面から対抗するには、その強引な部分にツッコミを入れる手がありますが、かなりやっかいです。

そのため簡単な手段としては、感情的な調子で相手の言葉の何倍もの量で反応しかえすという手が一般的です。

理詰めで会話する人は、相手が理論に乗ってこない上に「あー、ハイハイ」というおざなりな答えに、最も白ける傾向があります。

正しい行いをするべきという道徳観念ももっているので、そのプライドやメンタルの弱さを刺激しないようにしながら対応してみてください。

理詰めで会話する人には、ある共通した特徴があります。

理詰めで会話したがる心理や性格をご紹介します。


議論で負けたくない、責められたくない

理詰めする人とは、理屈で納得させ物事を意のままに押し通そうとする人を言います。

一見、筋が通っているようにような言い方で、相手を納得させるのですが、他の意見を封殺しようとするような、強引なニュアンスを秘めていて、正論をわかりやすく語って相手の納得感を引き出す人より、理詰めする人の方がネガティブなイメージが先行します。

その言動の裏側には、議論という勝負で勝ちたい、責められたくないという気持ちが隠されています。

論理的思考がパターン化している

理詰めで会話する人の多くは、確固たる自分の意見があり、それを押し通そうとすることを得意とします。

原点は親からの教育や、育った環境にあり、「親も同様に理詰めな人だった」ということがしばしばあります。

また学校教育等で理論的な思考を繰り返し訓練し、理詰め的会話術に傾倒した人もいます。

いずれにせよ理論的な思考パターンがクセになってしまっているため、大人になってから理詰めの言動を変える、また相手にやめてもらうということはとても困難です。

理詰めする人は男性に多い

「理屈」の反対語は「感情」であり、この言葉からも察せられる通り、理詰めする人は、感情的に会話する人と話がかみ合わないことが多く、どちらかが折れないと議論が平行線をたどります。

一般に理詰めする人は論理的な思考をもつ男性に多く、感情的な人は女性に多いとされます。

夫婦喧嘩では、旦那さん側が理詰めで、奥さん側が感情的な言動をすることが多く、すれ違ったまま議論するせいで、結論が出ないことはよくあることです。

自らの感情も理論で下支えする

理詰めする人にも感情があり、自分の希望や意見を通したいという純粋な願望があります。

しかし理詰めな人は、その願望や欲望は感情から発したものではなく、理論的に考えてその方が妥当であると、理屈から導き出されていると考えています。

それが自然な感情から沸き起こったと考えると、理論派な自分を否定してしまうことにつながりかねないからです。

自分の感情から出たものも、客観的に見て正しい理論から導き出されたものだと、自分をねじふせてしまうため「自分の願望ではなく、理論的にこの方がいい」という言い方をしがちです。

理詰めする人は左脳が優れている

理詰めで会話をする人は、特に左脳が優れていると言われています。

左脳は論理的思考や言語を司るといわれており、左脳が発達することで、物事の筋道を立てて理論を考えることが上手になります。

話し上手で、相手を納得させる能力にたけており、相手を黙らせてしまうこともしばしばです。

直感やひらめきを司る右脳派人間は、思った事を口にすぐ出す傾向があるのに比べ、左脳派は理論武装をしてから、慎重に話始める人が多いです。

理詰めする人の基本的思考パターンは二択で構成されている

理詰めする人の思考には、物事をまずは「イエス」または「ノー」「正しい」または「誤り」等の二択で考えている傾向があります。

理詰めする人は、正しいことを実行するべき、伝えるべきという考えが根底にあって、女性や子どもが泣いて叫んで感情的に訴えても、クールに即却下することもあります。

はた目から見ると、理屈ばかりで感情を汲み取る余裕がないように見えるため、ネガティブなイメージをもたれやすいです。

一つの考えに没頭しやすく、同時並行で複数の物事を思考するのが苦手である

理詰めな人は、一つの物事について論理的に深く考えを練る傾向が強い一方、複数の物事を同時並行的に浅く思考することが苦手です。

同時並行的な思考回路をもつ人は、会話をしている最中に、話題があちこちに飛びがちで、一つの考えに没頭しがちな理詰め思考の人は、話題が飛ぶと思考の切り替えに時間がかかって大変イライラします。

理詰めする人にも弱点はある

理詰めする人は基本的に論理的思考の持ち主です。

自分が発言する前には、相手からの正当な質問や反論に対応できるような理論を既に用意していますが、その返答は理詰めする人の想定内のものばかりです。

そのため相手から想定外の対応をされると、用意していた返答が使えず、うろたえてしまいます。

つまり、理詰めする人の弱点は「想定外」な内容をたくさんのセリフで反論をされることです。

夫婦喧嘩で、感情的な言葉をシャワーのように浴びせる女性の方が、結果的に有利に終わることが多いのもそのためです。

理詰めする人は、自分の考えや欲望を、理屈で押し通そうとするあまり、少し強引な論理展開をしていることがあります。

理詰めする人に真正面から対抗するには、その強引な部分にツッコミを入れる手がありますが、かなりやっかいです。

そのため簡単な手段としては、感情的な調子で相手の言葉の何倍もの量で反応しかえすという手が一般的です。

理詰めで会話する人は、相手が理論に乗ってこない上に「あー、ハイハイ」というおざなりな答えに、最も白ける傾向があります。

正しい行いをするべきという道徳観念ももっているので、そのプライドやメンタルの弱さを刺激しないようにしながら対応してみてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-