【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171228162136.html
ストローを噛む人の心理

ストローを噛む人の心理 | LADYCO

LADYCO
ストローを噛む人の心理

ストローを噛むという行為は見た目に良いものではありませんが、どうしてそうした癖を持ってしまうのか、8つの心理を考慮してみましょう。

  • 大きな重圧やストレスを感じている
  • 以前からの習慣であり無意識でしてしまう
  • 愛情を欲している
  • 子供のようである
  • 誰かに甘えたい
  • 口がさみしい
  • 短気な人
  • あまり器用ではない
  • まとめ

1. 大きな重圧やストレスを感じている

大きな重圧やストレスを感じている

大きな重圧はその人を苦しめ、ストレスはその人の精神状態を狂わせることもあるほど強い力があります。

極度のストレスにさらされると、それをどこかで解消しないとおかしくなってしまうのではないかと思うほどであり、そんな時にはいつのまにかストローを噛んでいて、ストローの先がぺっちゃんこになっていたりします。

噛まずにいられないような気持ちであり、じっとしていることができない、かなり精神状態がストレスなどにより安定していないのかもしれません。

イライラや不安という気持ちは誰かに吐露するとかなりすっきりするのですが、それができないか、あるいはしていないために満たされない気持ちが高まってしまっています。

2. 以前からの習慣であり無意識でしてしまう

以前からの習慣であり無意識でしてしまう

ストローを噛むというのは子供のことからしていることであり、冷たい飲み物を飲みながらストローを噛むことをしています。

特にその習慣を親や他人に注意されることがないとそのままそれを続けてしまうのであり、大人になってもそれを止めることができないのです。

無意識でしてしまうことも多いので、自分がストローを噛んでいること気がついていないことも少なくありません。

とはいえストローを噛むというのは大したことではないと本人は思っているかもしれませんが、実はとても目立っているし恥ずかしい癖であるので、意識してそれを止めるように努力できるでしょう。

3. 愛情を欲している

愛情を欲している

いつも満たされない気持ちというのは、愛情を欲していることは少なくありません。

なんとなくいつも寂しくて独りぼっちのことが多い、あまり愛されていないという気持ちを持ち続けており、そんな満たされない気持ちがストローを噛むという習慣になってしまうことがあります。

寂しがり屋であるゆえに構って欲しいという気持ちもあるでしょう。

4. 子供のようである

子供のようである

ストローやアイスの棒を噛むというのは子供がよくすることでそれは普通ことですが、大人になってもするのはある意味子供のような感覚が残っているからかもしれません。

精神的に幼くて自立していない内面の円熟性に乏しく外見こそ立派に見えても中身は幼稚なところがあり、そんな一部分がストローを噛むという子供の習慣が残ってしまっている部分に表れているのかもしれません。

5. 誰かに甘えたい

誰かに甘えたい

とっても甘えん坊なところがあり、甘えるのが大好きで人に依存していたい、その時の安らぎや安心感が止められないのかもしれません。

甘えたがりであり、優しくされたいという気持ちや欲求が強くなると自然にストローを噛むという行動に出てしまうことがあります。

6. 口がさみしい

口がさみしい

タバコを吸う人というのは口がさみしくなにかをくわえていることで落ち着いたりするものですが、ストローを噛む人もなんとなく口にいつもなにかを入れておきたい、そうすることで口の中をさみしい感じにしたくないという思いになっているのかもしれません。

飲食店で飲み物を飲むとそんな気持ちがついストローを噛むという癖を出してしまうのであり、口の中を満たしたいのです。

7. 短気な人

短気な人

短気な人もすぐにストローを噛みたがるところがあります。

すぐにイライラするのでそれをしてしまうのであり、飲食店では楽しく会話をしたいものですが、その言われることや話題が面白くないとイラついてすぐに短気な態度が出てしまい、まるで面白くないとばかりにストローを噛むのです。

満たされない気持ち、つまらない話を聞かされたりするとその気持ちを出すかのようにストローを噛みます。

自分をあまり自制することができない、短気な人は暴れることはできなくてもそのように噛むことで意思表示をするのです。

8. あまり器用ではない

あまり器用ではない

ストローを噛む人はストレスが溜まっていることが少なくありませんが、それを上手く消化することができない、そのストレスをため込んでしまい、うまく吐き出すことができないことがあります。

もっとゆったりした考えを持ったり気分転換をしたりすればよいのですが、そんなことが上手くできず、遊びがあまりないのかもしれません。

器用にストレスをかわしたりそれを軽減できればストローを噛むことはしなくなっていきますが、それでできないためにストローにあたってしまうのです。

まとめ

大人になっているのにストローを噛むというのはどう見ても相手に失礼かもしれませんし、幼稚と思われてしまいますので、自分にはそうした癖がありその行為は他の人にはっきりと見られてしまうということを意識しておくべきでしょう。

そしてストレスを溜めていたりイライラしていることを明らかにしてしまう行為でもあるために、その原因を見極めてストレスと上手に付き合っていくあるいは減らすことができれば、ストローを噛みたくなる癖を直すことができます。

ストローを噛むという行為は見た目に良いものではありませんが、どうしてそうした癖を持ってしまうのか、8つの心理を考慮してみましょう。


大きな重圧やストレスを感じている

大きな重圧はその人を苦しめ、ストレスはその人の精神状態を狂わせることもあるほど強い力があります。

極度のストレスにさらされると、それをどこかで解消しないとおかしくなってしまうのではないかと思うほどであり、そんな時にはいつのまにかストローを噛んでいて、ストローの先がぺっちゃんこになっていたりします。

噛まずにいられないような気持ちであり、じっとしていることができない、かなり精神状態がストレスなどにより安定していないのかもしれません。

イライラや不安という気持ちは誰かに吐露するとかなりすっきりするのですが、それができないか、あるいはしていないために満たされない気持ちが高まってしまっています。

以前からの習慣であり無意識でしてしまう

ストローを噛むというのは子供のことからしていることであり、冷たい飲み物を飲みながらストローを噛むことをしています。

特にその習慣を親や他人に注意されることがないとそのままそれを続けてしまうのであり、大人になってもそれを止めることができないのです。

無意識でしてしまうことも多いので、自分がストローを噛んでいること気がついていないことも少なくありません。

とはいえストローを噛むというのは大したことではないと本人は思っているかもしれませんが、実はとても目立っているし恥ずかしい癖であるので、意識してそれを止めるように努力できるでしょう。

愛情を欲している

いつも満たされない気持ちというのは、愛情を欲していることは少なくありません。

なんとなくいつも寂しくて独りぼっちのことが多い、あまり愛されていないという気持ちを持ち続けており、そんな満たされない気持ちがストローを噛むという習慣になってしまうことがあります。

寂しがり屋であるゆえに構って欲しいという気持ちもあるでしょう。

子供のようである

ストローやアイスの棒を噛むというのは子供がよくすることでそれは普通ことですが、大人になってもするのはある意味子供のような感覚が残っているからかもしれません。

精神的に幼くて自立していない内面の円熟性に乏しく外見こそ立派に見えても中身は幼稚なところがあり、そんな一部分がストローを噛むという子供の習慣が残ってしまっている部分に表れているのかもしれません。

誰かに甘えたい

とっても甘えん坊なところがあり、甘えるのが大好きで人に依存していたい、その時の安らぎや安心感が止められないのかもしれません。

甘えたがりであり、優しくされたいという気持ちや欲求が強くなると自然にストローを噛むという行動に出てしまうことがあります。

口がさみしい

タバコを吸う人というのは口がさみしくなにかをくわえていることで落ち着いたりするものですが、ストローを噛む人もなんとなく口にいつもなにかを入れておきたい、そうすることで口の中をさみしい感じにしたくないという思いになっているのかもしれません。

飲食店で飲み物を飲むとそんな気持ちがついストローを噛むという癖を出してしまうのであり、口の中を満たしたいのです。

短気な人

短気な人もすぐにストローを噛みたがるところがあります。

すぐにイライラするのでそれをしてしまうのであり、飲食店では楽しく会話をしたいものですが、その言われることや話題が面白くないとイラついてすぐに短気な態度が出てしまい、まるで面白くないとばかりにストローを噛むのです。

満たされない気持ち、つまらない話を聞かされたりするとその気持ちを出すかのようにストローを噛みます。

自分をあまり自制することができない、短気な人は暴れることはできなくてもそのように噛むことで意思表示をするのです。

あまり器用ではない

ストローを噛む人はストレスが溜まっていることが少なくありませんが、それを上手く消化することができない、そのストレスをため込んでしまい、うまく吐き出すことができないことがあります。

もっとゆったりした考えを持ったり気分転換をしたりすればよいのですが、そんなことが上手くできず、遊びがあまりないのかもしれません。

器用にストレスをかわしたりそれを軽減できればストローを噛むことはしなくなっていきますが、それでできないためにストローにあたってしまうのです。

大人になっているのにストローを噛むというのはどう見ても相手に失礼かもしれませんし、幼稚と思われてしまいますので、自分にはそうした癖がありその行為は他の人にはっきりと見られてしまうということを意識しておくべきでしょう。

そしてストレスを溜めていたりイライラしていることを明らかにしてしまう行為でもあるために、その原因を見極めてストレスと上手に付き合っていくあるいは減らすことができれば、ストローを噛みたくなる癖を直すことができます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-