【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171228162110.html
いつもヘラヘラしている人の心理

いつもヘラヘラしている人の心理 | LADYCO

LADYCO
いつもヘラヘラしている人の心理

いつもへらへらしている人というのは呑気で何も考えていないように見えるのですが、実はいろいろな心理が隠されているかもしれません。

その心理を7つ取り上げてみましょう。

  • 頭で面白いことを想像したり妄想している
  • 責任をあまり負いたがらない
  • みんなと仲良くしたい
  • 頭の中がカラカラ
  • 親がそのような人だった
  • へらへらキャラを作りたい
  • 優しい顔立ちである
  • まとめ

1. 頭で面白いことを想像したり妄想している

頭で面白いことを想像したり妄想している

現実から逃避したいという気持ち、特に面白くなくてそれに目を向けたくない人は、あえてそれに向き合おうとせずに、頭ではいつも別の面白いことばかりを考えて妄想を膨らませることによってへらへらとしています。

へらへらとするようなそのようなことを考えないと退屈してしまう、あるいはとてもやっていけないというストレスを抱えているのかもしれません。

2. 責任をあまり負いたがらない

責任をあまり負いたがらない

へらへらしている人というのは責任感がないように見えるし、そのような人に大きな仕事を任せたいという気持ちにもなれないものです。

仕事が多く与えられることでそれだけ責任を負うことのストレスや重圧が大きなものになるのはわかっているので、今のままでいい、これ以上多くの事をしたくないという自分を守るためにあえてへらへらして、自分がそうした仕事をする面で不適格であるというような印象を与えようとしています。

3. みんなと仲良くしたい

みんなと仲良くしたい

へらへらしている人というのはまるで自分がないように見えたりするものです。

人の意見に従いあっちにもこっちにもついていく感じであり、自分の意見などない、人の行くところにいつでもついていく雰囲気があります。

そのような人の心理はある意味そうすることでみんなと仲良くしたい、みんなと反対の意見を言うようなことはしたくないという気持ちが働いていたりします。

ただ自分の意見を持たず風の吹く方についていくという態度は、周囲の人たちからすると時にイライラしたり、考えがコロコロ変わるために嫌がられてしまうことがあります。

4. 頭の中がカラカラ

頭の中がカラカラ

頭の中が本当にカラカラであり、何も考えていな人はへらへらしています。

何も考えていないのでどうでもいいし、楽しければそれでいいという感じなのかもしれません。

考えることが苦手で自分には何もできないという気持ちもあるのかもしれませんが、頭の中がカラカラだと、言うことや行うことが周囲の人たちの疑問やなんでそんなことを言うの、という感じになりやすく、へらへらしてはいけないところでもへらへらしてしまうという致命的な失敗を犯してしまいやすいです。

5. 親がそのような人だった

親がそのような人だった

親がいつもへらへらしている人で、そうした親の背中を見て育ったことで自然とそうなってしまったか、あるいは人前ではいつも笑顔でいるようにという教育を受けてきたのかもしれません。

人前で笑顔でいるというのはとても良いことですが、それを無理してそうしようとするとへらへらしてしまう可能性がありますし、場違いな笑顔になることもあります。

真剣さが必要なときや注意しているときにもへらへらして相手をいらつかせてしまうのです。

6. へらへらキャラを作りたい

へらへらキャラを作りたい

へらへらをあえて作ることで相手の自分への関心をそぐようにしている場合があります。

へらへらしている人にはなにも言っても無駄だし、関心を持って質問するとしょうもない答えしか返ってこないという感じで次第にその人に無関心になっていきます。

プライベートに関してどうしても知られたくない、噂になるようなネガティブな秘密があり、それを隠したいために、あえてそんなキャラを演じて相手が自分に関心を向けないように注意をそらさせるようにしているのです。

他人に干渉されることをひどく嫌っているのであり、その防御手段としてへらへらしています。

7. 優しい顔立ちである

優しい顔立ちである

育ちがよくて優しい顔立ちをしているとどうしてもその雰囲気がへらへらしているように見えてしまうかもしれません。

そうした顔立ちであるゆえに仕方がないのですが、相手の話を真剣に聞かなければならない状況で真剣に話を聞いていても、相手にはそうしていないとみなされてしまうのはちょっと損です。

この場合顔立ちの問題なので、それを直すことは難しいですし、それを受け入れていくしかないですし、周囲の人たちに自分はこの顔が普通であることを明らかにして理解してもらうように話してみることができるかもしれません。

まとめ

いつもへらへらしている人というのはそのままで何も考えずにそうなっていることもあれば、あえてそれをキャラとして演じている場合もあります。

どちらのタイプであったとしてもへらへらし過ぎると相手をイラつかせ、不機嫌にさせてしまう可能性が高いためにほどほどがよいかもしれません。

またそのような人が身近にいれば、その人がなぜそうしているのかを分析したりその背景となることを知ることで、もう少しそのへらへらした人に優しく接してあげることができるかもしれません。

顔立ちが優しくそのように見えてしまう人はポジティブに考えて、ムスッとしている顔よりも笑顔な方がいいという感じでそれを受け入れていくことができるでしょう。

いつもへらへらしている人というのは呑気で何も考えていないように見えるのですが、実はいろいろな心理が隠されているかもしれません。

その心理を7つ取り上げてみましょう。


頭で面白いことを想像したり妄想している

現実から逃避したいという気持ち、特に面白くなくてそれに目を向けたくない人は、あえてそれに向き合おうとせずに、頭ではいつも別の面白いことばかりを考えて妄想を膨らませることによってへらへらとしています。

へらへらとするようなそのようなことを考えないと退屈してしまう、あるいはとてもやっていけないというストレスを抱えているのかもしれません。

責任をあまり負いたがらない

へらへらしている人というのは責任感がないように見えるし、そのような人に大きな仕事を任せたいという気持ちにもなれないものです。

仕事が多く与えられることでそれだけ責任を負うことのストレスや重圧が大きなものになるのはわかっているので、今のままでいい、これ以上多くの事をしたくないという自分を守るためにあえてへらへらして、自分がそうした仕事をする面で不適格であるというような印象を与えようとしています。

みんなと仲良くしたい

へらへらしている人というのはまるで自分がないように見えたりするものです。

人の意見に従いあっちにもこっちにもついていく感じであり、自分の意見などない、人の行くところにいつでもついていく雰囲気があります。

そのような人の心理はある意味そうすることでみんなと仲良くしたい、みんなと反対の意見を言うようなことはしたくないという気持ちが働いていたりします。

ただ自分の意見を持たず風の吹く方についていくという態度は、周囲の人たちからすると時にイライラしたり、考えがコロコロ変わるために嫌がられてしまうことがあります。

頭の中がカラカラ

頭の中が本当にカラカラであり、何も考えていな人はへらへらしています。

何も考えていないのでどうでもいいし、楽しければそれでいいという感じなのかもしれません。

考えることが苦手で自分には何もできないという気持ちもあるのかもしれませんが、頭の中がカラカラだと、言うことや行うことが周囲の人たちの疑問やなんでそんなことを言うの、という感じになりやすく、へらへらしてはいけないところでもへらへらしてしまうという致命的な失敗を犯してしまいやすいです。

親がそのような人だった

親がいつもへらへらしている人で、そうした親の背中を見て育ったことで自然とそうなってしまったか、あるいは人前ではいつも笑顔でいるようにという教育を受けてきたのかもしれません。

人前で笑顔でいるというのはとても良いことですが、それを無理してそうしようとするとへらへらしてしまう可能性がありますし、場違いな笑顔になることもあります。

真剣さが必要なときや注意しているときにもへらへらして相手をいらつかせてしまうのです。

へらへらキャラを作りたい

へらへらをあえて作ることで相手の自分への関心をそぐようにしている場合があります。

へらへらしている人にはなにも言っても無駄だし、関心を持って質問するとしょうもない答えしか返ってこないという感じで次第にその人に無関心になっていきます。

プライベートに関してどうしても知られたくない、噂になるようなネガティブな秘密があり、それを隠したいために、あえてそんなキャラを演じて相手が自分に関心を向けないように注意をそらさせるようにしているのです。

他人に干渉されることをひどく嫌っているのであり、その防御手段としてへらへらしています。

優しい顔立ちである

育ちがよくて優しい顔立ちをしているとどうしてもその雰囲気がへらへらしているように見えてしまうかもしれません。

そうした顔立ちであるゆえに仕方がないのですが、相手の話を真剣に聞かなければならない状況で真剣に話を聞いていても、相手にはそうしていないとみなされてしまうのはちょっと損です。

この場合顔立ちの問題なので、それを直すことは難しいですし、それを受け入れていくしかないですし、周囲の人たちに自分はこの顔が普通であることを明らかにして理解してもらうように話してみることができるかもしれません。

いつもへらへらしている人というのはそのままで何も考えずにそうなっていることもあれば、あえてそれをキャラとして演じている場合もあります。

どちらのタイプであったとしてもへらへらし過ぎると相手をイラつかせ、不機嫌にさせてしまう可能性が高いためにほどほどがよいかもしれません。

またそのような人が身近にいれば、その人がなぜそうしているのかを分析したりその背景となることを知ることで、もう少しそのへらへらした人に優しく接してあげることができるかもしれません。

顔立ちが優しくそのように見えてしまう人はポジティブに考えて、ムスッとしている顔よりも笑顔な方がいいという感じでそれを受け入れていくことができるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-