【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171226131535.html
好きじゃない人と付き合う心理

好きじゃない人と付き合う心理 | LADYCO

LADYCO
好きじゃない人と付き合う心理

好きじゃないけど付き合っていますという人は少なくありません。

そのような気持ちでそれをするのでしょうか。

8つの心理を考察してみましょう。

  • 断る理由がない
  • 愛されることの幸せ
  • 一人でいることの寂しさ
  • 相手に経済力がある
  • 相手がどのような人なのかわからない
  • 真面目である
  • その時の雰囲気や勢い
  • 焦りがある
  • まとめ

1. 断る理由がない

断る理由がない

交際を申し込まれて全く考えていない相手からであり好きでもないのですが、なにかその人が嫌いという感情もないし好きという気持ちもない、とにかく断る理由がないと感じています。

あまりにも意外な人からの交際の申し込みに戸惑ってしまうのですが、それでもお付き合いをすることで相手を好きになっていくかもしれないし、断ったら相手に悪い、そんな気持ちも強くとりあえず交際をしてみるという気持ちなのです。

そして自分自身がフリーでありお付き合いをしている相手がいない、そうした状況もあります。

2. 愛されることの幸せ

愛されることの幸せ

追いかける恋というのは相手がなかなか振り向いてくれない、あるいは恋愛に温度差があり自分が期待するような展開にならないことが多いものです。

ですが相手が自分のことを好きになってくれたというのは、素直に嬉しいし、愛されることの幸せを実感することになります。

好きな人ではないけれども、追いかけるよりも追いかけられて尽くしてくれる、自分を振り向かせたいと必死になっている姿は嬉しいし、その気持ちが伝わるのでとりあえずお付き合いをしてみようという気持ちであり、その相手の姿を見るうちに恋愛感情は高まっていくことでしょう。

3. 一人でいることの寂しさ

一人でいることの寂しさ

どのような異性であったとしても一人でいるよりはましという気持ちがあります。

特にクリスマスが近いので誰と過ごすのかということが仲間内で話題になるかもしれません。

そんな時に誰も交際相手がいなくて一人で過ごすほほど寂しいことがなく、誕生日を一緒に祝ってくれる人もいない、そんな感じにだけはしたくないのです。

本命ではないものの、お付き合いをしている人が必要であり、好きではないけど一人になるよりはよいと考えています。

4. 相手に経済力がある

相手に経済力がある

以前に交際していた人がルックスがよくかっこよいものの、仕事が安定せず、すぐに辞めるとか転々としている、そんな感じで金欠状態になることが多かったりして、そのお金が原因で苦労したり別れたという経験をしていると、好きではないものの、相手に経済力があるというのは大きな魅力です。

公務員や正社員として長い期間働いており仕事が安定しているのでデートをしてもお金のことを気にする必要がないし、プレゼントを買ってくれたりする、そんな以前の彼ではできなかったことをしてくれることにうまみを感じて好き好きモードではないものの、付き合いをするのです。

5. 相手がどのような人なのかわからない

相手がどのような人なのかわからない

外見や表面的な印象しか知らず、本当のところ相手がどのような人なのか、その人となりがわからないゆえにとりあえず交際してみて相手を見極めたいという思いがあります。

知り合うことでやがて好きになるのか、やっぱり無理か、そうしたことがはっきりするし、よくわからないのに断るのは失礼な気持ちになっています。

6. 真面目である

真面目である

相手にはルックスや外見の魅力を感じることはないのですし、自分の理想の異性には程遠い人なのですが、とにかく真面目な人であることがわかるからです。

かっこいいとかルックスの良さは時に相手を不安にさせ浮気をするのではないか、別の異性と話していると嫉妬の気持ちを持ってしまうものです。

ですが真面目でそうしたことをするような雰囲気が全くないと、とりあえず浮気されることはないだろうし、真面目なので信頼はできる、ということで交際をしてみてもいいかという気持ちになっています。

7. その時の雰囲気や勢い

その時の雰囲気や勢い

告白されるというのは相手が自分を好きになってくれるという証拠であり、その時の雰囲気や勢いでなんとなく交際を始めてしまったというケースです。

相手の押しに負けてしまったとかその場が楽しかったので、という理由は簡単なのですが、来るものを拒まずというところがあり、まさになんとなくそうなってしまったという感じです。

8. 焦りがある

焦りがある

年齢が30を超えてきていてこの先、結婚する機会はもうないかもしれない、理想の相手ではないけど結婚するチャンスがあるとすればこの人しかないのかな、そんな気持ちや焦りというのは、好きではないけど交際をする人の心理としてあります。

結婚願望が強いのでそのような焦りの気持ちというのは、相手が好きか嫌いかにあまり関係なくお付き合いをします。

まとめ

好きではないけどお付き合いをするパターンというのはまれではなく比較的多いものです。

特に女性の場合には受け身であることが多く、異性からのアプローチがないと自分から告白などできないと思っている人たちは少なくありませんので、そのアプローチしてくれた異性は好きではなかったということは多いのです。

断る理由がなくとりあえずお付き合いをする人たちは、好きではないけど一緒にいる時間が増えていくと相手の良いところが見えるようになり、次第に惹かれ合っていくものであり、仲良くそして好きになっていくことでしょう。

好きじゃないけど付き合っていますという人は少なくありません。

そのような気持ちでそれをするのでしょうか。

8つの心理を考察してみましょう。


断る理由がない

交際を申し込まれて全く考えていない相手からであり好きでもないのですが、なにかその人が嫌いという感情もないし好きという気持ちもない、とにかく断る理由がないと感じています。

あまりにも意外な人からの交際の申し込みに戸惑ってしまうのですが、それでもお付き合いをすることで相手を好きになっていくかもしれないし、断ったら相手に悪い、そんな気持ちも強くとりあえず交際をしてみるという気持ちなのです。

そして自分自身がフリーでありお付き合いをしている相手がいない、そうした状況もあります。

愛されることの幸せ

追いかける恋というのは相手がなかなか振り向いてくれない、あるいは恋愛に温度差があり自分が期待するような展開にならないことが多いものです。

ですが相手が自分のことを好きになってくれたというのは、素直に嬉しいし、愛されることの幸せを実感することになります。

好きな人ではないけれども、追いかけるよりも追いかけられて尽くしてくれる、自分を振り向かせたいと必死になっている姿は嬉しいし、その気持ちが伝わるのでとりあえずお付き合いをしてみようという気持ちであり、その相手の姿を見るうちに恋愛感情は高まっていくことでしょう。

一人でいることの寂しさ

どのような異性であったとしても一人でいるよりはましという気持ちがあります。

特にクリスマスが近いので誰と過ごすのかということが仲間内で話題になるかもしれません。

そんな時に誰も交際相手がいなくて一人で過ごすほほど寂しいことがなく、誕生日を一緒に祝ってくれる人もいない、そんな感じにだけはしたくないのです。

本命ではないものの、お付き合いをしている人が必要であり、好きではないけど一人になるよりはよいと考えています。

相手に経済力がある

以前に交際していた人がルックスがよくかっこよいものの、仕事が安定せず、すぐに辞めるとか転々としている、そんな感じで金欠状態になることが多かったりして、そのお金が原因で苦労したり別れたという経験をしていると、好きではないものの、相手に経済力があるというのは大きな魅力です。

公務員や正社員として長い期間働いており仕事が安定しているのでデートをしてもお金のことを気にする必要がないし、プレゼントを買ってくれたりする、そんな以前の彼ではできなかったことをしてくれることにうまみを感じて好き好きモードではないものの、付き合いをするのです。

相手がどのような人なのかわからない

外見や表面的な印象しか知らず、本当のところ相手がどのような人なのか、その人となりがわからないゆえにとりあえず交際してみて相手を見極めたいという思いがあります。

知り合うことでやがて好きになるのか、やっぱり無理か、そうしたことがはっきりするし、よくわからないのに断るのは失礼な気持ちになっています。

真面目である

相手にはルックスや外見の魅力を感じることはないのですし、自分の理想の異性には程遠い人なのですが、とにかく真面目な人であることがわかるからです。

かっこいいとかルックスの良さは時に相手を不安にさせ浮気をするのではないか、別の異性と話していると嫉妬の気持ちを持ってしまうものです。

ですが真面目でそうしたことをするような雰囲気が全くないと、とりあえず浮気されることはないだろうし、真面目なので信頼はできる、ということで交際をしてみてもいいかという気持ちになっています。

その時の雰囲気や勢い

告白されるというのは相手が自分を好きになってくれるという証拠であり、その時の雰囲気や勢いでなんとなく交際を始めてしまったというケースです。

相手の押しに負けてしまったとかその場が楽しかったので、という理由は簡単なのですが、来るものを拒まずというところがあり、まさになんとなくそうなってしまったという感じです。

焦りがある

年齢が30を超えてきていてこの先、結婚する機会はもうないかもしれない、理想の相手ではないけど結婚するチャンスがあるとすればこの人しかないのかな、そんな気持ちや焦りというのは、好きではないけど交際をする人の心理としてあります。

結婚願望が強いのでそのような焦りの気持ちというのは、相手が好きか嫌いかにあまり関係なくお付き合いをします。

好きではないけどお付き合いをするパターンというのはまれではなく比較的多いものです。

特に女性の場合には受け身であることが多く、異性からのアプローチがないと自分から告白などできないと思っている人たちは少なくありませんので、そのアプローチしてくれた異性は好きではなかったということは多いのです。

断る理由がなくとりあえずお付き合いをする人たちは、好きではないけど一緒にいる時間が増えていくと相手の良いところが見えるようになり、次第に惹かれ合っていくものであり、仲良くそして好きになっていくことでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-