【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171226131434.html
夜道を歩くとき怖いと思うタイミング

夜道を歩くとき怖いと思うタイミング | LADYCO

LADYCO
夜道を歩くとき怖いと思うタイミング

夜道を歩くときどういった状況になると怖いと思うようになるのでしょうか。

普段通り慣れている道でも怖くなるパターンをいくつかご紹介します。

  • 心霊番組を見たとき
  • 通り魔事件をニュースで見たとき
  • 犬が吼えてるとき
  • 街灯がうす暗い道を歩くとき
  • トンネルを歩くとき
  • 近場で誰かが亡くなったとき
  • 死亡事故の看板を見たとき
  • サイレンの音を聞いたとき
  • スマホの充電が切れたとき
  • まとめ

1. 心霊番組を見たとき

心霊番組を見たとき

テレビや動画などで心霊番組を見ると、実際に自分の周りにいるのではないかと錯覚を起こすようになります。

時間が経てば忘れて夜道を歩いても怖くないのに、幽霊の記憶が残っていると人影が見えたり、風が吹いただけでも何かいる気配を感じるようになってしまいます。

明るい道を歩いていても、強烈な印象がいつまでも残っていると怖さを感じる人もいます。

夜中に一人でお墓を歩けるという人でも怖い心霊番組を見てしまうと歩けなくなってしまいます。

心霊番組だけでなくホラー映画を見ただけでも、夜道を歩くのが怖いと思うようになる人もいます。

心霊番組を見てから怖くなったときは、記憶が薄れていけば夜道を歩けるようになってきます。

2. 通り魔事件をニュースで見たとき

通り魔事件をニュースで見たとき

ニュースで通り魔が出たことを知ると事件とは関係ない地域であっても、もしかしたらここにも来るかもしれないと思ってしまいます。

犯人が捕まるまでは自分も襲われるかもしれないという思いをしながら歩くことになります。

通り魔はいつどこに現れてもおかしくはありませんが、日本は治安が良い国といわれているので、ニュースで報道されなければ普段はいないものだと思ってしまいます。

しかしニュースで通り魔の事件を聞くと警戒心がいつにも増してくるので、夜道を歩くときに緊張して怖いと思うようになります。

3. 犬が吼えてるとき

犬が吼えてるとき

犬は鎖でつながれているので吠えられても安全ですが、夜道になると周りは誰もいないので襲われたらどうしようと恐怖心が増します。

大型犬になるほど鳴き声も大きくなるので余計警戒するようになります。

犬が吠えるときというのは、飼い主に怪しい人が来たというのを教えていることもありますが、犬も人間と同じように怖くて吠えてることもあります。

一匹の犬が吠えると近くで犬を飼っている家があった場合、その犬も吠えるようになり周囲一帯が犬の鳴き声でこだまします。

周りが静かなので音が響いて怖さが増してきます。

4. 街灯がうす暗い道を歩くとき

街灯がうす暗い道を歩くとき

都会だと街灯が明るい場所が多いのでそれほど怖さを感じませんが、田舎の方になるとうす暗い街灯の所もあり、街灯の間隔が広いと一時的に暗くなるので、怖いという気持ちが大きくなってきます。

周囲に家が少ないので万が一のとき助けを求められないという不安も怖さを増す原因を作り出します。

コンビニや飲食店がなく、周りが田んぼや畑だけの道だと街灯すらなくなってくるので、男性でも怖いと思うようになります。

5. トンネルを歩くとき

トンネルを歩くとき

トンネルの中は電灯がついてる所があるので明るい場所が多いですが、霊が出ると噂されている所だと昼間でも通るのが怖くなります。

車も通らないトンネルになると、遠回りしてでもトンネルは通りたくないという気持ちにさせられます。

トンネルの上にお墓があったり、戦国時代に多くの人が亡くなった場所だと、虫の鳴き声が聞こえただけで怖くなります。

6. 近場で誰かが亡くなったとき

近場で誰かが亡くなったとき

お通夜やお葬式などをやっている現場を通るとその場は遺族がいたりするので安心ですが、後ろから霊が付いてくるのではないかという恐怖心に襲われることがあります。

毎日通り慣れている道でも、いつもと違った雰囲気を感じるようになるので、もしかしたら知っていた人が亡くなって、その人が出てくるのではないかと思うようになると怖くなります。

7. 死亡事故の看板を見たとき

死亡事故の看板を見たとき

交通事故で死亡した人がいると「この現場で亡くなりました」という看板が出ることがあります。

ひき逃げなどの場合は犯人の目撃情報を探しているので、見つかるまではいつまでも看板が出た状態になっています。

看板がなければ普段どおり歩けたのに、死亡事故現場だと知った途端に怖くなることがあります。

歩道に花束があった場合でも同じで、そこで誰かが事故死したのかと思うと不安な気持ちになりそこから先を歩くのが怖くなります。

8. サイレンの音を聞いたとき

サイレンの音を聞いたとき

救急車や消防車のサイレンの音を聞くと不安になり怖くなってきます。

目の前をサイレンを鳴らして通ると緊張度がいつにも増してきます。

通り過ぎたあとにまたサイレンを鳴らして通るとさらに不安が増加します。

サイレンが遠ざかっていっても、一度不安な気持ちになると帰り道が急に怖くなってきます。

救急車のサイレンは聞き慣れていても消防車になると怖いという気持ちが強くなるので、火災現場から離れていても夜道は怖くなります。

9. スマホの充電が切れたとき

スマホの充電が切れたとき

スマホがあれば何かあったときすぐに警察を呼べますが、充電がないと何もすることができません。

女性の場合はスマホで話をしているふりをしながら歩けば防犯になりますが、スマホの充電が切れている状態だと画面も真っ暗になるので不安になってきます。

スマホ依存症の人ほど充電が切れると夜道は怖くなります。

まとめ

夜道は毎日通り慣れている道でもちょっとしたことで不安になります。

防犯ブザーや予備のスマホを持っておくなどして対策をしておけば怖い気持ちを解消できます。

また夜道を歩くことが前もってわかっている

夜道を歩くときどういった状況になると怖いと思うようになるのでしょうか。

普段通り慣れている道でも怖くなるパターンをいくつかご紹介します。


心霊番組を見たとき

テレビや動画などで心霊番組を見ると、実際に自分の周りにいるのではないかと錯覚を起こすようになります。

時間が経てば忘れて夜道を歩いても怖くないのに、幽霊の記憶が残っていると人影が見えたり、風が吹いただけでも何かいる気配を感じるようになってしまいます。

明るい道を歩いていても、強烈な印象がいつまでも残っていると怖さを感じる人もいます。

夜中に一人でお墓を歩けるという人でも怖い心霊番組を見てしまうと歩けなくなってしまいます。

心霊番組だけでなくホラー映画を見ただけでも、夜道を歩くのが怖いと思うようになる人もいます。

心霊番組を見てから怖くなったときは、記憶が薄れていけば夜道を歩けるようになってきます。

通り魔事件をニュースで見たとき

ニュースで通り魔が出たことを知ると事件とは関係ない地域であっても、もしかしたらここにも来るかもしれないと思ってしまいます。

犯人が捕まるまでは自分も襲われるかもしれないという思いをしながら歩くことになります。

通り魔はいつどこに現れてもおかしくはありませんが、日本は治安が良い国といわれているので、ニュースで報道されなければ普段はいないものだと思ってしまいます。

しかしニュースで通り魔の事件を聞くと警戒心がいつにも増してくるので、夜道を歩くときに緊張して怖いと思うようになります。

犬が吼えてるとき

犬は鎖でつながれているので吠えられても安全ですが、夜道になると周りは誰もいないので襲われたらどうしようと恐怖心が増します。

大型犬になるほど鳴き声も大きくなるので余計警戒するようになります。

犬が吠えるときというのは、飼い主に怪しい人が来たというのを教えていることもありますが、犬も人間と同じように怖くて吠えてることもあります。

一匹の犬が吠えると近くで犬を飼っている家があった場合、その犬も吠えるようになり周囲一帯が犬の鳴き声でこだまします。

周りが静かなので音が響いて怖さが増してきます。

街灯がうす暗い道を歩くとき

都会だと街灯が明るい場所が多いのでそれほど怖さを感じませんが、田舎の方になるとうす暗い街灯の所もあり、街灯の間隔が広いと一時的に暗くなるので、怖いという気持ちが大きくなってきます。

周囲に家が少ないので万が一のとき助けを求められないという不安も怖さを増す原因を作り出します。

コンビニや飲食店がなく、周りが田んぼや畑だけの道だと街灯すらなくなってくるので、男性でも怖いと思うようになります。

トンネルを歩くとき

トンネルの中は電灯がついてる所があるので明るい場所が多いですが、霊が出ると噂されている所だと昼間でも通るのが怖くなります。

車も通らないトンネルになると、遠回りしてでもトンネルは通りたくないという気持ちにさせられます。

トンネルの上にお墓があったり、戦国時代に多くの人が亡くなった場所だと、虫の鳴き声が聞こえただけで怖くなります。

近場で誰かが亡くなったとき

お通夜やお葬式などをやっている現場を通るとその場は遺族がいたりするので安心ですが、後ろから霊が付いてくるのではないかという恐怖心に襲われることがあります。

毎日通り慣れている道でも、いつもと違った雰囲気を感じるようになるので、もしかしたら知っていた人が亡くなって、その人が出てくるのではないかと思うようになると怖くなります。

死亡事故の看板を見たとき

交通事故で死亡した人がいると「この現場で亡くなりました」という看板が出ることがあります。

ひき逃げなどの場合は犯人の目撃情報を探しているので、見つかるまではいつまでも看板が出た状態になっています。

看板がなければ普段どおり歩けたのに、死亡事故現場だと知った途端に怖くなることがあります。

歩道に花束があった場合でも同じで、そこで誰かが事故死したのかと思うと不安な気持ちになりそこから先を歩くのが怖くなります。

サイレンの音を聞いたとき

救急車や消防車のサイレンの音を聞くと不安になり怖くなってきます。

目の前をサイレンを鳴らして通ると緊張度がいつにも増してきます。

通り過ぎたあとにまたサイレンを鳴らして通るとさらに不安が増加します。

サイレンが遠ざかっていっても、一度不安な気持ちになると帰り道が急に怖くなってきます。

救急車のサイレンは聞き慣れていても消防車になると怖いという気持ちが強くなるので、火災現場から離れていても夜道は怖くなります。

スマホの充電が切れたとき

スマホがあれば何かあったときすぐに警察を呼べますが、充電がないと何もすることができません。

女性の場合はスマホで話をしているふりをしながら歩けば防犯になりますが、スマホの充電が切れている状態だと画面も真っ暗になるので不安になってきます。

スマホ依存症の人ほど充電が切れると夜道は怖くなります。

夜道は毎日通り慣れている道でもちょっとしたことで不安になります。

防犯ブザーや予備のスマホを持っておくなどして対策をしておけば怖い気持ちを解消できます。

また夜道を歩くことが前もってわかっている

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-