【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171225174318.html
いつも恋愛が重たいと思う人の心理

いつも恋愛が重たいと思う人の心理 | LADYCO

LADYCO
いつも恋愛が重たいと思う人の心理

いつも恋愛が重たくてストレスになって、ネガティブ思考になってしまう人がいます。

どんな心理がそのような気持ちにさせるのでしょうか。

次の8つの点を考察してみましょう。

  • 相手に合わせることが面倒
  • つい恋愛にのめり込んでしまう
  • 過去の失恋のショック
  • 相手に合わせようと演じてしまい疲れる
  • 忙し過ぎる
  • メールの返信などのやりとり
  • 同性といることの楽な気持ち
  • 理想の相手ではない
  • まとめ

1. 相手に合わせることが面倒

相手に合わせることが面倒

いつも恋愛が重たい、気が進まないと感じてしまう人というのは相手に合わせなければならないことで、自分の好きなことができない、あるいは休日休みたくてもデートをしないといけないという相手に縛られるような関係になるのが苦痛だったりします。

自分の好きなようにさせてくれるならまだしも、相手がいる以上好みや趣味、したいことに違いがあるので、恋愛が重たく感じてしまうことでしょう。

2. つい恋愛にのめり込んでしまう

つい恋愛にのめり込んでしまう

恋愛というのは一度相手を好きになるとその相手のことばかりを考えてしまいます。

それでそれに没頭してしまう傾向があり、そんな自分が嫌になることもあります。

もう少し距離を保ちつつ大人のお付き合いをしていけばいいのですが、恋愛をするとそんな風にはできず、なにもかもが一変してしまうのでそんな状態になるのがわかるだけに重たいと感じてしまいます。

3. 過去の失恋のショック

過去の失恋のショック

大好きだった人とお付き合いをしていて良い感じだったのに、ふとしたことから誤解やちょっとしたすれ違いが生まれ、恋愛が上手くいかなくなってしまった、あるいは相手の浮気のために裏切られてしまった、そんな体験をしたことがあるかもしれません。

それはショックであり、恋愛など傷つくだけだ、そんなネガティブ思考になってしまい、恋愛はいつ裏切られるのか、そんな不安を抱えての関係なのでいつも重たくて消極的になってしまうのです。

4. 相手に合わせようと演じてしまい疲れる

相手に合わせようと演じてしまい疲れる

恋愛をすると相手に気に入られたいという気持ちが強いために、無理して自分をよく見せようとしてしまうところがあります。

もっと良い人になってかわいいところやかっこいいところ、そして素敵なところを魅せたいという気持ちになるのは普通のことです。

ですがあまりに背伸びをすると、それを維持するのにかなり疲れるし、自分を正直に出せなくなることで次第に重たくなってしまうことでしょう。

5. 忙し過ぎる

忙し過ぎる

仕事が充実しており、プライベートでもやることがたくさんある、同性の友人も少なくない、そんな状況だと異性との恋愛をするためにさらに時間を取るというのは容易ではありません。

どれかを削る必要があり、それは簡単ではないでしょう。

これ以上忙しくなる生活は大きなストレスになるし、恋愛を楽しめないような感じがするために恋愛に前向きになることができません。

今は重たいと感じてしまうのです。

6. メールの返信などのやりとり

メールの返信などのやりとり

恋愛をすると相手とのやりとりを頻繁にするようになります。

大した用事もないのになにをしているのか気になってメールをしたくなることはあるものです。

返事をしないと気まずい雰囲気になるために、できるだけクイックリプライをしなければという感じになります。

仕事中とかプライベートな時間でもそんな感じになるために、恋愛をするとそのやりとりに気を使って疲れ、面倒だ重たいという気持ちになります。

7. 同性といることの楽な気持ち

同性といることの楽な気持ち

同性の友達といることで寂しいという気持ちがないし、気楽で何でも話せる、そんな関係ができているために恋愛で異性を愛するようになるとわくわくするものの、あまりにも気を使うので疲れてしまいます。

楽しいし刺激的でも、それ以上にストレスを感じており、同性と楽しくしている方がずーっと落ち着くし居心地も良いと感じています。

恋愛はややこしくて面倒と思うと、重たく感じてしまいます。

8. 理想の相手ではない

理想の相手ではない

いつも恋愛が重たく感じてしまうのは、相手が理想とは思えない人とのお付き合いが多いからかもしれません。

とても好きになるようなタイプではなく、相手からの一方的な熱意に負けてしまった部分があり、妥協でお付き合いを始めたという感じだと恋愛は気が進まない、受身になるでしょう。

自分が理想と感じている男性との恋愛経験がないために、ワクワクドキドキすることがなく、ただただ時の流れに身を任せているような状況で、恋愛そのものは重たいのです。

そして素敵なカップルを見ると、自分もあんな感じで恋愛をしたいと思ってしまい、さらに冷めてしまうこともあります。

まとめ

いつも恋愛を重いと感じてしまうのは、恋愛が面倒でややこしくなるのが嫌とかその気持ちがあまりない、あるいはわくわくするほどの素敵な異性ではない人の恋愛ばかりということがあるのかもしれません。

ですが本当に大好きな異性になれば、どんなことを犠牲にしても一緒にいたいと思うのであり、相手に尽くしたいという気持ちにもなることでしょう。

そしてそれは恋愛を重たいとは感じないに違いありません。

とはいえそうなるまではお互いに距離を保ったり、プライベートな時間を取ることや連絡方法もほどほどにするなど、少しずつお付き合いを深めていけばそれほど重たい恋愛にはならないかもしれません。

いつも恋愛が重たくてストレスになって、ネガティブ思考になってしまう人がいます。

どんな心理がそのような気持ちにさせるのでしょうか。

次の8つの点を考察してみましょう。


相手に合わせることが面倒

いつも恋愛が重たい、気が進まないと感じてしまう人というのは相手に合わせなければならないことで、自分の好きなことができない、あるいは休日休みたくてもデートをしないといけないという相手に縛られるような関係になるのが苦痛だったりします。

自分の好きなようにさせてくれるならまだしも、相手がいる以上好みや趣味、したいことに違いがあるので、恋愛が重たく感じてしまうことでしょう。

つい恋愛にのめり込んでしまう

恋愛というのは一度相手を好きになるとその相手のことばかりを考えてしまいます。

それでそれに没頭してしまう傾向があり、そんな自分が嫌になることもあります。

もう少し距離を保ちつつ大人のお付き合いをしていけばいいのですが、恋愛をするとそんな風にはできず、なにもかもが一変してしまうのでそんな状態になるのがわかるだけに重たいと感じてしまいます。

過去の失恋のショック

大好きだった人とお付き合いをしていて良い感じだったのに、ふとしたことから誤解やちょっとしたすれ違いが生まれ、恋愛が上手くいかなくなってしまった、あるいは相手の浮気のために裏切られてしまった、そんな体験をしたことがあるかもしれません。

それはショックであり、恋愛など傷つくだけだ、そんなネガティブ思考になってしまい、恋愛はいつ裏切られるのか、そんな不安を抱えての関係なのでいつも重たくて消極的になってしまうのです。

相手に合わせようと演じてしまい疲れる

恋愛をすると相手に気に入られたいという気持ちが強いために、無理して自分をよく見せようとしてしまうところがあります。

もっと良い人になってかわいいところやかっこいいところ、そして素敵なところを魅せたいという気持ちになるのは普通のことです。

ですがあまりに背伸びをすると、それを維持するのにかなり疲れるし、自分を正直に出せなくなることで次第に重たくなってしまうことでしょう。

忙し過ぎる

仕事が充実しており、プライベートでもやることがたくさんある、同性の友人も少なくない、そんな状況だと異性との恋愛をするためにさらに時間を取るというのは容易ではありません。

どれかを削る必要があり、それは簡単ではないでしょう。

これ以上忙しくなる生活は大きなストレスになるし、恋愛を楽しめないような感じがするために恋愛に前向きになることができません。

今は重たいと感じてしまうのです。

メールの返信などのやりとり

恋愛をすると相手とのやりとりを頻繁にするようになります。

大した用事もないのになにをしているのか気になってメールをしたくなることはあるものです。

返事をしないと気まずい雰囲気になるために、できるだけクイックリプライをしなければという感じになります。

仕事中とかプライベートな時間でもそんな感じになるために、恋愛をするとそのやりとりに気を使って疲れ、面倒だ重たいという気持ちになります。

同性といることの楽な気持ち

同性の友達といることで寂しいという気持ちがないし、気楽で何でも話せる、そんな関係ができているために恋愛で異性を愛するようになるとわくわくするものの、あまりにも気を使うので疲れてしまいます。

楽しいし刺激的でも、それ以上にストレスを感じており、同性と楽しくしている方がずーっと落ち着くし居心地も良いと感じています。

恋愛はややこしくて面倒と思うと、重たく感じてしまいます。

理想の相手ではない

いつも恋愛が重たく感じてしまうのは、相手が理想とは思えない人とのお付き合いが多いからかもしれません。

とても好きになるようなタイプではなく、相手からの一方的な熱意に負けてしまった部分があり、妥協でお付き合いを始めたという感じだと恋愛は気が進まない、受身になるでしょう。

自分が理想と感じている男性との恋愛経験がないために、ワクワクドキドキすることがなく、ただただ時の流れに身を任せているような状況で、恋愛そのものは重たいのです。

そして素敵なカップルを見ると、自分もあんな感じで恋愛をしたいと思ってしまい、さらに冷めてしまうこともあります。

いつも恋愛を重いと感じてしまうのは、恋愛が面倒でややこしくなるのが嫌とかその気持ちがあまりない、あるいはわくわくするほどの素敵な異性ではない人の恋愛ばかりということがあるのかもしれません。

ですが本当に大好きな異性になれば、どんなことを犠牲にしても一緒にいたいと思うのであり、相手に尽くしたいという気持ちにもなることでしょう。

そしてそれは恋愛を重たいとは感じないに違いありません。

とはいえそうなるまではお互いに距離を保ったり、プライベートな時間を取ることや連絡方法もほどほどにするなど、少しずつお付き合いを深めていけばそれほど重たい恋愛にはならないかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-