【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171223150436.html
ポケットに手を入れる人の心理

ポケットに手を入れる人の心理 | LADYCO

LADYCO
ポケットに手を入れる人の心理

ポケットに手を入れて歩く人、座っていてもポケットに手を入れている人など意外に多いポケットに手を入れている人。

ポケットに手を入れる行為は色んな心理状態が隠されているといわれています。

そこで、今回はポケットに手を入れる人の心理についてご紹介します。

  • ポケットに手を入れる人は警戒心が強い
  • ポケットに手を入れる人は自身家でもある
  • ポケットに手を入れるのは何かを隠している証拠
  • ポケットに手を入れて会話をしている時は話を聞いていないとき
  • ポケットに手を入れてる人はイライラしている
  • ポケットに手を入れている人はせっかち人
  • ポケットに手を入れるときは自分が不利な立場なとき
  • ポケットに手を入れてカッコよく魅せようとしている
  • ポケットに手を入れる時は怖いとき
  • まとめ

1. ポケットに手を入れる人は警戒心が強い

ポケットに手を入れる人は警戒心が強い

ポケットに手を入れる人の心理は警戒心強く、周りが敵だらけではないかと気になって仕方がないあらわれだといわれています。

例えば、仕事においても自分の考えた企画などを人にとられてしまうのではないか?

と情報などをとられないよう警戒したり、人との会話でも何か探られるのではないかと警戒したりするような人もポケットに手を入れながら行動したりすることが多いようです。

また、女性の場合夜道などを歩く時ポケットに手を入れて歩く人がいますが、これも警戒心のあらわれのひとつでしょう。

2. ポケットに手を入れる人は自身家でもある

ポケットに手を入れる人は自身家でもある

ポケットに手を入れる人の心理の中でも手の入れ方によって意味合いがずいぶん違ってきます。

ポケットに手をスッポリと入れるのではなく、指の何本かを入れるだけでもまるで違った心理状況が読み取れるのです。

例えば、4本の指をポケットに入れる人や親指だけをポケットに引っかけるように入れる人は自身家だといわれています。

確かに、どちらの入れ方も肘をはって威張ったみたいな態度に見えてしまいます。

だから、全てをスッポリ入れるのとでは大きく違うのはわかりますよね。

3. ポケットに手を入れるのは何かを隠している証拠

ポケットに手を入れるのは何かを隠している証拠

異性との会話の時にポケットに手を入れている人は要注意でしょう。

例えば、恋人との会話の最中にポケットに手を入れて話している人は、何か隠し事をしているときなのかもしれません。

言いたいことがあるけど言いだせなかったり、ウソがばれないかそわそわしていたり、浮気相手との約束があるため早くこの場の会話を終わらせたいと思っていることも多いようですね。

4. ポケットに手を入れて会話をしている時は話を聞いていないとき

ポケットに手を入れて会話をしている時は話を聞いていないとき

ポケットの中に手を入れながら会話をする光景はまわりで見ていてもあまり良いものではありませんよね。

なんだか横柄に見えてしまったり、いい加減な対応をしているようにも見えてしまいます。

実はそのとおりで、ポケットの中に手を入れて話をしている人は、相手の話には全く興味がありません。

むしろ適当に聞いているふりをしてその場をやり過ごしているだけなのです。

5. ポケットに手を入れてる人はイライラしている

ポケットに手を入れてる人はイライラしている

ポケットに手を入れている人はイライラとした気持ちを我慢していることもあります。

相手の態度にイライラしているけれど隠すためにポケット中に手を入れてイライラを隠していることも多いといわれています。

ポケットの中の手は本当はギュッと握りこぶしができているのを相手に悟られないよう堪えていることもあるかもしれません。

6. ポケットに手を入れている人はせっかち人

ポケットに手を入れている人はせっかち人

ポケットに手を入れている人はたいていがせっかちなことが多いこともわかっています。

ポケットの中の手はリズムをとっていたり、指を小さく鳴らしていたりすることもあるといわれています。

足で貧乏ゆすりをするようにポケットの中の指はせっかちに細かく動いているのではないでしょうか。

7. ポケットに手を入れるときは自分が不利な立場なとき

ポケットに手を入れるときは自分が不利な立場なとき

誰かと話をするときや、ミーティングなどの会議でポケットに手を入れている人は、自分の立場が不利だを感じているときです。

これは相手が自分より優秀だったり、自分が追い込まれている状況だと感じた時自分を守るための自己防衛のあらわれだともいわれています。

「ヤバい。

どうにか逃げ切らなくては...」
「クソ、負けるかもしれない」など追い詰められている心理状況のときは、ポケットに手を入れ自分の体に少しでも触れて安心したいと思うようです。

8. ポケットに手を入れてカッコよく魅せようとしている

ポケットに手を入れてカッコよく魅せようとしている

ポケットに手を入れる仕草はネガティブなイメージが持たれてしまいますが、そうでもない場合もあります。

特に、男性の場合に多いのがポケットに手を入れる仕草で自分をカッコよく魅せたいと思っているときもあるのです。

ポケットに手を入れる仕草は手の入れ方や角度によっては、男性をカッコよく気障に見せたりもします。

可愛い女性の前で自分をカッコよく見せたい!そんなふうな時は男性はついついポケットに手を入れてしまったりするのです。

9. ポケットに手を入れる時は怖いとき

ポケットに手を入れる時は怖いとき

ポケットに手を入れて歩いている女性を見たことありますよね。

夜道を歩く時やちょっと怖そうな道を歩く時女性はポケットに手を入れて足早に歩いたりします。

これは、怖いけれどそれを悟られないようにする為にポケットに手を入れます。

本当は、ポケットの中の手は汗でじっとりしていることが多いともいわれています。

まとめ

ポケットに手をいれる心理についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

女性よりも男性の方がポケットの中に手を入れることが多いことがわかりましたよね。

自分を隠したい場合と自分をカッコよく演出したい場合と手の入れ方によって意味合いが違ってくるようですね。

周りの誰かを是非観察してみてくださいね。

ポケットに手を入れて歩く人、座っていてもポケットに手を入れている人など意外に多いポケットに手を入れている人。

ポケットに手を入れる行為は色んな心理状態が隠されているといわれています。

そこで、今回はポケットに手を入れる人の心理についてご紹介します。


ポケットに手を入れる人は警戒心が強い

ポケットに手を入れる人の心理は警戒心強く、周りが敵だらけではないかと気になって仕方がないあらわれだといわれています。

例えば、仕事においても自分の考えた企画などを人にとられてしまうのではないか?

と情報などをとられないよう警戒したり、人との会話でも何か探られるのではないかと警戒したりするような人もポケットに手を入れながら行動したりすることが多いようです。

また、女性の場合夜道などを歩く時ポケットに手を入れて歩く人がいますが、これも警戒心のあらわれのひとつでしょう。

ポケットに手を入れる人は自身家でもある

ポケットに手を入れる人の心理の中でも手の入れ方によって意味合いがずいぶん違ってきます。

ポケットに手をスッポリと入れるのではなく、指の何本かを入れるだけでもまるで違った心理状況が読み取れるのです。

例えば、4本の指をポケットに入れる人や親指だけをポケットに引っかけるように入れる人は自身家だといわれています。

確かに、どちらの入れ方も肘をはって威張ったみたいな態度に見えてしまいます。

だから、全てをスッポリ入れるのとでは大きく違うのはわかりますよね。

ポケットに手を入れるのは何かを隠している証拠

異性との会話の時にポケットに手を入れている人は要注意でしょう。

例えば、恋人との会話の最中にポケットに手を入れて話している人は、何か隠し事をしているときなのかもしれません。

言いたいことがあるけど言いだせなかったり、ウソがばれないかそわそわしていたり、浮気相手との約束があるため早くこの場の会話を終わらせたいと思っていることも多いようですね。

ポケットに手を入れて会話をしている時は話を聞いていないとき

ポケットの中に手を入れながら会話をする光景はまわりで見ていてもあまり良いものではありませんよね。

なんだか横柄に見えてしまったり、いい加減な対応をしているようにも見えてしまいます。

実はそのとおりで、ポケットの中に手を入れて話をしている人は、相手の話には全く興味がありません。

むしろ適当に聞いているふりをしてその場をやり過ごしているだけなのです。

ポケットに手を入れてる人はイライラしている

ポケットに手を入れている人はイライラとした気持ちを我慢していることもあります。

相手の態度にイライラしているけれど隠すためにポケット中に手を入れてイライラを隠していることも多いといわれています。

ポケットの中の手は本当はギュッと握りこぶしができているのを相手に悟られないよう堪えていることもあるかもしれません。

ポケットに手を入れている人はせっかち人

ポケットに手を入れている人はたいていがせっかちなことが多いこともわかっています。

ポケットの中の手はリズムをとっていたり、指を小さく鳴らしていたりすることもあるといわれています。

足で貧乏ゆすりをするようにポケットの中の指はせっかちに細かく動いているのではないでしょうか。

ポケットに手を入れるときは自分が不利な立場なとき

誰かと話をするときや、ミーティングなどの会議でポケットに手を入れている人は、自分の立場が不利だを感じているときです。

これは相手が自分より優秀だったり、自分が追い込まれている状況だと感じた時自分を守るための自己防衛のあらわれだともいわれています。

「ヤバい。

どうにか逃げ切らなくては...」
「クソ、負けるかもしれない」など追い詰められている心理状況のときは、ポケットに手を入れ自分の体に少しでも触れて安心したいと思うようです。

ポケットに手を入れてカッコよく魅せようとしている

ポケットに手を入れる仕草はネガティブなイメージが持たれてしまいますが、そうでもない場合もあります。

特に、男性の場合に多いのがポケットに手を入れる仕草で自分をカッコよく魅せたいと思っているときもあるのです。

ポケットに手を入れる仕草は手の入れ方や角度によっては、男性をカッコよく気障に見せたりもします。

可愛い女性の前で自分をカッコよく見せたい!そんなふうな時は男性はついついポケットに手を入れてしまったりするのです。

ポケットに手を入れる時は怖いとき

ポケットに手を入れて歩いている女性を見たことありますよね。

夜道を歩く時やちょっと怖そうな道を歩く時女性はポケットに手を入れて足早に歩いたりします。

これは、怖いけれどそれを悟られないようにする為にポケットに手を入れます。

本当は、ポケットの中の手は汗でじっとりしていることが多いともいわれています。

ポケットに手をいれる心理についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?

女性よりも男性の方がポケットの中に手を入れることが多いことがわかりましたよね。

自分を隠したい場合と自分をカッコよく演出したい場合と手の入れ方によって意味合いが違ってくるようですね。

周りの誰かを是非観察してみてくださいね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-