【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171223150344.html
群れるのが嫌いな人の心理

群れるのが嫌いな人の心理 | LADYCO

LADYCO
群れるのが嫌いな人の心理

人と群れたがる人もいれば、そうでない人もいます。

ここでは、人と群れることが嫌いな人に注目し、どんな心理を持っているのか見ていくことにしましょう。

  • 我が強く、人に合わせるのが嫌い
  • 人間関係がめんどくさい
  • 自立心が強く、群れることは情けないことだと思っている
  • 一人でいることが好き
  • 自己愛が強く、人間関係で傷つきたくない
  • コミュニケーションが苦手で、人と話をしたくない
  • まとめ

1. 我が強く、人に合わせるのが嫌い

我が強く、人に合わせるのが嫌い

グループや集団に属し、多くの人とつきあうことになれば、当然、ほかのメンバーと協調してやっていかなければなりません。

メンバーがそれぞれ、好き勝手な自己主張をしていたのでは、グループはすぐに崩れてしまうことでしょう。

たとえば、5人のグループの中で、自分だけがほかの人と違う意見や希望を持ったとします。

その場合は、当然、ほかの4人のメンバーの意見や希望に従い、自分の意見や希望は取り下げることになります。

群れるのが嫌いな人には、そのように人に合わせることが嫌いというケースが少なくありません。

そういう人は我が強く、はっきりした意見や考え、希望をもっていて、それを押し通そうとするのです。

それでは、とてもグループの一員としてはやっていけないでしょう。

「我が強い自分は人と協調してやっていくことができない」と自覚しているために、人と群れることを嫌うわけです。

2. 人間関係がめんどくさい

人間関係がめんどくさい

集団の中で生きていこうとすれば、当然さまざまな人間関係を築いていかなくてはなりません。

たとえば、5人のグループに属す場合には、ほかの4人のメンバーそれぞれとの人間関係が生じます。

さらに、ほかのメンバー同士の人間関係もありますから、1つのグループの中には大変複雑な人間関係が生まれると考えていいでしょう。

時には、ほかのメンバーとの関係が悪化することもあるでしょうし、ほかのメンバー同士のトラブルに巻き込まれてしまうということもありえます。

群れることを嫌う人は、「そういう人間関係がめんどくさい」という心理を持っているケースが少なくありません。

過去にめんどうなトラブルに巻き込まれて嫌な思いをした経験がある場合は、「もう、あんな思いはしたくない」と考え、群れることを嫌うようになるわけです。

3. 自立心が強く、群れることは情けないことだと思っている

自立心が強く、群れることは情けないことだと思っている

強い自立心を持っているというのも、群れることを嫌う人の心理の一つと考えていいでしょう。

群れたがる人というのは、集団の中にいることで安心感を得るわけですが、自分が困ったときにグループのメンバーに助けてもらおうとするケースが少なくありません。

つまり、人に頼って生きていこうとするのが、群れたがる人と言うことになります。

群れることが嫌いな人はそれとは反対です。

人に助けてもらったり、人に頼るということを良しとしません。

自立心が強いために、何か困ったことがあったり、問題が生じた時でも、自分で何とかしようと考えるのです。

このタイプの人は、「すぐに群れたがるというのは情けないこと」と思っています。

群れの中にいることで安心し、人を頼りにして生きる生き方を、情けない生き方だと思っているというのが、群れることを嫌う人の心理ということになるでしょう。

4. 一人でいることが好き

一人でいることが好き

群れることを嫌う人には、孤独癖があり、一人でいることが好きという心理もあります。

グループに属してしまうと、どうしてもそのグループ内のつきあいが出てくるでしょう。

たとえば、休日に一人で好きな映画のDVDでも見ながら、のんびり過ごしたいと思っていても、グループでどこかへ遊びに行くことになれば、それに付き合わなければならなくなるわけです。

一人でいることが好きな人にとって、そうしたつきあいは嬉しいことではありません。

つきあいで遊びに行っても、楽しむことができず、「家で一人でいたかった」と思うのです。

そういう心理を持つために、一人でいることが好きな人は、群れることを嫌うようになると考えていいでしょう。

5. 自己愛が強く、人間関係で傷つきたくない

自己愛が強く、人間関係で傷つきたくない

先ほど、人間関係がめんどくさいという心理を紹介しましたが、「人間関係で傷つきたくない」と思うのも、群れることを嫌う人の心理と言っていいでしょう。

過去に人間関係で傷ついたことのある人は、傷つくことを恐れて、群れに属することを敬遠するようになります。

特に自己愛が強い人が、自分が傷つくことを恐れるようになると考えていいでしょう。

大好きな自分が傷つかないようにするため、集団に属すことを嫌うようになるのです。

6. コミュニケーションが苦手で、人と話をしたくない

コミュニケーションが苦手で、人と話をしたくない

「人と話をしたくない」というのも、群れることを嫌う人の心理の一つです。

内気な性格なためにコミュニケーションが苦手な人は、グループの中にあっては、おとなしく目立たない存在になるものです。

みんなが楽しくおしゃべりしている時でも黙っていることが多いわけですが、まったく口を開かないというわけにもいきません。

人から何か聞かれれば、それに答えなくてはなりませんし、意見を求められれば、考えをみんなに伝える必要があるでしょう。

コミュニケーションが苦手な人にとって、そういうことは苦痛でしかないのです。

できれば人と話をしたくないと考え、群れに属すことを嫌うわけです。

まとめ

群れることを嫌う人にはどんな心理があるのか、主なものを6種類紹介しました。

身近にそういう一匹狼的な人がいるという方は、その人のことを知るための参考になさってください。

人と群れたがる人もいれば、そうでない人もいます。

ここでは、人と群れることが嫌いな人に注目し、どんな心理を持っているのか見ていくことにしましょう。


我が強く、人に合わせるのが嫌い

グループや集団に属し、多くの人とつきあうことになれば、当然、ほかのメンバーと協調してやっていかなければなりません。

メンバーがそれぞれ、好き勝手な自己主張をしていたのでは、グループはすぐに崩れてしまうことでしょう。

たとえば、5人のグループの中で、自分だけがほかの人と違う意見や希望を持ったとします。

その場合は、当然、ほかの4人のメンバーの意見や希望に従い、自分の意見や希望は取り下げることになります。

群れるのが嫌いな人には、そのように人に合わせることが嫌いというケースが少なくありません。

そういう人は我が強く、はっきりした意見や考え、希望をもっていて、それを押し通そうとするのです。

それでは、とてもグループの一員としてはやっていけないでしょう。

「我が強い自分は人と協調してやっていくことができない」と自覚しているために、人と群れることを嫌うわけです。

人間関係がめんどくさい

集団の中で生きていこうとすれば、当然さまざまな人間関係を築いていかなくてはなりません。

たとえば、5人のグループに属す場合には、ほかの4人のメンバーそれぞれとの人間関係が生じます。

さらに、ほかのメンバー同士の人間関係もありますから、1つのグループの中には大変複雑な人間関係が生まれると考えていいでしょう。

時には、ほかのメンバーとの関係が悪化することもあるでしょうし、ほかのメンバー同士のトラブルに巻き込まれてしまうということもありえます。

群れることを嫌う人は、「そういう人間関係がめんどくさい」という心理を持っているケースが少なくありません。

過去にめんどうなトラブルに巻き込まれて嫌な思いをした経験がある場合は、「もう、あんな思いはしたくない」と考え、群れることを嫌うようになるわけです。

自立心が強く、群れることは情けないことだと思っている

強い自立心を持っているというのも、群れることを嫌う人の心理の一つと考えていいでしょう。

群れたがる人というのは、集団の中にいることで安心感を得るわけですが、自分が困ったときにグループのメンバーに助けてもらおうとするケースが少なくありません。

つまり、人に頼って生きていこうとするのが、群れたがる人と言うことになります。

群れることが嫌いな人はそれとは反対です。

人に助けてもらったり、人に頼るということを良しとしません。

自立心が強いために、何か困ったことがあったり、問題が生じた時でも、自分で何とかしようと考えるのです。

このタイプの人は、「すぐに群れたがるというのは情けないこと」と思っています。

群れの中にいることで安心し、人を頼りにして生きる生き方を、情けない生き方だと思っているというのが、群れることを嫌う人の心理ということになるでしょう。

一人でいることが好き

群れることを嫌う人には、孤独癖があり、一人でいることが好きという心理もあります。

グループに属してしまうと、どうしてもそのグループ内のつきあいが出てくるでしょう。

たとえば、休日に一人で好きな映画のDVDでも見ながら、のんびり過ごしたいと思っていても、グループでどこかへ遊びに行くことになれば、それに付き合わなければならなくなるわけです。

一人でいることが好きな人にとって、そうしたつきあいは嬉しいことではありません。

つきあいで遊びに行っても、楽しむことができず、「家で一人でいたかった」と思うのです。

そういう心理を持つために、一人でいることが好きな人は、群れることを嫌うようになると考えていいでしょう。

自己愛が強く、人間関係で傷つきたくない

先ほど、人間関係がめんどくさいという心理を紹介しましたが、「人間関係で傷つきたくない」と思うのも、群れることを嫌う人の心理と言っていいでしょう。

過去に人間関係で傷ついたことのある人は、傷つくことを恐れて、群れに属することを敬遠するようになります。

特に自己愛が強い人が、自分が傷つくことを恐れるようになると考えていいでしょう。

大好きな自分が傷つかないようにするため、集団に属すことを嫌うようになるのです。

コミュニケーションが苦手で、人と話をしたくない

「人と話をしたくない」というのも、群れることを嫌う人の心理の一つです。

内気な性格なためにコミュニケーションが苦手な人は、グループの中にあっては、おとなしく目立たない存在になるものです。

みんなが楽しくおしゃべりしている時でも黙っていることが多いわけですが、まったく口を開かないというわけにもいきません。

人から何か聞かれれば、それに答えなくてはなりませんし、意見を求められれば、考えをみんなに伝える必要があるでしょう。

コミュニケーションが苦手な人にとって、そういうことは苦痛でしかないのです。

できれば人と話をしたくないと考え、群れに属すことを嫌うわけです。

群れることを嫌う人にはどんな心理があるのか、主なものを6種類紹介しました。

身近にそういう一匹狼的な人がいるという方は、その人のことを知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-