【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171222142514.html
歯磨きが嫌いな人の理由や心理

歯磨きが嫌いな人の理由や心理 | LADYCO

LADYCO
歯磨きが嫌いな人の理由や心理

歯磨きが嫌いという人、実は小さい子供の話だけではありません。

大人にも一定数歯磨きが嫌いだという人が男女関係なく存在するのです。

気になる歯磨き嫌いの理由や心理はどのような物があるのでしょうか?

  • 面倒だから
  • 虫歯がないからやる必要がない
  • 食べた物の味が消えるのが嫌
  • 歯磨き粉が嫌い
  • 歯並びが悪い
  • 吐き気がするから
  • うつ状態の人
  • まとめ

1. 面倒だから

面倒だから

歯磨き嫌いの理由代表はずばり面倒だからではないでしょうか。

毎日磨いているという人でも面倒だけど虫歯になりたくないから一応やってるという人はいます。

磨くと歯がキレイになるので気持ち良いのですが、ハブラシを取る、歯磨き粉を付ける、磨く、うがいをするというこのステップが面倒になってしまってあまり磨かない人もいます。

それに一日一回磨けば良いわけではなく、三食食べている人は一日三回磨かなければなりません。

勿論回数は義務ではありませんが、面倒なことを食後の度にしなくてはならないので更に億劫だと感じてしまいます。

歯磨き嫌いの根本的な心理は面倒だからということを覚えておいて下さい。

2. 虫歯がないからやる必要がない

虫歯がないからやる必要がない

たまにしか歯磨きをしていないのに、どういうわけか歯医者に行っても虫歯がゼロと言われる人も中にはいるのです。

このようなタイプの人だとわざわざ歯磨きなんかしなくても虫歯にならないなら別にいいやと思ってしまって歯磨きをさぼりがちになったりすることがあります。

磨いても磨かなくても虫歯になっていないのだから、わざわざ時間を使って歯を磨くなんて面倒くさいと思ってしまい磨かないのです。

3. 食べた物の味が消えるのが嫌

食べた物の味が消えるのが嫌

歯磨きをする時に食後にするという人も多いと思いますが、歯磨きが嫌いな理由の一つに食べた物の味が消えてしまうような気がして嫌という意見もあります。

せっかくおいしい物を食べても歯磨き粉を使ってシャカシャカ磨いてうがいをしてしまうと、おいしい物を食べていたのにその味が口の中から消えてしまうのが悲しいという感覚です。

おいしい物を食べたり飲んだ時は歯磨きなんかせずに暫くはその余韻に口の中を浸らせておきたいという考えです。

4. 歯磨き粉が嫌い

歯磨き粉が嫌い

歯磨きするのが嫌いな理由が歯磨きという行為よりも歯磨き粉が嫌いという理由の人もいます。

歯磨きをしている時に口の中が泡だらけになってしまうことが気持ち悪いという声もありますが、今はあわ立たないタイプの歯磨き粉も安い物でも売られているので自分に合う物を探してみると嫌だという気持ちは軽減出来るかも知れません。

また、研磨剤が入っているから歯を傷めてしまいそうだから歯磨きをするのが嫌だという人もいます。

しかし昔程今の歯磨き粉には研磨剤が入っていないので、正しい磨き方をすれば歯が傷付いたりすることはありません。

5. 歯並びが悪い

歯並びが悪い

歯磨き嫌いな人の心理で、歯並びが悪いから磨くのが面倒だという人もいます。

歯並びが悪い人というのは普通に磨くだけではよく磨けない部分が沢山潜んでいます。

その為しっかり細部まで磨こうとなると普通の人が磨くよりも時間が掛かってしまいます。

時間が掛かってそれが面倒になって歯磨きをすることが嫌になってしまうパターンです。

このような人は本当はもっと時間を掛けて磨かなければいけないのに短い時間で切り上げてしまったり、ちゃんと磨けなかったが為に虫歯になってしまうこともあるので注意しましょう。

6. 吐き気がするから

吐き気がするから

特に持病を抱えているわけではないのに、歯磨きをするとオエっと吐き気がしてしまうという人も一定数います。

このような方は本当に大変な思いをされていると思います。

歯磨きの度に気持ち悪くなるからそれが嫌で歯磨きという行為が嫌いになってしまいます。

実際には喉に当たっているわけではありませんが、当たっているような気がして吐き気が出てしまっている人が多いようです。

だからと言って歯磨きをしなければいけないので、このような人はゆっくりと動かして磨くようにしましょう。

もし吐き気のする原因が歯磨き粉にあるのでしたら、歯磨き粉を付けずに磨くだけでも充分です。

歯ブラシが乾いている状態で磨くことで汚れが取れやすくなります。

7. うつ状態の人

うつ状態の人

うつ病の方もそうですが、うつ状態の人の中には歯磨きをしない人は割りといます。

もし今まで歯磨きが苦痛じゃなかったのにいつからか歯磨きをするのが面倒になったという人は、もしかするとうつの傾向があるのかも知れません。

基本的にうつ状態になってしまうと当たり前に出来ることが出来なくなってしまいます。

体が物凄く重くて気力も出ないような状態です。

うつで歯磨きが出来なくて虫歯だらけになってしまい歯がボロボロになってしまったという人も実際にいます。

歯磨きが嫌いと思い始めたら心の病を疑ってみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

歯磨きが嫌いな人は本当に沢山いますが、やっぱり面倒くさがりな気持ちな心理が多いです。

取り上げたこと以外にも、冬は寒いから洗面台にいるのが辛いから嫌いという理由などもあります。

ですがいくら嫌いでも虫歯や歯周病の原因となってしまうので、面倒であっても最低でも寝る前だけ、出掛ける前だけなど一日一回でも良いので歯磨きをする習慣を付けるようにしましょう。

歯磨きが嫌いという人、実は小さい子供の話だけではありません。

大人にも一定数歯磨きが嫌いだという人が男女関係なく存在するのです。

気になる歯磨き嫌いの理由や心理はどのような物があるのでしょうか?


面倒だから

歯磨き嫌いの理由代表はずばり面倒だからではないでしょうか。

毎日磨いているという人でも面倒だけど虫歯になりたくないから一応やってるという人はいます。

磨くと歯がキレイになるので気持ち良いのですが、ハブラシを取る、歯磨き粉を付ける、磨く、うがいをするというこのステップが面倒になってしまってあまり磨かない人もいます。

それに一日一回磨けば良いわけではなく、三食食べている人は一日三回磨かなければなりません。

勿論回数は義務ではありませんが、面倒なことを食後の度にしなくてはならないので更に億劫だと感じてしまいます。

歯磨き嫌いの根本的な心理は面倒だからということを覚えておいて下さい。

虫歯がないからやる必要がない

たまにしか歯磨きをしていないのに、どういうわけか歯医者に行っても虫歯がゼロと言われる人も中にはいるのです。

このようなタイプの人だとわざわざ歯磨きなんかしなくても虫歯にならないなら別にいいやと思ってしまって歯磨きをさぼりがちになったりすることがあります。

磨いても磨かなくても虫歯になっていないのだから、わざわざ時間を使って歯を磨くなんて面倒くさいと思ってしまい磨かないのです。

食べた物の味が消えるのが嫌

歯磨きをする時に食後にするという人も多いと思いますが、歯磨きが嫌いな理由の一つに食べた物の味が消えてしまうような気がして嫌という意見もあります。

せっかくおいしい物を食べても歯磨き粉を使ってシャカシャカ磨いてうがいをしてしまうと、おいしい物を食べていたのにその味が口の中から消えてしまうのが悲しいという感覚です。

おいしい物を食べたり飲んだ時は歯磨きなんかせずに暫くはその余韻に口の中を浸らせておきたいという考えです。

歯磨き粉が嫌い

歯磨きするのが嫌いな理由が歯磨きという行為よりも歯磨き粉が嫌いという理由の人もいます。

歯磨きをしている時に口の中が泡だらけになってしまうことが気持ち悪いという声もありますが、今はあわ立たないタイプの歯磨き粉も安い物でも売られているので自分に合う物を探してみると嫌だという気持ちは軽減出来るかも知れません。

また、研磨剤が入っているから歯を傷めてしまいそうだから歯磨きをするのが嫌だという人もいます。

しかし昔程今の歯磨き粉には研磨剤が入っていないので、正しい磨き方をすれば歯が傷付いたりすることはありません。

歯並びが悪い

歯磨き嫌いな人の心理で、歯並びが悪いから磨くのが面倒だという人もいます。

歯並びが悪い人というのは普通に磨くだけではよく磨けない部分が沢山潜んでいます。

その為しっかり細部まで磨こうとなると普通の人が磨くよりも時間が掛かってしまいます。

時間が掛かってそれが面倒になって歯磨きをすることが嫌になってしまうパターンです。

このような人は本当はもっと時間を掛けて磨かなければいけないのに短い時間で切り上げてしまったり、ちゃんと磨けなかったが為に虫歯になってしまうこともあるので注意しましょう。

吐き気がするから

特に持病を抱えているわけではないのに、歯磨きをするとオエっと吐き気がしてしまうという人も一定数います。

このような方は本当に大変な思いをされていると思います。

歯磨きの度に気持ち悪くなるからそれが嫌で歯磨きという行為が嫌いになってしまいます。

実際には喉に当たっているわけではありませんが、当たっているような気がして吐き気が出てしまっている人が多いようです。

だからと言って歯磨きをしなければいけないので、このような人はゆっくりと動かして磨くようにしましょう。

もし吐き気のする原因が歯磨き粉にあるのでしたら、歯磨き粉を付けずに磨くだけでも充分です。

歯ブラシが乾いている状態で磨くことで汚れが取れやすくなります。

うつ状態の人

うつ病の方もそうですが、うつ状態の人の中には歯磨きをしない人は割りといます。

もし今まで歯磨きが苦痛じゃなかったのにいつからか歯磨きをするのが面倒になったという人は、もしかするとうつの傾向があるのかも知れません。

基本的にうつ状態になってしまうと当たり前に出来ることが出来なくなってしまいます。

体が物凄く重くて気力も出ないような状態です。

うつで歯磨きが出来なくて虫歯だらけになってしまい歯がボロボロになってしまったという人も実際にいます。

歯磨きが嫌いと思い始めたら心の病を疑ってみてください。

いかがでしたでしょうか。

歯磨きが嫌いな人は本当に沢山いますが、やっぱり面倒くさがりな気持ちな心理が多いです。

取り上げたこと以外にも、冬は寒いから洗面台にいるのが辛いから嫌いという理由などもあります。

ですがいくら嫌いでも虫歯や歯周病の原因となってしまうので、面倒であっても最低でも寝る前だけ、出掛ける前だけなど一日一回でも良いので歯磨きをする習慣を付けるようにしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-