【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171222142313.html
コース料理が苦手な人の心理

コース料理が苦手な人の心理 | LADYCO

LADYCO
コース料理が苦手な人の心理

店が決めた料理を順番に提供されるコース料理。

「コース料理は苦手」という人も少なくありません。

ここでは、コース料理が苦手な人にはどんな心理があるのか見ていくことにしましょう。

  • 自分の食べたいものを食べたい順番に食べたい
  • 一つのものを片付けるというのが、何かの作業のようでイヤ
  • せっかちで次の料理を待てない
  • いちいち給仕されるのがめんどう
  • 改まった雰囲気がイヤ
  • 苦手なものがでてくることがあるからイヤ
  • まとめ

1. 自分の食べたいものを食べたい順番に食べたい

自分の食べたいものを食べたい順番に食べたい

コース料理というのは、たとえば、前菜から始まって、スープ、魚料理、肉料理というように、店が決めた料理を順番に一つずつ提供されます。

ですから、「自分は先に魚料理を食べたい」と思っても、その前に出される前菜やスープをすませてからでないと、食べたかった魚料理は出てきません。

また、日本人のふだんの食事の習慣である、「おかずを食べながらご飯を食べる」ということも、コース料理ではできないでしょう。

つまり、コース料理は自分の好きなものを好きなように食べることができないわけです。

コース料理が嫌いな人の心理として、「食べたいものを食べたいように食べられないのがイヤ」ということがあげられるでしょう。

2. 一つのものを片付けるというのが、何かの作業のようでイヤ

一つのものを片付けるというのが、何かの作業のようでイヤ

食事というものは、空腹を満たすとともに、楽しむものと言っていいでしょう。

好きなもの、おいしいものを食べることによって、人間は喜びを覚えるわけです。

ところが、コース料理の場合、「提供されたものをひとつずつ片付ける」という意識をもってしまうことが少なくありません。

この「片付ける」というのは、楽しむべき食事には似つかわしくない意識と言っていいでしょう。

楽しい食事というより、何かの作業のような感覚になってしまうわけです。

そんな作業をさせられているような感覚になってしまっては、とても食事を純粋に楽しむことはできません。

つまり、コース料理が嫌いな人には、「一つ一つの料理を片付けていくというのが、何かの作業をさせられているようで楽しくない」という心理があるということになるでしょう。

3. せっかちで次の料理を待てない

せっかちで次の料理を待てない

そのように、コース料理は一つの料理を食べ終わると、次の料理が提供されるスタイルになっています。

食事のペースは人それぞれで、ゆっくり時間をかけて食べる人もいれば、速いペースで食べる人もいるでしょう。

特に、ふだんから速いペースで食べる人は、コース料理でも素早く料理を平らげてしまいますので、どうしても次の料理の提供を待つことになります。

人一倍早く食べてしまう人は、「次の料理がなかなか出てこない」ということが少なくありません。

せっかちな人は、その「待つ時間」が耐えられないのです。

特に複数で食事をしていて、ほかの人がスローペースの場合、待ち時間も長くなってしまうでしょう。

その時間が不快に感じられてならないというのが、コース料理が苦手な人の心理なのです。

4. いちいち給仕されるのがめんどう

いちいち給仕されるのがめんどう

コース料理は、一つの料理を食べ終わると、給仕担当の店員が、空いた皿を片付け、次の料理をもってきます。

これは、コース料理以外ではないシステムですが、その手間がめんどくさいと感じるケースが少なくありません。

最初から、すべての料理を提供してもらえば、一度ですむことが、一つ一つ順番に出されるために、そのつど、店員の作業を見守るようなことになってしまいます、 自分で何かの作業をするわけではなくても、店員の作業を見守るというのは、ある人にとって「めんどう」と感じるものなのです。

つまり、いちいち給仕されることをめどくさいと感じるというのが、コース料理が苦手な人の心理なのです。

5. 改まった雰囲気がイヤ

改まった雰囲気がイヤ

気軽な店でもコース料理を食べることはできますが、多くの場合、コース料理は日常の食事よりも改まった雰囲気の店やシーンで食べることになるでしょう。

代表的なのが結婚披露宴ですが、そのような特別なイベントでなくても、コース料理はふだんはいかないような店で食べることが少なくありません。

また、一つ一つ料理が給仕されるというだけでも、ふだんの食事とは違う、改まった雰囲気になるものです。

「食事はざっくばらんに、気取らずに食べるのが一番」と考えているような人にとって、そうした雰囲気は好ましいものではありません。

緊張はしなくても、ふだんのようにくつろいで食事をすることができないため、せっかくの料理を楽しめないということになってしまうわけです。

改まった雰囲気が嫌いというのが、コース料理が苦手な人の心理と言うことになるでしょう。

6. 苦手なものがでてくることがあるからイヤ

苦手なものがでてくることがあるからイヤ

コース料理は店が決めた料理が提供されるわけですから、中には自分の苦手な食材や料理が含まれることもあるでしょう。

アラカルトなら、好きな物だけを選ぶことができますが、コース料理はそうはいきません。

特に、苦手な食材が多い人の場合、コース料理にはその食材が含まれる可能性がかなり高いのです。

つまり、「苦手なものが出てくることがあるからイヤ」というのが、コース料理が苦手な人の心理なのです。

まとめ

コース料理が苦手な人の心理を6種類紹介しました。

コース料理が苦手な方は、セルフチェックしてみてはいかがでしょうか。

身近にそういう人がいるという方は、その人の心理を知るための参考になさってください。

店が決めた料理を順番に提供されるコース料理。

「コース料理は苦手」という人も少なくありません。

ここでは、コース料理が苦手な人にはどんな心理があるのか見ていくことにしましょう。


自分の食べたいものを食べたい順番に食べたい

コース料理というのは、たとえば、前菜から始まって、スープ、魚料理、肉料理というように、店が決めた料理を順番に一つずつ提供されます。

ですから、「自分は先に魚料理を食べたい」と思っても、その前に出される前菜やスープをすませてからでないと、食べたかった魚料理は出てきません。

また、日本人のふだんの食事の習慣である、「おかずを食べながらご飯を食べる」ということも、コース料理ではできないでしょう。

つまり、コース料理は自分の好きなものを好きなように食べることができないわけです。

コース料理が嫌いな人の心理として、「食べたいものを食べたいように食べられないのがイヤ」ということがあげられるでしょう。

一つのものを片付けるというのが、何かの作業のようでイヤ

食事というものは、空腹を満たすとともに、楽しむものと言っていいでしょう。

好きなもの、おいしいものを食べることによって、人間は喜びを覚えるわけです。

ところが、コース料理の場合、「提供されたものをひとつずつ片付ける」という意識をもってしまうことが少なくありません。

この「片付ける」というのは、楽しむべき食事には似つかわしくない意識と言っていいでしょう。

楽しい食事というより、何かの作業のような感覚になってしまうわけです。

そんな作業をさせられているような感覚になってしまっては、とても食事を純粋に楽しむことはできません。

つまり、コース料理が嫌いな人には、「一つ一つの料理を片付けていくというのが、何かの作業をさせられているようで楽しくない」という心理があるということになるでしょう。

せっかちで次の料理を待てない

そのように、コース料理は一つの料理を食べ終わると、次の料理が提供されるスタイルになっています。

食事のペースは人それぞれで、ゆっくり時間をかけて食べる人もいれば、速いペースで食べる人もいるでしょう。

特に、ふだんから速いペースで食べる人は、コース料理でも素早く料理を平らげてしまいますので、どうしても次の料理の提供を待つことになります。

人一倍早く食べてしまう人は、「次の料理がなかなか出てこない」ということが少なくありません。

せっかちな人は、その「待つ時間」が耐えられないのです。

特に複数で食事をしていて、ほかの人がスローペースの場合、待ち時間も長くなってしまうでしょう。

その時間が不快に感じられてならないというのが、コース料理が苦手な人の心理なのです。

いちいち給仕されるのがめんどう

コース料理は、一つの料理を食べ終わると、給仕担当の店員が、空いた皿を片付け、次の料理をもってきます。

これは、コース料理以外ではないシステムですが、その手間がめんどくさいと感じるケースが少なくありません。

最初から、すべての料理を提供してもらえば、一度ですむことが、一つ一つ順番に出されるために、そのつど、店員の作業を見守るようなことになってしまいます、 自分で何かの作業をするわけではなくても、店員の作業を見守るというのは、ある人にとって「めんどう」と感じるものなのです。

つまり、いちいち給仕されることをめどくさいと感じるというのが、コース料理が苦手な人の心理なのです。

改まった雰囲気がイヤ

気軽な店でもコース料理を食べることはできますが、多くの場合、コース料理は日常の食事よりも改まった雰囲気の店やシーンで食べることになるでしょう。

代表的なのが結婚披露宴ですが、そのような特別なイベントでなくても、コース料理はふだんはいかないような店で食べることが少なくありません。

また、一つ一つ料理が給仕されるというだけでも、ふだんの食事とは違う、改まった雰囲気になるものです。

「食事はざっくばらんに、気取らずに食べるのが一番」と考えているような人にとって、そうした雰囲気は好ましいものではありません。

緊張はしなくても、ふだんのようにくつろいで食事をすることができないため、せっかくの料理を楽しめないということになってしまうわけです。

改まった雰囲気が嫌いというのが、コース料理が苦手な人の心理と言うことになるでしょう。

苦手なものがでてくることがあるからイヤ

コース料理は店が決めた料理が提供されるわけですから、中には自分の苦手な食材や料理が含まれることもあるでしょう。

アラカルトなら、好きな物だけを選ぶことができますが、コース料理はそうはいきません。

特に、苦手な食材が多い人の場合、コース料理にはその食材が含まれる可能性がかなり高いのです。

つまり、「苦手なものが出てくることがあるからイヤ」というのが、コース料理が苦手な人の心理なのです。

コース料理が苦手な人の心理を6種類紹介しました。

コース料理が苦手な方は、セルフチェックしてみてはいかがでしょうか。

身近にそういう人がいるという方は、その人の心理を知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-