【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171221175911.html
忙しくないのに忙しいアピールする人の心理

忙しくないのに忙しいアピールする人の心理 | LADYCO

LADYCO
忙しくないのに忙しいアピールする人の心理

大して忙しくもないのに忙しいとアピールしてくるような人がいるなら、イラッとする前にその心理を考えてみると相手をもっと知ることができるかもしれません。

  • 頑張りを評価して欲しい
  • 楽したいのでこれ以上何も依頼されたくない
  • 忙しい人に対する憧れがある
  • 自分に甘いせいで十分忙しいと感じている
  • 恋愛下手を忙しくて時間がないせいにしている
  • 相手と深く関わりたくないと思っている
  • とにかく相手に負けたくない
  • 忙しいのはみんな同じだと慰めてあげたい
  • まとめ

1. 頑張りを評価して欲しい

頑張りを評価して欲しい

仕事や学業、子育てなど目の前のことを頑張っている人の中にはやたらと忙しいことをアピールしてくる場合がありますが、それはその人が周りの人に頑張りを評価して欲しいと思っている証拠です。

アピールしなければいくら頑張ったっていつもの光景に見えてしまいます。

それでは何だか虚しくなってきますし、もっとモチベーションを上げるためにも人からの評価を必要としています。

そのためにあえて忙しいのを見せて褒められたりしたいのです。

2. 楽したいのでこれ以上何も依頼されたくない

楽したいのでこれ以上何も依頼されたくない

楽したい性格の人であれば、もうこれ以上何も依頼されたくないといつも考えているでしょう。

誰しも手が空いていそうな人には声をかけやすいですし、余裕がありそうな人に相談事を持ち掛けやすいものです。

しかし、忙しそうにしていると気を遣って相談する前に自分でどうにかしようと思いますし、他の誰かを頼ろうと思いなおすことでしょう。

そんな空気が読める人の心を利用して自分はちゃっかり楽していようと考えています。

3. 忙しい人に対する憧れがある

忙しい人に対する憧れがある

忙しいアピールする人は忙しい生活を送る人への憧れを感じさせます。

忙しいと言えるほど仕事をこなしてみたいとか、手が回らないほど子供に必要とされて子育てに専念してみたい、または予定がいっぱいで常に忙しい毎日を送っているなどと見栄を張りたいのではないでしょうか。

忙しいアピールが強ければ強いほど忙しさに対する執着も強いような気もします。

本当に忙しいなら忙しいなどと言っている暇すらないはずですからね。

4. 自分に甘いせいで十分忙しいと感じている

自分に甘いせいで十分忙しいと感じている

忙しいアピールする人の中には本当に忙しいと感じている場合もあります。

では、なぜ周りからそう見られないかというと、その人が自分自身に甘いせいで大して忙しくもないのに無性に忙しいと感じてしまっているからです。

周りは「まだまだ余裕でしょ」と忙しいアピールとして冷たい視線を送りますが、当の本人は十分忙しいので素直な気持ちで「忙しいの!」と助けを求めているというわけです。

5. 恋愛下手を忙しくて時間がないせいにしている

恋愛下手を忙しくて時間がないせいにしている

毎日忙しいということにしてしまえば異性との出会いも恋人と過ごす時間もないということにでき、自分の恋愛下手を忙しいことを理由に言い逃れることができてしまいます。

本当は十分時間もあり恋愛を楽しむ余裕もあるはずなんです。

ただ恋愛に飛び込む勇気がないだけなのですが、それをそのまま素直に人に言うのは恥ずかしいため「忙しくてなかなかそれどころではない」ということにしています。

そうすればとやかく聞かれることもなく楽でもあります。

6. 相手と深く関わりたくないと思っている

相手と深く関わりたくないと思っている

相手と深く関わりたくないと思っている時も忙しいということを利用することがあります。

忙しいと言ってしまえば会話を長く続けなくても切り上げてお別れすることもできますし、会おうと誘われても「忙しいから…ごめんね」と断るのが楽になります。

ばったり会ってしまった時くらいの付き合いに留めておけば人間関係も浅く楽チンです。

親しくしていた異性や友人などが急に忙しいアピールしてきた時は嫌われるようなことをしてしまっていないか考えてみるべきでしょう。

7. とにかく相手に負けたくない

とにかく相手に負けたくない

とにかく相手に負けたくないという負けず嫌いな人であれば、相手が「最近忙しいの」と言ってくると「こっちもとっても忙しいんだよね!」と張り合いたくなってしまうことでしょう。

相手よりも周りに必要とされている人間だと強調するためには忙しいアピール勝負で勝つことができればいいのですし、こんなに頑張っているという自信があればなおさら意地でも負けたくないと思うようになります。

8. 忙しいのはみんな同じだと慰めてあげたい

忙しいのはみんな同じだと慰めてあげたい

友達や恋人などが「忙しくてイヤになっちゃう…」と相談してきたとします。

その時に「こっちも忙しいよ」と忙しいアピールを返されたら自分を励ましてくれているのかもしれないと思ってみましょう。

忙しいのはみんな同じで自分だけではないというメッセージなのです。

みんな一緒なら頑張れそうですし、もっと忙しい人がいるなら贅沢は言えないと思いなおしてくれるのを期待しています。

まとめ

忙しくないのに忙しいアピールをする人はみんな感じが悪い鬱陶しい存在と決めつけてしまっていいのでしょうか。

中には忙しいと言うことでコンプレックスをごまかしていたり、こちらのためを思って忙しいフリをしてくれているなんてこともあります。

また、相手の忙しいと焦る気持ちに寄り添ってあげられていないだけなのかもしれません。

忙しいと感じるのは人それぞれ度合いが違いますから、いきなりイラっとするのではなくまずは相手のアピールに意識を向けてあげましょう。

大して忙しくもないのに忙しいとアピールしてくるような人がいるなら、イラッとする前にその心理を考えてみると相手をもっと知ることができるかもしれません。


頑張りを評価して欲しい

仕事や学業、子育てなど目の前のことを頑張っている人の中にはやたらと忙しいことをアピールしてくる場合がありますが、それはその人が周りの人に頑張りを評価して欲しいと思っている証拠です。

アピールしなければいくら頑張ったっていつもの光景に見えてしまいます。

それでは何だか虚しくなってきますし、もっとモチベーションを上げるためにも人からの評価を必要としています。

そのためにあえて忙しいのを見せて褒められたりしたいのです。

楽したいのでこれ以上何も依頼されたくない

楽したい性格の人であれば、もうこれ以上何も依頼されたくないといつも考えているでしょう。

誰しも手が空いていそうな人には声をかけやすいですし、余裕がありそうな人に相談事を持ち掛けやすいものです。

しかし、忙しそうにしていると気を遣って相談する前に自分でどうにかしようと思いますし、他の誰かを頼ろうと思いなおすことでしょう。

そんな空気が読める人の心を利用して自分はちゃっかり楽していようと考えています。

忙しい人に対する憧れがある

忙しいアピールする人は忙しい生活を送る人への憧れを感じさせます。

忙しいと言えるほど仕事をこなしてみたいとか、手が回らないほど子供に必要とされて子育てに専念してみたい、または予定がいっぱいで常に忙しい毎日を送っているなどと見栄を張りたいのではないでしょうか。

忙しいアピールが強ければ強いほど忙しさに対する執着も強いような気もします。

本当に忙しいなら忙しいなどと言っている暇すらないはずですからね。

自分に甘いせいで十分忙しいと感じている

忙しいアピールする人の中には本当に忙しいと感じている場合もあります。

では、なぜ周りからそう見られないかというと、その人が自分自身に甘いせいで大して忙しくもないのに無性に忙しいと感じてしまっているからです。

周りは「まだまだ余裕でしょ」と忙しいアピールとして冷たい視線を送りますが、当の本人は十分忙しいので素直な気持ちで「忙しいの!」と助けを求めているというわけです。

恋愛下手を忙しくて時間がないせいにしている

毎日忙しいということにしてしまえば異性との出会いも恋人と過ごす時間もないということにでき、自分の恋愛下手を忙しいことを理由に言い逃れることができてしまいます。

本当は十分時間もあり恋愛を楽しむ余裕もあるはずなんです。

ただ恋愛に飛び込む勇気がないだけなのですが、それをそのまま素直に人に言うのは恥ずかしいため「忙しくてなかなかそれどころではない」ということにしています。

そうすればとやかく聞かれることもなく楽でもあります。

相手と深く関わりたくないと思っている

相手と深く関わりたくないと思っている時も忙しいということを利用することがあります。

忙しいと言ってしまえば会話を長く続けなくても切り上げてお別れすることもできますし、会おうと誘われても「忙しいから…ごめんね」と断るのが楽になります。

ばったり会ってしまった時くらいの付き合いに留めておけば人間関係も浅く楽チンです。

親しくしていた異性や友人などが急に忙しいアピールしてきた時は嫌われるようなことをしてしまっていないか考えてみるべきでしょう。

とにかく相手に負けたくない

とにかく相手に負けたくないという負けず嫌いな人であれば、相手が「最近忙しいの」と言ってくると「こっちもとっても忙しいんだよね!」と張り合いたくなってしまうことでしょう。

相手よりも周りに必要とされている人間だと強調するためには忙しいアピール勝負で勝つことができればいいのですし、こんなに頑張っているという自信があればなおさら意地でも負けたくないと思うようになります。

忙しいのはみんな同じだと慰めてあげたい

友達や恋人などが「忙しくてイヤになっちゃう…」と相談してきたとします。

その時に「こっちも忙しいよ」と忙しいアピールを返されたら自分を励ましてくれているのかもしれないと思ってみましょう。

忙しいのはみんな同じで自分だけではないというメッセージなのです。

みんな一緒なら頑張れそうですし、もっと忙しい人がいるなら贅沢は言えないと思いなおしてくれるのを期待しています。

忙しくないのに忙しいアピールをする人はみんな感じが悪い鬱陶しい存在と決めつけてしまっていいのでしょうか。

中には忙しいと言うことでコンプレックスをごまかしていたり、こちらのためを思って忙しいフリをしてくれているなんてこともあります。

また、相手の忙しいと焦る気持ちに寄り添ってあげられていないだけなのかもしれません。

忙しいと感じるのは人それぞれ度合いが違いますから、いきなりイラっとするのではなくまずは相手のアピールに意識を向けてあげましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-