【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171221175812.html
父親のことが嫌いになる原因や心理

父親のことが嫌いになる原因や心理 | LADYCO

LADYCO
父親のことが嫌いになる原因や心理

あんなに大好きで、パパ、パパ、と慕っていたのにいつの間にか成長して大きくなるにつれてその父親を嫌いになってしまうのはどうしてなのでしょうか。

子供が父親を嫌いになる9つの理由を考察してみることにしましょう。

  • 構ってくれない
  • 言っていることとやっていることが違う
  • 暴力を振るう
  • 褒めてくれない
  • 行動や態度に一貫性がない
  • 母親を愛していない
  • 放任主義である
  • えこひいきをする
  • 体が臭いとか汚い
  • まとめ

1. 構ってくれない

構ってくれない

子供というのは父親と一緒に遊んだりなにかをする時間を必要としています。

それが遊んで欲しい時にいつも家にいない、あるいは家にいても構ってくれないと子供は不満ばかりが溜まっていくことになります。

父親の関心は子供よりも仕事や自分の趣味ばかりを優先していることがはっきりするような行動が続くと、子供は父親ことが嫌いになっていきます。

2. 言っていることとやっていることが違う

言っていることとやっていることが違う

父親が言うことと行うことが一致していないと不信感を抱くようになり嫌いになるでしょう。

口では厳しいことを言うし要求しているのに、そのことを自分が行わないからであり、現行両面が一致していないというのは説得力がありません。

父親が偽善者のように見えていて信頼できなくなるのです。

子供というのは父親の背中を見て育つのであり、その点でのずるさをすると難しくなります。

3. 暴力を振るう

暴力を振るう

父親の中にはお酒を飲むと豹変したり暴力を振るうようになる人がいて、それを配偶者や子供にすることさえあります。

その暴力を振るう姿というのはひどいものであり、子供の心に大きな傷を与えることになります。

そうした場合には父親に対して嫌いというよりも憎しみの感情を宿すようになるかもしれず、家庭の崩壊につながりかねない深刻な問題です。

4. 褒めてくれない

褒めてくれない

子供は褒められると嬉しくなり、褒められたいのでもっと頑張ろうという気持ちになったりするものですが、いくら頑張っても褒めることをしてくれなくて、ダメなところを探して指摘ばかりするような感じだと父親に愛情を持つことが難しくなるでしょう。

厳しい父親であり、警察官や裁判官が家の中にいるような雰囲気になり、子供らしい笑顔や無邪気な感じがなくなってしまうかもしれません。

5. 行動や態度に一貫性がない

行動や態度に一貫性がない

ある時には叱ったり別の時には同じ失敗をしても叱らなかったりと、その時に父親の気分で行動しているときがあり、子供としてはそんな父親を見て何が正しくて何が間違っているのかがわからなくなってしまいます。

機嫌が悪いとなんでも怒ったり、機嫌がいいとなんでも寛容である、そんな接し方というのは父親に疑念を抱かせるだけであり、尊敬することができなくなってしまうことでしょう。

6. 母親を愛していない

母親を愛していない

父親がいつも配偶者の悪口を言ったりけなしたり、愛しているという態度がほとんど見られない感じだと子供は父親を嫌いになります。

その子供は母親大好きであり仲良しである場合には特にそうであり、母親の味方をしようとすることでしょう。

不倫や浮気などをすればそれはひどい裏切りであり、子供は父親とは目を合わせなくなるとか口を利かなくなることさえあるでしょう。

7. 放任主義である

放任主義である

子供には自由にさせた方がいいという考えでルールを作らずに何でも自由にさせる教育をする父親を子供は嫌いになることがあります。

放任するというのはいわば放って置かれるということであり、そこに愛情を感じることができないからです。

何でも好きにできるというのは子供にとって良いように思えるかもしれませんが、子供のためを思って作るルールや規則のようなものがないと子供は寂しくなり、物よりも愛情を欲するので満たされず父親を嫌いになってしまうかもしれません。

8. えこひいきをする

えこひいきをする

特定の子供にはかわいくしてなんでも優しく接するのに、別の子供には出来が悪いとかけなしてばかりであり褒めることがありません。

子供が2‐3人いる家庭では同じように均等に子供を愛することができずに愛情が偏ってしまってしまうと、愛されていない子供はひねくれていき、父親を嫌いになっていくことでしょう。

9. 体が臭いとか汚い

体が臭いとか汚い

子供というのは意外にも汚いものが嫌いであり、特に思春期に入るとそれが健著になる部分があります。

もし子供が女の子であれば特にそれが強いでしょう。

どうせ家だからとだらしなくしていたり、下着姿でうろうろしていたり、メタボで体が臭かったりすると子供は父親が嫌いになるし、一緒に仲良く外を歩きたいという気持ちにならないに違いありません。

まとめ

父親というのは子供にとっては憧れの存在であり、小さいときから慕っているはずなのですが、やがてそのようではなくなってしまうのは父親の方に大きな問題があるからです。

子供を愛することを怠っていたり、その愛情の示し方が間違っていたりするとそうなりやすいのです。

子供は父親の背中を見て育ちますので、自分が良くない行動をしていれば子供もまねをし、そのような傾向を示すようになるでしょう。

いつでも信頼され、そして子供から相談されるような父親になるためにできることはなにかを考え努力していきたいものです。

あんなに大好きで、パパ、パパ、と慕っていたのにいつの間にか成長して大きくなるにつれてその父親を嫌いになってしまうのはどうしてなのでしょうか。

子供が父親を嫌いになる9つの理由を考察してみることにしましょう。


構ってくれない

子供というのは父親と一緒に遊んだりなにかをする時間を必要としています。

それが遊んで欲しい時にいつも家にいない、あるいは家にいても構ってくれないと子供は不満ばかりが溜まっていくことになります。

父親の関心は子供よりも仕事や自分の趣味ばかりを優先していることがはっきりするような行動が続くと、子供は父親ことが嫌いになっていきます。

言っていることとやっていることが違う

父親が言うことと行うことが一致していないと不信感を抱くようになり嫌いになるでしょう。

口では厳しいことを言うし要求しているのに、そのことを自分が行わないからであり、現行両面が一致していないというのは説得力がありません。

父親が偽善者のように見えていて信頼できなくなるのです。

子供というのは父親の背中を見て育つのであり、その点でのずるさをすると難しくなります。

暴力を振るう

父親の中にはお酒を飲むと豹変したり暴力を振るうようになる人がいて、それを配偶者や子供にすることさえあります。

その暴力を振るう姿というのはひどいものであり、子供の心に大きな傷を与えることになります。

そうした場合には父親に対して嫌いというよりも憎しみの感情を宿すようになるかもしれず、家庭の崩壊につながりかねない深刻な問題です。

褒めてくれない

子供は褒められると嬉しくなり、褒められたいのでもっと頑張ろうという気持ちになったりするものですが、いくら頑張っても褒めることをしてくれなくて、ダメなところを探して指摘ばかりするような感じだと父親に愛情を持つことが難しくなるでしょう。

厳しい父親であり、警察官や裁判官が家の中にいるような雰囲気になり、子供らしい笑顔や無邪気な感じがなくなってしまうかもしれません。

行動や態度に一貫性がない

ある時には叱ったり別の時には同じ失敗をしても叱らなかったりと、その時に父親の気分で行動しているときがあり、子供としてはそんな父親を見て何が正しくて何が間違っているのかがわからなくなってしまいます。

機嫌が悪いとなんでも怒ったり、機嫌がいいとなんでも寛容である、そんな接し方というのは父親に疑念を抱かせるだけであり、尊敬することができなくなってしまうことでしょう。

母親を愛していない

父親がいつも配偶者の悪口を言ったりけなしたり、愛しているという態度がほとんど見られない感じだと子供は父親を嫌いになります。

その子供は母親大好きであり仲良しである場合には特にそうであり、母親の味方をしようとすることでしょう。

不倫や浮気などをすればそれはひどい裏切りであり、子供は父親とは目を合わせなくなるとか口を利かなくなることさえあるでしょう。

放任主義である

子供には自由にさせた方がいいという考えでルールを作らずに何でも自由にさせる教育をする父親を子供は嫌いになることがあります。

放任するというのはいわば放って置かれるということであり、そこに愛情を感じることができないからです。

何でも好きにできるというのは子供にとって良いように思えるかもしれませんが、子供のためを思って作るルールや規則のようなものがないと子供は寂しくなり、物よりも愛情を欲するので満たされず父親を嫌いになってしまうかもしれません。

えこひいきをする

特定の子供にはかわいくしてなんでも優しく接するのに、別の子供には出来が悪いとかけなしてばかりであり褒めることがありません。

子供が2‐3人いる家庭では同じように均等に子供を愛することができずに愛情が偏ってしまってしまうと、愛されていない子供はひねくれていき、父親を嫌いになっていくことでしょう。

体が臭いとか汚い

子供というのは意外にも汚いものが嫌いであり、特に思春期に入るとそれが健著になる部分があります。

もし子供が女の子であれば特にそれが強いでしょう。

どうせ家だからとだらしなくしていたり、下着姿でうろうろしていたり、メタボで体が臭かったりすると子供は父親が嫌いになるし、一緒に仲良く外を歩きたいという気持ちにならないに違いありません。

父親というのは子供にとっては憧れの存在であり、小さいときから慕っているはずなのですが、やがてそのようではなくなってしまうのは父親の方に大きな問題があるからです。

子供を愛することを怠っていたり、その愛情の示し方が間違っていたりするとそうなりやすいのです。

子供は父親の背中を見て育ちますので、自分が良くない行動をしていれば子供もまねをし、そのような傾向を示すようになるでしょう。

いつでも信頼され、そして子供から相談されるような父親になるためにできることはなにかを考え努力していきたいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-