【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171221175709.html
白色が好きな人の深層心理

白色が好きな人の深層心理 | LADYCO

LADYCO
白色が好きな人の深層心理

今回は白色が好きな人の深層心理についてお伝えします。

服や身の回りの小物が白のものが多い人は男性女性問わず、周りに一人二人必ずいます。

そういう人が実際、どういう人なのかをお伝えします。

  • 清潔感があるように見られたい
  • 大きく見られたい
  • 女性らしく見られたい
  • ほかの人よりも目立っていたい
  • 目立ちたくない、あるいはほかの人と同じがいい
  • まとめ

1. 清潔感があるように見られたい

清潔感があるように見られたい

黒やネイビーと違い、白は一般的に清潔感がある印象が強いです。

例えば白のTシャツやパンツを思い浮かべるとわかりやすいでしょう。

他の色と違い、比較的汚れやすい色でもあるため、洗濯やクリーニングなどメンテナンスも欠かせません。

もちろん、身に着けている本人もそれを意識している場合も多く、多くはその白のイメージと同じく、清潔感があるように見られたい人が多くいます。

他にも家具や家電もこれにあたります。

白の洗濯機、白の食器棚、白のパソコンなど、やはりそれらの多くは清潔感を売りにしたイメージが強いです。

これらも同じく、清潔感があるように見られたいケースが多いです。

2. 大きく見られたい

大きく見られたい

他の濃い色と違い、白は比較的膨張色であるといわれています。

そのため、例えば小柄な人や、細い人は特にこの白が似合いますし、好んで身に着ける傾向があります。

逆に体型の大きな人は比較的黒やネイビーを身に着けることが多いです。

例えば白の車を乗っている人もその傾向が強く、通常よりも大きい車であるとみられたい深層心理が働いています。

3. 女性らしく見られたい

女性らしく見られたい

これは一般的に服飾や持ち物もそうですが、例えば自分で選ぶ家具や家電、もこれにあたります。

持っているスマホやスマホケースが白であること、例えば自分の家にある自宅の家具が白のものが多い傾向にある、そういう人は概ね女性に多い傾向にあります。

一般的に多いような白の洗濯機や白の食器棚などではなく、例えば、ベッドやダイニングテーブル、ソファなどが白であると、それを見た周りの友人は、女性らしいイメージを持ちます。

これは清潔感があるイメージを持たれやすいことももちろんですが、こういった人は男性が黒、女性が白というようなイメージを本人が持っている場合が多いです。

また他の色もあるなかから、あえて白を選び、それを身の回りにおくことで、自分自身が常に女性らしくあることを大切にしているケースがあります。

4. ほかの人よりも目立っていたい

ほかの人よりも目立っていたい

日本ではどちらかというと黒やネイビー、グレーを身に着ける人の割合が多く、特に秋や冬はその傾向が強いです。

秋冬にホワイトを好んで身に着けている場合は、深層心理として、他の人と違う色を着ていたい、他の人と違うように見られたいという心理が働いている場合があります。

例えば白のスカートや白のコート、白のブーツなどを思いうかべるとわかりやすいです。

それらは黒やネイビーのスカート、コート、ブーツなどに比べて街中でも比較的目立ちやすい傾向にある場合が多いです。

こういう人はぱっと見た目でわかる華やかさや、ぱっと見た目でわかる他の人と違う自分らしさを大切にしています。

これは当人がすでに意識としてもっている場合は、その白の服装のみならず、アクセサリーやその他の服飾においても それが表現されている場合が多いですが、そうでない場合は、当人が気づいていない場合も多くあります。

5. 目立ちたくない、あるいはほかの人と同じがいい

目立ちたくない、あるいはほかの人と同じがいい

これは例えば服飾でいうところの男性のYシャツや、下着がこれにあたります。

4とは真逆のところにはなりますが、例えば一般的に白のイメージが強い、Yシャツや下着ばかり持っている人については これをブルーやピンクのYシャツ、グレーなどの下着を身に着けることに抵抗がある場合があります。

これはあくまで他の人と同一にみられたい、目立ちたくないという深層心理が働いている場合があります。

例えばYシャツや下着もそうですが、他にはシーツやタオルなどもこれにあたります。

他の色ではなく、白がいいという場合は、自分の中でこれが一般的な色、なので他の色は買いたくない、選びたくないという人も 一定数います。

この場合、白色がもとから好きというよりも、目立つ色が嫌い、他の人と違う色が嫌い、なので白色が好き、という場合が多いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は白色が好きな人の深層心理についてお伝えしました。

白色といえば、なんとなく女性的であったり、清潔感のあるようなイメージが強いので、それが似合う人になりたい、あるいは好きな色といえる人になりたい、という人が多いことも事実です。

服飾や車においても、白を所持し清潔感のある人と思われるためには、こまめなメンテナンスも必要とは考えられますが、それでも比較的多い黒やネイビーよりも白を着こなすことができれば、いい意味で目立つこともできるはずです。

逆に目立つことが嫌いなケースも白が好きな人の中にはいたりしますが、基本的には清潔感があることが軸にはなっていますので、自分の中の色のバリエーションの一つとして用意しておきたいものです。

今回は白色が好きな人の深層心理についてお伝えします。

服や身の回りの小物が白のものが多い人は男性女性問わず、周りに一人二人必ずいます。

そういう人が実際、どういう人なのかをお伝えします。


清潔感があるように見られたい

黒やネイビーと違い、白は一般的に清潔感がある印象が強いです。

例えば白のTシャツやパンツを思い浮かべるとわかりやすいでしょう。

他の色と違い、比較的汚れやすい色でもあるため、洗濯やクリーニングなどメンテナンスも欠かせません。

もちろん、身に着けている本人もそれを意識している場合も多く、多くはその白のイメージと同じく、清潔感があるように見られたい人が多くいます。

他にも家具や家電もこれにあたります。

白の洗濯機、白の食器棚、白のパソコンなど、やはりそれらの多くは清潔感を売りにしたイメージが強いです。

これらも同じく、清潔感があるように見られたいケースが多いです。

大きく見られたい

他の濃い色と違い、白は比較的膨張色であるといわれています。

そのため、例えば小柄な人や、細い人は特にこの白が似合いますし、好んで身に着ける傾向があります。

逆に体型の大きな人は比較的黒やネイビーを身に着けることが多いです。

例えば白の車を乗っている人もその傾向が強く、通常よりも大きい車であるとみられたい深層心理が働いています。

女性らしく見られたい

これは一般的に服飾や持ち物もそうですが、例えば自分で選ぶ家具や家電、もこれにあたります。

持っているスマホやスマホケースが白であること、例えば自分の家にある自宅の家具が白のものが多い傾向にある、そういう人は概ね女性に多い傾向にあります。

一般的に多いような白の洗濯機や白の食器棚などではなく、例えば、ベッドやダイニングテーブル、ソファなどが白であると、それを見た周りの友人は、女性らしいイメージを持ちます。

これは清潔感があるイメージを持たれやすいことももちろんですが、こういった人は男性が黒、女性が白というようなイメージを本人が持っている場合が多いです。

また他の色もあるなかから、あえて白を選び、それを身の回りにおくことで、自分自身が常に女性らしくあることを大切にしているケースがあります。

ほかの人よりも目立っていたい

日本ではどちらかというと黒やネイビー、グレーを身に着ける人の割合が多く、特に秋や冬はその傾向が強いです。

秋冬にホワイトを好んで身に着けている場合は、深層心理として、他の人と違う色を着ていたい、他の人と違うように見られたいという心理が働いている場合があります。

例えば白のスカートや白のコート、白のブーツなどを思いうかべるとわかりやすいです。

それらは黒やネイビーのスカート、コート、ブーツなどに比べて街中でも比較的目立ちやすい傾向にある場合が多いです。

こういう人はぱっと見た目でわかる華やかさや、ぱっと見た目でわかる他の人と違う自分らしさを大切にしています。

これは当人がすでに意識としてもっている場合は、その白の服装のみならず、アクセサリーやその他の服飾においても それが表現されている場合が多いですが、そうでない場合は、当人が気づいていない場合も多くあります。

目立ちたくない、あるいはほかの人と同じがいい

これは例えば服飾でいうところの男性のYシャツや、下着がこれにあたります。

4とは真逆のところにはなりますが、例えば一般的に白のイメージが強い、Yシャツや下着ばかり持っている人については これをブルーやピンクのYシャツ、グレーなどの下着を身に着けることに抵抗がある場合があります。

これはあくまで他の人と同一にみられたい、目立ちたくないという深層心理が働いている場合があります。

例えばYシャツや下着もそうですが、他にはシーツやタオルなどもこれにあたります。

他の色ではなく、白がいいという場合は、自分の中でこれが一般的な色、なので他の色は買いたくない、選びたくないという人も 一定数います。

この場合、白色がもとから好きというよりも、目立つ色が嫌い、他の人と違う色が嫌い、なので白色が好き、という場合が多いです。

いかがでしたでしょうか。

今回は白色が好きな人の深層心理についてお伝えしました。

白色といえば、なんとなく女性的であったり、清潔感のあるようなイメージが強いので、それが似合う人になりたい、あるいは好きな色といえる人になりたい、という人が多いことも事実です。

服飾や車においても、白を所持し清潔感のある人と思われるためには、こまめなメンテナンスも必要とは考えられますが、それでも比較的多い黒やネイビーよりも白を着こなすことができれば、いい意味で目立つこともできるはずです。

逆に目立つことが嫌いなケースも白が好きな人の中にはいたりしますが、基本的には清潔感があることが軸にはなっていますので、自分の中の色のバリエーションの一つとして用意しておきたいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-