【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171221175456.html
寝てないアピールする人の心理

寝てないアピールする人の心理 | LADYCO

LADYCO
寝てないアピールする人の心理

寝てないアピールをする人が沢山いる一方で、実は寝てないアピールは嫌われる要因になることもあります。

わざわざ寝ていないことをアピールする人の心理はどんな気持ちが隠されているのでしょうか。

  • 仕事に一生懸命な自分を見て欲しい
  • SOSを求めている
  • 忙しいアピールをしたい
  • 暇な人を見下したい
  • 構って欲しい
  • 自慢したい気持ち
  • 見た目のコンディションがいまいち
  • まとめ

1. 仕事に一生懸命な自分を見て欲しい

仕事に一生懸命な自分を見て欲しい

寝てないアピールをする人というのは、主に仕事絡みでの自慢が多いような気がします。

特に女性よりも男性の方がその傾向が強いです。

仕事が忙しいと確かに睡眠時間が大幅に削られてしまうことはありますし、これは社会問題にもなっています。

「俺今日も数時間しか寝てないんだよね」とアピールして来る人は、自分が仕事に対して一生懸命な自分を見て貰いたい、そして褒めて貰いたいという心理が隠されています。

寝てないアピールにイラっとすることもあるかも知れませんが、仕事を頑張っていることが事実なのであれば周りの人は褒めてあげるのも良いのではないでしょうか。

2. SOSを求めている

SOSを求めている

寝てないアピールには二種類あり、一つは寝ないで仕事を頑張る自分格好良い自慢ですが、もう一つは寝てないアピールをしていることでSOSを求めていることが考えられます。

仕事が忙しくて寝る時間が殆どなかったり、ストレスでただでさえ寝る時間が少ないのに全く眠ることが出来ない睡眠障害になってしまう人もいます。

寝てないとアピールしているのは自慢をしたいわけではなく、本気でもう体が疲れてしまっているから助けて欲しいというサインの場合もあります。

相手の表情を見ておかしいなと感じたら自慢しているのか助けを求めているのかはすぐに分かるはずです。

3. 忙しいアピールをしたい

忙しいアピールをしたい

寝ていないということは不眠症の人を除いては忙しかったり予定が多かったりして睡眠時間が削られてしまっている人達です。

この記事では寝てない自慢をする人の心理をご紹介させて頂いてますが、忙しいアピールをしている人の心理にもよく似ている部分があるのです。

本当に人生が充実しているかどうかは本人じゃなければ分からないことですが、寝る時間もない程忙しいアピールをして自分をリア充にしたいのです。

4. 暇な人を見下したい

暇な人を見下したい

性格のちょっと悪い人だと暇な人のことを見下したいから寝てないアピールをしている人もいます。

あまり寝ていない人にとって沢山寝ている人は「寝る暇があっていいよな」という気持ちで見ています。

こっちは忙しくて寝る暇もないのによく暇人は寝る時間があって羨ましいなとかなり上から目線の心理です。

絶対に寝ている人の方が健康的な生活を送ることが出来ていますが、それなのに自分の方が上だと思い込んでいます。

5. 構って欲しい

構って欲しい

寝てないアピールをする人の心理の中には構って欲しいという気持ちもあります。

優しい人ならば寝てないことを話すと「どうしたの?大丈夫?」と心配して声を掛けてくれたりしますよね。

寝てないアピールをしている人の中にはこのように人に構って貰いたい、心配されたくて寝ていないことを無駄にアピールしている人もいるのです。

構って欲しいと言うとうざったい性格のように受け取ってしまいますが、このタイプは基本は寂しがり屋で誰かと交流をしていたいタイプの人が多いです。

6. 自慢したい気持ち

自慢したい気持ち

普通の人ならば寝る時間がないよりは絶対にいくらでも寝られる時間のある人の方が羨ましいと思いますよね。

寝てないアピールをしてしまう人は寝てないことを自慢したいと考えてやっている人達がいます。

仕事や友達付き合いなどが多いと人生が充実しているという人もいると思いますが、そのようなタイプは自分の人生が充実していることを皆に自慢したくて「毎日スケジュールがいっぱいで寝る時間がなくて」とアピールしたくなるのです。

ただし、本当にそこまで忙しいかどうかは定かではありません。

大した用事も入っていないのに充実しているかのように見せかけて寝てないアピールをして来る人もいます。

7. 見た目のコンディションがいまいち

見た目のコンディションがいまいち

これは珍しいタイプの寝てないアピールをしてしまう人の心理ですが、睡眠不足の時ってどうしても顔に元気がなくなっていたりすることがありますよね。

目にクマが出来ていたり化粧のノリも悪かったり、更には髪型に気を使っている余裕もなくてボサボサだったりすることがあります。

人から指摘されて何か言われるよりは、自分の方から「今日寝てなくて」とアピールしてしまった方がいつもと見た目に変化があっても周りはなるほどと納得してくれます。

このようなタイプは女性に多いです。

勿論このアピールは寝てないことが恥ずかしいと感じているので自慢する方の寝てないアピールではありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

寝てないアピールをしてしまう人の心理をご紹介しましたが、あなたも寝てないとアピールしたことは一度くらいはあると思います。

健康の秘訣は充分に睡眠を取ることです。

皆さんが寝てない自慢をしなくてもいいように健康的に規則的な睡眠が取れることを願います。

寝てないアピールをする人が沢山いる一方で、実は寝てないアピールは嫌われる要因になることもあります。

わざわざ寝ていないことをアピールする人の心理はどんな気持ちが隠されているのでしょうか。


仕事に一生懸命な自分を見て欲しい

寝てないアピールをする人というのは、主に仕事絡みでの自慢が多いような気がします。

特に女性よりも男性の方がその傾向が強いです。

仕事が忙しいと確かに睡眠時間が大幅に削られてしまうことはありますし、これは社会問題にもなっています。

「俺今日も数時間しか寝てないんだよね」とアピールして来る人は、自分が仕事に対して一生懸命な自分を見て貰いたい、そして褒めて貰いたいという心理が隠されています。

寝てないアピールにイラっとすることもあるかも知れませんが、仕事を頑張っていることが事実なのであれば周りの人は褒めてあげるのも良いのではないでしょうか。

SOSを求めている

寝てないアピールには二種類あり、一つは寝ないで仕事を頑張る自分格好良い自慢ですが、もう一つは寝てないアピールをしていることでSOSを求めていることが考えられます。

仕事が忙しくて寝る時間が殆どなかったり、ストレスでただでさえ寝る時間が少ないのに全く眠ることが出来ない睡眠障害になってしまう人もいます。

寝てないとアピールしているのは自慢をしたいわけではなく、本気でもう体が疲れてしまっているから助けて欲しいというサインの場合もあります。

相手の表情を見ておかしいなと感じたら自慢しているのか助けを求めているのかはすぐに分かるはずです。

忙しいアピールをしたい

寝ていないということは不眠症の人を除いては忙しかったり予定が多かったりして睡眠時間が削られてしまっている人達です。

この記事では寝てない自慢をする人の心理をご紹介させて頂いてますが、忙しいアピールをしている人の心理にもよく似ている部分があるのです。

本当に人生が充実しているかどうかは本人じゃなければ分からないことですが、寝る時間もない程忙しいアピールをして自分をリア充にしたいのです。

暇な人を見下したい

性格のちょっと悪い人だと暇な人のことを見下したいから寝てないアピールをしている人もいます。

あまり寝ていない人にとって沢山寝ている人は「寝る暇があっていいよな」という気持ちで見ています。

こっちは忙しくて寝る暇もないのによく暇人は寝る時間があって羨ましいなとかなり上から目線の心理です。

絶対に寝ている人の方が健康的な生活を送ることが出来ていますが、それなのに自分の方が上だと思い込んでいます。

構って欲しい

寝てないアピールをする人の心理の中には構って欲しいという気持ちもあります。

優しい人ならば寝てないことを話すと「どうしたの?大丈夫?」と心配して声を掛けてくれたりしますよね。

寝てないアピールをしている人の中にはこのように人に構って貰いたい、心配されたくて寝ていないことを無駄にアピールしている人もいるのです。

構って欲しいと言うとうざったい性格のように受け取ってしまいますが、このタイプは基本は寂しがり屋で誰かと交流をしていたいタイプの人が多いです。

自慢したい気持ち

普通の人ならば寝る時間がないよりは絶対にいくらでも寝られる時間のある人の方が羨ましいと思いますよね。

寝てないアピールをしてしまう人は寝てないことを自慢したいと考えてやっている人達がいます。

仕事や友達付き合いなどが多いと人生が充実しているという人もいると思いますが、そのようなタイプは自分の人生が充実していることを皆に自慢したくて「毎日スケジュールがいっぱいで寝る時間がなくて」とアピールしたくなるのです。

ただし、本当にそこまで忙しいかどうかは定かではありません。

大した用事も入っていないのに充実しているかのように見せかけて寝てないアピールをして来る人もいます。

見た目のコンディションがいまいち

これは珍しいタイプの寝てないアピールをしてしまう人の心理ですが、睡眠不足の時ってどうしても顔に元気がなくなっていたりすることがありますよね。

目にクマが出来ていたり化粧のノリも悪かったり、更には髪型に気を使っている余裕もなくてボサボサだったりすることがあります。

人から指摘されて何か言われるよりは、自分の方から「今日寝てなくて」とアピールしてしまった方がいつもと見た目に変化があっても周りはなるほどと納得してくれます。

このようなタイプは女性に多いです。

勿論このアピールは寝てないことが恥ずかしいと感じているので自慢する方の寝てないアピールではありません。

いかがでしたでしょうか。

寝てないアピールをしてしまう人の心理をご紹介しましたが、あなたも寝てないとアピールしたことは一度くらいはあると思います。

健康の秘訣は充分に睡眠を取ることです。

皆さんが寝てない自慢をしなくてもいいように健康的に規則的な睡眠が取れることを願います。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-