【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171221175424.html
上から目線で喋る人の心理

上から目線で喋る人の心理 | LADYCO

LADYCO
上から目線で喋る人の心理

上から目線で喋る人は職場は勿論ですが、友人間や家族間でも何処にでもこのようなタイプの人はいます。

皆からは嫌われやすい素質を持っているつい上から目線で喋ってしまう人の心理はどうなっているのでしょうか。

  • 自分が偉いと思っている
  • 自分の意見が正しいと思っている
  • 人を見下してしまう
  • 自己主張が激しい
  • 思いやりの気持ち
  • 知識を自慢したい
  • 隠された劣等感
  • まとめ

1. 自分が偉いと思っている

自分が偉いと思っている

上から目線で話す人でも誰に対してでもそういう態度で話しているわけではありません。

この人は自分よりも下だなと思う人にだけ上から目線で話すだけであり、自分が尊敬出来る人に対しては偉そうに物事を言うことも基本的にはありません。

自分よりもレベルが下だと思う人に対してはこれくらいのことは厳しく言ってもいいよね?という具合に上から目線で色々偉そうに語りだすのです。

そして私は偉いのだからこのくらいのことを言ってもどってことないでしょと思っています。

上から目線で語られる側にとっては「あの人偉そうだな」と思いますが、本当に本人は自分のことを偉いと思っています。

2. 自分の意見が正しいと思っている

自分の意見が正しいと思っている

時には会社でも友達同士でも意見が分かれてしまうことがあります。

意見が分裂した時に上から目線で喋る人がいますが、そういう人の心理は自分の意見が一番正しいと思っているからです。

物事には正しいか正しくないかはっきり決められることもありますが、その判断を付けられない事柄も沢山あります。

最近話題になった例で出しますと、接客業の時にマスクをするのは嫌だという人もいればマスクを付けて接客して欲しいという意見に分かれました。

上から目線で喋る人がマスクは取るべきだと発言したら絶対にマスクを取って接客することが正しいと決め付けてしまうのです。

3. 人を見下してしまう

人を見下してしまう

すぐに上から目線で喋ってしまう人の心理は、すぐに人を見下してしまうという人が多いです。

人を見下すということはよくないことなので絶対にやめなければ嫌われてしまいます。

料理が苦手な子がいたとすれば、「女の子なのに料理が出来ないなんて終わってる」と酷い言葉を投げかけて来ることもあります。

自分の中で常識だと思っていることがちゃんと出来ていない人のことを見るとすぐに見下すような発言をしたくなってしまうのです。

ですがこういう人にも自分が不得意なことは必ずあるので、不得意なことが出来ない人がいたとしても上から目線で見下すようなことは絶対にしません。

4. 自己主張が激しい

自己主張が激しい

上から目線で色々喋る人の中に自己主張をあまりしないという人はあまりいないのではないでしょうか。

上から目線の人はかなり自己主張が激しいタイプの人が多いですね。

自分の言うことが絶対に正しいと思っていますし、もっと私の話を信じて欲しいという心理もあります。

自己主張が激しいからと言って悪いことばかりではないのですが、上から目線で話す人の場合は一緒にいてもすぐに自分の話たいことばかり話して相手にあまり語らせたりしないので一緒に過ごしていると疲れてしまうタイプです。

5. 思いやりの気持ち

思いやりの気持ち

上から目線で喋って来るような相手に思いやりの気持ちなんてあるの?と思われる方も多いかも知れませんが、言い方は偉そうだけど本当に相手のことを心配して上から目線で喋って来る人達もいます。

恋愛のことで例えてみたいのですが、「あの人と付き合いたいんだけど」と相談をした時に上から目線で「あんな奴は絶対駄目」と上から目線で言われたりしたら凄く腹が立つと思いませんか?

でもその相手は本当に恋愛トラブルを繰り返し起こしてきた人で、変なトラブルに巻き込まれて欲しくないから合えての上から目線な喋り方で警鐘を鳴らすパターンです。

上から目線で喋る人全てが性格がひねくれているわけではなく優しい人だって存在しているのです。

6. 知識を自慢したい

知識を自慢したい

このタイプは女性よりも男性の方に多く見られる傾向です。

男性の上から目線で喋る人は、俺の持っている知識をお前らに披露してやるよという勢いで偉そうに語りだして来るのです。

特に何かのオタク系の人は要注意です。

このタイプの人は一度語りだしたらトークが止まらなくなります。

例えばの話、ゲームの話になった時に相手が知らないと返答したとしたら「そんなことも知らないの?」と上から目線でバカにするように言って来ます。

その後はこのゲームを知らないなんて時代遅れと言ったりゲームの魅力を知って貰うべく上から目線で相手が興味のない話も長々と語りだします。

7. 隠された劣等感

隠された劣等感

上から目線で喋る人は自分のことが偉いとか正しいと思っているなどと紹介して来ましたが、この人達は自分に自信を持っているようで深層心理には劣等感が潜んでいることも多いです。

表の顔は上から目線の嫌われ者であっても、劣等感の塊の自分でも何か一つ自信の持てるようなもが欲しいということで上から目線でその分野に関して詳しいかのように語ってしまうのです。

なので上から目線の偉そうな人は本当は弱さを持っているメンタルも弱い人も沢山います。

これは本当に深層心理の部分なのでまさかそんな一面があることに気付かない人も多いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

上から目線で喋る人とは出来るだけ会話をすることを避けたくなりますが、そんな人でも私達と同じでちょっと気弱な部分も持っているのです。

ゆっくりと話す機会があれば仲良くなれるかも知れませんね。

上から目線で喋る人は職場は勿論ですが、友人間や家族間でも何処にでもこのようなタイプの人はいます。

皆からは嫌われやすい素質を持っているつい上から目線で喋ってしまう人の心理はどうなっているのでしょうか。

上から目線で喋る人は職場は勿論ですが、友人間や家族間でも何処にでもこのようなタイプの人はいます。

皆からは嫌われやすい素質を持っているつい上から目線で喋ってしまう人の心理はどうなっているのでしょうか。


自分が偉いと思っている

上から目線で話す人でも誰に対してでもそういう態度で話しているわけではありません。

この人は自分よりも下だなと思う人にだけ上から目線で話すだけであり、自分が尊敬出来る人に対しては偉そうに物事を言うことも基本的にはありません。

自分よりもレベルが下だと思う人に対してはこれくらいのことは厳しく言ってもいいよね?という具合に上から目線で色々偉そうに語りだすのです。

そして私は偉いのだからこのくらいのことを言ってもどってことないでしょと思っています。

上から目線で語られる側にとっては「あの人偉そうだな」と思いますが、本当に本人は自分のことを偉いと思っています。

自分の意見が正しいと思っている

時には会社でも友達同士でも意見が分かれてしまうことがあります。

意見が分裂した時に上から目線で喋る人がいますが、そういう人の心理は自分の意見が一番正しいと思っているからです。

物事には正しいか正しくないかはっきり決められることもありますが、その判断を付けられない事柄も沢山あります。

最近話題になった例で出しますと、接客業の時にマスクをするのは嫌だという人もいればマスクを付けて接客して欲しいという意見に分かれました。

上から目線で喋る人がマスクは取るべきだと発言したら絶対にマスクを取って接客することが正しいと決め付けてしまうのです。

人を見下してしまう

すぐに上から目線で喋ってしまう人の心理は、すぐに人を見下してしまうという人が多いです。

人を見下すということはよくないことなので絶対にやめなければ嫌われてしまいます。

料理が苦手な子がいたとすれば、「女の子なのに料理が出来ないなんて終わってる」と酷い言葉を投げかけて来ることもあります。

自分の中で常識だと思っていることがちゃんと出来ていない人のことを見るとすぐに見下すような発言をしたくなってしまうのです。

ですがこういう人にも自分が不得意なことは必ずあるので、不得意なことが出来ない人がいたとしても上から目線で見下すようなことは絶対にしません。

自己主張が激しい

上から目線で色々喋る人の中に自己主張をあまりしないという人はあまりいないのではないでしょうか。

上から目線の人はかなり自己主張が激しいタイプの人が多いですね。

自分の言うことが絶対に正しいと思っていますし、もっと私の話を信じて欲しいという心理もあります。

自己主張が激しいからと言って悪いことばかりではないのですが、上から目線で話す人の場合は一緒にいてもすぐに自分の話たいことばかり話して相手にあまり語らせたりしないので一緒に過ごしていると疲れてしまうタイプです。

思いやりの気持ち

上から目線で喋って来るような相手に思いやりの気持ちなんてあるの?と思われる方も多いかも知れませんが、言い方は偉そうだけど本当に相手のことを心配して上から目線で喋って来る人達もいます。

恋愛のことで例えてみたいのですが、「あの人と付き合いたいんだけど」と相談をした時に上から目線で「あんな奴は絶対駄目」と上から目線で言われたりしたら凄く腹が立つと思いませんか?

でもその相手は本当に恋愛トラブルを繰り返し起こしてきた人で、変なトラブルに巻き込まれて欲しくないから合えての上から目線な喋り方で警鐘を鳴らすパターンです。

上から目線で喋る人全てが性格がひねくれているわけではなく優しい人だって存在しているのです。

知識を自慢したい

このタイプは女性よりも男性の方に多く見られる傾向です。

男性の上から目線で喋る人は、俺の持っている知識をお前らに披露してやるよという勢いで偉そうに語りだして来るのです。

特に何かのオタク系の人は要注意です。

このタイプの人は一度語りだしたらトークが止まらなくなります。

例えばの話、ゲームの話になった時に相手が知らないと返答したとしたら「そんなことも知らないの?」と上から目線でバカにするように言って来ます。

その後はこのゲームを知らないなんて時代遅れと言ったりゲームの魅力を知って貰うべく上から目線で相手が興味のない話も長々と語りだします。

隠された劣等感

上から目線で喋る人は自分のことが偉いとか正しいと思っているなどと紹介して来ましたが、この人達は自分に自信を持っているようで深層心理には劣等感が潜んでいることも多いです。

表の顔は上から目線の嫌われ者であっても、劣等感の塊の自分でも何か一つ自信の持てるようなもが欲しいということで上から目線でその分野に関して詳しいかのように語ってしまうのです。

なので上から目線の偉そうな人は本当は弱さを持っているメンタルも弱い人も沢山います。

これは本当に深層心理の部分なのでまさかそんな一面があることに気付かない人も多いです。

いかがでしたでしょうか。

上から目線で喋る人とは出来るだけ会話をすることを避けたくなりますが、そんな人でも私達と同じでちょっと気弱な部分も持っているのです。

ゆっくりと話す機会があれば仲良くなれるかも知れませんね。

上から目線で喋る人は職場は勿論ですが、友人間や家族間でも何処にでもこのようなタイプの人はいます。

皆からは嫌われやすい素質を持っているつい上から目線で喋ってしまう人の心理はどうなっているのでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-