【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171221162036.html
関西人が嫌いな人が関西人を嫌いになる理由

関西人が嫌いな人が関西人を嫌いになる理由 | LADYCO

LADYCO
関西人が嫌いな人が関西人を嫌いになる理由
uここから-->

関西の人たちはなにかと関東を意識することが多いようですが、関西人が嫌いな人たちもそれなりにいるようです。

そんな人たちが関西人を嫌いになる理由について7つの点を調べてみましょう。

  • お金にケチでうるさいがところがある
  • 関西弁
  • せっかちなところ
  • 味にうるさいところがある
  • 何でもネタにしてしまうところ
  • 自分のスタイルを変えない
  • もてなし上手だが裏がある
  • まとめ

1. お金にケチでうるさいがところがある

お金にケチでうるさいがところがある

関西の人たちというのは、お金使いに関してかなりシビアなところがあり、少しでも安く購入できることを自慢したがる傾向にあります。

高いとか安いということに関してはこだわりがあり、それがあからさまなので、そのような態度が苦手と感じるのです。

このできるだけ安く買いたいという気持ちは誰でも同じですが、お店の人に値切ったり、しつこいまでにお店の人を困らせようとする態度というのは、関西人嫌いというイメージを強くしてしまうでしょう。

2. 関西弁

関西弁

なんでも言いたいことを言っているように聞こえる関西弁が嫌いは人たちはある程度いることでしょう。

ボケたり突っ込んだりするのを見ている分には楽しいものの、いざ自分が誰かから突っ込まれて、アホとか言われるとかなり傷ついたと感じるかもしれません。

相手を叩いたりすることも普通のことである関西弁の話し方や態度はちょっと苦手であり、嫌いと感じるかもしれません。

3. せっかちなところ

せっかちなところ

関西人は待たされるのがとても嫌いなところがあります。

そうした風潮が強いのでお店ではお客を待たせるということができるだけないようにスピーディな動きをしていることは少なくありません。

レストランで待たされると我慢ができなくなって、注文をしたのにキャンセルしたり、ちょっとスタッフが間違えるとすぐにキレたりというせっかちが部分は関西人嫌いとなってしまいます。

もちろんすべての人がそうではありませんが、なんでも待つのが嫌いでじっとしていられないような雰囲気を出すので、嫌われてしまうのです。

4. 味にうるさいところがある

味にうるさいところがある

これも人それぞれですが、関西の人たちは味に敏感であり口うるさいところがあり、関東のしょうゆだけで味付けしたようなうどんなどはまずいといったり、うまくないというようなことをはっきり言ったりすることがあります。

味付けや出しの取り方といったことに関してある程度のこだわりがあり、それが口うるさく聞こえてしまうので関西人嫌いとなってしまいます。

お好み焼きやたこ焼きに過度にこだわりがあり、自分が最も上手くお好みや気を作れると自負しているところとかも、偉ぶっておりちょっと苦手と感じてしまうでしょう。

5. 何でもネタにしてしまうところ

何でもネタにしてしまうところ

人の気にしていることなどセンチな部分のことも平気でネタにしてしまうところがあるのが関西人であり、ある意味デリカシーがないと思われるかもしれません。

本人が気にしていることを話題にして面白おかしく話すので、相手の気持ちを考えていないと思われてしまうところがあります。

笑いを取りたい、その場を盛り上げたいという気持ちなのかもしれませんが、あまりに突っ込んだ話題であり、その人を傷つけるような内容のネタを言う関西人はやっぱり嫌いとなってしまいます。

6. 自分のスタイルを変えない

自分のスタイルを変えない

関西人が別のエリアに住んでもその土地の習慣などに合わせようとしないところがあります。

標準的な日本語を話すことができるのに、わざと関西弁で話して自分が関西人であることを明らかにしようとしたり、関西弁を止めようという気持ちがないし、関西ではこうだったからという感じで生活習慣でもそれをその地域に合わせるのではなく、相手が変わった方がいいのではないかというような態度を示したりするところがあります。

関西が一番だという考えが根底にあり、実は器の小さな人間であることが嫌いなのです。

7. もてなし上手だが裏がある

もてなし上手だが裏がある

人を楽しませるのが得意であり、お客をおもてなししたりすることがとても上手な関西人ですが、それをする動機というのが裏があったりしますし、表向き相手を持ち上げるものの、それは本心ではないことがあり、そんな裏表が見えてしまうときというのは関西人嫌いとなってしまいます。

悪だくみとかずるさがなくて心から親切にし相手を喜ばせようとしているのであれば良いのですが、そうではなく陰口を言っていたり、それをすることで見返りを求めているようなところがあると、そんな姿は寂しく見えてしまうことでしょう。

まとめ

関西人が嫌いな人というのはある程度いて、そうした人たちが関西人を嫌いなのは、関西弁やズゲズゲと喋ったりすることや内輪だけで盛り上がって楽しむような習慣があったり、関西一番で関東嫌いというような態度を取ることやお金にうるさいところなどがあるのかもしれません。

それらは関西の特定の人たちに多い傾向であり、大部分の人たちがそうであるということではありませんが、そうした人を見ると関西人嫌いという自分の持つイメージを結びつけて考えてしまうところがあります。

とはいえ関西の人たちの仕事への姿勢やおもてなし上手なところ、盛り上げるのが上手いなどメリットもたくさん持っています。

uここから-->

関西の人たちはなにかと関東を意識することが多いようですが、関西人が嫌いな人たちもそれなりにいるようです。

そんな人たちが関西人を嫌いになる理由について7つの点を調べてみましょう。


お金にケチでうるさいがところがある

関西の人たちというのは、お金使いに関してかなりシビアなところがあり、少しでも安く購入できることを自慢したがる傾向にあります。

高いとか安いということに関してはこだわりがあり、それがあからさまなので、そのような態度が苦手と感じるのです。

このできるだけ安く買いたいという気持ちは誰でも同じですが、お店の人に値切ったり、しつこいまでにお店の人を困らせようとする態度というのは、関西人嫌いというイメージを強くしてしまうでしょう。

関西弁

なんでも言いたいことを言っているように聞こえる関西弁が嫌いは人たちはある程度いることでしょう。

ボケたり突っ込んだりするのを見ている分には楽しいものの、いざ自分が誰かから突っ込まれて、アホとか言われるとかなり傷ついたと感じるかもしれません。

相手を叩いたりすることも普通のことである関西弁の話し方や態度はちょっと苦手であり、嫌いと感じるかもしれません。

せっかちなところ

関西人は待たされるのがとても嫌いなところがあります。

そうした風潮が強いのでお店ではお客を待たせるということができるだけないようにスピーディな動きをしていることは少なくありません。

レストランで待たされると我慢ができなくなって、注文をしたのにキャンセルしたり、ちょっとスタッフが間違えるとすぐにキレたりというせっかちが部分は関西人嫌いとなってしまいます。

もちろんすべての人がそうではありませんが、なんでも待つのが嫌いでじっとしていられないような雰囲気を出すので、嫌われてしまうのです。

味にうるさいところがある

これも人それぞれですが、関西の人たちは味に敏感であり口うるさいところがあり、関東のしょうゆだけで味付けしたようなうどんなどはまずいといったり、うまくないというようなことをはっきり言ったりすることがあります。

味付けや出しの取り方といったことに関してある程度のこだわりがあり、それが口うるさく聞こえてしまうので関西人嫌いとなってしまいます。

お好み焼きやたこ焼きに過度にこだわりがあり、自分が最も上手くお好みや気を作れると自負しているところとかも、偉ぶっておりちょっと苦手と感じてしまうでしょう。

何でもネタにしてしまうところ

人の気にしていることなどセンチな部分のことも平気でネタにしてしまうところがあるのが関西人であり、ある意味デリカシーがないと思われるかもしれません。

本人が気にしていることを話題にして面白おかしく話すので、相手の気持ちを考えていないと思われてしまうところがあります。

笑いを取りたい、その場を盛り上げたいという気持ちなのかもしれませんが、あまりに突っ込んだ話題であり、その人を傷つけるような内容のネタを言う関西人はやっぱり嫌いとなってしまいます。

自分のスタイルを変えない

関西人が別のエリアに住んでもその土地の習慣などに合わせようとしないところがあります。

標準的な日本語を話すことができるのに、わざと関西弁で話して自分が関西人であることを明らかにしようとしたり、関西弁を止めようという気持ちがないし、関西ではこうだったからという感じで生活習慣でもそれをその地域に合わせるのではなく、相手が変わった方がいいのではないかというような態度を示したりするところがあります。

関西が一番だという考えが根底にあり、実は器の小さな人間であることが嫌いなのです。

もてなし上手だが裏がある

人を楽しませるのが得意であり、お客をおもてなししたりすることがとても上手な関西人ですが、それをする動機というのが裏があったりしますし、表向き相手を持ち上げるものの、それは本心ではないことがあり、そんな裏表が見えてしまうときというのは関西人嫌いとなってしまいます。

悪だくみとかずるさがなくて心から親切にし相手を喜ばせようとしているのであれば良いのですが、そうではなく陰口を言っていたり、それをすることで見返りを求めているようなところがあると、そんな姿は寂しく見えてしまうことでしょう。

関西人が嫌いな人というのはある程度いて、そうした人たちが関西人を嫌いなのは、関西弁やズゲズゲと喋ったりすることや内輪だけで盛り上がって楽しむような習慣があったり、関西一番で関東嫌いというような態度を取ることやお金にうるさいところなどがあるのかもしれません。

それらは関西の特定の人たちに多い傾向であり、大部分の人たちがそうであるということではありませんが、そうした人を見ると関西人嫌いという自分の持つイメージを結びつけて考えてしまうところがあります。

とはいえ関西の人たちの仕事への姿勢やおもてなし上手なところ、盛り上げるのが上手いなどメリットもたくさん持っています。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-