【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171221162011.html
稼いでるのに貧乏アピールする人の心理

稼いでるのに貧乏アピールする人の心理 | LADYCO

LADYCO
稼いでるのに貧乏アピールする人の心理

本当に低所得で困っている人が貧乏アピールするならば分かりますが、稼いでいるのに貧乏アピールをしている人を見るとムッと来てしまうことはありませんか?

そんな貧乏アピールをしてしまう稼いでいる心理はどんなものが隠されているのでしょうか。

  • 本当に自分は所得が低いと思っている
  • 本当に貧乏だから
  • 謙遜している
  • 優越感に浸りたい気持ちがある
  • 給料に満足していない
  • ネガティブ思考
  • まとめ

1. 本当に自分は所得が低いと思っている

本当に自分は所得が低いと思っている

貧乏アピールは嫌味でもなんでもなく、他の人から見たら充分稼いでいるように見えても本人にとっては少ないと感じることがあります。

実際にいくら稼いだら高所得・低所得という基準は人によって違います。

例えば都会の人は時給が1000円くらいで働いているのに「少ない」と言いますが、田舎の人から見ると時給1000円というのは中々高く感じることがあります。

自分よりも更に所得の高い人のことを知っていたりすると自分が平均より稼げていたとしても貧乏だと思い込んでしまって自分は貧乏であるとアピールをしてしまうのです。

このようなタイプの人には自分よりも所得の低い人は全く目に入っていない状態です。

2. 本当に貧乏だから

本当に貧乏だから

所得が高い仕事をしているはずなのに本当に貧乏な人は沢山います。

ブランド物が大好きな人や旅行が好きであっちこっちに旅行に行く人、飲み屋や外食などを沢山する人などは、沢山お金を使うのでどんなに稼いでいても使う金額が大きいので本当に貧乏になってしまいます。

家賃の高い物件に住んでいる人の中にもそのような人はいます。

所得が平均よりも高くても貧乏にならない程度の家賃の家に住まなければ出て行くお金が多いです。

このような人は悪気があって貧乏アピールをしているわけではありません。

よくテレビで特集される大家族の人達も母は専業主婦で父親だけが働きに出ているなら相当稼いでいると思われますが、家族が沢山いることで貧乏になってしまいますよね。

3. 謙遜している

謙遜している

日本人は優しい心を持っている人が多いので、本当は自分は稼いでいることを自覚しているけど謙遜して「全然稼いでないよー」とアピールをする人がいます。

いっぱい稼いでていいねと褒められたとしても「凄いでしょ?」と自慢することはないパターンです。

本当は稼いでいるのにお金を持っていることをアピールしたら自慢しているように捉えられてしまうだろうと思って相手に遠慮しているつもりなのですが、それが逆に聞いている方は嫌味に感じてしまったりするのです。

もし稼いでることを褒められたら否定はせずに「頑張りましたからね」などと言うようにしましょう。

4. 優越感に浸りたい気持ちがある

優越感に浸りたい気持ちがある

実際に稼いでいない人がアピールするのと稼げているのにアピールする貧乏は全く別物です。

沢山稼いでいるのに貧乏アピールをしてしまう人は、気持ちの何処かに優越感に浸りたいという気持ちが隠されているのです。

勿論全ての稼ぐ貧乏アピールをする人がそうではありませんが、多くの人はそうです。

芸能人なんかをテレビで見ていてもそうですよね。

沢山稼いでいるはずなのに「大したことないですよ」と言う人がいますが凄く顔がニヤニヤしています。

言葉では貧乏だよ、稼げてないよと言いつつも心の中では自分は凄いだろう?という気持ちでアピールしているのです。

5. 給料に満足していない

給料に満足していない

人が羨ましいと思う程の給料を稼いでいても貧乏アピールをして来る人の中には、給料に満足していないから貧乏だと言ってしまう人もいます。

周りの知り合いが稼いでいる人が多いと、どうしても自分は稼げていない方だと感じてしまいます。

そのような人は自分よりも所得が低い人に会った時でも自分は貧乏であるとついアピールしてしまう悪い癖があります。

良い稼ぎを得ているのにもかかわらずそれでも自分の給料が少ないと思っている人は、仮に所得が上がったとしてもそれでも更に上を目指して貧乏だとアピールする傾向もあります。

6. ネガティブ思考

ネガティブ思考

稼いでいるのに貧乏アピールをしてしまう人はどちらかと言うとネガティブ思考の人が多いです。

稼いでいるならば堂々としてて良いのですが、上記でも既に説明しましたように周りに稼いでいる人がいたりすると自分の給料なんて大したことないと思ってしまうことがあります。

ポジティブな人はあるお金を大切に思いますが、ネガティブな人はそうは思いません。

例えば部屋から1000円札が見つかった時、1000円を発見してラッキーと思う人はポジティブですが、たった1000円かぁとため息を付く人はネガティブです。

後者のタイプはお金に感謝をすることも出来ないので稼いでいるのに貧乏だと人にアピールしてしまいがちです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

稼いでいるのに貧乏アピールをする人の心理というちょっと厄介な人のテーマでしたが、そのような人は周りにいませんか?

貧乏アピールをしてしまう人はあるものに感謝をする気持ちが少し欠けてしまっているようです。

日本は貧困化が問題になっており、稼ぎたくても思うように稼げず苦しい生活をしている人も沢山います。

そのような人もいるのですから平均以上は稼いでいるのでしたら貧乏アピールは控えるべきです。

本当に低所得で困っている人が貧乏アピールするならば分かりますが、稼いでいるのに貧乏アピールをしている人を見るとムッと来てしまうことはありませんか?

そんな貧乏アピールをしてしまう稼いでいる心理はどんなものが隠されているのでしょうか。


本当に自分は所得が低いと思っている

貧乏アピールは嫌味でもなんでもなく、他の人から見たら充分稼いでいるように見えても本人にとっては少ないと感じることがあります。

実際にいくら稼いだら高所得・低所得という基準は人によって違います。

例えば都会の人は時給が1000円くらいで働いているのに「少ない」と言いますが、田舎の人から見ると時給1000円というのは中々高く感じることがあります。

自分よりも更に所得の高い人のことを知っていたりすると自分が平均より稼げていたとしても貧乏だと思い込んでしまって自分は貧乏であるとアピールをしてしまうのです。

このようなタイプの人には自分よりも所得の低い人は全く目に入っていない状態です。

本当に貧乏だから

所得が高い仕事をしているはずなのに本当に貧乏な人は沢山います。

ブランド物が大好きな人や旅行が好きであっちこっちに旅行に行く人、飲み屋や外食などを沢山する人などは、沢山お金を使うのでどんなに稼いでいても使う金額が大きいので本当に貧乏になってしまいます。

家賃の高い物件に住んでいる人の中にもそのような人はいます。

所得が平均よりも高くても貧乏にならない程度の家賃の家に住まなければ出て行くお金が多いです。

このような人は悪気があって貧乏アピールをしているわけではありません。

よくテレビで特集される大家族の人達も母は専業主婦で父親だけが働きに出ているなら相当稼いでいると思われますが、家族が沢山いることで貧乏になってしまいますよね。

謙遜している

日本人は優しい心を持っている人が多いので、本当は自分は稼いでいることを自覚しているけど謙遜して「全然稼いでないよー」とアピールをする人がいます。

いっぱい稼いでていいねと褒められたとしても「凄いでしょ?」と自慢することはないパターンです。

本当は稼いでいるのにお金を持っていることをアピールしたら自慢しているように捉えられてしまうだろうと思って相手に遠慮しているつもりなのですが、それが逆に聞いている方は嫌味に感じてしまったりするのです。

もし稼いでることを褒められたら否定はせずに「頑張りましたからね」などと言うようにしましょう。

優越感に浸りたい気持ちがある

実際に稼いでいない人がアピールするのと稼げているのにアピールする貧乏は全く別物です。

沢山稼いでいるのに貧乏アピールをしてしまう人は、気持ちの何処かに優越感に浸りたいという気持ちが隠されているのです。

勿論全ての稼ぐ貧乏アピールをする人がそうではありませんが、多くの人はそうです。

芸能人なんかをテレビで見ていてもそうですよね。

沢山稼いでいるはずなのに「大したことないですよ」と言う人がいますが凄く顔がニヤニヤしています。

言葉では貧乏だよ、稼げてないよと言いつつも心の中では自分は凄いだろう?という気持ちでアピールしているのです。

給料に満足していない

人が羨ましいと思う程の給料を稼いでいても貧乏アピールをして来る人の中には、給料に満足していないから貧乏だと言ってしまう人もいます。

周りの知り合いが稼いでいる人が多いと、どうしても自分は稼げていない方だと感じてしまいます。

そのような人は自分よりも所得が低い人に会った時でも自分は貧乏であるとついアピールしてしまう悪い癖があります。

良い稼ぎを得ているのにもかかわらずそれでも自分の給料が少ないと思っている人は、仮に所得が上がったとしてもそれでも更に上を目指して貧乏だとアピールする傾向もあります。

ネガティブ思考

稼いでいるのに貧乏アピールをしてしまう人はどちらかと言うとネガティブ思考の人が多いです。

稼いでいるならば堂々としてて良いのですが、上記でも既に説明しましたように周りに稼いでいる人がいたりすると自分の給料なんて大したことないと思ってしまうことがあります。

ポジティブな人はあるお金を大切に思いますが、ネガティブな人はそうは思いません。

例えば部屋から1000円札が見つかった時、1000円を発見してラッキーと思う人はポジティブですが、たった1000円かぁとため息を付く人はネガティブです。

後者のタイプはお金に感謝をすることも出来ないので稼いでいるのに貧乏だと人にアピールしてしまいがちです。

いかがでしたでしょうか。

稼いでいるのに貧乏アピールをする人の心理というちょっと厄介な人のテーマでしたが、そのような人は周りにいませんか?

貧乏アピールをしてしまう人はあるものに感謝をする気持ちが少し欠けてしまっているようです。

日本は貧困化が問題になっており、稼ぎたくても思うように稼げず苦しい生活をしている人も沢山います。

そのような人もいるのですから平均以上は稼いでいるのでしたら貧乏アピールは控えるべきです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-