【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171221161913.html
フラッシュモブが嫌いな人の心理

フラッシュモブが嫌いな人の心理 | LADYCO

LADYCO
フラッシュモブが嫌いな人の心理

プロポーズや結婚式で話題になったのが突然踊り出してその場を盛り上げるサプライズ、フラッシュモブです。

メディアで取り上げられたことにより人気が出たものの、賛否両論です。

フラッシュモブが嫌いな人の心理を色々な視点で考えていきましょう。

  • 目立つのが恥ずかしい
  • 地味な方が良い
  • 相手の自己満足なのではないか
  • 迷惑を掛けている
  • 雰囲気が乱れるから
  • サプライズ自体が嫌い
  • まとめ

1. 目立つのが恥ずかしい

目立つのが恥ずかしい

フラッシュモブをされることが嫌いな人、自分がするのが嫌いな人は両方とも目立つのが嫌いという共通点があります。

特に街中で突然踊りだすタイプのやり方は道行く人達からも注目を浴びてしまうことになります。

練習に時間を削ってまで目立つことをするなんてありえないと思っています。

これがプロのストリートパフォーマンスならば格好良いと思うかも知れませんが、公然の場でサプライズを目立つように行うなんて恥ずかしいと考えています。

逆に好きな人の場合し見知らぬ人からもお祝いの場に立ち会って貰えて嬉しいというポジティブな気持ちになりますが、嫌いな人から見たら一刻も早くこの場から去りたいのです。

2. 地味な方が良い

地味な方が良い

派手婚・地味婚とかよく言いますが一時期派手婚は減ったとも言われていますが最近また派手婚を挙げるカップルも増えて来ているようです。

そこでも定番になっているのがこのフラッシュモブなのですが、本人は地味婚を考えていたのに突然そんなことをされてしまうと戸惑ってしまうのです。

結婚式というのは人生で一度だけの大イベントです。

新郎新婦が作るものであり参列者が作るものではありません。

過去に話題になった話ですが、結婚式でフラッシュモブは絶対やらないでと日頃からアピールしていたのにやられてしまって泣き出してしまった新婦もいた程です。

3. 相手の自己満足なのではないか

相手の自己満足なのではないか

フラッシュモブはサプライズのお祝いですが、嫌いな人の心理としては自分のことをお祝いしたい、盛り上げたいというよりも自分がパフォーマンスを楽しみたい自己満足なのではないかと思っている人もいます。

本当に心から喜ばせたくてやっている人達もいますが、やはりフラッシュモブをするのが好きな人達は「私達がこんなに盛り上げてるんだよ」と自分の行いが良いことと思って少し自分に酔っている部分もあります。

こんなサプライズが出来る自分って格好良いと思っているのではないかと深読みしてしまい嫌いだという人がいます。

4. 迷惑を掛けている

迷惑を掛けている

結婚式場などを貸しきって行うフラッシュモブならともかく街中で行うフラッシュモブはもっと嫌いという人もいます。

その理由は突然沢山の人が群がって踊りだすせいで他の通行人の邪魔になっているからです。

フラッシュモブを行う際にわざわざ通行規制を行ったりすることはありません。

興味があって見る人もいるかも知れませんが、急いでいる人の立場からしてみれば邪魔なのです。

他にもフラッシュモブをするのが嫌な人の視点ですと、練習する時間などが削られたくないと思っていたりすることがあります。

5. 雰囲気が乱れるから

雰囲気が乱れるから

目立つのが嫌だからという話を書きましたが、プロポーズや愛の告白をされている姿を女性の場合は特に他の人に見られたくないものです。

もし答えがOKの場合、その後の余韻が沢山の人が集まって来てダンスなんかされたら台無しになってしまいます。

フラッシュモブはその場の雰囲気をぶち壊しにしてしまうことも時にはあるのです。

サプライズの為にフラッシュモブをするとは言っても、相手の答えが必ずOKとは限りません。

プロポーズをしようとフラッシュモブをやったのにお断りの返事だったらそれはそれで大勢の前で断らなければならない方も大変ですし、仕掛けた方も恥ずかしい思いをするだけです。

本当にフラッシュモブが嫌いな人ですと、お断りする理由がフラッシュモブをやられたからということだってあります。

6. サプライズ自体が嫌い

サプライズ自体が嫌い

フラッシュモブはサプライズがパワーアップしたバージョンですが、フラッシュモブが嫌いな人の多くにはサプライズ自体が嫌いという心理のある人も少なくありません。

お祝いをして貰えることが嫌いなわけではなく、何も心の準備が出来ていない状態で何かが起きるということが嫌なのです。

サプライズの内容によっては反応に困ることもあると思います。

急に知らない人達まで踊り出しても唖然とするばかりで嬉しいという感情も忘れてしまいます。

フラッシュモブやサプライズの類は相手には全く知らせずに行うものですから、相手が忙しい時などにやってしまうとますます嫌いになってしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

フラッシュモブが嫌いな人の心理を色々な角度からご紹介しました。

好きな人にとっては理解出来ない話かも知れませんが、嫌いな人にとっては怒りたくなるくらい嫌だと感じる人もいるのでフラッショモブをされたくない人は日頃から絶対にされたくないということを周囲にアピールし続けることも大事ではないでしょうか。

参加するのが嫌いな人も無理せずはっきり断るようにしましょう。

プロポーズや結婚式で話題になったのが突然踊り出してその場を盛り上げるサプライズ、フラッシュモブです。

メディアで取り上げられたことにより人気が出たものの、賛否両論です。

フラッシュモブが嫌いな人の心理を色々な視点で考えていきましょう。


目立つのが恥ずかしい

フラッシュモブをされることが嫌いな人、自分がするのが嫌いな人は両方とも目立つのが嫌いという共通点があります。

特に街中で突然踊りだすタイプのやり方は道行く人達からも注目を浴びてしまうことになります。

練習に時間を削ってまで目立つことをするなんてありえないと思っています。

これがプロのストリートパフォーマンスならば格好良いと思うかも知れませんが、公然の場でサプライズを目立つように行うなんて恥ずかしいと考えています。

逆に好きな人の場合し見知らぬ人からもお祝いの場に立ち会って貰えて嬉しいというポジティブな気持ちになりますが、嫌いな人から見たら一刻も早くこの場から去りたいのです。

地味な方が良い

派手婚・地味婚とかよく言いますが一時期派手婚は減ったとも言われていますが最近また派手婚を挙げるカップルも増えて来ているようです。

そこでも定番になっているのがこのフラッシュモブなのですが、本人は地味婚を考えていたのに突然そんなことをされてしまうと戸惑ってしまうのです。

結婚式というのは人生で一度だけの大イベントです。

新郎新婦が作るものであり参列者が作るものではありません。

過去に話題になった話ですが、結婚式でフラッシュモブは絶対やらないでと日頃からアピールしていたのにやられてしまって泣き出してしまった新婦もいた程です。

相手の自己満足なのではないか

フラッシュモブはサプライズのお祝いですが、嫌いな人の心理としては自分のことをお祝いしたい、盛り上げたいというよりも自分がパフォーマンスを楽しみたい自己満足なのではないかと思っている人もいます。

本当に心から喜ばせたくてやっている人達もいますが、やはりフラッシュモブをするのが好きな人達は「私達がこんなに盛り上げてるんだよ」と自分の行いが良いことと思って少し自分に酔っている部分もあります。

こんなサプライズが出来る自分って格好良いと思っているのではないかと深読みしてしまい嫌いだという人がいます。

迷惑を掛けている

結婚式場などを貸しきって行うフラッシュモブならともかく街中で行うフラッシュモブはもっと嫌いという人もいます。

その理由は突然沢山の人が群がって踊りだすせいで他の通行人の邪魔になっているからです。

フラッシュモブを行う際にわざわざ通行規制を行ったりすることはありません。

興味があって見る人もいるかも知れませんが、急いでいる人の立場からしてみれば邪魔なのです。

他にもフラッシュモブをするのが嫌な人の視点ですと、練習する時間などが削られたくないと思っていたりすることがあります。

雰囲気が乱れるから

目立つのが嫌だからという話を書きましたが、プロポーズや愛の告白をされている姿を女性の場合は特に他の人に見られたくないものです。

もし答えがOKの場合、その後の余韻が沢山の人が集まって来てダンスなんかされたら台無しになってしまいます。

フラッシュモブはその場の雰囲気をぶち壊しにしてしまうことも時にはあるのです。

サプライズの為にフラッシュモブをするとは言っても、相手の答えが必ずOKとは限りません。

プロポーズをしようとフラッシュモブをやったのにお断りの返事だったらそれはそれで大勢の前で断らなければならない方も大変ですし、仕掛けた方も恥ずかしい思いをするだけです。

本当にフラッシュモブが嫌いな人ですと、お断りする理由がフラッシュモブをやられたからということだってあります。

サプライズ自体が嫌い

フラッシュモブはサプライズがパワーアップしたバージョンですが、フラッシュモブが嫌いな人の多くにはサプライズ自体が嫌いという心理のある人も少なくありません。

お祝いをして貰えることが嫌いなわけではなく、何も心の準備が出来ていない状態で何かが起きるということが嫌なのです。

サプライズの内容によっては反応に困ることもあると思います。

急に知らない人達まで踊り出しても唖然とするばかりで嬉しいという感情も忘れてしまいます。

フラッシュモブやサプライズの類は相手には全く知らせずに行うものですから、相手が忙しい時などにやってしまうとますます嫌いになってしまいます。

いかがでしたでしょうか。

フラッシュモブが嫌いな人の心理を色々な角度からご紹介しました。

好きな人にとっては理解出来ない話かも知れませんが、嫌いな人にとっては怒りたくなるくらい嫌だと感じる人もいるのでフラッショモブをされたくない人は日頃から絶対にされたくないということを周囲にアピールし続けることも大事ではないでしょうか。

参加するのが嫌いな人も無理せずはっきり断るようにしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-