【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171221161732.html
ゲームに負けると怒りだす人の心理

ゲームに負けると怒りだす人の心理 | LADYCO

LADYCO
ゲームに負けると怒りだす人の心理

対戦ゲームなどをするとけんかに発展するといった光景をゲームセンターで何度か見たことがあります。

これは珍しいことではなく、ゲームで負けると相手から嫌がらせをされたりすることがあります。

そのような人たちはいったい何を考えているのでしょうか。

  • 勝負事なら何でも負けたくないと思っている
  • もともと細かいことにイライラする性格の人
  • 感情表現が苦手なので強く相手にあたってしまう
  • いじめられたと思い込んでいる
  • 自分が自信のあるゲームで負けて腹が立っている
  • 実力が反映されないゲームでイライラしている
  • 勝てるはずもないゲームをひたすらやらされている
  • まとめ

1. 勝負事なら何でも負けたくないと思っている

勝負事なら何でも負けたくないと思っている。<br><br>

ゲームに限らず色々なことで真剣になることができる人たちです。

たかが遊びだからと言って手を抜くことはなく、本気で相手に勝負を挑みます。

だから相手に負けそうになったり妨害をされたりするとイライラし、負けてしまうと不機嫌になってしまうのです。

このような人たちはどんな小さいミニゲームなどでも手を抜かず、初心者にも容赦することはありません。

2. もともと細かいことにイライラする性格の人

もともと細かいことにイライラする性格の人

普段の生活においても細かいことで毎日イライラしている人もゲームで負けたときにイライラすることが多いです。

例えば、運転で曲がる場所を間違えることでイライラしたり荷物の整理などできれいに整えた本が崩れたりしてもイライラしているような人達はゲームのような細かいことにもイライラしてしまいます。

そのため、できるだけストレスのたまらないゲームで一緒に遊ぶか、うまいこと相手を勝たせるようにゲームをする必要があります。

3. 感情表現が苦手なので強く相手にあたってしまう

感情表現が苦手なので強く相手にあたってしまう。<br><br>

負けてもそれほど不機嫌にならない人はゲームの勝ち負けにこだわるだけではなく、相手の細かい戦法や行動パターンを見て感心するなどいろいろな場所に視点を移し楽しむことができています。

一方不機嫌になりやすい人はゲームの勝ち負けだけにこだわる結果、視点を色々な所に移すことができずに相手が卑怯だから負けた、コントローラの調子が悪くて負けたなどと言い訳をしたり相手に強く当たってしまいがちです。

このような人はもし自分が勝っても相手を悪く言ってしまうことが多いです。

4. いじめられたと思い込んでいる

いじめられたと思い込んでいる

対戦ゲームなどでよくある行動として、相手を集中狙いして負けにするといった作戦があります。

大勢で対戦しているときに自分がもし集中狙いされたとするといじめられたと思い込んでコントローラを投げてしまう人がいます。

しかしゲームですので色々な戦略があります。

集中狙いはやりすぎであったとしても、特定の人から狙って倒すという作戦は普通のことです。

勝てないとしたらそれはやはり自分の技量も関係してきます。

集中狙いを受けないようにするには自分が上達するしかありません。

もし、不機嫌になりそうな人がいるとするならば、チーム戦にしたり、集中狙いは基本的に禁止などの配慮をするなどみんなが楽しめるように考える必要もあります。

5. 自分が自信のあるゲームで負けて腹が立っている

自分が自信のあるゲームで負けて腹が立っている

ゲームを長年やっていると自分の周りの友達の中では自分が一番このゲームがうまいと思うことがあると思います。

しかし、現在はインターネット環境が整ってきているため対戦ゲームをオンラインでやると大抵の人は自分よりも強い人と出会うことになるわけです。

今までなら簡単に勝つことのできたはずだったのにオンラインなら大差をつけて任されるといったことがよくあるのです。

そこでとてもイライラしてしまい、不機嫌になってしまうのです。

6. 実力が反映されないゲームでイライラしている

実力が反映されないゲームでイライラしている。<br><br>

ゲームにもいろいろあって対戦格闘ゲームや頭脳ゲームではなく、運や対戦相手によって勝者が大きく変わってしまうゲームがあります。

このようなゲームでは普段全くゲームをしない人がいつもゲームをしている人に勝つことが多く起こるので実力のある人たちからすれば普通のゲームなら勝てるのにとイライラしてしまうこともあります。

そしてゲームの素人に煽られてしまうことで自分のプライドが傷つき不機嫌になってしまうのです。

7. 勝てるはずもないゲームをひたすらやらされている

勝てるはずもないゲームをひたすらやらされている

得意なゲームや不得意なゲームは誰にでもあります。

友達同士で対戦するゲームを決めるときにお互いの得意不得意に合ったゲームを必ずしも選べるわけではなく、実力差の大きいゲームで遊ぶことになる場合もあります。

このようなときには勝っている方は楽しくて何度でもやりたくなってしまいますが、負けている方はよほど運がよくない限りは負け続けることになります。

そのために不機嫌になってしまうことがあります。

これに関しては仕方ない部分もあるのでお互いに配慮するべきではないのでしょうか。

まとめ

ゲームで負けた人たちの心理は今例に挙げたもの以外にもたくさんあります。

やはり人間ですので勝ち負けでイライラしたり不機嫌になったりすることも多くあります。

ゲームは楽しむためにあるものなのでみんなが楽しめるように配慮するべきではないでしょうか。

現在のゲームではハンデの調節やアイテムなどにより上手でないとしても勝てるように調節できます。

また、実力主義な部分もありますので楽しみ方を試行錯誤していく必要もあるのではないでしょうか。

対戦ゲームなどをするとけんかに発展するといった光景をゲームセンターで何度か見たことがあります。

これは珍しいことではなく、ゲームで負けると相手から嫌がらせをされたりすることがあります。

そのような人たちはいったい何を考えているのでしょうか。


勝負事なら何でも負けたくないと思っている。<br><br>

ゲームに限らず色々なことで真剣になることができる人たちです。

たかが遊びだからと言って手を抜くことはなく、本気で相手に勝負を挑みます。

だから相手に負けそうになったり妨害をされたりするとイライラし、負けてしまうと不機嫌になってしまうのです。

このような人たちはどんな小さいミニゲームなどでも手を抜かず、初心者にも容赦することはありません。

もともと細かいことにイライラする性格の人

普段の生活においても細かいことで毎日イライラしている人もゲームで負けたときにイライラすることが多いです。

例えば、運転で曲がる場所を間違えることでイライラしたり荷物の整理などできれいに整えた本が崩れたりしてもイライラしているような人達はゲームのような細かいことにもイライラしてしまいます。

そのため、できるだけストレスのたまらないゲームで一緒に遊ぶか、うまいこと相手を勝たせるようにゲームをする必要があります。

感情表現が苦手なので強く相手にあたってしまう。<br><br>

負けてもそれほど不機嫌にならない人はゲームの勝ち負けにこだわるだけではなく、相手の細かい戦法や行動パターンを見て感心するなどいろいろな場所に視点を移し楽しむことができています。

一方不機嫌になりやすい人はゲームの勝ち負けだけにこだわる結果、視点を色々な所に移すことができずに相手が卑怯だから負けた、コントローラの調子が悪くて負けたなどと言い訳をしたり相手に強く当たってしまいがちです。

このような人はもし自分が勝っても相手を悪く言ってしまうことが多いです。

いじめられたと思い込んでいる

対戦ゲームなどでよくある行動として、相手を集中狙いして負けにするといった作戦があります。

大勢で対戦しているときに自分がもし集中狙いされたとするといじめられたと思い込んでコントローラを投げてしまう人がいます。

しかしゲームですので色々な戦略があります。

集中狙いはやりすぎであったとしても、特定の人から狙って倒すという作戦は普通のことです。

勝てないとしたらそれはやはり自分の技量も関係してきます。

集中狙いを受けないようにするには自分が上達するしかありません。

もし、不機嫌になりそうな人がいるとするならば、チーム戦にしたり、集中狙いは基本的に禁止などの配慮をするなどみんなが楽しめるように考える必要もあります。

自分が自信のあるゲームで負けて腹が立っている

ゲームを長年やっていると自分の周りの友達の中では自分が一番このゲームがうまいと思うことがあると思います。

しかし、現在はインターネット環境が整ってきているため対戦ゲームをオンラインでやると大抵の人は自分よりも強い人と出会うことになるわけです。

今までなら簡単に勝つことのできたはずだったのにオンラインなら大差をつけて任されるといったことがよくあるのです。

そこでとてもイライラしてしまい、不機嫌になってしまうのです。

実力が反映されないゲームでイライラしている。<br><br>

ゲームにもいろいろあって対戦格闘ゲームや頭脳ゲームではなく、運や対戦相手によって勝者が大きく変わってしまうゲームがあります。

このようなゲームでは普段全くゲームをしない人がいつもゲームをしている人に勝つことが多く起こるので実力のある人たちからすれば普通のゲームなら勝てるのにとイライラしてしまうこともあります。

そしてゲームの素人に煽られてしまうことで自分のプライドが傷つき不機嫌になってしまうのです。

勝てるはずもないゲームをひたすらやらされている

得意なゲームや不得意なゲームは誰にでもあります。

友達同士で対戦するゲームを決めるときにお互いの得意不得意に合ったゲームを必ずしも選べるわけではなく、実力差の大きいゲームで遊ぶことになる場合もあります。

このようなときには勝っている方は楽しくて何度でもやりたくなってしまいますが、負けている方はよほど運がよくない限りは負け続けることになります。

そのために不機嫌になってしまうことがあります。

これに関しては仕方ない部分もあるのでお互いに配慮するべきではないのでしょうか。

ゲームで負けた人たちの心理は今例に挙げたもの以外にもたくさんあります。

やはり人間ですので勝ち負けでイライラしたり不機嫌になったりすることも多くあります。

ゲームは楽しむためにあるものなのでみんなが楽しめるように配慮するべきではないでしょうか。

現在のゲームではハンデの調節やアイテムなどにより上手でないとしても勝てるように調節できます。

また、実力主義な部分もありますので楽しみ方を試行錯誤していく必要もあるのではないでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-