【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171219181123.html
赤色が好きな人の深層心理

赤色が好きな人の深層心理 | LADYCO

LADYCO
赤色が好きな人の深層心理

男女年齢問わず、赤が好きな人がいます。

赤が好きな人は、年齢や健康状態などによって色々な深層心理があるのです。

【参考元】赤い服を着る心理・赤い服を好む人の特徴
  • 目立っているから好き
  • 正義感がある
  • 情熱家
  • バイタリティーがある
  • 虚弱体質
  • 暖かいのが好き
  • 幸運が欲しい
  • 母親を求めている
  • 構って欲しい
  • まとめ

1. 目立っているから好き

目立っているから好き

年齢的に若いほど、赤が目にいきやすいから好きという理由に辿りつきます。

日常生活で使われやすい色でもありますし、男女問わず子供服でも赤を取り入れていますので、年齢が小さいほど男女関係なく赤が好きということがあります。

また遠くからでもハッキリと見えることから、目立ちたい人ほど好きになりやすい色でもあります。

2. 正義感がある

正義感がある

赤が好きな人は白黒とハッキリさせたかったり、嘘を付いたり悪いことをする人を極端に嫌になってしまうことがあります。

これは、TVの戦闘ヒーローの服の色で赤が使われており、赤のヒーローは正義感が強いタイプということから、それに憧れている子供も自然と正義感が強くなってきて、自分の基準で良くないことを嫌う傾向になってきます。

年齢的にも小さな子供がこのタイプに当てはまりますが、成長になるにつれ好きな色も変わってきます。

3. 情熱家

情熱家

男女問わず赤が好きな人で、積極性が高いほど情熱タイプでもあります。

何に対しても積極的で行動力があることから、好きな異性がいれば積極的に話しかけたりして異性経験も多いです。

中には、年齢が若いうちに結婚してしまいます。

しかし情熱があるほど、自分の気に入らないことがあれば喧嘩する回数も多くなり、離婚問題へと発展してしまいます。

赤が好きで積極的なほど恋愛経験も豊富なので、結婚相手としては慎重に見てからにしましょう。

4. バイタリティーがある

バイタリティーがある

元々行動力がある人だけではなく、元気よくハツラツと生活したいと願っている人も、元気なイメージがある赤を選ぶこともあります。

年齢的には中高年以降の年代が多く、赤を身に付けることによって意識的に健康が得られると錯覚し、体を動かそうと意欲的になってきます。

東京の巣鴨の洋服店の中には赤い下着を扱っている所もありますし、全国的に同じような下着も流通しています。

その為、赤を好きな人の中には元気になりたいという心理も持っています。

5. 虚弱体質

虚弱体質

虚弱体質の人は見た目が弱いだけではなく、血の巡りも滞りがちなために、冷えから守るために赤を好んで着ることもあります。

また見た目の体型が細いと、虚弱体質な印象も強いです。

そこで青や緑など落ち着いた色を好みますと、見た目や性格的な良い印象が半減することもあります。

その為、あえて赤を選ぶことにって、見た目のイメージを抑えて悪い印象を与えさせないようにしています。

6. 暖かいのが好き

暖かいのが好き

赤が好きな人の中には、暖かい雰囲気だから好きという理由があります。

視覚的な効果で赤には暖かいイメージを持ち、冬は気候が寒いからとくに赤を好んで身に付けることもあります。

この他には食べ物のパッケージ、カーテンなどの部屋のインテリアも赤が増えています。

身に付けたり目の前におくことで、視覚効果によって自然と体も温まり、体の冷えを少なくする効果にも役立っているのです。

そのことから寒いほど、暖かさを求めるために赤が好きになってくる人も増えてきます。

7. 幸運が欲しい

幸運が欲しい

縁起が良い色として、金やシルバーや白やピンクなど色々とあります。

その中に赤も含まれていることから、自分の元に縁起が良くなるようにと身に付けることもあります。

縁起が良いこととはの具体的な例を上げますと、一番分かりやすいのが紅白や赤ちゃんのイメージが赤でもあることから、結婚やお祝いや子宝としても使われています。

その為に、少しでも良くないことが続きますと、今まで好んでいた色のものを手放して赤のものを積極的に身に付けます。

幸運が欲しい人の中には赤を好むこともありますので、持ち物を観察しますと分かりやすいです。

8. 母親を求めている

母親を求めている

人間は一番最初に母親のお腹の中で成長して、約10か月経ったら外の世界へと出てきます。

母親のお腹の中は赤に近いイメージがあることから、赤が好きな人の中にはマザコンも含まれています。

その為に自分が赤を選んで身に付けるのではなく、母親や彼女など母性を求めている人に対して身に付けさせたがります。

彼氏からのプレゼントの中に赤が多かったら、母性を求めていると感じ取ることもできますので、交際相手としての判断基準にもなります。

9. 構って欲しい

構って欲しい

赤を着ている人の中には、自分が目立っていることを自覚していることもあって、他の人から見て欲しい声を掛けて欲しいという構ってちゃんがいます。

そういう人は性格的に寂しがり屋という印象を持たれますが、本人自体は人間関係に不満を持っていないのでそこまでの自覚がないです。

それでも目立ちたい声を掛けて欲しいという願望が強く、知らない人からも声を掛けられると願望が満たされて、もっともっとと強い要望が出てきます。

その為、第三者から見れば構って欲しい人という感じで見られます。

まとめ

個々で好きな色や似合う色がありますが、人生経験や年齢によって好みの色も変わってくるようになってきます。

赤が好きという人もいますが、単純にこの色が好きという人は少なくて、自身の性格や願い事によって取り入れることもあります。

男女年齢問わず、赤が好きな人がいます。

赤が好きな人は、年齢や健康状態などによって色々な深層心理があるのです。

【参考元】赤い服を着る心理・赤い服を好む人の特徴

目立っているから好き

年齢的に若いほど、赤が目にいきやすいから好きという理由に辿りつきます。

日常生活で使われやすい色でもありますし、男女問わず子供服でも赤を取り入れていますので、年齢が小さいほど男女関係なく赤が好きということがあります。

また遠くからでもハッキリと見えることから、目立ちたい人ほど好きになりやすい色でもあります。

正義感がある

赤が好きな人は白黒とハッキリさせたかったり、嘘を付いたり悪いことをする人を極端に嫌になってしまうことがあります。

これは、TVの戦闘ヒーローの服の色で赤が使われており、赤のヒーローは正義感が強いタイプということから、それに憧れている子供も自然と正義感が強くなってきて、自分の基準で良くないことを嫌う傾向になってきます。

年齢的にも小さな子供がこのタイプに当てはまりますが、成長になるにつれ好きな色も変わってきます。

情熱家

男女問わず赤が好きな人で、積極性が高いほど情熱タイプでもあります。

何に対しても積極的で行動力があることから、好きな異性がいれば積極的に話しかけたりして異性経験も多いです。

中には、年齢が若いうちに結婚してしまいます。

しかし情熱があるほど、自分の気に入らないことがあれば喧嘩する回数も多くなり、離婚問題へと発展してしまいます。

赤が好きで積極的なほど恋愛経験も豊富なので、結婚相手としては慎重に見てからにしましょう。

バイタリティーがある

元々行動力がある人だけではなく、元気よくハツラツと生活したいと願っている人も、元気なイメージがある赤を選ぶこともあります。

年齢的には中高年以降の年代が多く、赤を身に付けることによって意識的に健康が得られると錯覚し、体を動かそうと意欲的になってきます。

東京の巣鴨の洋服店の中には赤い下着を扱っている所もありますし、全国的に同じような下着も流通しています。

その為、赤を好きな人の中には元気になりたいという心理も持っています。

虚弱体質

虚弱体質の人は見た目が弱いだけではなく、血の巡りも滞りがちなために、冷えから守るために赤を好んで着ることもあります。

また見た目の体型が細いと、虚弱体質な印象も強いです。

そこで青や緑など落ち着いた色を好みますと、見た目や性格的な良い印象が半減することもあります。

その為、あえて赤を選ぶことにって、見た目のイメージを抑えて悪い印象を与えさせないようにしています。

暖かいのが好き

赤が好きな人の中には、暖かい雰囲気だから好きという理由があります。

視覚的な効果で赤には暖かいイメージを持ち、冬は気候が寒いからとくに赤を好んで身に付けることもあります。

この他には食べ物のパッケージ、カーテンなどの部屋のインテリアも赤が増えています。

身に付けたり目の前におくことで、視覚効果によって自然と体も温まり、体の冷えを少なくする効果にも役立っているのです。

そのことから寒いほど、暖かさを求めるために赤が好きになってくる人も増えてきます。

幸運が欲しい

縁起が良い色として、金やシルバーや白やピンクなど色々とあります。

その中に赤も含まれていることから、自分の元に縁起が良くなるようにと身に付けることもあります。

縁起が良いこととはの具体的な例を上げますと、一番分かりやすいのが紅白や赤ちゃんのイメージが赤でもあることから、結婚やお祝いや子宝としても使われています。

その為に、少しでも良くないことが続きますと、今まで好んでいた色のものを手放して赤のものを積極的に身に付けます。

幸運が欲しい人の中には赤を好むこともありますので、持ち物を観察しますと分かりやすいです。

母親を求めている

人間は一番最初に母親のお腹の中で成長して、約10か月経ったら外の世界へと出てきます。

母親のお腹の中は赤に近いイメージがあることから、赤が好きな人の中にはマザコンも含まれています。

その為に自分が赤を選んで身に付けるのではなく、母親や彼女など母性を求めている人に対して身に付けさせたがります。

彼氏からのプレゼントの中に赤が多かったら、母性を求めていると感じ取ることもできますので、交際相手としての判断基準にもなります。

構って欲しい

赤を着ている人の中には、自分が目立っていることを自覚していることもあって、他の人から見て欲しい声を掛けて欲しいという構ってちゃんがいます。

そういう人は性格的に寂しがり屋という印象を持たれますが、本人自体は人間関係に不満を持っていないのでそこまでの自覚がないです。

それでも目立ちたい声を掛けて欲しいという願望が強く、知らない人からも声を掛けられると願望が満たされて、もっともっとと強い要望が出てきます。

その為、第三者から見れば構って欲しい人という感じで見られます。

個々で好きな色や似合う色がありますが、人生経験や年齢によって好みの色も変わってくるようになってきます。

赤が好きという人もいますが、単純にこの色が好きという人は少なくて、自身の性格や願い事によって取り入れることもあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-