【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171219181100.html
初対面でタメ口を使う人の心理

初対面でタメ口を使う人の心理 | LADYCO

LADYCO
初対面でタメ口を使う人の心理

初対面の人に対してはていねいな言葉遣いをするのがふつうでしょう。

ですから、こちらがていねいな言葉で話しているのに、相手がタメ口だと「初対面なのに、どうして?」と疑問を感じるに違いありません。

では、初対面でタメ口を使う人にはどんな心理があるのでしょうか。

  • 相手と親しくなりたいと思っている
  • フレンドリーな自分をアピールしたい
  • ていねいな言葉を使うのは気恥ずかしい
  • 相手より下に見られたくない
  • かたくるしい雰囲気が苦手
  • タメ口を使っているという意識がない
  • まとめ

1. 相手と親しくなりたいと思っている

相手と親しくなりたいと思っている

初対面でタメ口を使う人には、悪気がないケースが少なくありません。

初対面の人にタメ口を使われると、「何か悪い意図があるのではないか」と疑いたくなるものですが、むしろ良い意味で初対面の人にタメ口を使うことがあるのです。

そこには「相手と親しくなりたい」という心理があると考えていいでしょう。

ていねいな言葉を使う場合と、タメ口で話す場合とでは、当然、タメ口のほうが相手との距離感は近くなります。

ていねいな話し方をすればするほど、相手との距離が離れ、よそよそしい関係になるに違いありません。

ですから、「相手と親しくなりたい」という心理を持った場合、「そのためにはタメ口を使ったほうがいい」と考えるケースが出てくるわけです。

2. フレンドリーな自分をアピールしたい

フレンドリーな自分をアピールしたい

言うまでもなく、タメ口はフレンドリーな表現方法です。

ですから、初対面にもかかわらずタメ口を使う人は、「タメ口を使うフレンドリーな自分をアピールしたい」という心理をもっているケースが少なくありません。

話し方や言葉の使い方には、その人の人柄や個性が出るといっていいでしょう。

ていねいな言葉遣いをする人は、やや堅苦しい人柄である傾向がありますが、反対に、ざっくばらんな話し方をする人は、気さくで親しみやすい性格であることが多いのです。

初対面でタメ口を使う人は、そのことによって、「フレンドリーで親しみやすい」という自分の個性を相手に伝えようとしていると考えていいでしょう。

つまり、初対面でタメ口を使うことを自分の長所と思っているわけです。

3. ていねいな言葉を使うのは気恥ずかしい

ていねいな言葉を使うのは気恥ずかしい

あまり目上の人と話をする機会のない人は、タメ口を使うことがどうしても多くなるでしょう。

そういう人にとって、「タメ口ではない、ていねいな言葉遣い」というのは、ふだん着ることのない和服のようなもので、なんとも身にそぐわない感じを持ちます。

ふだん使わないていねいな言葉を使うことが、なんだか照れくさく感じられてなりません。

意識的にていねいな言葉遣いをする自分のことを、「気取ってるみたいでイヤ」と感じてしまうのです。

そうした自分に対する照れくささ、気恥ずかしさを感じてしまうというのが、初対面でタメ口を使う人の心理の一つと考えていいでしょう。

4. 相手より下に見られたくない

相手より下に見られたくない

たとえば、AさんとBさんという初対面同士の会話を近くで聞いているとしましょう。

Aさんがていねいな言葉遣いをしているのに対し、Bさんはタメ口を使っているとします。

そうすると、どうしても、ていねいな言葉遣いのAさんのほうがへりくだっていて、タメ口のBさんのほうが優位に立っているように聞こえるに違いありません。

これは、上司と部下の会話を考えてみるとよくわかるでしょう。

部下はていねいな言葉遣いをしても、上司のほうはもっと砕けた、やや乱暴な言葉遣いをすることもあります。

つまり、立場が下になればなるほど、相手に対してていねいな言葉遣いになるわけです。

初対面の相手にタメ口を使う人には、ですから、「相手に対して優位に立ちたい。

少なくても相手から下に見られたくない」
という心理があると考えていいでしょう。

ていねいな話し方をしている相手に対し、あえてタメ口を使うことによって、いわゆる「マウントを取る」という状態にしようとしているわけです。

逆にいうと、敬語を使うことによって、相手から見下されるのはイヤという心理を持っているということになるでしょう。

5. かたくるしい雰囲気が苦手

かたくるしい雰囲気が苦手

初対面同士というのは、お互いに相手に対して遠慮がありますから、その会話もかたくるしい雰囲気になりがちでしょう。

特に、お互いにていねいな敬語を使って会話をすると、場の雰囲気は堅いものになってしまいます。

そのような雰囲気が苦手なために、あえてていねいな言葉遣いを避け、タメ口を使うというケースもあるのです。

気さくで飾らない性格の人が、そういう心理からタメ口を使うと考えていいでしょう。

雰囲気をよくしたいという思いから、ていねい語を避けているわけです。

6. タメ口を使っているという意識がない

タメ口を使っているという意識がない

ふだんほとんどタメ口しか使わない人は、そもそも、自分の使っている言葉がタメ口であるという認識がないケースが少なくありません。

自分ではそれがふつうの話しかたであり、したがって、初対面の相手にその言葉遣いをしたとしても、何の問題もないと思っています。

もっと言うと、そういう考察すらしません。

ふだん通りのふつうの話し方を、無意識で使っているだけなのです。

つまり、「特別な意識は何も持っていない」というのが、このケースでの初対面でタメ口を使う人の心理ということになるでしょう。

まとめ

初対面の相手にタメ口を使う人の心理を6種類紹介しました。

タメ口を使われて「どうして?」と首を傾げた経験のある方は、その人の心理を知るための参考になさってください。

初対面の人に対してはていねいな言葉遣いをするのがふつうでしょう。

ですから、こちらがていねいな言葉で話しているのに、相手がタメ口だと「初対面なのに、どうして?」と疑問を感じるに違いありません。

では、初対面でタメ口を使う人にはどんな心理があるのでしょうか。


相手と親しくなりたいと思っている

初対面でタメ口を使う人には、悪気がないケースが少なくありません。

初対面の人にタメ口を使われると、「何か悪い意図があるのではないか」と疑いたくなるものですが、むしろ良い意味で初対面の人にタメ口を使うことがあるのです。

そこには「相手と親しくなりたい」という心理があると考えていいでしょう。

ていねいな言葉を使う場合と、タメ口で話す場合とでは、当然、タメ口のほうが相手との距離感は近くなります。

ていねいな話し方をすればするほど、相手との距離が離れ、よそよそしい関係になるに違いありません。

ですから、「相手と親しくなりたい」という心理を持った場合、「そのためにはタメ口を使ったほうがいい」と考えるケースが出てくるわけです。

フレンドリーな自分をアピールしたい

言うまでもなく、タメ口はフレンドリーな表現方法です。

ですから、初対面にもかかわらずタメ口を使う人は、「タメ口を使うフレンドリーな自分をアピールしたい」という心理をもっているケースが少なくありません。

話し方や言葉の使い方には、その人の人柄や個性が出るといっていいでしょう。

ていねいな言葉遣いをする人は、やや堅苦しい人柄である傾向がありますが、反対に、ざっくばらんな話し方をする人は、気さくで親しみやすい性格であることが多いのです。

初対面でタメ口を使う人は、そのことによって、「フレンドリーで親しみやすい」という自分の個性を相手に伝えようとしていると考えていいでしょう。

つまり、初対面でタメ口を使うことを自分の長所と思っているわけです。

ていねいな言葉を使うのは気恥ずかしい

あまり目上の人と話をする機会のない人は、タメ口を使うことがどうしても多くなるでしょう。

そういう人にとって、「タメ口ではない、ていねいな言葉遣い」というのは、ふだん着ることのない和服のようなもので、なんとも身にそぐわない感じを持ちます。

ふだん使わないていねいな言葉を使うことが、なんだか照れくさく感じられてなりません。

意識的にていねいな言葉遣いをする自分のことを、「気取ってるみたいでイヤ」と感じてしまうのです。

そうした自分に対する照れくささ、気恥ずかしさを感じてしまうというのが、初対面でタメ口を使う人の心理の一つと考えていいでしょう。

相手より下に見られたくない

たとえば、AさんとBさんという初対面同士の会話を近くで聞いているとしましょう。

Aさんがていねいな言葉遣いをしているのに対し、Bさんはタメ口を使っているとします。

そうすると、どうしても、ていねいな言葉遣いのAさんのほうがへりくだっていて、タメ口のBさんのほうが優位に立っているように聞こえるに違いありません。

これは、上司と部下の会話を考えてみるとよくわかるでしょう。

部下はていねいな言葉遣いをしても、上司のほうはもっと砕けた、やや乱暴な言葉遣いをすることもあります。

つまり、立場が下になればなるほど、相手に対してていねいな言葉遣いになるわけです。

初対面の相手にタメ口を使う人には、ですから、「相手に対して優位に立ちたい。

少なくても相手から下に見られたくない」
という心理があると考えていいでしょう。

ていねいな話し方をしている相手に対し、あえてタメ口を使うことによって、いわゆる「マウントを取る」という状態にしようとしているわけです。

逆にいうと、敬語を使うことによって、相手から見下されるのはイヤという心理を持っているということになるでしょう。

かたくるしい雰囲気が苦手

初対面同士というのは、お互いに相手に対して遠慮がありますから、その会話もかたくるしい雰囲気になりがちでしょう。

特に、お互いにていねいな敬語を使って会話をすると、場の雰囲気は堅いものになってしまいます。

そのような雰囲気が苦手なために、あえてていねいな言葉遣いを避け、タメ口を使うというケースもあるのです。

気さくで飾らない性格の人が、そういう心理からタメ口を使うと考えていいでしょう。

雰囲気をよくしたいという思いから、ていねい語を避けているわけです。

タメ口を使っているという意識がない

ふだんほとんどタメ口しか使わない人は、そもそも、自分の使っている言葉がタメ口であるという認識がないケースが少なくありません。

自分ではそれがふつうの話しかたであり、したがって、初対面の相手にその言葉遣いをしたとしても、何の問題もないと思っています。

もっと言うと、そういう考察すらしません。

ふだん通りのふつうの話し方を、無意識で使っているだけなのです。

つまり、「特別な意識は何も持っていない」というのが、このケースでの初対面でタメ口を使う人の心理ということになるでしょう。

初対面の相手にタメ口を使う人の心理を6種類紹介しました。

タメ口を使われて「どうして?」と首を傾げた経験のある方は、その人の心理を知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-