【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171219181037.html
近所なのに挨拶しない人の心理

近所なのに挨拶しない人の心理 | LADYCO

LADYCO
近所なのに挨拶しない人の心理

近所の人に挨拶しない人がいます。

「近所の人と顔が合えば挨拶するのが常識」と思っている人にとっては、「どうして挨拶しないのかわからない」ということになるでしょう。

近所なのに挨拶しない人にはどんな心理があるのか見ていくことにしましょう。

  • 近所の人と挨拶する意味がわからない
  • 近所の人とつきあう気がない
  • 近所の人に警戒心を持っている
  • めんどくさい
  • 挨拶するのが恥ずかしい
  • 近所の人を知人だとは思っていない
  • まとめ

1. 近所の人と挨拶する意味がわからない

近所の人と挨拶する意味がわからない

昔は地域のコミュニティがしっかりしていて、「ご近所づきあい」が自然に行われていました。

そういうコミュニティの中では、近所の人と顔が合った時に挨拶するのは当然のことだったでしょう。

しかし、時代とともにそうしたご近所づきあいがだんだん減ってきました。

たとえば、引っ越しをした時、「向こう三軒両隣」に引っ越しの挨拶をするのが社会常識とされていましたが、今は、特に集合住宅などでは、挨拶することが必ずしも常識とは言えません。

そんな時代にあっては、そもそも近所の人と挨拶するという発想を持たない人が増えてきているのです。

つまり、「なんで近所の人と挨拶する必要があるの? その意味が分からない」という心理をもっているため、挨拶をしないのです。

2. 近所の人とつきあう気がない

近所の人とつきあう気がない

挨拶というのは人と人との関係を良好にするためのコミュニケーションです。

にこやかに挨拶をしあうことによって、相手との関係が良好なものになると考えていいでしょう。

近所の人なのに挨拶しない人は、相手とそのような関係になることを望んでいません。

たとえば、同じマンションに住む人と挨拶する習慣を持ったとしましょう。

そのことによって、相手が「もっと親しい関係になりたい」と思うこともありえます。

そう考えた相手が、休日に部屋を訪ねてくる可能性もあるでしょう。

そういうつきあいを望んでいない場合、それは迷惑なことでしかありません。

そんなつきあいをする気がまったくないために、挨拶をしないというケースがあるのです。

つまり、近所の人と親しくなりたいとか、つきあいたいとかいう気持ちがまったくないというのが、挨拶しない人の心理ということになるでしょう。

3. 近所の人に警戒心を持っている

近所の人に警戒心を持っている

「ご近所トラブルに巻き込まれたくない」という心理から、近所なのに挨拶しないというケースも少なくありません。

集合住宅でも一戸建てでも、近所の人とかかわったために、トラブルに巻き込まれてしまうという話をよく聞くでしょう。

そういう話を聞いて、「自分はそんな目に遭いたくない」と思った人は、近所の人とかかわりをもたないようにするため、あえて挨拶をしないのです。

また、実際に自分がそうしたトラブルを経験したことがあるというケースでは、特に意識的に挨拶を避けるようになります。

つまり、近所の人に対して警戒心を持っているというのが、近所なのに挨拶しない人の心理と言っていいでしょう。

4. めんどくさい

めんどくさい

近所なのに挨拶しない人の心理で、もっともシンプルで、もっとも多いのは「めんどくさい」というものです。

人里離れた一軒家というケースは例外ですが、ふつうに生活していれば、家を出た時、日常的に近所の人と顔を合わせることになります。

特に大きな集合住宅のようなところに住んでいれば、同じ住宅に住む人と顔を合わせる機会は多くなるに違いありません。

また、町を歩いていても、近所の人と出会うことはよくあるものです。

近所の人というのは一人や二人ではありません。

ですから、近所の人と顔が会うたびに挨拶するのを「めんどくさい」と感じる人は、挨拶を省略してしまうのです。

相手から挨拶されても無視し続ければ、やがて誰も挨拶してこなくなるでしょう。

めんどくさがりの人は、そうなることを期待して、たとえ近所の人から挨拶されても無視しているのです。

5. 挨拶するのが恥ずかしい

挨拶するのが恥ずかしい

「恥ずかしい」という心理から、近所なのに挨拶しないケースも少なくありません。

ご近所の人というのは、「知っているけれど、よく知らない人」と言っていいでしょう。

特に近所づきあいをしているケースは別ですが、挨拶を交わす程度のつきあいでは、相手のことをよく知らないケースがほとんどに違いありません。

シャイで恥ずかしがり屋の人は、人見知りをしますから、そういう関係にある人と言葉を交わすことが大変に苦手なのです。

そのため、相手から挨拶されてもドキドキしてしまい、うまく挨拶を返すことができません。

できれば挨拶したいという意識を持っていても、シャイな性格なためにそれができないということがあるのです。

6. 近所の人を知人だとは思っていない

近所の人を知人だとは思っていない

特に交際はしていなくても、たびたび顔を合わせる人は、いわゆる「顔見知り」であり、「知人」であるという認識を持つ人は多いでしょう。

そういう人は「相手は知人なのだから、会えば挨拶をするのは当然」と考えるわけです。

近所なのに挨拶しない人は違います。

近所の人のことを「顔は見たことがあるけれど、ただそれだけのことで、知人ではない」と考え、「だから挨拶する必要はない」と思っているのです。

たとえば、いつも通勤電車でいっしょになる他人に挨拶をするということは、あまりないでしょう。

顔を知っていたとしても、相手は赤の他人だから、挨拶しないのがふつうなのです。

つまり、「近所の人は知人ではなく、赤の他人」という意識を持っているのが、近所なのに挨拶しない人と言うことになるでしょう。

まとめ

近所なのに挨拶しない人の心理を6種類紹介しました。

「こちらが挨拶しても挨拶を返さない」という人が近所にいる方は参考になさってください。

近所の人に挨拶しない人がいます。

「近所の人と顔が合えば挨拶するのが常識」と思っている人にとっては、「どうして挨拶しないのかわからない」ということになるでしょう。

近所なのに挨拶しない人にはどんな心理があるのか見ていくことにしましょう。


近所の人と挨拶する意味がわからない

昔は地域のコミュニティがしっかりしていて、「ご近所づきあい」が自然に行われていました。

そういうコミュニティの中では、近所の人と顔が合った時に挨拶するのは当然のことだったでしょう。

しかし、時代とともにそうしたご近所づきあいがだんだん減ってきました。

たとえば、引っ越しをした時、「向こう三軒両隣」に引っ越しの挨拶をするのが社会常識とされていましたが、今は、特に集合住宅などでは、挨拶することが必ずしも常識とは言えません。

そんな時代にあっては、そもそも近所の人と挨拶するという発想を持たない人が増えてきているのです。

つまり、「なんで近所の人と挨拶する必要があるの? その意味が分からない」という心理をもっているため、挨拶をしないのです。

近所の人とつきあう気がない

挨拶というのは人と人との関係を良好にするためのコミュニケーションです。

にこやかに挨拶をしあうことによって、相手との関係が良好なものになると考えていいでしょう。

近所の人なのに挨拶しない人は、相手とそのような関係になることを望んでいません。

たとえば、同じマンションに住む人と挨拶する習慣を持ったとしましょう。

そのことによって、相手が「もっと親しい関係になりたい」と思うこともありえます。

そう考えた相手が、休日に部屋を訪ねてくる可能性もあるでしょう。

そういうつきあいを望んでいない場合、それは迷惑なことでしかありません。

そんなつきあいをする気がまったくないために、挨拶をしないというケースがあるのです。

つまり、近所の人と親しくなりたいとか、つきあいたいとかいう気持ちがまったくないというのが、挨拶しない人の心理ということになるでしょう。

近所の人に警戒心を持っている

「ご近所トラブルに巻き込まれたくない」という心理から、近所なのに挨拶しないというケースも少なくありません。

集合住宅でも一戸建てでも、近所の人とかかわったために、トラブルに巻き込まれてしまうという話をよく聞くでしょう。

そういう話を聞いて、「自分はそんな目に遭いたくない」と思った人は、近所の人とかかわりをもたないようにするため、あえて挨拶をしないのです。

また、実際に自分がそうしたトラブルを経験したことがあるというケースでは、特に意識的に挨拶を避けるようになります。

つまり、近所の人に対して警戒心を持っているというのが、近所なのに挨拶しない人の心理と言っていいでしょう。

めんどくさい

近所なのに挨拶しない人の心理で、もっともシンプルで、もっとも多いのは「めんどくさい」というものです。

人里離れた一軒家というケースは例外ですが、ふつうに生活していれば、家を出た時、日常的に近所の人と顔を合わせることになります。

特に大きな集合住宅のようなところに住んでいれば、同じ住宅に住む人と顔を合わせる機会は多くなるに違いありません。

また、町を歩いていても、近所の人と出会うことはよくあるものです。

近所の人というのは一人や二人ではありません。

ですから、近所の人と顔が会うたびに挨拶するのを「めんどくさい」と感じる人は、挨拶を省略してしまうのです。

相手から挨拶されても無視し続ければ、やがて誰も挨拶してこなくなるでしょう。

めんどくさがりの人は、そうなることを期待して、たとえ近所の人から挨拶されても無視しているのです。

挨拶するのが恥ずかしい

「恥ずかしい」という心理から、近所なのに挨拶しないケースも少なくありません。

ご近所の人というのは、「知っているけれど、よく知らない人」と言っていいでしょう。

特に近所づきあいをしているケースは別ですが、挨拶を交わす程度のつきあいでは、相手のことをよく知らないケースがほとんどに違いありません。

シャイで恥ずかしがり屋の人は、人見知りをしますから、そういう関係にある人と言葉を交わすことが大変に苦手なのです。

そのため、相手から挨拶されてもドキドキしてしまい、うまく挨拶を返すことができません。

できれば挨拶したいという意識を持っていても、シャイな性格なためにそれができないということがあるのです。

近所の人を知人だとは思っていない

特に交際はしていなくても、たびたび顔を合わせる人は、いわゆる「顔見知り」であり、「知人」であるという認識を持つ人は多いでしょう。

そういう人は「相手は知人なのだから、会えば挨拶をするのは当然」と考えるわけです。

近所なのに挨拶しない人は違います。

近所の人のことを「顔は見たことがあるけれど、ただそれだけのことで、知人ではない」と考え、「だから挨拶する必要はない」と思っているのです。

たとえば、いつも通勤電車でいっしょになる他人に挨拶をするということは、あまりないでしょう。

顔を知っていたとしても、相手は赤の他人だから、挨拶しないのがふつうなのです。

つまり、「近所の人は知人ではなく、赤の他人」という意識を持っているのが、近所なのに挨拶しない人と言うことになるでしょう。

近所なのに挨拶しない人の心理を6種類紹介しました。

「こちらが挨拶しても挨拶を返さない」という人が近所にいる方は参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-