【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171219144003.html
恋愛に臆病になる女性の心理

恋愛に臆病になる女性の心理 | LADYCO

LADYCO
恋愛に臆病になる女性の心理

恋愛に臆病になってしまう女性も、世の中にはたくさんいます。

「本当は恋愛がしたいのだけれど、何だか怖い」といった気持ちを持ち続けて、人知れず悩んでいる女性も少なくありません。

どういった心理が絡んでいるのでしょう。

  • 容姿に自信がない
  • 過去の失恋経験を思い出してしまう
  • 交際をしていない期間が長い
  • モテる同性と自分を比較してしまう
  • 過去に怖い経験をしたことがある
  • 男性はすべて浮気性だと思っている
  • 年齢を気にしすぎている
  • 恋愛マニュアルなどを読み、考えすぎてしまっている
  • 街コン・合コン・マッチングサイトなどで自信をなくしている
  • まとめ

1. 容姿に自信がない

容姿に自信がない

やはり多いのが、容姿の問題です。

気になる男性にアプローチしても、見た目でNGとされてしまうのではないか…などと考えすぎてしまうのです。

巷ではダイエットや美容などの情報も溢れかえっており、「キレイでないと男性に相手にされない」と考える女性もいます。

確かに男性は容姿のいい女性に惹かれるところもありますが、それはあくまでも表面的なことであり、長期的な交際や結婚では内面重視とする男性が多数です。

軽く付き合うという場合でも、性格重視の男性はたくさんいます。

2. 過去の失恋経験を思い出してしまう

過去の失恋経験を思い出してしまう

理不尽な振られ方をしたとか、結婚直前まで行ったと思ったのに破局してしまったとか、過去の恋愛のネガティブな要素をいつも気にしてしまう女性がいます。

考え方の一つとして、「恋愛が何年も続くことのほうが稀であり、2-3年で終わっても自然である」というものがあります。

「結婚生活などは恋愛とは別で、恋愛の熱が冷めた後、いわば友人・同志として連れ添っていくのだ」といった考えですね。

「恋をすればつらいこともある」と最初から割り切ってしまえば、積極性が出てくることでしょう。

3. 交際をしていない期間が長い

交際をしていない期間が長い

何年も交際をしていないと、気になる男性ができたとしても一体どのように行動して良いのか、分からなくなってしまう場合があります。

ただしここで重要なのは、男性は「恋愛に慣れている女性」を特に好むわけではないということです。

「彼氏を切らしたことのない女性」と聞いて、男性はどう思うでしょう。

必ずしも良い印象は持たれないかもしれません。

少し臆病なぐらいでも、男性の目には魅力的に見えるのです。

4. モテる同性と自分を比較してしまう

モテる同性と自分を比較してしまう

見た目や雰囲気として「モテそう」な女性というものも、いることは事実です。

そうした人と自分をいつも比較してしまうと、やはり恋愛に臆病になりがちです。

とはいえ恋愛とは1対1の関係です、どれだけ多くの人に好かれても、ある特定の人に好かれるかどうかは、また全く別の話です。

ほかの誰とも違うという意味で、誰にでも価値があるのです。

そう考えられると恋愛が怖くなくなるかもしれません。

5. 過去に怖い経験をしたことがある

過去に怖い経験をしたことがある

DVまがいのことをされたり、ストーカー被害に遭ったりしたことのある女性も、一定数います。

この場合では「またあんな人と出会ったらどうしよう」と考えてしまっても仕方がありませんね。

難しい問題ですが、そうした悩みも相談できるような男友達づくりから始めてみると、気持ちが変わってくる可能性があります。

6. 男性はすべて浮気性だと思っている

男性はすべて浮気性だと思っている

女性と比べると、男性はいろいろな女性に惹かれやすい一面を持っているのは確かです。

しかし、実際に浮気・不倫などをする男性はごく一部に過ぎません。

過去に浮気された経験が何度かあると「どうせ男性は…」と思いがちですが、それは偶然運が悪かったのかも。

男性はウソが下手な生き物です。

一つの例として「面倒くさがり屋」の男性は「浮気なんて面倒くさい」と考える傾向があります。

明らかに不器用な男性も浮気はできませんね。

7. 年齢を気にしすぎている

年齢を気にしすぎている

「男性は若い女性を好む」と思い込んでしまっている女性もいます。

これはもったいない話です。

たとえば若い男性では、気兼ねなく何でも相談できて、甘えることもできる年上女性を好む場合も多くあります。

また、人生経験のある成熟した女性を好む男性もかなりいます。

年齢で二の足を踏んでしまうと、様々なチャンスを逃してしまいます。

8. 恋愛マニュアルなどを読み、考えすぎてしまっている

恋愛マニュアルなどを読み、考えすぎてしまっている

これは男女ともにいえることですが、書籍やネットで恋愛情報に触れすぎると、男性心理・女性心理を深く考えすぎてしまう場合があります。

たとえば「同性の友達」で考えるとどうでしょう?その人と仲良くなるのに、マニュアルを読んだりしたでしょうか?

多分ごく自然にできたものでしょう。

異性の心理を知っておくことは有用なのですが、考えすぎてしまうと逆効果です。

「自然体」も大事です。

9. 街コン・合コン・マッチングサイトなどで自信をなくしている

街コン・合コン・マッチングサイトなどで自信をなくしている

街コンや合コン、マッチングサイトなどで積極的に恋活・婚活をするのも最近の風潮です。

自然な出会いをいつまでも待つよりは、確かに効率的に恋愛に近づけるでしょう。

しかしこういったものを利用して失敗を続けていると、過剰に臆病になることもあります。

やはりこういった場では、「この人を好きになれるかどうか」「付き合えるのか付き合えないのか」を常に意識している男女が集まっているという特殊性があります。

普段の環境とはだいぶ違うんですね。

いつも何気なく接している同僚、昔の男友達、同窓生、SNSで良く話す男性などに目を向けてみるとどうでしょう。

実は素敵な出会いがすでに発生しているのかもしれません。

まとめ

恋愛に臆病になってしまう女性では、色々な心理が絡んでいます。

一つだけでもないでしょうね。

臆病になる心理を自己分析することも大事ですし、男性側からしても「恋愛に臆病になっている女性」について考え、慎重に交流してみることで、様々な発見や、思わぬ出会いがあるかもしれません。

常に恋愛のことばかり考えて悩んでしまう人では、「人間としての成長・きらめき」に目を向け、少し気分転換してみるのも良い結果を生みそうです。

恋愛に臆病になってしまう女性も、世の中にはたくさんいます。

「本当は恋愛がしたいのだけれど、何だか怖い」といった気持ちを持ち続けて、人知れず悩んでいる女性も少なくありません。

どういった心理が絡んでいるのでしょう。


容姿に自信がない

やはり多いのが、容姿の問題です。

気になる男性にアプローチしても、見た目でNGとされてしまうのではないか…などと考えすぎてしまうのです。

巷ではダイエットや美容などの情報も溢れかえっており、「キレイでないと男性に相手にされない」と考える女性もいます。

確かに男性は容姿のいい女性に惹かれるところもありますが、それはあくまでも表面的なことであり、長期的な交際や結婚では内面重視とする男性が多数です。

軽く付き合うという場合でも、性格重視の男性はたくさんいます。

過去の失恋経験を思い出してしまう

理不尽な振られ方をしたとか、結婚直前まで行ったと思ったのに破局してしまったとか、過去の恋愛のネガティブな要素をいつも気にしてしまう女性がいます。

考え方の一つとして、「恋愛が何年も続くことのほうが稀であり、2-3年で終わっても自然である」というものがあります。

「結婚生活などは恋愛とは別で、恋愛の熱が冷めた後、いわば友人・同志として連れ添っていくのだ」といった考えですね。

「恋をすればつらいこともある」と最初から割り切ってしまえば、積極性が出てくることでしょう。

交際をしていない期間が長い

何年も交際をしていないと、気になる男性ができたとしても一体どのように行動して良いのか、分からなくなってしまう場合があります。

ただしここで重要なのは、男性は「恋愛に慣れている女性」を特に好むわけではないということです。

「彼氏を切らしたことのない女性」と聞いて、男性はどう思うでしょう。

必ずしも良い印象は持たれないかもしれません。

少し臆病なぐらいでも、男性の目には魅力的に見えるのです。

モテる同性と自分を比較してしまう

見た目や雰囲気として「モテそう」な女性というものも、いることは事実です。

そうした人と自分をいつも比較してしまうと、やはり恋愛に臆病になりがちです。

とはいえ恋愛とは1対1の関係です、どれだけ多くの人に好かれても、ある特定の人に好かれるかどうかは、また全く別の話です。

ほかの誰とも違うという意味で、誰にでも価値があるのです。

そう考えられると恋愛が怖くなくなるかもしれません。

過去に怖い経験をしたことがある

DVまがいのことをされたり、ストーカー被害に遭ったりしたことのある女性も、一定数います。

この場合では「またあんな人と出会ったらどうしよう」と考えてしまっても仕方がありませんね。

難しい問題ですが、そうした悩みも相談できるような男友達づくりから始めてみると、気持ちが変わってくる可能性があります。

男性はすべて浮気性だと思っている

女性と比べると、男性はいろいろな女性に惹かれやすい一面を持っているのは確かです。

しかし、実際に浮気・不倫などをする男性はごく一部に過ぎません。

過去に浮気された経験が何度かあると「どうせ男性は…」と思いがちですが、それは偶然運が悪かったのかも。

男性はウソが下手な生き物です。

一つの例として「面倒くさがり屋」の男性は「浮気なんて面倒くさい」と考える傾向があります。

明らかに不器用な男性も浮気はできませんね。

年齢を気にしすぎている

「男性は若い女性を好む」と思い込んでしまっている女性もいます。

これはもったいない話です。

たとえば若い男性では、気兼ねなく何でも相談できて、甘えることもできる年上女性を好む場合も多くあります。

また、人生経験のある成熟した女性を好む男性もかなりいます。

年齢で二の足を踏んでしまうと、様々なチャンスを逃してしまいます。

恋愛マニュアルなどを読み、考えすぎてしまっている

これは男女ともにいえることですが、書籍やネットで恋愛情報に触れすぎると、男性心理・女性心理を深く考えすぎてしまう場合があります。

たとえば「同性の友達」で考えるとどうでしょう?その人と仲良くなるのに、マニュアルを読んだりしたでしょうか?

多分ごく自然にできたものでしょう。

異性の心理を知っておくことは有用なのですが、考えすぎてしまうと逆効果です。

「自然体」も大事です。

街コン・合コン・マッチングサイトなどで自信をなくしている

街コンや合コン、マッチングサイトなどで積極的に恋活・婚活をするのも最近の風潮です。

自然な出会いをいつまでも待つよりは、確かに効率的に恋愛に近づけるでしょう。

しかしこういったものを利用して失敗を続けていると、過剰に臆病になることもあります。

やはりこういった場では、「この人を好きになれるかどうか」「付き合えるのか付き合えないのか」を常に意識している男女が集まっているという特殊性があります。

普段の環境とはだいぶ違うんですね。

いつも何気なく接している同僚、昔の男友達、同窓生、SNSで良く話す男性などに目を向けてみるとどうでしょう。

実は素敵な出会いがすでに発生しているのかもしれません。

恋愛に臆病になってしまう女性では、色々な心理が絡んでいます。

一つだけでもないでしょうね。

臆病になる心理を自己分析することも大事ですし、男性側からしても「恋愛に臆病になっている女性」について考え、慎重に交流してみることで、様々な発見や、思わぬ出会いがあるかもしれません。

常に恋愛のことばかり考えて悩んでしまう人では、「人間としての成長・きらめき」に目を向け、少し気分転換してみるのも良い結果を生みそうです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-