【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171219143934.html
食べ放題の店で食べすぎる心理

食べ放題の店で食べすぎる心理 | LADYCO

LADYCO
食べ放題の店で食べすぎる心理

食べ放題のお店に行くと、つい食べすぎてしまうこともあるでしょう。

ではそれはなぜなのか、その理由と心理をあげていきましょう。

  • もとを取ろうとしてしまう
  • 食べるペースが速くなる
  • 常に目に入る場所に並んでいるから
  • 一通り食べたくなる
  • お店に後悔させたくなる
  • 基本的に好きなものを選ぶから
  • まとめ

1. もとを取ろうとしてしまう

もとを取ろうとしてしまう

食べ放題というお店に行くと、大体の方がもとを取ろうと考えてしまいます。

払った分だけの料理は確実に食べる、そしてそれ以上食べて絶対に特をしてやろうと考えているのですね。

人は食べ放題や飲み放題のように「〜放題」とつくと無性にもとを取ろうとするのです。

「もしこれを現状の価格で食べたらこのくらいだろう」と考えて、自分のなかで納得のいくところまで食べようとするのですね。

その結果、少々ムキになって食べてしまうので、いつのまにか食べすぎてしまうことになるのです。

損だけはしたくないという考えもあるのでしょう。

2. 食べるペースが速くなる

食べるペースが速くなる

食べ放題の店に行くと食べるペースが早くなって、お腹いっぱいのシグナルが来る前に食べすぎてしまうことがあります。

それは好きなだけとって食べても良いビュッフェスタイルによくあることですが、つい一度にたくさんとってしまい、目の前に並んでいるのでどんどん食べてしまうのですね。

最初はお腹が空いているわけですので沢山とりたくなるのです。

しかしそんなことを何回も続けていると、本当はかなりお腹いっぱい食べているのに、満腹中枢の反応が遅れてしまって、気づいたら食べすぎたということになっているのです。

その頃にはそうとうきつい状態で動けなくなっているでしょう。

3. 常に目に入る場所に並んでいるから

常に目に入る場所に並んでいるから

食べ放題の店は、常に食べ物が目に入るところに並んでいるので、無性に食べたくなってしまうのです。

もし目の前になければお腹いっぱいで食べる気にもならないのですが、美味しそうなものが目に入ると、食欲が持続してしまい限界を越えてしまうのです。

これは回転寿司でも同じことが言えますね。

目の前を回っているので、多少お腹がふくれてきたと思っても、またお皿を取ってしまうのと一緒です。

次々に美味しそうなものが通過していくと、お腹がいっぱいなことを忘れてしまうのでしょう。

特にデザートなんかが並んでいると、口直しにと言いながら取りすぎてしまうこともありますね。

目に入ってしまうと食べたくなる心理がそこにあるのです。

4. 一通り食べたくなる

一通り食べたくなる

食べ放題の店はいろんな種類のものが並んでいますよね。

種類があると、人は一通りを味見してみたいと思ってしまうのです。

定額ですので食べたもの勝ちと思い、なおさら強気でお皿に盛り込んでしまうのです。

特に女性は一つのものを沢山食べるより、いろんなものを少しずつ食べたいと思う方が多いですよね。

そんな心理がありますので、メニューにあるものはまずは一通り食べてみたくなるのです。

これはどんな味なんだろう、これは初めて見た料理だと、興味本意で食べてしまうこともありますね。

しかし、そのような感覚で全ての種類を食べればかなりの量になってしまいます。

例え少しずつ食べたとしても、普段食べている量を越えてしまうことになるのです。

そして終わってみたらお腹がはち切れんばかりの状態になるのですね。

5. お店に後悔させたくなる

お店に後悔させたくなる

これはごく一部の方になりますが、食べ放題の店に行くと、お店に後悔させたいと思い食べすぎる方もいます。

なるべくいっぱい食べてお店に「こんなに食べられては赤字だ」と言わせたい心理が働くのです。

少々維持の悪い考え方ですが、実際にそのように心理が働く方もいるのです。

「自分らが来たら思わず出禁にしたくなるくらいに食べてやる」という考えを持ちながら来店しています。

こんなに安くしてしまったことに対して泡をふかせたいのですね。

そんな心理が働くからこそ、一皿でも多く食べてやろうという意地が食べすぎに繋がってしまうのです。

6. 基本的に好きなものを選ぶから

基本的に好きなものを選ぶから

食べ放題のお店で食べるもの、それは自分の好きなものですよね。

人は元々、好きなものを思いっきり食べたいと言う気持ちがあるがゆえに、お店に入るとここぞとばかりにそれを沢山お皿に盛ってしまうのです。

食べ終わったらまたお代わりをして、限界を越えてしまうのですね。

女性の「甘いものは別腹」と言うように、男女どちらも「好きなものは別腹」となるのです。

ちなみに実際に好きなものが目の前にあると、胃袋が大きくなることは研究結果として出ていますので。

しかし食べ終わって胃袋がもとに戻ると、許容量を越えた感が残るのです。

まとめ

食べ放題の店で食べすぎてしまう人の心理をあげていきました。

やはりお金を払った以上はもとを取りたいというのは分かる気がしますよね。

いくら食べても同じ値段なら、いっぱい食べた方が特だと考えるのです。

また、美味しそうなものが並んでいたら食べたくなるのも心理のひとつです。

満腹中枢を無視してつい口に運んでしまい、結果として食べすぎてしまうのですね。

食べすぎると苦しさもありますが、でも幸せでもありますね。

食べ放題のお店に行くと、つい食べすぎてしまうこともあるでしょう。

ではそれはなぜなのか、その理由と心理をあげていきましょう。


もとを取ろうとしてしまう

食べ放題というお店に行くと、大体の方がもとを取ろうと考えてしまいます。

払った分だけの料理は確実に食べる、そしてそれ以上食べて絶対に特をしてやろうと考えているのですね。

人は食べ放題や飲み放題のように「〜放題」とつくと無性にもとを取ろうとするのです。

「もしこれを現状の価格で食べたらこのくらいだろう」と考えて、自分のなかで納得のいくところまで食べようとするのですね。

その結果、少々ムキになって食べてしまうので、いつのまにか食べすぎてしまうことになるのです。

損だけはしたくないという考えもあるのでしょう。

食べるペースが速くなる

食べ放題の店に行くと食べるペースが早くなって、お腹いっぱいのシグナルが来る前に食べすぎてしまうことがあります。

それは好きなだけとって食べても良いビュッフェスタイルによくあることですが、つい一度にたくさんとってしまい、目の前に並んでいるのでどんどん食べてしまうのですね。

最初はお腹が空いているわけですので沢山とりたくなるのです。

しかしそんなことを何回も続けていると、本当はかなりお腹いっぱい食べているのに、満腹中枢の反応が遅れてしまって、気づいたら食べすぎたということになっているのです。

その頃にはそうとうきつい状態で動けなくなっているでしょう。

常に目に入る場所に並んでいるから

食べ放題の店は、常に食べ物が目に入るところに並んでいるので、無性に食べたくなってしまうのです。

もし目の前になければお腹いっぱいで食べる気にもならないのですが、美味しそうなものが目に入ると、食欲が持続してしまい限界を越えてしまうのです。

これは回転寿司でも同じことが言えますね。

目の前を回っているので、多少お腹がふくれてきたと思っても、またお皿を取ってしまうのと一緒です。

次々に美味しそうなものが通過していくと、お腹がいっぱいなことを忘れてしまうのでしょう。

特にデザートなんかが並んでいると、口直しにと言いながら取りすぎてしまうこともありますね。

目に入ってしまうと食べたくなる心理がそこにあるのです。

一通り食べたくなる

食べ放題の店はいろんな種類のものが並んでいますよね。

種類があると、人は一通りを味見してみたいと思ってしまうのです。

定額ですので食べたもの勝ちと思い、なおさら強気でお皿に盛り込んでしまうのです。

特に女性は一つのものを沢山食べるより、いろんなものを少しずつ食べたいと思う方が多いですよね。

そんな心理がありますので、メニューにあるものはまずは一通り食べてみたくなるのです。

これはどんな味なんだろう、これは初めて見た料理だと、興味本意で食べてしまうこともありますね。

しかし、そのような感覚で全ての種類を食べればかなりの量になってしまいます。

例え少しずつ食べたとしても、普段食べている量を越えてしまうことになるのです。

そして終わってみたらお腹がはち切れんばかりの状態になるのですね。

お店に後悔させたくなる

これはごく一部の方になりますが、食べ放題の店に行くと、お店に後悔させたいと思い食べすぎる方もいます。

なるべくいっぱい食べてお店に「こんなに食べられては赤字だ」と言わせたい心理が働くのです。

少々維持の悪い考え方ですが、実際にそのように心理が働く方もいるのです。

「自分らが来たら思わず出禁にしたくなるくらいに食べてやる」という考えを持ちながら来店しています。

こんなに安くしてしまったことに対して泡をふかせたいのですね。

そんな心理が働くからこそ、一皿でも多く食べてやろうという意地が食べすぎに繋がってしまうのです。

基本的に好きなものを選ぶから

食べ放題のお店で食べるもの、それは自分の好きなものですよね。

人は元々、好きなものを思いっきり食べたいと言う気持ちがあるがゆえに、お店に入るとここぞとばかりにそれを沢山お皿に盛ってしまうのです。

食べ終わったらまたお代わりをして、限界を越えてしまうのですね。

女性の「甘いものは別腹」と言うように、男女どちらも「好きなものは別腹」となるのです。

ちなみに実際に好きなものが目の前にあると、胃袋が大きくなることは研究結果として出ていますので。

しかし食べ終わって胃袋がもとに戻ると、許容量を越えた感が残るのです。

食べ放題の店で食べすぎてしまう人の心理をあげていきました。

やはりお金を払った以上はもとを取りたいというのは分かる気がしますよね。

いくら食べても同じ値段なら、いっぱい食べた方が特だと考えるのです。

また、美味しそうなものが並んでいたら食べたくなるのも心理のひとつです。

満腹中枢を無視してつい口に運んでしまい、結果として食べすぎてしまうのですね。

食べすぎると苦しさもありますが、でも幸せでもありますね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-