【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171219143906.html
初詣に行きたくない人の心理

初詣に行きたくない人の心理 | LADYCO

LADYCO
初詣に行きたくない人の心理

今回は初詣にいきたがらない人の心理についてお伝えします。

初詣といえば、一年のライフイベントの中でも、始まりとあって重要視する人も多いものです。

またかなり多くの日本人が初詣にいっているだろうことを考えても、いかない人の心理はなかなか理解しがたいものです。

初詣にいきたがらない人の心理はどういうものなのか、お伝えします。

  • 人ごみが大嫌い
  • 初詣のイベント自体に意味を見いだせない
  • 無神論者である、あるいは別宗教を信じている
  • そもそも仕事上、休みが不定期であり、疲れている
  • 初詣のイベントで過去にトラウマがある
  • まとめ

1. 人ごみが大嫌い

人ごみが大嫌い

初詣といえば、一年のライフイベントの中でも、老若男女問わず、広い層に受け入れられているイベントのため、概ね1月の初旬はいついっても人ごみであるケースが多いです。

初詣のイベント自体には興味があっても、人ごみを本当に嫌っている場合は特に、自分の休みの日にわざわざ人ごみのところにいって、ストレスを感じることに 意味を見いだせないケースがあります。

総じてこの場合は初詣よりも、人ごみを嫌っていますので、一緒にいこうといっても必ずといっていいほど、いきたがらないはずです。

2. 初詣のイベント自体に意味を見いだせない

初詣のイベント自体に意味を見いだせない

これは初詣だけに限らず、例えばクリスマスや子供の日など年間のイベントそのものに意味を見いだせていない人が一定数はいます。

特に実益を重視する人にはこのタイプが多く、初詣して何か得られるものはあるのか、例えば他のイベント、クリスマスなどであっても、それを祝うことに価値はないでしょうという 考え方のケースです。

普段からこういった価値観なんだなと理解していれば、不思議はありませんが、最近知り合った人の場合、なかなか理解しがたいものです。

実益を重視する人であればあるほど、何か神様のお願いすることは無意味だ、だからしたくないと考えるケースもあります。

この場合、初詣に行こうと誘ったとしても必ず行きませんし、その他イベントごとでも必ずといっていいほどいきません。

そしていかない本人はそれが正しいと考えています。

3. 無神論者である、あるいは別宗教を信じている

無神論者である、あるいは別宗教を信じている

これは宗教がらみの問題です。

初詣といえば、神様に1年の願いごとをするイメージがあります。

例えば熱心なクリスチャンの場合であれば、初詣にいくこと自体、自分の宗教ではないところにお参りにいくことになるので、それは自分の道からそれていると考える人もいます。

また無神論者の場合もこれにあてはまります。

日本は特に無神論者が多いといわれていますが、そういった人の中には、初詣に限らず、何かを神様にお願いしたり、お祓いをしたり、そういう行為自体が、意味がない、したくないという人も一定数います。

神様がこの世に存在しないのに、なぜいないところにお願いしにいくの?という発想です。

自分が普段から無神論者であることを周りに伝えていたりするケースはなおさら、自分の信じた道からそれるわけにいかない、という考え方で、いきたがらない人がいます。

この場合、初詣にいこう、と誘っても必ずいきません。

4. そもそも仕事上、休みが不定期であり、疲れている

そもそも仕事上、休みが不定期であり、疲れている

たとえ、初詣には興味があり、いってもいいかなと考えてはいても、例えば仕事上、休みが不定期である場合で、なおかつ休みが極端に少ないケースですと、たまたまとれた休みの日であればあるほど、疲れていて、初詣どころでない場合があります。

この場合はいきたがらない、というよりもいけないという方が正しいかもしれません。

休みが不定期であることが理由なので、正月付近で休みがとれた場合などは 初詣に誘ってみると行くケースもあります。

初詣にいくこと自体に不賛成というわけではない場合がほとんどです。

5. 初詣のイベントで過去にトラウマがある

初詣のイベントで過去にトラウマがある

例えば、夫婦や恋人関係で過去に初詣にいき、その直後に別れてしまったり、その直後にいやなことがあったケースが これにあてはまります。

特につらい体験であればあるほど、そのあといきたがらないです。

その体験の後に知り合った人は、その体験を知らないため、知らないと、特に初詣以外のイベントに積極的であればあるほど、不思議にはなります。

信頼関係が構築できていれば別ですが、会社のイベントなどでいかなければいけないケース等だと、周りはより一層不思議がります。

この場合は一般的に初詣にいく期間が過ぎてから、タイミングのいい時に直接聞いてみてもいいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

初詣のイベント自体、広く一般的ですし、あたかも当然のようにいくことが多いですので、初詣にいきたくない人が周りにいれば、なぜ?どうして?と疑問に思うことは当然です。

ただし上記でお伝えしたような、人ごみが嫌いというケース、初詣のイベント自体に意味を見いだせないケースや、無神論者であるケース、トラウマがあるケースなどの場合、それを無理やりにつれていくのではなく、一度その理由などを本人に直接聞いてみるといいです。

その理由が理解しがたいものであったとしても、初詣にいく、いかないはもちろん個人の自由ですので、他のことでもいいので、本人の価値観が変わりかけた時に一緒にいってみると、案外楽しいイベントになる可能性もあります。

今回は初詣にいきたがらない人の心理についてお伝えします。

初詣といえば、一年のライフイベントの中でも、始まりとあって重要視する人も多いものです。

またかなり多くの日本人が初詣にいっているだろうことを考えても、いかない人の心理はなかなか理解しがたいものです。

初詣にいきたがらない人の心理はどういうものなのか、お伝えします。


人ごみが大嫌い

初詣といえば、一年のライフイベントの中でも、老若男女問わず、広い層に受け入れられているイベントのため、概ね1月の初旬はいついっても人ごみであるケースが多いです。

初詣のイベント自体には興味があっても、人ごみを本当に嫌っている場合は特に、自分の休みの日にわざわざ人ごみのところにいって、ストレスを感じることに 意味を見いだせないケースがあります。

総じてこの場合は初詣よりも、人ごみを嫌っていますので、一緒にいこうといっても必ずといっていいほど、いきたがらないはずです。

初詣のイベント自体に意味を見いだせない

これは初詣だけに限らず、例えばクリスマスや子供の日など年間のイベントそのものに意味を見いだせていない人が一定数はいます。

特に実益を重視する人にはこのタイプが多く、初詣して何か得られるものはあるのか、例えば他のイベント、クリスマスなどであっても、それを祝うことに価値はないでしょうという 考え方のケースです。

普段からこういった価値観なんだなと理解していれば、不思議はありませんが、最近知り合った人の場合、なかなか理解しがたいものです。

実益を重視する人であればあるほど、何か神様のお願いすることは無意味だ、だからしたくないと考えるケースもあります。

この場合、初詣に行こうと誘ったとしても必ず行きませんし、その他イベントごとでも必ずといっていいほどいきません。

そしていかない本人はそれが正しいと考えています。

無神論者である、あるいは別宗教を信じている

これは宗教がらみの問題です。

初詣といえば、神様に1年の願いごとをするイメージがあります。

例えば熱心なクリスチャンの場合であれば、初詣にいくこと自体、自分の宗教ではないところにお参りにいくことになるので、それは自分の道からそれていると考える人もいます。

また無神論者の場合もこれにあてはまります。

日本は特に無神論者が多いといわれていますが、そういった人の中には、初詣に限らず、何かを神様にお願いしたり、お祓いをしたり、そういう行為自体が、意味がない、したくないという人も一定数います。

神様がこの世に存在しないのに、なぜいないところにお願いしにいくの?という発想です。

自分が普段から無神論者であることを周りに伝えていたりするケースはなおさら、自分の信じた道からそれるわけにいかない、という考え方で、いきたがらない人がいます。

この場合、初詣にいこう、と誘っても必ずいきません。

そもそも仕事上、休みが不定期であり、疲れている

たとえ、初詣には興味があり、いってもいいかなと考えてはいても、例えば仕事上、休みが不定期である場合で、なおかつ休みが極端に少ないケースですと、たまたまとれた休みの日であればあるほど、疲れていて、初詣どころでない場合があります。

この場合はいきたがらない、というよりもいけないという方が正しいかもしれません。

休みが不定期であることが理由なので、正月付近で休みがとれた場合などは 初詣に誘ってみると行くケースもあります。

初詣にいくこと自体に不賛成というわけではない場合がほとんどです。

初詣のイベントで過去にトラウマがある

例えば、夫婦や恋人関係で過去に初詣にいき、その直後に別れてしまったり、その直後にいやなことがあったケースが これにあてはまります。

特につらい体験であればあるほど、そのあといきたがらないです。

その体験の後に知り合った人は、その体験を知らないため、知らないと、特に初詣以外のイベントに積極的であればあるほど、不思議にはなります。

信頼関係が構築できていれば別ですが、会社のイベントなどでいかなければいけないケース等だと、周りはより一層不思議がります。

この場合は一般的に初詣にいく期間が過ぎてから、タイミングのいい時に直接聞いてみてもいいです。

いかがでしたでしょうか。

初詣のイベント自体、広く一般的ですし、あたかも当然のようにいくことが多いですので、初詣にいきたくない人が周りにいれば、なぜ?どうして?と疑問に思うことは当然です。

ただし上記でお伝えしたような、人ごみが嫌いというケース、初詣のイベント自体に意味を見いだせないケースや、無神論者であるケース、トラウマがあるケースなどの場合、それを無理やりにつれていくのではなく、一度その理由などを本人に直接聞いてみるといいです。

その理由が理解しがたいものであったとしても、初詣にいく、いかないはもちろん個人の自由ですので、他のことでもいいので、本人の価値観が変わりかけた時に一緒にいってみると、案外楽しいイベントになる可能性もあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-