【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171219143839.html
距離を置きたいと友達に言う人の心理

距離を置きたいと友達に言う人の心理 | LADYCO

LADYCO
距離を置きたいと友達に言う人の心理

以前は大好きで仲良しでいつも一緒にいるほどだったのに、距離を置きたいという心境になる経験することがあります。

どのような気持ちの変化がそれに関係しているのか、次の7つの点を考慮し調べてみることにしましょう。

  • 恋人ができた
  • 自分の状況を変えたい
  • 疲れている
  • もう会いたくないという気持ち
  • もっと良い友達ができた
  • やってみたいことがある
  • 友達が嫌いになった
  • まとめ

1. 恋人ができた

恋人ができた

これまで仲良くしていた友人が距離を置きたいと言いだしてくるというのは、自分よりももっと大切な人ができたという可能性が高くそれは恋人であることは少なくありません。

どれほど仲が良くてもやはり相手に恋人ができるとやはり以前と同じような感じで付き合っていくのは難しくなります。

その人は友人を失いたくないものの、今は恋人に夢中であり時間を取ることができなくなっているのです。

2. 自分の状況を変えたい

自分の状況を変えたい

いつも友人とべったりしていることは楽しく気楽で居心地が良いかもしれませんが、それだと新たな人間関係を作ることができないし、刺激も少なく自分を変化させたいと思ってもできないかもしれません。

少し友人と距離を置くことで自分を見つめ直し人間関係をリセットする、あるいはいろいろなことを考える時間が欲しいという気持ちになっています。

今のままでは自分が成長できないと感じているのかもしれません。

3. 疲れている

疲れている

距離を置きたくなるのはその友人と遊んだりするのに疲れていることが考えられます。

仕事で疲れプライベートでも疲れており、本当に休みたい気持ちになっているのです。

週末は家でのんびりしたいとか自分の好きなことのために時間を使いたい気持ちになっており、友人といつも連絡を取り合っているような関係にちょっと疲れを感じてきているのかもしれません。

4. もう会いたくないという気持ち

もう会いたくないという気持ち

友達と距離を置きたくなるというのは、もう会いたくないという気持ちゆえにそう言ってくることがあります。

もしかしたらうんざりしている部分があるのかもしれません。

もう会いたくないとはっきり言うことは相手を傷つけることになるので、やんわりとした断り方をしているのであり、相手を気遣っての提案ですが、本心はもう会いたくないというものでそれを示すセリフとして距離を置きたいといっていることがあります。

5. もっと良い友達ができた

もっと良い友達ができた

長年同じ友達とばかり遊んでいるとマンネリ化してきて刺激が足りなくなっていくし、同じ遊びや同じことしかしないかもしれません。

年齢と共に関心事も変わってくるし、同じ相手では以前のように楽しめなくなってきてしまうのも事実です。

そんな時に職場の別の友達と仲良くなって誘われて遊びに行くようになると、その友達との時間が刺激的で、これまで経験したことのない遊びや趣味、価値観に接するので刺激的であり、その新しい友達と一緒にいたいという気持ちが強くなっていきます。

そうなると仲の良かった友達と遊ぶことに魅力を感じなくなってしまい、次第に距離を置きたいという気持ちになるのは自然な流れです。

6. やってみたいことがある

やってみたいことがある

仕事以外でもやってみたいことは多々あり、向上心のある人はいろいろなことにチャレンジしたくなるものですが、その友達がそのチャレンジに関してネガティブなことを言ったり、邪魔をしようとしたりしてサポートや応援をしてくれるような感じではないと距離を置きたくなることでしょう、友達と会うことで時間も取られてしまう状況というのは面白いものではなく、その友達よりも自分のしたいことを優先させたいという気持ちが強いので距離を置きたいのです。

7. 友達が嫌いになった

友達が嫌いになった

友達のことを好きではなくなっているということがあります。

別に恋人ができたのでも、他に友人ができたのでもなく、ただ単にその友人の行動や性格、言うことなどいろいろなことが嫌いになってしまったのです。

相手を尊敬することができず、むしろ一緒にいると自分も嫌な人間になってしまうような気がして影響を受けることを恐れているということもあるでしょう。

嫌いになったといえば裏切るようなことにもなるために、距離を置きたいという気持ちなのです。

とはいえこのようなケースはおそらく友人はもう連絡は取りたくないという気持ちであり、相手からアプローチがあっても無視してしまうかもしれません。

まとめ

距離を置きたいと言ってくるということは、明らかにこれまでの関係を終わらせたい、あるいは考え直したいという意思表示であるといえます。

言われた方はショックかもしれませんが、それを言ってくる友達も悩みに悩んでの結論であり、勇気を出しての発言そして一時の感情的になった思いつきの言葉ではありません。

距離を置くことで相手のいろいろな部分が見えてきたりすることも多く、また以前のように会いたくなることもあるかもしれませんが、多くの場合新しい人間関係を築くことが多く、そのままフェードアウトしていくことになるかもしれません。

とはいえ仮に音信不通になっても数年後とは数十年後に会う機会があればそれは刺激的な出会いとなるでしょう。

以前は大好きで仲良しでいつも一緒にいるほどだったのに、距離を置きたいという心境になる経験することがあります。

どのような気持ちの変化がそれに関係しているのか、次の7つの点を考慮し調べてみることにしましょう。


恋人ができた

これまで仲良くしていた友人が距離を置きたいと言いだしてくるというのは、自分よりももっと大切な人ができたという可能性が高くそれは恋人であることは少なくありません。

どれほど仲が良くてもやはり相手に恋人ができるとやはり以前と同じような感じで付き合っていくのは難しくなります。

その人は友人を失いたくないものの、今は恋人に夢中であり時間を取ることができなくなっているのです。

自分の状況を変えたい

いつも友人とべったりしていることは楽しく気楽で居心地が良いかもしれませんが、それだと新たな人間関係を作ることができないし、刺激も少なく自分を変化させたいと思ってもできないかもしれません。

少し友人と距離を置くことで自分を見つめ直し人間関係をリセットする、あるいはいろいろなことを考える時間が欲しいという気持ちになっています。

今のままでは自分が成長できないと感じているのかもしれません。

疲れている

距離を置きたくなるのはその友人と遊んだりするのに疲れていることが考えられます。

仕事で疲れプライベートでも疲れており、本当に休みたい気持ちになっているのです。

週末は家でのんびりしたいとか自分の好きなことのために時間を使いたい気持ちになっており、友人といつも連絡を取り合っているような関係にちょっと疲れを感じてきているのかもしれません。

もう会いたくないという気持ち

友達と距離を置きたくなるというのは、もう会いたくないという気持ちゆえにそう言ってくることがあります。

もしかしたらうんざりしている部分があるのかもしれません。

もう会いたくないとはっきり言うことは相手を傷つけることになるので、やんわりとした断り方をしているのであり、相手を気遣っての提案ですが、本心はもう会いたくないというものでそれを示すセリフとして距離を置きたいといっていることがあります。

もっと良い友達ができた

長年同じ友達とばかり遊んでいるとマンネリ化してきて刺激が足りなくなっていくし、同じ遊びや同じことしかしないかもしれません。

年齢と共に関心事も変わってくるし、同じ相手では以前のように楽しめなくなってきてしまうのも事実です。

そんな時に職場の別の友達と仲良くなって誘われて遊びに行くようになると、その友達との時間が刺激的で、これまで経験したことのない遊びや趣味、価値観に接するので刺激的であり、その新しい友達と一緒にいたいという気持ちが強くなっていきます。

そうなると仲の良かった友達と遊ぶことに魅力を感じなくなってしまい、次第に距離を置きたいという気持ちになるのは自然な流れです。

やってみたいことがある

仕事以外でもやってみたいことは多々あり、向上心のある人はいろいろなことにチャレンジしたくなるものですが、その友達がそのチャレンジに関してネガティブなことを言ったり、邪魔をしようとしたりしてサポートや応援をしてくれるような感じではないと距離を置きたくなることでしょう、友達と会うことで時間も取られてしまう状況というのは面白いものではなく、その友達よりも自分のしたいことを優先させたいという気持ちが強いので距離を置きたいのです。

友達が嫌いになった

友達のことを好きではなくなっているということがあります。

別に恋人ができたのでも、他に友人ができたのでもなく、ただ単にその友人の行動や性格、言うことなどいろいろなことが嫌いになってしまったのです。

相手を尊敬することができず、むしろ一緒にいると自分も嫌な人間になってしまうような気がして影響を受けることを恐れているということもあるでしょう。

嫌いになったといえば裏切るようなことにもなるために、距離を置きたいという気持ちなのです。

とはいえこのようなケースはおそらく友人はもう連絡は取りたくないという気持ちであり、相手からアプローチがあっても無視してしまうかもしれません。

距離を置きたいと言ってくるということは、明らかにこれまでの関係を終わらせたい、あるいは考え直したいという意思表示であるといえます。

言われた方はショックかもしれませんが、それを言ってくる友達も悩みに悩んでの結論であり、勇気を出しての発言そして一時の感情的になった思いつきの言葉ではありません。

距離を置くことで相手のいろいろな部分が見えてきたりすることも多く、また以前のように会いたくなることもあるかもしれませんが、多くの場合新しい人間関係を築くことが多く、そのままフェードアウトしていくことになるかもしれません。

とはいえ仮に音信不通になっても数年後とは数十年後に会う機会があればそれは刺激的な出会いとなるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-