【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171219143813.html
学校にわざと遅刻する少年の心理

学校にわざと遅刻する少年の心理 | LADYCO

LADYCO
学校にわざと遅刻する少年の心理

なぜ学校にわざと遅刻する少年がいるのでしょうか。

少年なりに思うところがありそうしてしまっているのですが、その心理となる8つの点について考察してみましょう。

  • 遅刻することで注目を浴びたい
  • 同級生が誰もいない中で通学できる
  • もうじき卒業する
  • 親を困らせたい
  • 学校が嫌いで少しでも遅く行きたい
  • ちょっと悪いことをしてみたい誘惑
  • 遅刻が習慣になってしまっている
  • 学校の授業についていけないし苦痛
  • まとめ

1. 遅刻することで注目を浴びたい

遅刻することで注目を浴びたい

学校にわざと遅刻することで他の生徒や先生からの注目を浴びることになります。

もちろん良い意味ではないのですが、わざと遅刻することでそのように注目されて構ってもらえるのがそれなりに楽しいあるいは嬉しい気持ちがあったりします。

いつもいつもだと良くないので時々そうすることで、自分なりのそれがキャラとなっていたり、みんなから突っ込まれるのを楽しんでいたりします。

2. 同級生が誰もいない中で通学できる

同級生が誰もいない中で通学できる

遅刻しないようにと必死に通学する生徒が大部分ですので、その時間になると同じ制服を着た生徒と一緒になるし、校門付近はちょっと混雑したりするものです。

ですが遅刻をすると通学の時には自分ひとりしかいないので気楽であり、のんびりと余裕を持って学校の中に入ることができるのです。

ざわざわとした雰囲気がない中で通学できることのメリットを味わいたいという気持ちがあります。

3. もうじき卒業する

もうじき卒業する

学校にわざと遅刻するのは、もう成績も進学先も決まっており、この学校で多少まじめではなくなっても自分にそれほど影響がないので遅刻しても構わないということもあります。

授業はほとんどないかもしれず、学校に行くモチベーションがそれほど高いものではないので、なんとなく形式的に学校に行くだけ、あるいは遊び感覚になっている部分さえあるかもしれません。

もう卒業するのだから遅刻してもたいして怒られるたいことはないという計算があり、わざと遅刻して余裕な雰囲気を出すのです。

4. 親を困らせたい

親を困らせたい

学校に遅刻することが続くと担任の先生は心配するし、それを親と相談するようになることもあるでしょう。

子供はわざとそうすることで親を困らせたいという気持ちがあるかもしれません。

親との関係が上手くいっていない、親への愛情を感じない、そんな精神的な部分で病んでいて、親への反抗あるいはそうすることで自分が今の環境に決して満足をしているわけではないということを示したいのかもしれません。

5. 学校が嫌いで少しでも遅く行きたい

学校が嫌いで少しでも遅く行きたい

学校そのものが好きではなく気が進まないゆえに遅刻が多くなってしまうことがあります。

授業がつまらない、友達関係があまりよくない、先生が嫌いとかいじめなどの問題もあるのかもしれません。

学校という集団戦活のような空間がとても苦手であり、行くことのストレスを感じている場合には、いつも足取りは重く遅刻をしてしまうことでしょう。

そのような少年は授業が終わると真っ先に学校を飛び出していくかもしれません。

6. ちょっと悪いことをしてみたい誘惑

ちょっと悪いことをしてみたい誘惑

真面目に学校に行くことは立派なことですが、少年時代というのは仲間からの誘惑を受けることも多く、ちょっとした悪いことに興味を持ち始める年齢でもあります。

そうした友達と仲良くなると、学校に行く前にどこかで遊んだりするかもしれず、学校の午前中の最初の時間の授業はつまらないので、友達の家でゲームをしてから学校に行こうという感じになるかもしれません。

いけないことはわかっていても、ちょっとそうした悪いことをしてみたいし、友達に誘われると断ることができないというのがあり、わざと遅刻してしまうのです。

7. 遅刻が習慣になってしまっている

遅刻が習慣になってしまっている

遅刻することが習慣になってしまっており、そこに罪悪感があまりないこともあります。

先生があまり厳しく叱ることがないために、遅刻しても大丈夫という気持ちになってしまっているのかもしれません。

夜更かしやゲームのし過ぎなどで朝寝坊してしまうことが問題かもしれませんが、遅刻しても怒られないとそれを改善しようという強い決意を持つことができないのです。

親は共働きで朝早く出かけてしまっているために、子供が通学する時間をチェックすることができないことも改善が難しい原因かもしれません。

8. 学校の授業についていけないし苦痛

学校の授業についていけないし苦痛

学校の授業についていけない、学校で学ぼうとしてもそれを理解できないゆえに朝一番の授業から真剣に受けたいという気持ちになれないのです。

ハイレベルなのか、あるいはその少年のレベルではちょっと内容が難し過ぎるということもあるのでしょう。

理解することができない授業を受ける気持ちになれないゆえにわざと遅れて学校に行くのであり、授業そのものはその人にとって苦痛なのです。

まとめ

学校にわざと遅刻したくなるという気持ちを持つことは、ほとんどの人が多かれ少なかれ少年時代にあったに違いありません。

思春期は特に揺れ動く時期でありいろいろなことに興味を持つようになるので学校がつまらなく感じたり嫌になってしまうことはあるものです。

ただ理由はどうあれ学校にわざと遅刻するのは良いことではなく、やがて成長して社会人になったときにもそのような遅刻癖が出てしまう可能性もあるので、その点での家庭そして学校での教育は大切なものになります。

なぜ学校にわざと遅刻する少年がいるのでしょうか。

少年なりに思うところがありそうしてしまっているのですが、その心理となる8つの点について考察してみましょう。


遅刻することで注目を浴びたい

学校にわざと遅刻することで他の生徒や先生からの注目を浴びることになります。

もちろん良い意味ではないのですが、わざと遅刻することでそのように注目されて構ってもらえるのがそれなりに楽しいあるいは嬉しい気持ちがあったりします。

いつもいつもだと良くないので時々そうすることで、自分なりのそれがキャラとなっていたり、みんなから突っ込まれるのを楽しんでいたりします。

同級生が誰もいない中で通学できる

遅刻しないようにと必死に通学する生徒が大部分ですので、その時間になると同じ制服を着た生徒と一緒になるし、校門付近はちょっと混雑したりするものです。

ですが遅刻をすると通学の時には自分ひとりしかいないので気楽であり、のんびりと余裕を持って学校の中に入ることができるのです。

ざわざわとした雰囲気がない中で通学できることのメリットを味わいたいという気持ちがあります。

もうじき卒業する

学校にわざと遅刻するのは、もう成績も進学先も決まっており、この学校で多少まじめではなくなっても自分にそれほど影響がないので遅刻しても構わないということもあります。

授業はほとんどないかもしれず、学校に行くモチベーションがそれほど高いものではないので、なんとなく形式的に学校に行くだけ、あるいは遊び感覚になっている部分さえあるかもしれません。

もう卒業するのだから遅刻してもたいして怒られるたいことはないという計算があり、わざと遅刻して余裕な雰囲気を出すのです。

親を困らせたい

学校に遅刻することが続くと担任の先生は心配するし、それを親と相談するようになることもあるでしょう。

子供はわざとそうすることで親を困らせたいという気持ちがあるかもしれません。

親との関係が上手くいっていない、親への愛情を感じない、そんな精神的な部分で病んでいて、親への反抗あるいはそうすることで自分が今の環境に決して満足をしているわけではないということを示したいのかもしれません。

学校が嫌いで少しでも遅く行きたい

学校そのものが好きではなく気が進まないゆえに遅刻が多くなってしまうことがあります。

授業がつまらない、友達関係があまりよくない、先生が嫌いとかいじめなどの問題もあるのかもしれません。

学校という集団戦活のような空間がとても苦手であり、行くことのストレスを感じている場合には、いつも足取りは重く遅刻をしてしまうことでしょう。

そのような少年は授業が終わると真っ先に学校を飛び出していくかもしれません。

ちょっと悪いことをしてみたい誘惑

真面目に学校に行くことは立派なことですが、少年時代というのは仲間からの誘惑を受けることも多く、ちょっとした悪いことに興味を持ち始める年齢でもあります。

そうした友達と仲良くなると、学校に行く前にどこかで遊んだりするかもしれず、学校の午前中の最初の時間の授業はつまらないので、友達の家でゲームをしてから学校に行こうという感じになるかもしれません。

いけないことはわかっていても、ちょっとそうした悪いことをしてみたいし、友達に誘われると断ることができないというのがあり、わざと遅刻してしまうのです。

遅刻が習慣になってしまっている

遅刻することが習慣になってしまっており、そこに罪悪感があまりないこともあります。

先生があまり厳しく叱ることがないために、遅刻しても大丈夫という気持ちになってしまっているのかもしれません。

夜更かしやゲームのし過ぎなどで朝寝坊してしまうことが問題かもしれませんが、遅刻しても怒られないとそれを改善しようという強い決意を持つことができないのです。

親は共働きで朝早く出かけてしまっているために、子供が通学する時間をチェックすることができないことも改善が難しい原因かもしれません。

学校の授業についていけないし苦痛

学校の授業についていけない、学校で学ぼうとしてもそれを理解できないゆえに朝一番の授業から真剣に受けたいという気持ちになれないのです。

ハイレベルなのか、あるいはその少年のレベルではちょっと内容が難し過ぎるということもあるのでしょう。

理解することができない授業を受ける気持ちになれないゆえにわざと遅れて学校に行くのであり、授業そのものはその人にとって苦痛なのです。

学校にわざと遅刻したくなるという気持ちを持つことは、ほとんどの人が多かれ少なかれ少年時代にあったに違いありません。

思春期は特に揺れ動く時期でありいろいろなことに興味を持つようになるので学校がつまらなく感じたり嫌になってしまうことはあるものです。

ただ理由はどうあれ学校にわざと遅刻するのは良いことではなく、やがて成長して社会人になったときにもそのような遅刻癖が出てしまう可能性もあるので、その点での家庭そして学校での教育は大切なものになります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-