【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171219143745.html
学校でトイレをしたくない人の心理

学校でトイレをしたくない人の心理 | LADYCO

LADYCO
学校でトイレをしたくない人の心理

学生さんは小学生ですら学校でトイレをしたくない人が多いと聞きます。

それはなぜなのでしょうか。

親御さんや教育現場の関係者にも考えて欲しいテーマです。

  • 使った後のにおいが気になる
  • 無神経な人だと思われそう
  • 音を隠すのも神経質だしそのままも恥ずかしい
  • トイレに行く時間がもったいない
  • 他人が使うトイレを使うのが気持ち悪い
  • 賑やかな環境から取り残された気分になる
  • チャイムまでに間に合うのかと焦ってしまう
  • 思いっきりおなかに力を入れられず上手く出せない
  • せっかくのキャラが崩壊してしまいそう
  • まとめ

1. 使った後のにおいが気になる

使った後のにおいが気になる

学校でトイレをしたくない理由として使った後のにおいが気になるということがあります。

学校では自分が使った直後に誰かがすぐ使うことも珍しくないため、日頃から自分のトイレのにおいに敏感な人にとっては耐え難いことでしょう。

「あの子、あんなに可愛いのにトイレの後はくさいなんて…」と思われそうでできればしばらく誰にも使って欲しくないと考えますが、それも無理な話なので自分が使うことを我慢するようになります。

2. 無神経な人だと思われそう

無神経な人だと思われそう

学校でトイレをしたくないという意見はかなり多く聞きます。

それを気にせず使っているとなるとなんて無神経な人なんだと思われそうで怖くなり、実はそれほど気になっていなかったのに周りに合わせてトイレを使わないようにしているという人もいるのではないでしょうか。

そんな人はひとりの時は気にせず使いますし、友達に着いていくついでのフリをして使ったりして使う頻度も様々です。

3. 音を隠すのも神経質だしそのままも恥ずかしい

音を隠すのも神経質だしそのままも恥ずかしい

学校でトイレをしたくない人は用を足す際の音が気になるという理由も多いようです。

かといって音を消すボタンを押すのもいかにも音を立てて用を足していると言っているようなもので抵抗がありますし、そのまま開き直って音を消さずに用を足すのももちろん恥ずかしいのでトイレを使う気にはなれません。

精一杯おなかに力を入れて音が出ないようにトイレを使うくらいなら家まで我慢してしまいます。

4. トイレに行く時間がもったいない

トイレに行く時間がもったいない

学校では休み時間に友達とおしゃべりをしたりちょっと寝たりしたいという学生さんも多いため、トイレに行く時間がもったいないと考える人もいます。

仲間内で一人でもトイレに立ってしまうとおしゃべりが盛り上がりません。

トイレを少しくらい我慢してでも友達との時間を楽しみたいということなんです。

また、休み時間にトイレを我慢してでも勉強に励みたいという人もいるでしょう。

5. 他人が使うトイレを使うのが気持ち悪い

他人が使うトイレを使うのが気持ち悪い

潔癖症の人にとっては他人が使うトイレを自分が使うなんて気持ち悪くて考えられないということがあります。

便座に座るのもドアノブを触るのも一見清潔そうに見えても不潔であるということもよく知っており、とても使おうという気にはなれません。

使うとすればトイレットペーパーを敷いて座ったりハンカチを使ってドアノブを触るなど過剰な対策が必要になってきます。

それを見られるのも恥ずかしいのでなかなか使えないのです。

6. 賑やかな環境から取り残された気分になる

賑やかな環境から取り残された気分になる

学校のトイレに入ると途端に静かな空間に感じます。

それが落ち着くという人もいるかもしれませんが、遠くから聞こえるみんなの楽しそうな声や騒がしい足音などを聞くと早くそっちの賑やかな環境に戻らないとという気分になってしまう人もいます。

なんだか楽しい世界から取り残されたような気になり、落ち着いて用も足せないのです。

そんなはずもないのですがそう感じる人も中にはいるのです。

7. チャイムまでに間に合うのかと焦ってしまう

チャイムまでに間に合うのかと焦ってしまう

学校のトイレは特に女子となると非常に混んでおり、チャイムが鳴るまでに間に合うのか焦ってしまいます。

過去に一度でも用を足している最中にチャイムが鳴って慌てて経験がある人ならなおさら、トイレは落ち着かない場所としか思えずいっそ我慢してしまいたくなります。

あと1時間我慢すれば家に帰れるなんて時は迷わず家のトイレを使おうという気になるでしょう。

どうせ焦るなら落ち着いて用を足したいのです。

8. 思いっきりおなかに力を入れられず上手く出せない

思いっきりおなかに力を入れられず上手く出せない

本来なら思いっきりおなかに力を入れてすっきりしたいところですが、学校のトイレでそれをやってしまうと思わぬ大きな音を立てて恥ずかしい思いをしてしまいそうで勇気が出ません。

仕方なく力を入れないようにして用を足そうとしますが、それではなかなか上手く出せずに苦労します。

出したとしても爽快感が違い、ちょっともやっとした気分になるので学校のトイレはイヤだなという印象を持ってしまいます。

9. せっかくのキャラが崩壊してしまいそう

せっかくのキャラが崩壊してしまいそう

学校でアイドル的存在の人なら自分にトイレなどというイメージを持って欲しくないと考えることでしょう。

現実味のない手の届かない存在になりたいというのに、みんなと同じようにトイレが我慢できないなんてプライドが許せません。

そのためだけにトイレを使わないように我慢します。

そうすれば汚れのイメージがつかず、いつまでも天使のような印象を持ってもらえると考えています。

まとめ

学校でトイレをしたくない人は音やにおいを知られるのが恥ずかしいというのが多い理由ではないでしょうか。

中には自分のイメージを壊したくないとか、みんなの輪から外れたくないと考えるちょっと面倒な発想の人もいて困ったものです。

誰もが堂々とトイレを使う日が来るのが理想的ですね。

強制的にでもトイレを使う時間を設ける取り組みなどを提案したいくらいです。

学生さんは小学生ですら学校でトイレをしたくない人が多いと聞きます。

それはなぜなのでしょうか。

親御さんや教育現場の関係者にも考えて欲しいテーマです。


使った後のにおいが気になる

学校でトイレをしたくない理由として使った後のにおいが気になるということがあります。

学校では自分が使った直後に誰かがすぐ使うことも珍しくないため、日頃から自分のトイレのにおいに敏感な人にとっては耐え難いことでしょう。

「あの子、あんなに可愛いのにトイレの後はくさいなんて…」と思われそうでできればしばらく誰にも使って欲しくないと考えますが、それも無理な話なので自分が使うことを我慢するようになります。

無神経な人だと思われそう

学校でトイレをしたくないという意見はかなり多く聞きます。

それを気にせず使っているとなるとなんて無神経な人なんだと思われそうで怖くなり、実はそれほど気になっていなかったのに周りに合わせてトイレを使わないようにしているという人もいるのではないでしょうか。

そんな人はひとりの時は気にせず使いますし、友達に着いていくついでのフリをして使ったりして使う頻度も様々です。

音を隠すのも神経質だしそのままも恥ずかしい

学校でトイレをしたくない人は用を足す際の音が気になるという理由も多いようです。

かといって音を消すボタンを押すのもいかにも音を立てて用を足していると言っているようなもので抵抗がありますし、そのまま開き直って音を消さずに用を足すのももちろん恥ずかしいのでトイレを使う気にはなれません。

精一杯おなかに力を入れて音が出ないようにトイレを使うくらいなら家まで我慢してしまいます。

トイレに行く時間がもったいない

学校では休み時間に友達とおしゃべりをしたりちょっと寝たりしたいという学生さんも多いため、トイレに行く時間がもったいないと考える人もいます。

仲間内で一人でもトイレに立ってしまうとおしゃべりが盛り上がりません。

トイレを少しくらい我慢してでも友達との時間を楽しみたいということなんです。

また、休み時間にトイレを我慢してでも勉強に励みたいという人もいるでしょう。

他人が使うトイレを使うのが気持ち悪い

潔癖症の人にとっては他人が使うトイレを自分が使うなんて気持ち悪くて考えられないということがあります。

便座に座るのもドアノブを触るのも一見清潔そうに見えても不潔であるということもよく知っており、とても使おうという気にはなれません。

使うとすればトイレットペーパーを敷いて座ったりハンカチを使ってドアノブを触るなど過剰な対策が必要になってきます。

それを見られるのも恥ずかしいのでなかなか使えないのです。

賑やかな環境から取り残された気分になる

学校のトイレに入ると途端に静かな空間に感じます。

それが落ち着くという人もいるかもしれませんが、遠くから聞こえるみんなの楽しそうな声や騒がしい足音などを聞くと早くそっちの賑やかな環境に戻らないとという気分になってしまう人もいます。

なんだか楽しい世界から取り残されたような気になり、落ち着いて用も足せないのです。

そんなはずもないのですがそう感じる人も中にはいるのです。

チャイムまでに間に合うのかと焦ってしまう

学校のトイレは特に女子となると非常に混んでおり、チャイムが鳴るまでに間に合うのか焦ってしまいます。

過去に一度でも用を足している最中にチャイムが鳴って慌てて経験がある人ならなおさら、トイレは落ち着かない場所としか思えずいっそ我慢してしまいたくなります。

あと1時間我慢すれば家に帰れるなんて時は迷わず家のトイレを使おうという気になるでしょう。

どうせ焦るなら落ち着いて用を足したいのです。

思いっきりおなかに力を入れられず上手く出せない

本来なら思いっきりおなかに力を入れてすっきりしたいところですが、学校のトイレでそれをやってしまうと思わぬ大きな音を立てて恥ずかしい思いをしてしまいそうで勇気が出ません。

仕方なく力を入れないようにして用を足そうとしますが、それではなかなか上手く出せずに苦労します。

出したとしても爽快感が違い、ちょっともやっとした気分になるので学校のトイレはイヤだなという印象を持ってしまいます。

せっかくのキャラが崩壊してしまいそう

学校でアイドル的存在の人なら自分にトイレなどというイメージを持って欲しくないと考えることでしょう。

現実味のない手の届かない存在になりたいというのに、みんなと同じようにトイレが我慢できないなんてプライドが許せません。

そのためだけにトイレを使わないように我慢します。

そうすれば汚れのイメージがつかず、いつまでも天使のような印象を持ってもらえると考えています。

学校でトイレをしたくない人は音やにおいを知られるのが恥ずかしいというのが多い理由ではないでしょうか。

中には自分のイメージを壊したくないとか、みんなの輪から外れたくないと考えるちょっと面倒な発想の人もいて困ったものです。

誰もが堂々とトイレを使う日が来るのが理想的ですね。

強制的にでもトイレを使う時間を設ける取り組みなどを提案したいくらいです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-