【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171219143641.html
ため口で喋る年下の心理

ため口で喋る年下の心理 | LADYCO

LADYCO
ため口で喋る年下の心理

ため口で喋られると良い気持ちにはならないケースは少なくありません。

ため口で喋る年下の人はどんな気持ちでそうしているのでしょうか。

これからその点に関して8つの点を考慮してそうした人たちの理解を深めることができるかもしれません。

  • 上下関係のしがらみが嫌い
  • 単に口の利き方を知らない
  • 敬語を使えるもののため口が悪いという意識がない
  • 欧米系の感覚がある
  • 自分の方が上と考えている
  • 敬語を使う機会がないため口でも怒られない
  • 年下だけど年齢が近い
  • まとめ

1. 上下関係のしがらみが嫌い

上下関係のしがらみが嫌い

年下なのにため口で喋るのはそうした上下関係を意識することでのしがらみのようなものが嫌いということなのかもしれません。

もっとフランクで風通しを良くしたいという思いであり、あまり堅苦しい言葉で話すことが好きではないという思いもあるのでしょう。

とはいえビジネスではそのような上下を意識しないため口というのは生意気と思われますので注意が必要です。

2. 単に口の利き方を知らない

単に口の利き方を知らない

基本マナーが身に着いておらず、敬語で喋ることができない、口の利き方をわかっていないというタイプであり、最初は少し意識するかもしれませんが、すぐにため口になってしまうのです。

年下としての言葉遣いの仕方がわかっていないので相手を不快にさせてしまうことでしょう。

3. 敬語を使えるもののため口が悪いという意識がない

敬語を使えるもののため口が悪いという意識がない

年下だからというだけで相手が上という考えに同調していませんし、同じ職場であれば同じ組織の一員なので仲良く働く方がいい、そんな気持ちからあえてため口で喋るようにする人もいます。

敬語では親しくなることなどできない、ため口で対等な立場で会話をすることが楽しいし、親しくなれる方法だいう自負があるのかもしれません。

また敬語で喋ると上手く会話できなくなり、スムーズなコミュニケーションが取りづらくなるように感じるということもあるのかもしれません。

4. 欧米系の感覚がある

欧米系の感覚がある

英語などは特に日本語のような敬語と言われるものはほとんどなく対等に話す言語であり、どれほど年上の偉い人であったとしても、YOUというあなたという言葉を使います。

そうした英語圏の人たちは基本どの人ともあまり年を意識することはなく親しげに会話するのであり、その点では堅苦しさがありません。

そんなスタイルに憧れており、もっと自由にオープンに会話をしたいという志向が強いのかもしれません。

5. 自分の方が上と考えている

自分の方が上と考えている

年下であるのにため口なのは相手への言葉で敬語を使う必要がない、つまり自分の方が上であるという思いを持っていることもあります。

入社が長いとか経験が多少豊富である、あるいは自分の方が仕事ができるなどの何かの点で相手よりも自分の方が上という考えを持っているゆえに、同等そして場合によっては相手を見下げてしまうことさえあるでしょう。

そのように見ている相手に対してはため口を使うし、高慢さが表れているのかもしれません。

特に年下の若い人は年上の人たちよりもコンピューターの使い方に熟練している部分がありますので、そのような部分で優越感を持っていることもあるかもしれません。

6. 敬語を使う機会がないため口でも怒られない

敬語を使う機会がないため口でも怒られない

学生時代には敬語を使うことなどなかったし先生にも普通にため口で喋っていた、そして社会人になってもそんな感じであり、それを注意されることがないのでそれでもいいのかなと思ってしまう部分があります。

怒られればこれではいけないのだと気がつくのですが、大人たちもそうした注意を与えることを苦手あるいは注意すると嫌われるかもという意識があったりして黙認してしまう部分があるのかもしれません。

いずれにしてもため口のままで問題がないと感じてしまっており、その方が喋りやすいので変えるという意識がありません。

7. 年下だけど年齢が近い

年下だけど年齢が近い

数字上で2‐3くらいの違いであればほとんど一緒ですし、見た感じも同い年に見えるので仲良く親しくしたいという気持ちからため口で喋るという人でこのケースは多いかもしれません。

相手もそのように喋ってもらう方がフレンドリーな感じがするし、受け入れてもらっているという意識になるのでその方が良いと思っているのです。

敬語で話されると一線を引かれているんだなという気持ちになりやすいと考えているところがあります。

まとめ

年下でため口で喋るというのは職場ではあまり好感されませんが、状況によってはそれが良い場合もあるかもしれません。

とはいえどのような状況でも相手に不快な気持ちを与えないという点では職場では年下年上関係なく敬語を使うことが一番かもしれません。

年下なのにため口を使うと、相手の反感を買う可能性があるし、態度には出さなくても心では怒りに燃えているかもしれませんので、改めた方がよいでしょう。

ため口で喋られると良い気持ちにはならないケースは少なくありません。

ため口で喋る年下の人はどんな気持ちでそうしているのでしょうか。

これからその点に関して8つの点を考慮してそうした人たちの理解を深めることができるかもしれません。


上下関係のしがらみが嫌い

年下なのにため口で喋るのはそうした上下関係を意識することでのしがらみのようなものが嫌いということなのかもしれません。

もっとフランクで風通しを良くしたいという思いであり、あまり堅苦しい言葉で話すことが好きではないという思いもあるのでしょう。

とはいえビジネスではそのような上下を意識しないため口というのは生意気と思われますので注意が必要です。

単に口の利き方を知らない

基本マナーが身に着いておらず、敬語で喋ることができない、口の利き方をわかっていないというタイプであり、最初は少し意識するかもしれませんが、すぐにため口になってしまうのです。

年下としての言葉遣いの仕方がわかっていないので相手を不快にさせてしまうことでしょう。

敬語を使えるもののため口が悪いという意識がない

年下だからというだけで相手が上という考えに同調していませんし、同じ職場であれば同じ組織の一員なので仲良く働く方がいい、そんな気持ちからあえてため口で喋るようにする人もいます。

敬語では親しくなることなどできない、ため口で対等な立場で会話をすることが楽しいし、親しくなれる方法だいう自負があるのかもしれません。

また敬語で喋ると上手く会話できなくなり、スムーズなコミュニケーションが取りづらくなるように感じるということもあるのかもしれません。

欧米系の感覚がある

英語などは特に日本語のような敬語と言われるものはほとんどなく対等に話す言語であり、どれほど年上の偉い人であったとしても、YOUというあなたという言葉を使います。

そうした英語圏の人たちは基本どの人ともあまり年を意識することはなく親しげに会話するのであり、その点では堅苦しさがありません。

そんなスタイルに憧れており、もっと自由にオープンに会話をしたいという志向が強いのかもしれません。

自分の方が上と考えている

年下であるのにため口なのは相手への言葉で敬語を使う必要がない、つまり自分の方が上であるという思いを持っていることもあります。

入社が長いとか経験が多少豊富である、あるいは自分の方が仕事ができるなどの何かの点で相手よりも自分の方が上という考えを持っているゆえに、同等そして場合によっては相手を見下げてしまうことさえあるでしょう。

そのように見ている相手に対してはため口を使うし、高慢さが表れているのかもしれません。

特に年下の若い人は年上の人たちよりもコンピューターの使い方に熟練している部分がありますので、そのような部分で優越感を持っていることもあるかもしれません。

敬語を使う機会がないため口でも怒られない

学生時代には敬語を使うことなどなかったし先生にも普通にため口で喋っていた、そして社会人になってもそんな感じであり、それを注意されることがないのでそれでもいいのかなと思ってしまう部分があります。

怒られればこれではいけないのだと気がつくのですが、大人たちもそうした注意を与えることを苦手あるいは注意すると嫌われるかもという意識があったりして黙認してしまう部分があるのかもしれません。

いずれにしてもため口のままで問題がないと感じてしまっており、その方が喋りやすいので変えるという意識がありません。

年下だけど年齢が近い

数字上で2‐3くらいの違いであればほとんど一緒ですし、見た感じも同い年に見えるので仲良く親しくしたいという気持ちからため口で喋るという人でこのケースは多いかもしれません。

相手もそのように喋ってもらう方がフレンドリーな感じがするし、受け入れてもらっているという意識になるのでその方が良いと思っているのです。

敬語で話されると一線を引かれているんだなという気持ちになりやすいと考えているところがあります。

年下でため口で喋るというのは職場ではあまり好感されませんが、状況によってはそれが良い場合もあるかもしれません。

とはいえどのような状況でも相手に不快な気持ちを与えないという点では職場では年下年上関係なく敬語を使うことが一番かもしれません。

年下なのにため口を使うと、相手の反感を買う可能性があるし、態度には出さなくても心では怒りに燃えているかもしれませんので、改めた方がよいでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-