【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171219143617.html
いつも遅刻する友人の心理

いつも遅刻する友人の心理 | LADYCO

LADYCO
いつも遅刻する友人の心理

いつも遅刻する友人の心理についてです。

ランチやディナー、友達どうしの待ち合わせなど、毎回といっても遅刻してくる友人が身の回りに必ずや一人やか二人以上はいます。

毎度毎度遅刻してくることはもちろんながら、大切なイベントなどがあれば、遅刻してくると、友人関係を解消しようかと考えたり、はたまたどういう心理で遅刻しているのか、理解しづらいことがあります。

今回はこういう友人の心理についてお伝えします。

  • 生活が不摂生
  • 悪気がない
  • そもそもその友人と心理的な距離ができてしまっている
  • その待ち合わせよりも優先したい突発的な出来事がある
  • 突発的に案件が入るような仕事をしている
  • まとめ

1. 生活が不摂生

生活が不摂生

一般的には社会人であれば、毎日決まった時間に起きて、決まった時間に出社し、毎日同じ時間とは言わないながらも、大半の人は夜には帰宅し、ごはんを食べてお風呂に入って寝るというようなサイクルを繰り返しています。

いつも遅刻する人はこの生活リズムが守られていないケースが多くあります。

仕事にはいっていても、そのあと飲みに繰り出してしまうことがかなり頻繁にあったり、それも朝まで飲んでしまうケースが多いなどです。

休みの日は昼から夕方に起きて、結局何もせず終わってしまうようなそんなサイクルが続いている人は 食生活など生活全般においてだらしなくなってしまい、結果寝坊などで待ち合わせに遅れる人がいます。

この場合、遅刻したその時は本当に悪いと思っていますが、時間がたつと忘れてしまうことも多く、目の前の楽しいことに走ってしまうため、結果として生活サイクルが改善されないと遅刻が治ることはありません。

2. 悪気がない

悪気がない

一般的には友人などと待ち合わせをした場合、5〜10分くらい前から遅くとも待ち合わせの時間から15分以内には その場所に到着しているべきですが、いつも遅刻する人は待ち合わせ時間を目安時間とくらいにとらえています。

仕事じゃないし、ものすごく大切なことでもないし、遅刻してもそんなに影響がないときはなおさらです。

例えば、自分の気に入った服が見つからなかったり、思うように用意ができなかったりすると、待ち合わせ時間よりも、自分自身を整えることに時間を費やしてしまい、結果として 遅刻してしまいます。

この場合、遅刻してもさほど悪いとも思っておらず、例えば待ち合わせに遅れて友人がおこっていたとしても、表面上あやまったとしても、ほとんど悪気はありません。

3. そもそもその友人と心理的な距離ができてしまっている

そもそもその友人と心理的な距離ができてしまっている

これは直前まで行こうか行くまいか迷っているケースです。

そこまで親しくない、けれど何かしらの都合で付き合っているようなケースがこれに該当します。

好んでいきたくはないので、直前まで行こうかいくまいか迷っています。

けれども、ドタキャンするのは遅刻するよりも悪いと考え、結果としてくることはきますが、遅刻してしまいます。

この場合、時間よりもものすごく遅れてくることはありません。

ただこのように、すでに心理的距離があいてしまっている場合、根本はいきたくないから発生しているため、いずれかの段階で待ち合わせにこなくなることもよくあります。

4. その待ち合わせよりも優先したい突発的な出来事がある

その待ち合わせよりも優先したい突発的な出来事がある

これは往々にしてある、友人<恋人などのケースです。

友人と待ち合わせはしているが、たまたま恋人から電話があり、それが長引いた、あるいは たまたま恋人が近くにやってきて、あっていたなどです。

これはたまたまに見受けられますが、実は結構な頻度で恋人などから電話があったりするケースがあり、そのたびに待ち合わせに遅れるので、いつも遅刻してしまいます。

この場合、待ち合わせに遅れたことに悪気はあっても、心理的に友人との待ち合わせよりも 恋人やそのほかの要件の方を優先させているため、あまり改善されることもないです。

5. 突発的に案件が入るような仕事をしている

突発的に案件が入るような仕事をしている

これはその職業にもよりますが、自分はその友人との待ち合わせを優先しているし、生活が不摂生などでもない、ただ仕事が突発的に案件が入るような仕事をしている場合、往々にして遅れてしまうケースがあります。

個人あての営業の場合や医師などがこれにあたります。

こういう場合は本人に悪気はまったくなく、そもそも根がまじめな性格である場合が多いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本人が悪いと思っているケースもあれば、そうでないケースもあり、様々ですが、毎度毎度遅刻するようであれば、根本的に何かしら問題を抱えているケースもよくあります。

もし仮にその友人と付き合いが深いようであれば、例えば生活が不摂生の場合など、待ち合わせに限らず、遅刻の常習犯になってしまい、他人からの信頼も損なってしまうケースもありますので、生活サイクルの改善などアドバイスしてみてあげるといいです。

また、心理的な距離ができている場合や待ち合わせよりも優先したい突発的なできごとが多い場合などは そもそも絶対にしなければいけないイベントなどを除いて、会うことを避けるのも一つの方法の場合もあります。

突発的な案件が入るような仕事をしている場合は、その友人との関係性にもよりますが、待ち合わせをするときに、そもそもそれを理解した上での待ち合わせにするといいです。

いつも遅刻する友人の心理についてです。

ランチやディナー、友達どうしの待ち合わせなど、毎回といっても遅刻してくる友人が身の回りに必ずや一人やか二人以上はいます。

毎度毎度遅刻してくることはもちろんながら、大切なイベントなどがあれば、遅刻してくると、友人関係を解消しようかと考えたり、はたまたどういう心理で遅刻しているのか、理解しづらいことがあります。

今回はこういう友人の心理についてお伝えします。


生活が不摂生

一般的には社会人であれば、毎日決まった時間に起きて、決まった時間に出社し、毎日同じ時間とは言わないながらも、大半の人は夜には帰宅し、ごはんを食べてお風呂に入って寝るというようなサイクルを繰り返しています。

いつも遅刻する人はこの生活リズムが守られていないケースが多くあります。

仕事にはいっていても、そのあと飲みに繰り出してしまうことがかなり頻繁にあったり、それも朝まで飲んでしまうケースが多いなどです。

休みの日は昼から夕方に起きて、結局何もせず終わってしまうようなそんなサイクルが続いている人は 食生活など生活全般においてだらしなくなってしまい、結果寝坊などで待ち合わせに遅れる人がいます。

この場合、遅刻したその時は本当に悪いと思っていますが、時間がたつと忘れてしまうことも多く、目の前の楽しいことに走ってしまうため、結果として生活サイクルが改善されないと遅刻が治ることはありません。

悪気がない

一般的には友人などと待ち合わせをした場合、5〜10分くらい前から遅くとも待ち合わせの時間から15分以内には その場所に到着しているべきですが、いつも遅刻する人は待ち合わせ時間を目安時間とくらいにとらえています。

仕事じゃないし、ものすごく大切なことでもないし、遅刻してもそんなに影響がないときはなおさらです。

例えば、自分の気に入った服が見つからなかったり、思うように用意ができなかったりすると、待ち合わせ時間よりも、自分自身を整えることに時間を費やしてしまい、結果として 遅刻してしまいます。

この場合、遅刻してもさほど悪いとも思っておらず、例えば待ち合わせに遅れて友人がおこっていたとしても、表面上あやまったとしても、ほとんど悪気はありません。

そもそもその友人と心理的な距離ができてしまっている

これは直前まで行こうか行くまいか迷っているケースです。

そこまで親しくない、けれど何かしらの都合で付き合っているようなケースがこれに該当します。

好んでいきたくはないので、直前まで行こうかいくまいか迷っています。

けれども、ドタキャンするのは遅刻するよりも悪いと考え、結果としてくることはきますが、遅刻してしまいます。

この場合、時間よりもものすごく遅れてくることはありません。

ただこのように、すでに心理的距離があいてしまっている場合、根本はいきたくないから発生しているため、いずれかの段階で待ち合わせにこなくなることもよくあります。

その待ち合わせよりも優先したい突発的な出来事がある

これは往々にしてある、友人<恋人などのケースです。

友人と待ち合わせはしているが、たまたま恋人から電話があり、それが長引いた、あるいは たまたま恋人が近くにやってきて、あっていたなどです。

これはたまたまに見受けられますが、実は結構な頻度で恋人などから電話があったりするケースがあり、そのたびに待ち合わせに遅れるので、いつも遅刻してしまいます。

この場合、待ち合わせに遅れたことに悪気はあっても、心理的に友人との待ち合わせよりも 恋人やそのほかの要件の方を優先させているため、あまり改善されることもないです。

突発的に案件が入るような仕事をしている

これはその職業にもよりますが、自分はその友人との待ち合わせを優先しているし、生活が不摂生などでもない、ただ仕事が突発的に案件が入るような仕事をしている場合、往々にして遅れてしまうケースがあります。

個人あての営業の場合や医師などがこれにあたります。

こういう場合は本人に悪気はまったくなく、そもそも根がまじめな性格である場合が多いです。

いかがでしたでしょうか。

本人が悪いと思っているケースもあれば、そうでないケースもあり、様々ですが、毎度毎度遅刻するようであれば、根本的に何かしら問題を抱えているケースもよくあります。

もし仮にその友人と付き合いが深いようであれば、例えば生活が不摂生の場合など、待ち合わせに限らず、遅刻の常習犯になってしまい、他人からの信頼も損なってしまうケースもありますので、生活サイクルの改善などアドバイスしてみてあげるといいです。

また、心理的な距離ができている場合や待ち合わせよりも優先したい突発的なできごとが多い場合などは そもそも絶対にしなければいけないイベントなどを除いて、会うことを避けるのも一つの方法の場合もあります。

突発的な案件が入るような仕事をしている場合は、その友人との関係性にもよりますが、待ち合わせをするときに、そもそもそれを理解した上での待ち合わせにするといいです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-