【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171219143543.html
いつもニコニコしている人の心理

いつもニコニコしている人の心理 | LADYCO

LADYCO
いつもニコニコしている人の心理

いつもニコニコしている人はとても魅力的ですよね。

しかし、なぜ常に笑顔を絶やさずにいられるのでしょうか?

  • 基本的に前向き
  • その場の雰囲気を良くするため
  • 本音を隠している
  • 争いごとを嫌う
  • とにかく優しい
  • ちょっとしたことで喜べる
  • 常に徹底している
  • 非常に楽天的
  • まとめ

1. 基本的に前向き

基本的に前向き

ちょっとくらいのミスを犯しても「また頑張ればいいや」と思える。

そんなポジティブな精神を持つ人は、常に前向きな気持ちを保っているので、自然と笑顔も多くなります。

ただ、あまりにも前向き過ぎて、時に「鈍感」といったマイナスの評価を貰ってしまうことも。

もっとも、前向きな人は、そんな評価すらあまり気にしません。

時と場合によっては、多少イラッとくる瞬間もあるかもしれませんが、ここは周囲も前向きに捉えると吉。

常にネガティブで暗く、笑顔が全く無い、暗いオーラを漂わせているよりは遥かに良いと考え、多少の鈍感さには目をつぶってあげましょう。

2. その場の雰囲気を良くするため

その場の雰囲気を良くするため

いつもニコニコしている人が側に居ると、こちらまで気分が明るくなりますよね。

逆に、どんよりとした雰囲気を放つ人が近くに居たら、気分が滅入ってきてしまうものです。

「場の空気を明るくしたい」「皆が和やかな気持ちでいられたら良いな」という考えのもと、常にニコニコとした笑顔を保つ人も多いです。

周囲に対する気遣いと言えますね。

3. 本音を隠している

本音を隠している

心の底では悩みや苦しみを抱えているけれど、決して人には見せたくない。

そんな心理が働くと、本心を悟られないようにするため、常に笑顔を保ちがちです。

少しでも深刻な表情を見せると、多くの人は大抵「大丈夫?」と心配します。

しかし、ニコニコと笑っていれば、悩みや苦しみが少ないように見えますからね。

言わば常に本音を隠している状態なので、「誰にも本当の気持ちを打ち明けられない」と、密かに苦しんでいる可能性もあります。

4. 争いごとを嫌う

争いごとを嫌う

ニコニコとした笑顔は、相手に対し好印象を与えます。

そこには攻撃性など微塵も感じられませんから、自然と争いごとも生じにくくなるでしょう。

そのため、「なるべく人との衝突を避けたい」という心理が働くと、笑顔が多くなりがちです。

争いごとを好まない平和主義者ですね。

ただし、中には「笑顔で人を騙して操ってやろう」などと腹黒い考えを持つ人もいます。

こうしたタイプは、実際の衝突こそ起こしませんが、実は裏で色々と良からぬことを考えていたりします。

心底争いたくないのか、あるいは何か裏があるのか。

しっかりとした見極めが必要と言えるでしょう。

5. とにかく優しい

とにかく優しい

優しく穏やかな性格だと、意識せずともニコニコとした微笑みを保つことができます。

人に対していつも温かい目を向けており、ちょっとしたことでは怒りません。

そのため、表情も常にソフトで、険しい表情を浮かべることは滅多に無いでしょう。

しかし、その優しさや穏やかさゆえに、多少の不満もつい呑み込んでしまう癖があると言えます。

ニコニコとした柔らかい笑顔の裏には我慢もあるのだと察し、周りも同じくらいの優しさを与えてあげると良いでしょう。

6. ちょっとしたことで喜べる

ちょっとしたことで喜べる

例えば、「天気が良くて気持ちいい」「お目当ての本が見つかった」など。

日常で起きる些細な喜びに対し、心から感動できると、表情もパッと明るくなります。

些細なことに嬉しさを感じることができれば、自然と笑顔を発する機会も多くなるでしょう。

小さなことでも喜べるようになると、ただ普通に生活をしているだけでもハッピーになります。

ささやかな喜びを楽しめるように心掛ければ、毎日笑顔で過ごせるようになれますよ。

7. 常に徹底している

常に徹底している

いつもニコニコ、笑顔を絶やさず過ごしていたい。

そんな心理が強く働き、常に徹底した姿勢を保っているパターンです。

作り笑いと言うと少々聞こえが悪いかもしれませんが、「絶対に笑顔を忘れない」という、自らの信念をしっかり守り抜いていると言えます。

しかしこの場合、本人の頑張りあっての笑顔なので、決して心からの笑顔とは言えません。

フッと一人になった時には、途端に暗い表情を浮かべているということも多いです。

8. 非常に楽天的

非常に楽天的

何らかのトラブルや問題が生じた場合でも、決して動じることのないマイペースな性格。

そんな楽天的なタイプの人も、物事をあまり深く考えないがゆえに、いつもニコニコしていることが多いです。

その楽天的な笑顔に救われる人もたくさんいる反面、「無神経」と感じてしまう人も多いです。

しかし、決していい加減というわけではなく、意外と裏では真面目に考えていることも多々あるのです。

まとめ

いつも笑顔を絶やさず、ニコニコしている人を見ると、こちらまでつられて笑顔になってしまうものです。

周囲に居る人々を和やかな気持ちにしてくれますが、その裏側には、思いもよらぬ心理が隠されている場合もあります。

あの人は常にニコニコしているから、辛い悩みとは無縁なんだろうな. と思ってしまいがちですが、実際は心の奥底に深い闇を抱えているケースもあるのです。

とはいえもちろん、持ち前の性格により、ニコニコとした笑顔を絶やさない人もいます。

笑顔の理由を知ることは、その人を知ることにもなり得る、と言えそうですね。

いつもニコニコしている人はとても魅力的ですよね。

しかし、なぜ常に笑顔を絶やさずにいられるのでしょうか?


基本的に前向き

ちょっとくらいのミスを犯しても「また頑張ればいいや」と思える。

そんなポジティブな精神を持つ人は、常に前向きな気持ちを保っているので、自然と笑顔も多くなります。

ただ、あまりにも前向き過ぎて、時に「鈍感」といったマイナスの評価を貰ってしまうことも。

もっとも、前向きな人は、そんな評価すらあまり気にしません。

時と場合によっては、多少イラッとくる瞬間もあるかもしれませんが、ここは周囲も前向きに捉えると吉。

常にネガティブで暗く、笑顔が全く無い、暗いオーラを漂わせているよりは遥かに良いと考え、多少の鈍感さには目をつぶってあげましょう。

その場の雰囲気を良くするため

いつもニコニコしている人が側に居ると、こちらまで気分が明るくなりますよね。

逆に、どんよりとした雰囲気を放つ人が近くに居たら、気分が滅入ってきてしまうものです。

「場の空気を明るくしたい」「皆が和やかな気持ちでいられたら良いな」という考えのもと、常にニコニコとした笑顔を保つ人も多いです。

周囲に対する気遣いと言えますね。

本音を隠している

心の底では悩みや苦しみを抱えているけれど、決して人には見せたくない。

そんな心理が働くと、本心を悟られないようにするため、常に笑顔を保ちがちです。

少しでも深刻な表情を見せると、多くの人は大抵「大丈夫?」と心配します。

しかし、ニコニコと笑っていれば、悩みや苦しみが少ないように見えますからね。

言わば常に本音を隠している状態なので、「誰にも本当の気持ちを打ち明けられない」と、密かに苦しんでいる可能性もあります。

争いごとを嫌う

ニコニコとした笑顔は、相手に対し好印象を与えます。

そこには攻撃性など微塵も感じられませんから、自然と争いごとも生じにくくなるでしょう。

そのため、「なるべく人との衝突を避けたい」という心理が働くと、笑顔が多くなりがちです。

争いごとを好まない平和主義者ですね。

ただし、中には「笑顔で人を騙して操ってやろう」などと腹黒い考えを持つ人もいます。

こうしたタイプは、実際の衝突こそ起こしませんが、実は裏で色々と良からぬことを考えていたりします。

心底争いたくないのか、あるいは何か裏があるのか。

しっかりとした見極めが必要と言えるでしょう。

とにかく優しい

優しく穏やかな性格だと、意識せずともニコニコとした微笑みを保つことができます。

人に対していつも温かい目を向けており、ちょっとしたことでは怒りません。

そのため、表情も常にソフトで、険しい表情を浮かべることは滅多に無いでしょう。

しかし、その優しさや穏やかさゆえに、多少の不満もつい呑み込んでしまう癖があると言えます。

ニコニコとした柔らかい笑顔の裏には我慢もあるのだと察し、周りも同じくらいの優しさを与えてあげると良いでしょう。

ちょっとしたことで喜べる

例えば、「天気が良くて気持ちいい」「お目当ての本が見つかった」など。

日常で起きる些細な喜びに対し、心から感動できると、表情もパッと明るくなります。

些細なことに嬉しさを感じることができれば、自然と笑顔を発する機会も多くなるでしょう。

小さなことでも喜べるようになると、ただ普通に生活をしているだけでもハッピーになります。

ささやかな喜びを楽しめるように心掛ければ、毎日笑顔で過ごせるようになれますよ。

常に徹底している

いつもニコニコ、笑顔を絶やさず過ごしていたい。

そんな心理が強く働き、常に徹底した姿勢を保っているパターンです。

作り笑いと言うと少々聞こえが悪いかもしれませんが、「絶対に笑顔を忘れない」という、自らの信念をしっかり守り抜いていると言えます。

しかしこの場合、本人の頑張りあっての笑顔なので、決して心からの笑顔とは言えません。

フッと一人になった時には、途端に暗い表情を浮かべているということも多いです。

非常に楽天的

何らかのトラブルや問題が生じた場合でも、決して動じることのないマイペースな性格。

そんな楽天的なタイプの人も、物事をあまり深く考えないがゆえに、いつもニコニコしていることが多いです。

その楽天的な笑顔に救われる人もたくさんいる反面、「無神経」と感じてしまう人も多いです。

しかし、決していい加減というわけではなく、意外と裏では真面目に考えていることも多々あるのです。

いつも笑顔を絶やさず、ニコニコしている人を見ると、こちらまでつられて笑顔になってしまうものです。

周囲に居る人々を和やかな気持ちにしてくれますが、その裏側には、思いもよらぬ心理が隠されている場合もあります。

あの人は常にニコニコしているから、辛い悩みとは無縁なんだろうな. と思ってしまいがちですが、実際は心の奥底に深い闇を抱えているケースもあるのです。

とはいえもちろん、持ち前の性格により、ニコニコとした笑顔を絶やさない人もいます。

笑顔の理由を知ることは、その人を知ることにもなり得る、と言えそうですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-