【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171218184249.html
あえて恋愛しない人の心理

あえて恋愛しない人の心理 | LADYCO

LADYCO
あえて恋愛しない人の心理

今回はあえて恋愛しない人の心理についてお伝えします。

一般的なイメージでは特に10代から30代においては、人生で楽しいことの一つとして恋愛があげられますし、多くのヒット曲の歌詞においても恋愛について語られています。

恋愛をあえてしない心理について、まったく理解できない人も多々いることでしょうが、その心理についてお伝えします。

  • 経済的にゆとりがない
  • 自分に自信がない
  • 精神的に独立していたい
  • 自分の人生が充実している
  • 過去に大恋愛をして失敗した
  • 決まった人との連絡で満足している
  • まとめ

1. 経済的にゆとりがない

経済的にゆとりがない

これは特に男性にあてはまるケースが多いです。

どうしても世間的なイメージとして男性があらゆる場面で女性経済的にも精神的にも余裕を求められます。

その中で特にリアルに必要なものは、経済的なものがあげられます。

食事するのも、映画を見るのも、旅行にいくのにも、すべてに金銭的な問題が降りかかります。

自分ひとりなら安いチェーン店でも問題ない人は多くいますが、これが女性とデートするとなると、チェーン店などを敬遠する方も多くいます。

自分ひとりでも生活がぎりぎりとなると、したくともあえて恋愛しない場合が多くあります。

2. 自分に自信がない

自分に自信がない

これは男性のみならず、多くの男女に共通する問題です。

特にある程度年齢を重ねても、片思いばかりで成就してこなかった場合や、それだけでなく仕事や私生活でうまくいくことが少なかった場合です。

直近で仕事や私生活でうまくいくことが少ないと、あらゆる意味で自信をなくしてしまい、自分は何をやってもうまくいかないんだ、と考えている場合もあります。

また外見などもあげられます。

自分自身の見た目に対して自身をもてない人も多くいて、それがゆえに、自分からきっかけとなるコミュニケーションを切り出せない、そんな自分を変えることもおっくうだ、だからあえて恋愛はしないという場合も多くあります。

3. 精神的に独立していたい

精神的に独立していたい

恋愛をすることによって、多くの男女が幸せな瞬間がたくさん訪れます。

一方で自分の望まない別れや、そうでなくとも、不安にかられたり、心配になるようなこと、意図せず怒ってしまったり、また意図せず、喧嘩してしまったりというようなことも多くあります。

不安にかられたり、心配になるようなことが多々あると精神的にも疲弊していきます。

また生きてきた中で形成されている価値観も違ったりして、なかなか関係性がうまくいかない場合もあります。

そのような状態になることを嫌ってあえて恋愛しない人も多数います。

4. 自分の人生が充実している

自分の人生が充実している

例えば仕事であったり、趣味であったり、自分が今、生きていて最高に楽しいと思っている場合です。

特に忙しい社会人や、社会人でなくとも趣味に没頭している場合が多いです。

忙しい社会人の場合、寝て起きて仕事にいき、かえってきたら疲れて寝るだけというようなサイクルを繰り返す人も決して少なくなく、それがゆえに出会いもない、また出会いを求めてすらないというような人もたくさんいます。

また趣味においても同じです。

社会人の場合はただでさえ仕事がある上に、さらに自分の趣味に時間を割かれると、恋人との関係性を構築する時間もなかなかとれないというようなケースが多々あります。

そうするといい人とめぐりあえたとしても、あえて恋愛しないというような人も多々います。

5. 過去に大恋愛をして失敗した

過去に大恋愛をして失敗した

過去に大恋愛をして失敗したケースです。

これ以上ないときめきや、これ以上ないくらい人のことを好きになり、結果として、ものすごくつらい別れを経験した場合のことです。

そんなものすごくつらい状態になるくらいなら、いっそはじめから恋愛しないほうがいいと考える人もいます。

特にそれが最近であればあるほどそういった考えをする傾向が強いです。

ただこの場合、時間が経過するにつれて傷が癒える場合も決して少なくなく、時間がたてば、あえて恋愛をしないという選択を しない、あるいは気づかぬうちに次の恋愛をしていたというケースも多くあります。

6. 決まった人との連絡で満足している

決まった人との連絡で満足している

特に社会人ともなれば、なかなかプライベートで人とのつながりも増えにくく、決まった人としか連絡をとらないことも多いです。

そんな状態であれば、一人ひとりの関係に依存しやすいのも事実です。

人との関係性に依存した結果、最終的にうまくいかなかったことがあると、人と人の関係性はあいまいで、ともすれば崩れやすいことを知った上で、それならばいっそ恋愛なんてせず、 自分だけで生きていこう、という場合が多くあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

こうしてみるとあえて恋愛しない人の心理や不安や自信のなさからきている場合も多いです。

経済的な不安、精神的な不安は恋愛をするにはついてまわるもので、それを敬遠する人も多いです。

また一方で自分が今、すでに充実している場合においても、これ以上の精神的肉体的負荷はいらないと考える人もいます。

個人の価値観は一律のものではなく、また自由なものですが、恋愛をするにしても、しないにしても、自分自身がこれでよかったと思えるような人生を送れるようにしたいものです。

今回はあえて恋愛しない人の心理についてお伝えします。

一般的なイメージでは特に10代から30代においては、人生で楽しいことの一つとして恋愛があげられますし、多くのヒット曲の歌詞においても恋愛について語られています。

恋愛をあえてしない心理について、まったく理解できない人も多々いることでしょうが、その心理についてお伝えします。


経済的にゆとりがない

これは特に男性にあてはまるケースが多いです。

どうしても世間的なイメージとして男性があらゆる場面で女性経済的にも精神的にも余裕を求められます。

その中で特にリアルに必要なものは、経済的なものがあげられます。

食事するのも、映画を見るのも、旅行にいくのにも、すべてに金銭的な問題が降りかかります。

自分ひとりなら安いチェーン店でも問題ない人は多くいますが、これが女性とデートするとなると、チェーン店などを敬遠する方も多くいます。

自分ひとりでも生活がぎりぎりとなると、したくともあえて恋愛しない場合が多くあります。

自分に自信がない

これは男性のみならず、多くの男女に共通する問題です。

特にある程度年齢を重ねても、片思いばかりで成就してこなかった場合や、それだけでなく仕事や私生活でうまくいくことが少なかった場合です。

直近で仕事や私生活でうまくいくことが少ないと、あらゆる意味で自信をなくしてしまい、自分は何をやってもうまくいかないんだ、と考えている場合もあります。

また外見などもあげられます。

自分自身の見た目に対して自身をもてない人も多くいて、それがゆえに、自分からきっかけとなるコミュニケーションを切り出せない、そんな自分を変えることもおっくうだ、だからあえて恋愛はしないという場合も多くあります。

精神的に独立していたい

恋愛をすることによって、多くの男女が幸せな瞬間がたくさん訪れます。

一方で自分の望まない別れや、そうでなくとも、不安にかられたり、心配になるようなこと、意図せず怒ってしまったり、また意図せず、喧嘩してしまったりというようなことも多くあります。

不安にかられたり、心配になるようなことが多々あると精神的にも疲弊していきます。

また生きてきた中で形成されている価値観も違ったりして、なかなか関係性がうまくいかない場合もあります。

そのような状態になることを嫌ってあえて恋愛しない人も多数います。

自分の人生が充実している

例えば仕事であったり、趣味であったり、自分が今、生きていて最高に楽しいと思っている場合です。

特に忙しい社会人や、社会人でなくとも趣味に没頭している場合が多いです。

忙しい社会人の場合、寝て起きて仕事にいき、かえってきたら疲れて寝るだけというようなサイクルを繰り返す人も決して少なくなく、それがゆえに出会いもない、また出会いを求めてすらないというような人もたくさんいます。

また趣味においても同じです。

社会人の場合はただでさえ仕事がある上に、さらに自分の趣味に時間を割かれると、恋人との関係性を構築する時間もなかなかとれないというようなケースが多々あります。

そうするといい人とめぐりあえたとしても、あえて恋愛しないというような人も多々います。

過去に大恋愛をして失敗した

過去に大恋愛をして失敗したケースです。

これ以上ないときめきや、これ以上ないくらい人のことを好きになり、結果として、ものすごくつらい別れを経験した場合のことです。

そんなものすごくつらい状態になるくらいなら、いっそはじめから恋愛しないほうがいいと考える人もいます。

特にそれが最近であればあるほどそういった考えをする傾向が強いです。

ただこの場合、時間が経過するにつれて傷が癒える場合も決して少なくなく、時間がたてば、あえて恋愛をしないという選択を しない、あるいは気づかぬうちに次の恋愛をしていたというケースも多くあります。

決まった人との連絡で満足している

特に社会人ともなれば、なかなかプライベートで人とのつながりも増えにくく、決まった人としか連絡をとらないことも多いです。

そんな状態であれば、一人ひとりの関係に依存しやすいのも事実です。

人との関係性に依存した結果、最終的にうまくいかなかったことがあると、人と人の関係性はあいまいで、ともすれば崩れやすいことを知った上で、それならばいっそ恋愛なんてせず、 自分だけで生きていこう、という場合が多くあります。

いかがでしたでしょうか。

こうしてみるとあえて恋愛しない人の心理や不安や自信のなさからきている場合も多いです。

経済的な不安、精神的な不安は恋愛をするにはついてまわるもので、それを敬遠する人も多いです。

また一方で自分が今、すでに充実している場合においても、これ以上の精神的肉体的負荷はいらないと考える人もいます。

個人の価値観は一律のものではなく、また自由なものですが、恋愛をするにしても、しないにしても、自分自身がこれでよかったと思えるような人生を送れるようにしたいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-