【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171218170430.html
好きな人にちょっかいを出す心理

好きな人にちょっかいを出す心理 | LADYCO

LADYCO
好きな人にちょっかいを出す心理

好きな人にちょっかいを出す心理についてお伝えします。

女性からは理解しがたいであろう、ちょっかいを出すという行為についてです。

これはすべての男性に共通するわけではありませんが、多かれ少なかれ、多くの男性に共通する心理といっても過言ではありません。

行動の一つとしてちょっかいを出すという行為はあまり女性ではなく、男性に多いような印象もありますが、 その行動はどういう心理で行われているのか、今回は5点紹介します。

  • コミュニケーションを取りたい
  • 甘えたい
  • 喋りたいが恥ずかしい
  • 愛情表現
  • 自分に関心を向けるための行為
  • まとめ

1. コミュニケーションを取りたい

コミュニケーションを取りたい

世間で求められる男性のイメージとしては、どっしりしている、しっかりしている、論理的などのイメージがありますが、 いくら男性といえども、いつでもそのような状態でいられるわけではありません。

単にコミュニケーションをとりたい、ちょっと話してみたいというような状況であれば、 論理的な行動はできず、ただ単に少し話してみたい、コミュニケーションをとってみたいと思ってちょっかいを出す場合があります。

2. 甘えたい

甘えたい

一般的にどうしても男性は男性らしく、精神的にも経済的にも一人立ちしていて、社会や学校でもしっかりしていることが求められます。

ただ好きな人の前では、精神的に開放され、一般的に求められていることではなく、本来の自分が出てしまうことがあります。

本来の自分とは、社会でしっかり自立した自分ではなく、男であっても甘えたい自分です。

それを言葉ではうまく表現できず、行動としてちょっかいを出すということに表れている場合があります。

3. 喋りたいが恥ずかしい

喋りたいが恥ずかしい

本来なら、大好きだとか愛しているとかの言葉で表現するのが一番だとは理解しつつも、それをうまく伝えられない、あるいは、 伝えるのがはずかしくてできないという場合が多々あります。

本気で大好きとか愛しているという言葉を使って表現するのが、どうしても男性的なイメージとはかけ離れていると考えている男性は まだまだ多く、それを恥ずかしい行動であるとか、恥ずかしい言葉であると考えて、 伝えたいながらも、うまく表現できずに結果としてちょっかいを出してしまう場合があります。

4. 愛情表現

愛情表現

男性は一般的に本能レベルで身体的に女性とつながっていたいという心理があります。

ただ、もし仮にそういう心理が働いていたとしても、まだそういった信頼関係を構築できていない場合や、 彼氏彼女の関係や夫婦の関係になっていたとしても、いつでも身体的につながっていられるわけではありません。

自宅や職場はもちろん、一歩外にでればたくさんの人に出会うわけで、そういうシチュエーションの場合は、 どうしても恥ずかしさもあいまって身体的によりそったりすることや手をつないだりすることができない場合が多々あります。

そういう場合に軽く叩いてみたりなどのちょっかいを出す場合はあります。

5. 自分に関心を向けるための行為

自分に関心を向けるための行為

多くの男性と女性が同時に同じ場所に存在するような学校や職場が該当するかもしれません。

どうしても多くの男性と女性がいるような場合だと、何もしないと自分自身に関心が向けられない、 あるいは自分に振り向きもしてくれないというようなケースが多々あります。

そういう場合に、自分自身に関心を寄せる目的でちょっかいを出す場合があります。

ライバルが多い場合に、ストレートに自分に振り向いてほしいとか、自分にもっと関心をもってほしいなどの言葉を使って 表現することができず、結果としてちょっかいを出してしまうという場合があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

なかなか言葉や態度で表現する女性と、それをうまく表現できない男性とで、へだたりがある印象もあります。

男性視点で言えば、好きであることの表現方法として結果としてちょっかいを出すという行為につながっていると考えられます。

女性視点で言えば、ちょっかいを出すなどの表現方法ではなく、もっとストレートに表現してよ、と言いたくなる気持ちもあろうかと思います。

ただ、女性も往々にしてその傾向はありますが、どうしても、男性は男性らしく、女性は女性らしく生きなければいけないというような イメージも多々あることは事実で、そういったイメージから遠くならないように、自己防衛しながら、それでも、少しでもいいので 好きな人と触れ合いたい、少しでもいいので好きな人と何らかの関係を持ちたいという欲求がそうさせています。

できることなら、それも含めて好きな人には理解してもらいたいとは多くの男性が考えますが、特に関係を構築する初期段階ではなかなか理解されないケースも多いことでしょう。

タイミングをみはからって、いつもちょっかいを出してごめんね、それはあなたのことが好きだからついそうしてしまうんだというような コミュニケーションを二人だけの時などに話しておくと、ちょっかいを出すといういわゆるネガティブな行為でも、 それも含めて相手に好きになってもらえる可能性も大きいことと思います。

好きな人にちょっかいを出す心理についてお伝えします。

女性からは理解しがたいであろう、ちょっかいを出すという行為についてです。

これはすべての男性に共通するわけではありませんが、多かれ少なかれ、多くの男性に共通する心理といっても過言ではありません。

行動の一つとしてちょっかいを出すという行為はあまり女性ではなく、男性に多いような印象もありますが、 その行動はどういう心理で行われているのか、今回は5点紹介します。


コミュニケーションを取りたい

世間で求められる男性のイメージとしては、どっしりしている、しっかりしている、論理的などのイメージがありますが、 いくら男性といえども、いつでもそのような状態でいられるわけではありません。

単にコミュニケーションをとりたい、ちょっと話してみたいというような状況であれば、 論理的な行動はできず、ただ単に少し話してみたい、コミュニケーションをとってみたいと思ってちょっかいを出す場合があります。

甘えたい

一般的にどうしても男性は男性らしく、精神的にも経済的にも一人立ちしていて、社会や学校でもしっかりしていることが求められます。

ただ好きな人の前では、精神的に開放され、一般的に求められていることではなく、本来の自分が出てしまうことがあります。

本来の自分とは、社会でしっかり自立した自分ではなく、男であっても甘えたい自分です。

それを言葉ではうまく表現できず、行動としてちょっかいを出すということに表れている場合があります。

喋りたいが恥ずかしい

本来なら、大好きだとか愛しているとかの言葉で表現するのが一番だとは理解しつつも、それをうまく伝えられない、あるいは、 伝えるのがはずかしくてできないという場合が多々あります。

本気で大好きとか愛しているという言葉を使って表現するのが、どうしても男性的なイメージとはかけ離れていると考えている男性は まだまだ多く、それを恥ずかしい行動であるとか、恥ずかしい言葉であると考えて、 伝えたいながらも、うまく表現できずに結果としてちょっかいを出してしまう場合があります。

愛情表現

男性は一般的に本能レベルで身体的に女性とつながっていたいという心理があります。

ただ、もし仮にそういう心理が働いていたとしても、まだそういった信頼関係を構築できていない場合や、 彼氏彼女の関係や夫婦の関係になっていたとしても、いつでも身体的につながっていられるわけではありません。

自宅や職場はもちろん、一歩外にでればたくさんの人に出会うわけで、そういうシチュエーションの場合は、 どうしても恥ずかしさもあいまって身体的によりそったりすることや手をつないだりすることができない場合が多々あります。

そういう場合に軽く叩いてみたりなどのちょっかいを出す場合はあります。

自分に関心を向けるための行為

多くの男性と女性が同時に同じ場所に存在するような学校や職場が該当するかもしれません。

どうしても多くの男性と女性がいるような場合だと、何もしないと自分自身に関心が向けられない、 あるいは自分に振り向きもしてくれないというようなケースが多々あります。

そういう場合に、自分自身に関心を寄せる目的でちょっかいを出す場合があります。

ライバルが多い場合に、ストレートに自分に振り向いてほしいとか、自分にもっと関心をもってほしいなどの言葉を使って 表現することができず、結果としてちょっかいを出してしまうという場合があります。

いかがでしたでしょうか。

なかなか言葉や態度で表現する女性と、それをうまく表現できない男性とで、へだたりがある印象もあります。

男性視点で言えば、好きであることの表現方法として結果としてちょっかいを出すという行為につながっていると考えられます。

女性視点で言えば、ちょっかいを出すなどの表現方法ではなく、もっとストレートに表現してよ、と言いたくなる気持ちもあろうかと思います。

ただ、女性も往々にしてその傾向はありますが、どうしても、男性は男性らしく、女性は女性らしく生きなければいけないというような イメージも多々あることは事実で、そういったイメージから遠くならないように、自己防衛しながら、それでも、少しでもいいので 好きな人と触れ合いたい、少しでもいいので好きな人と何らかの関係を持ちたいという欲求がそうさせています。

できることなら、それも含めて好きな人には理解してもらいたいとは多くの男性が考えますが、特に関係を構築する初期段階ではなかなか理解されないケースも多いことでしょう。

タイミングをみはからって、いつもちょっかいを出してごめんね、それはあなたのことが好きだからついそうしてしまうんだというような コミュニケーションを二人だけの時などに話しておくと、ちょっかいを出すといういわゆるネガティブな行為でも、 それも含めて相手に好きになってもらえる可能性も大きいことと思います。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-