【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171218140441.html
腕を組んで話を聞く人の心理

腕を組んで話を聞く人の心理 | LADYCO

LADYCO
腕を組んで話を聞く人の心理

人の話を聞くときに腕組みをする人がいます。

ここでは、腕を組んで話を聞く人について、どんな心理を持っているのか見ていくことにしましょう。

  • 自分の優位性を示している
  • 相手に敵意や嫌悪感を抱いている
  • 相手の話に反対している
  • 相手にだまされまいと警戒している
  • 機嫌が悪い
  • 考えに集中している
  • まとめ

1. 自分の優位性を示している

自分の優位性を示している

腕を組みながら話を聞いている人を見たとき、「えらそう」というイメージを持つ人がおおいに違いありません。

実際に、多くの場合、より上の立場にある人が、下の立場の人の話を聞くときに、腕を組むものです。

たとえば、会社で上司と部下が話をするとき、上司が腕を組むほうが、部下が腕を組むよりも多いと考えていいでしょう。

つまり、腕を組むというしぐさには、自分の優位性を相手に示そうとする心理が隠されているのです。

対等の立場の場合でも、相手の話を聞きながら腕を組んでいる人には、「あなたよりも、私のほうが優れている」とか、「より賢い」というように、自分のほうが上ということを示そうとしていると考えていいでしょう。

最初にお話しした通り、腕を組みながら話を聞く人はえらそうに見えるものでが、それを意図して腕を組んで見せるということがよくあるのです。

2. 相手に敵意や嫌悪感を抱いている

相手に敵意や嫌悪感を抱いている

腕を組むというしぐさには、相手を威嚇するという意味が含まれることがあります。

話している相手が腕組みをしているのを見て、良くない印象を持つ人は少なくないでしょう。

「もしかして、この人は自分のことが嫌いなのではないか」と思う人もいるに違いありません。

人の話を聞くときに腕を組む人には、それを意図しているケースがあるのです。

「私はあなたに対して不快な気持ちを抱いている」、あるいは「敵意を抱いている」ということを、腕を組むことによって意思表示しているわけです。

この心理の場合、それをはっきり意図して、腕を組んで見せているケースと、無意識のうちに腕を組んでいるケースがあると考えていいでしょう。

つまり、心の中にある相手に対す敵意や嫌悪感が、無意識のうちに腕を組むというしぐさにつながるケースもあるのです。

3. 相手の話に反対している

相手の話に反対している

相手が自分の意見や考えを話しているとしましょう。

その意見や考えにまったく同調する、賛成するという場合は、腕を組むということはあまりありません。

多くの場合、腕を組むのは、その逆のケースなのです。

つまり、相手の意見に反対している、あるいは、相手の考えに疑問を感じているというときに、腕を組むということが少なくありません。

反対意見をもっているけれど、とりあえず相手の話を一通り聞こうとするとき、無意識のうちに腕を組むことが多いのです。

この心理の場合、相手の話が一段落したところで、反対意見を述べたり、疑問点を追及することになると考えていいでしょう。

4. 相手にだまされまいと警戒している

相手にだまされまいと警戒している

たとえば、営業マンが商品の売り込みをするとき、相手が腕を組みながら営業マンの話を聞くということがよくあります。

この場合、腕を組む人には相手を警戒しているという心理があるケースが少なくありません。

巧みな営業トークに乗せられて、必要でもない商品を売りつけられることを警戒しているわけです。

ほかにも、相手の話がどうも信用できない、眉唾物だと感じているとき、相手にだまされまいとして、腕を組みながら話を聞くということもあります。

この心理の場合、ほとんどは無意識のうちに腕を組んでいるものですが、中には、「自分はあなたを疑っている」という意思表示をするため、意識的に腕を組んで見せるという人もいます。

5. 機嫌が悪い

機嫌が悪い

特に相手に対して悪い感情をもってはいなくても、腕を組みながら話を聞くというケースもあります。

たとえば、会社の上司に仕事に関する良い報告をするとしましょう。

いつもはそんなことをしないのに、その時に限ってなぜか上司は腕を組みながら話を聞いているとします。

報告の内容は良いものですから、上司はその内容に不快を感じているわけではありません。

では、なぜ、腕を組みながら話を聞いているのか、それは、上司が不機嫌だからです。

報告をする直前に、何か嫌なことがあって、そのために機嫌を損ねているというような場合、その不機嫌さが腕を組むというしぐさにつながっているのです。

ほかにも、体調が思わしくなく、そのために機嫌が悪い場合にも、同じように腕を組むケースもあります。

相手が誰でも、話の内容がどんなものであっても、無意識のうちに腕を組んでいるわけです。

6. 考えに集中している

考えに集中している

人間は、人と話をしているときでなくても、たとえば何か考え事をしているときに腕を組むということが少なくありません。

ですから、人の話を聞いているときでも、自分の考えに集中している場合、腕を組むことがあります。

相手の話を聞きながら、それに対する反論を考えているというケースもありますし、話を聞いているふりをしながら、まったく違うことを考えているというケースもあります。

いずれにしても、腕を組みながら話を聞いている人は、頭を忙しく働かせているわけです。

まとめ

人の話を聞くときに腕を組む人の心理を、6種類紹介しました。

こちらが話をしているとき、相手が腕を組んでいる場合、どんな心理状態にあるのかを知るための参考になさってください。

人の話を聞くときに腕組みをする人がいます。

ここでは、腕を組んで話を聞く人について、どんな心理を持っているのか見ていくことにしましょう。


自分の優位性を示している

腕を組みながら話を聞いている人を見たとき、「えらそう」というイメージを持つ人がおおいに違いありません。

実際に、多くの場合、より上の立場にある人が、下の立場の人の話を聞くときに、腕を組むものです。

たとえば、会社で上司と部下が話をするとき、上司が腕を組むほうが、部下が腕を組むよりも多いと考えていいでしょう。

つまり、腕を組むというしぐさには、自分の優位性を相手に示そうとする心理が隠されているのです。

対等の立場の場合でも、相手の話を聞きながら腕を組んでいる人には、「あなたよりも、私のほうが優れている」とか、「より賢い」というように、自分のほうが上ということを示そうとしていると考えていいでしょう。

最初にお話しした通り、腕を組みながら話を聞く人はえらそうに見えるものでが、それを意図して腕を組んで見せるということがよくあるのです。

相手に敵意や嫌悪感を抱いている

腕を組むというしぐさには、相手を威嚇するという意味が含まれることがあります。

話している相手が腕組みをしているのを見て、良くない印象を持つ人は少なくないでしょう。

「もしかして、この人は自分のことが嫌いなのではないか」と思う人もいるに違いありません。

人の話を聞くときに腕を組む人には、それを意図しているケースがあるのです。

「私はあなたに対して不快な気持ちを抱いている」、あるいは「敵意を抱いている」ということを、腕を組むことによって意思表示しているわけです。

この心理の場合、それをはっきり意図して、腕を組んで見せているケースと、無意識のうちに腕を組んでいるケースがあると考えていいでしょう。

つまり、心の中にある相手に対す敵意や嫌悪感が、無意識のうちに腕を組むというしぐさにつながるケースもあるのです。

相手の話に反対している

相手が自分の意見や考えを話しているとしましょう。

その意見や考えにまったく同調する、賛成するという場合は、腕を組むということはあまりありません。

多くの場合、腕を組むのは、その逆のケースなのです。

つまり、相手の意見に反対している、あるいは、相手の考えに疑問を感じているというときに、腕を組むということが少なくありません。

反対意見をもっているけれど、とりあえず相手の話を一通り聞こうとするとき、無意識のうちに腕を組むことが多いのです。

この心理の場合、相手の話が一段落したところで、反対意見を述べたり、疑問点を追及することになると考えていいでしょう。

相手にだまされまいと警戒している

たとえば、営業マンが商品の売り込みをするとき、相手が腕を組みながら営業マンの話を聞くということがよくあります。

この場合、腕を組む人には相手を警戒しているという心理があるケースが少なくありません。

巧みな営業トークに乗せられて、必要でもない商品を売りつけられることを警戒しているわけです。

ほかにも、相手の話がどうも信用できない、眉唾物だと感じているとき、相手にだまされまいとして、腕を組みながら話を聞くということもあります。

この心理の場合、ほとんどは無意識のうちに腕を組んでいるものですが、中には、「自分はあなたを疑っている」という意思表示をするため、意識的に腕を組んで見せるという人もいます。

機嫌が悪い

特に相手に対して悪い感情をもってはいなくても、腕を組みながら話を聞くというケースもあります。

たとえば、会社の上司に仕事に関する良い報告をするとしましょう。

いつもはそんなことをしないのに、その時に限ってなぜか上司は腕を組みながら話を聞いているとします。

報告の内容は良いものですから、上司はその内容に不快を感じているわけではありません。

では、なぜ、腕を組みながら話を聞いているのか、それは、上司が不機嫌だからです。

報告をする直前に、何か嫌なことがあって、そのために機嫌を損ねているというような場合、その不機嫌さが腕を組むというしぐさにつながっているのです。

ほかにも、体調が思わしくなく、そのために機嫌が悪い場合にも、同じように腕を組むケースもあります。

相手が誰でも、話の内容がどんなものであっても、無意識のうちに腕を組んでいるわけです。

考えに集中している

人間は、人と話をしているときでなくても、たとえば何か考え事をしているときに腕を組むということが少なくありません。

ですから、人の話を聞いているときでも、自分の考えに集中している場合、腕を組むことがあります。

相手の話を聞きながら、それに対する反論を考えているというケースもありますし、話を聞いているふりをしながら、まったく違うことを考えているというケースもあります。

いずれにしても、腕を組みながら話を聞いている人は、頭を忙しく働かせているわけです。

人の話を聞くときに腕を組む人の心理を、6種類紹介しました。

こちらが話をしているとき、相手が腕を組んでいる場合、どんな心理状態にあるのかを知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-