【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171218140015.html
さまざま理由で元彼に連絡する女性の心理

さまざま理由で元彼に連絡する女性の心理 | LADYCO

LADYCO
さまざま理由で元彼に連絡する女性の心理

女性の中には、別れた後も元彼に連絡してしまう女性がいます。

それは振られた場合でも、自分から振った場合でも同じです。

彼女たちはなぜ、一度何らかの理由で別れた元彼に連絡をするのでしょか。

その理由を以下にまとめました。

  • 無神経なだけ 〜気まぐれに連絡しているだけ〜
  • 人恋しい 〜女性は男性に比べて孤独が苦手〜
  • 新しい彼氏に不満がある 〜どうしても前の彼氏と比べてしまう〜
  • いわゆる「キープ君」である場合 〜本命とうまくいかなかったので連絡〜
  • 男友達を求めている 〜一種のステータスでもあるため〜
  • 未練を感じている 〜別れたけれどやっぱり好きだった?
  • 見返しをしたいため 〜幸せになったことをアピールしたい〜
  • まとめ

1. 無神経なだけ 〜気まぐれに連絡しているだけ〜

無神経なだけ 〜気まぐれに連絡しているだけ〜

男性から見ても非常に困るのが、このパターンです。

女性は男性に比べて、論理よりも感情を優先して動くために、何の理由もなく前の彼氏の状況を雑談感覚で聞いてしまうこともあるのです。

最近彼女いるのか、とか今の生活どう?といったパターンが典型的な例となります。

こうしたパターンは、電話やライン・メールなどの連絡をかけられた男性側も気分を害している場合が多く、総じて迷惑な行動になってしまいます。

2. 人恋しい 〜女性は男性に比べて孤独が苦手〜

人恋しい 〜女性は男性に比べて孤独が苦手〜

女性は男性に比べてスキンシップを取りたがる生き物です。

そのためか、孤独には男性よりもはるかに弱い生き物でもあります。

何かの拍子にふと寂しいと感じてしまい、その寂しさを埋めるために前の彼氏に連絡を取ることがあります。

自分が寂しいので構ってほしいという心理が働いているのです。

女性同士でおしゃべりや交流を深めて解消するパターンが多くいますが、男性のほうが女性同士では話せないことも話せたりするパターンもあるため、一概に少ないとは言えないこともまた事実です。

3. 新しい彼氏に不満がある 〜どうしても前の彼氏と比べてしまう〜

新しい彼氏に不満がある 〜どうしても前の彼氏と比べてしまう〜

女性も男性も、1人しか付き合ったことがないという人は珍しいものです。

何人か付き合っていく中で、自分の中でも今の彼氏と歴代の彼氏で、無意識にさまざまなことを比較しています。

年収や外見と言ったわかりやすい内容から、デートの時にどの程度気遣いができるか、夜の方面はどうかといったディープな内容まで、女性は直感かつ体感的に比較しているのです。

この点で、今の彼氏に何らかの点で不満を感じると、元の彼氏に連絡を取ってその不足部分を埋めようとする行動にでることがあります。

例えば、今の彼氏が話ベタだと感じている場合には、前の彼氏と比較し前の彼氏のほうが話が上手だった場合には、裏でわからないようにコンタクトを図っていることもあります。

4. いわゆる「キープ君」である場合 〜本命とうまくいかなかったので連絡〜

いわゆる「キープ君」である場合 〜本命とうまくいかなかったので連絡〜

あまり事例が多いパターンではありませんが、恋多き女性やいわゆる肉食系の女性に比較的当てはまることが多いパターンです。

本命の彼氏とうまくいかない場合や、何らかの原因で関係が終わってしまった時に、「キープ君」扱いの男性が本命彼氏に昇格する可能性があります。

この「キープ君」を昇格させるために男性に連絡を取るというパターンがあります。

5. 男友達を求めている 〜一種のステータスでもあるため〜

男友達を求めている 〜一種のステータスでもあるため〜

女性同士の中でどれだけ優秀な男友達がいるかは、女性にとって一種のステータスです。

このために、一度別れはしたけれどスペックや外見が優れている男性の場合には再び連絡を取ることがあります。

自分は振ったけど、このような優秀な男性とかつてお付き合いしていた私、というアピールポイントが生まれるためです。

一種の他人を用いた自己顕示欲の表れとも言えますが、こうした争いは感情で物事を処理する傾向が強い女性特有のものであるとも言えます。

6. 未練を感じている 〜別れたけれどやっぱり好きだった?

未練を感じている 〜別れたけれどやっぱり好きだった?

何度も言いますが、女性は感情で動く生き物です。

よって、一時の気の迷いや感情で男性と別れてしまったり、重要な決断をノリで判断してしまうことが少なくありません。

こうした判断を、後々冷静になった時に後悔することがあります。

未練が強ければ強いほど、別れた男性に連絡を取り服円の可能性があるかどうかを探ります。

他方、男性はもう終わったことは終わったこととしてロジカルに処理していることが多いために、よほど強い未練を男性側も持っていない限り、復縁は難しい傾向にあります。

7. 見返しをしたいため 〜幸せになったことをアピールしたい〜

見返しをしたいため 〜幸せになったことをアピールしたい〜

これは特に男性から振られた女性がよくやるパターンです。

自分が、ある程度の年月を経て美しい女性や、愛される女性になり新しい彼氏とうまくいっていることをアピールして、ある意味の復讐心を満たすのです。

これもまた、自分がどれだけうまく言っているかを自慢したい一種の自己顕示欲の表れとも言えます。

まとめ

未練があるといった比較的良くある理由から、自己顕示欲の塊やその場の感情で動いてしまうようなものまで数多くの種類の理由があります。

個人個人の差になってしまうために、年代別に傾向があるわけではありませんが、元彼に連絡する理由にはそこまで深い理由がないことは全て共通している内容です。

男性陣は、もし元彼女から連絡がきた場合には上記の理由を考えてみることも、一種の予防線を張る意味で有効な対策です。

女性の中には、別れた後も元彼に連絡してしまう女性がいます。

それは振られた場合でも、自分から振った場合でも同じです。

彼女たちはなぜ、一度何らかの理由で別れた元彼に連絡をするのでしょか。

その理由を以下にまとめました。


無神経なだけ 〜気まぐれに連絡しているだけ〜

男性から見ても非常に困るのが、このパターンです。

女性は男性に比べて、論理よりも感情を優先して動くために、何の理由もなく前の彼氏の状況を雑談感覚で聞いてしまうこともあるのです。

最近彼女いるのか、とか今の生活どう?といったパターンが典型的な例となります。

こうしたパターンは、電話やライン・メールなどの連絡をかけられた男性側も気分を害している場合が多く、総じて迷惑な行動になってしまいます。

人恋しい 〜女性は男性に比べて孤独が苦手〜

女性は男性に比べてスキンシップを取りたがる生き物です。

そのためか、孤独には男性よりもはるかに弱い生き物でもあります。

何かの拍子にふと寂しいと感じてしまい、その寂しさを埋めるために前の彼氏に連絡を取ることがあります。

自分が寂しいので構ってほしいという心理が働いているのです。

女性同士でおしゃべりや交流を深めて解消するパターンが多くいますが、男性のほうが女性同士では話せないことも話せたりするパターンもあるため、一概に少ないとは言えないこともまた事実です。

新しい彼氏に不満がある 〜どうしても前の彼氏と比べてしまう〜

女性も男性も、1人しか付き合ったことがないという人は珍しいものです。

何人か付き合っていく中で、自分の中でも今の彼氏と歴代の彼氏で、無意識にさまざまなことを比較しています。

年収や外見と言ったわかりやすい内容から、デートの時にどの程度気遣いができるか、夜の方面はどうかといったディープな内容まで、女性は直感かつ体感的に比較しているのです。

この点で、今の彼氏に何らかの点で不満を感じると、元の彼氏に連絡を取ってその不足部分を埋めようとする行動にでることがあります。

例えば、今の彼氏が話ベタだと感じている場合には、前の彼氏と比較し前の彼氏のほうが話が上手だった場合には、裏でわからないようにコンタクトを図っていることもあります。

いわゆる「キープ君」である場合 〜本命とうまくいかなかったので連絡〜

あまり事例が多いパターンではありませんが、恋多き女性やいわゆる肉食系の女性に比較的当てはまることが多いパターンです。

本命の彼氏とうまくいかない場合や、何らかの原因で関係が終わってしまった時に、「キープ君」扱いの男性が本命彼氏に昇格する可能性があります。

この「キープ君」を昇格させるために男性に連絡を取るというパターンがあります。

男友達を求めている 〜一種のステータスでもあるため〜

女性同士の中でどれだけ優秀な男友達がいるかは、女性にとって一種のステータスです。

このために、一度別れはしたけれどスペックや外見が優れている男性の場合には再び連絡を取ることがあります。

自分は振ったけど、このような優秀な男性とかつてお付き合いしていた私、というアピールポイントが生まれるためです。

一種の他人を用いた自己顕示欲の表れとも言えますが、こうした争いは感情で物事を処理する傾向が強い女性特有のものであるとも言えます。

未練を感じている 〜別れたけれどやっぱり好きだった?

何度も言いますが、女性は感情で動く生き物です。

よって、一時の気の迷いや感情で男性と別れてしまったり、重要な決断をノリで判断してしまうことが少なくありません。

こうした判断を、後々冷静になった時に後悔することがあります。

未練が強ければ強いほど、別れた男性に連絡を取り服円の可能性があるかどうかを探ります。

他方、男性はもう終わったことは終わったこととしてロジカルに処理していることが多いために、よほど強い未練を男性側も持っていない限り、復縁は難しい傾向にあります。

見返しをしたいため 〜幸せになったことをアピールしたい〜

これは特に男性から振られた女性がよくやるパターンです。

自分が、ある程度の年月を経て美しい女性や、愛される女性になり新しい彼氏とうまくいっていることをアピールして、ある意味の復讐心を満たすのです。

これもまた、自分がどれだけうまく言っているかを自慢したい一種の自己顕示欲の表れとも言えます。

未練があるといった比較的良くある理由から、自己顕示欲の塊やその場の感情で動いてしまうようなものまで数多くの種類の理由があります。

個人個人の差になってしまうために、年代別に傾向があるわけではありませんが、元彼に連絡する理由にはそこまで深い理由がないことは全て共通している内容です。

男性陣は、もし元彼女から連絡がきた場合には上記の理由を考えてみることも、一種の予防線を張る意味で有効な対策です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-