【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171218135748.html
すぐ舌打ちする人の心理

すぐ舌打ちする人の心理 | LADYCO

LADYCO
すぐ舌打ちする人の心理

何か嫌なことがあったり、不快感を覚えた時に「チッ」と舌を鳴らす「舌打ち」

ここではすぐに舌打ちする人について、どんな心理や特徴をもっているのか見ていくことにしましょう。

  • 自分の思い通りにならないと気がすまない
  • せっかちですぐに焦る
  • 感情をコントロールできない
  • 相手に不快感を伝えたい
  • ストレスやフラストレーションが溜まっている
  • 自己嫌悪を感じている
  • まとめ

1. 自分の思い通りにならないと気がすまない

自分の思い通りにならないと気がすまない

すぐに舌打ちする人には、「自分の思い通りにならないと気がすまない」という特徴があります。

たとえば、部下から仕事の報告を受けた時、すぐに舌打ちする上司の心理を考えてみましょう。

上司はその時、部下の仕事ぶりに不満を感じているに違いありません。

部下としては「これくらいの成果を上げたのだから合格点だろう」と思っていても、その成果では不満な場合に、上司は舌打ちをします。

そこには、「部下は自分の期待通りの仕事をするべき」という心理があると考えていいでしょう。

つまり、自分の思ったような成果が上がらないと、大きな不満を感じ、それが舌打ちにつながるのです これは、自分に対しても同様です。

仕事や作業をしているとき、自分の思うように仕事や作業が進まないうと、すぐに舌打ちする人もいます。

この場合も、自分が自分の思い通りにならないことに不満を感じているわけです。

2. せっかちですぐに焦る

せっかちですぐに焦る

気が急いているために、舌打ちをよくする人も少なくありません。

たとえば、朝寝坊して、会社や学校に遅刻しそうになったとしましょう。

急いで家を出て、駅に着いたら、ちょうど電車が出ていったところだとします。

そんな時、つい舌打ちしてしまうということが、人間にはあります。

人間はそのように焦りを感じた時に舌打ちしやすいものなのです。

つまり、すぐに舌打ちする人は、そうした焦りを人一倍感じやすいと考えていいでしょう。

せっかちな性格で、仕事をしていても、何かの作業をしていても、とにかくそれを早く終わらせようとします。

そうした焦燥感が舌打ちにつながるわけです。

逆に言うと、おおらかでのんびりした性格の人は、焦ったために舌打ちすることはありません。

たとえ、遅刻しそうになっても、そこまで焦ることはないのです。

3. 感情をコントロールできない

感情をコントロールできない

舌打ちというのは、近くにいる人を不快にするものです。

特に、身近に舌打ちがクセになっているような人がいると、しょちゅう嫌な気持ちにさせられるに違いありません。

多くの人は、それを知っていますから、たとえ、何か嫌なことがあったり、不快な思いをした時でも、周囲の人に気を使い、自分で感情をコントロールし、舌打ちしないようにするでしょう。

すぐに舌打ちする人は違います。

感情のコントロールができないため、ちょっとしたことで感情が激して、舌打ちをするのです。

そこには、周囲の人に対する配慮はありません。

感情が激してしまうと、周囲の人のことが目に入らなくなってしまうと考えていいでしょう。

4. 相手に不快感を伝えたい

相手に不快感を伝えたい

それとはまったく違う心理をもっているケースもあります。

それは、「話している相手に、自分の不快感を伝えたいと思っている」という心理です。

これまでに紹介してきた心理や特徴は、すべて無意識に舌打ちするケースのものです。

嫌な気持ちになったため、自分では意識しないうちについ舌打ちが出てしまうケースと言っていいでしょう。

ここで紹介するのは、意識的に舌打ちして見せるという心理ということになります。

たとえば、部下の報告を受けた上司が、「自分はその報告に大きな不満を感じている」ということを部下に伝えるために、わざと舌打ちするわけです。

先ほどお話しした通り、舌打ちというものは人を不快にさせる行為ですが、あえてそうすることによって、相手に嫌な思いをさせようとするのが、このケースの心理ということになるでしょう。

5. ストレスやフラストレーションが溜まっている

ストレスやフラストレーションが溜まっている

心に余裕があるときには、人は舌打ちなどしません。

心に余裕がないからこそ、舌打ちをするということになるのです。

すぐに舌打ちをする人は、つまり心に余裕がないのです。

では、どうして余裕がないのか、多くの場合、ストレスやフラストレーションが溜まっていることが原因と考えていいでしょう。

人間の心にはキャパシティというものがあります。

ストレスやフラストレーションが溜まりすぎると、そのキャパシティいっぱいの状態になるわけです。

そんな状態になっているために、ちょっとしたことでそのキャパが超えてしまうのが、すぐに舌打ちする人ということになるでしょう。

6. 自己嫌悪を感じている

自己嫌悪を感じている

「自分はダメ」という意識を持っているというのも、すぐに舌打ちする人の心理と言っていいでしょう。

たとえば、同僚たちといっしょに仕事をしているとします。

その際、同僚たちに比べて、自分だけが仕事が遅く、人と同じような成果を上げられない場合、そんな自分を嫌悪して、つい舌打ちしてしまうわけです。

コンプレックスなどがあり、自己嫌悪を感じることが多いというのが、すぐに舌打ちする人の特徴ということになるでしょう。

まとめ

すぐに舌打ちする人の主な心理や特徴を6種類紹介しました。

身近にそういう人がいるという方は、その人のことを知るための参考になさって下さい。

何か嫌なことがあったり、不快感を覚えた時に「チッ」と舌を鳴らす「舌打ち」

ここではすぐに舌打ちする人について、どんな心理や特徴をもっているのか見ていくことにしましょう。


自分の思い通りにならないと気がすまない

すぐに舌打ちする人には、「自分の思い通りにならないと気がすまない」という特徴があります。

たとえば、部下から仕事の報告を受けた時、すぐに舌打ちする上司の心理を考えてみましょう。

上司はその時、部下の仕事ぶりに不満を感じているに違いありません。

部下としては「これくらいの成果を上げたのだから合格点だろう」と思っていても、その成果では不満な場合に、上司は舌打ちをします。

そこには、「部下は自分の期待通りの仕事をするべき」という心理があると考えていいでしょう。

つまり、自分の思ったような成果が上がらないと、大きな不満を感じ、それが舌打ちにつながるのです これは、自分に対しても同様です。

仕事や作業をしているとき、自分の思うように仕事や作業が進まないうと、すぐに舌打ちする人もいます。

この場合も、自分が自分の思い通りにならないことに不満を感じているわけです。

せっかちですぐに焦る

気が急いているために、舌打ちをよくする人も少なくありません。

たとえば、朝寝坊して、会社や学校に遅刻しそうになったとしましょう。

急いで家を出て、駅に着いたら、ちょうど電車が出ていったところだとします。

そんな時、つい舌打ちしてしまうということが、人間にはあります。

人間はそのように焦りを感じた時に舌打ちしやすいものなのです。

つまり、すぐに舌打ちする人は、そうした焦りを人一倍感じやすいと考えていいでしょう。

せっかちな性格で、仕事をしていても、何かの作業をしていても、とにかくそれを早く終わらせようとします。

そうした焦燥感が舌打ちにつながるわけです。

逆に言うと、おおらかでのんびりした性格の人は、焦ったために舌打ちすることはありません。

たとえ、遅刻しそうになっても、そこまで焦ることはないのです。

感情をコントロールできない

舌打ちというのは、近くにいる人を不快にするものです。

特に、身近に舌打ちがクセになっているような人がいると、しょちゅう嫌な気持ちにさせられるに違いありません。

多くの人は、それを知っていますから、たとえ、何か嫌なことがあったり、不快な思いをした時でも、周囲の人に気を使い、自分で感情をコントロールし、舌打ちしないようにするでしょう。

すぐに舌打ちする人は違います。

感情のコントロールができないため、ちょっとしたことで感情が激して、舌打ちをするのです。

そこには、周囲の人に対する配慮はありません。

感情が激してしまうと、周囲の人のことが目に入らなくなってしまうと考えていいでしょう。

相手に不快感を伝えたい

それとはまったく違う心理をもっているケースもあります。

それは、「話している相手に、自分の不快感を伝えたいと思っている」という心理です。

これまでに紹介してきた心理や特徴は、すべて無意識に舌打ちするケースのものです。

嫌な気持ちになったため、自分では意識しないうちについ舌打ちが出てしまうケースと言っていいでしょう。

ここで紹介するのは、意識的に舌打ちして見せるという心理ということになります。

たとえば、部下の報告を受けた上司が、「自分はその報告に大きな不満を感じている」ということを部下に伝えるために、わざと舌打ちするわけです。

先ほどお話しした通り、舌打ちというものは人を不快にさせる行為ですが、あえてそうすることによって、相手に嫌な思いをさせようとするのが、このケースの心理ということになるでしょう。

ストレスやフラストレーションが溜まっている

心に余裕があるときには、人は舌打ちなどしません。

心に余裕がないからこそ、舌打ちをするということになるのです。

すぐに舌打ちをする人は、つまり心に余裕がないのです。

では、どうして余裕がないのか、多くの場合、ストレスやフラストレーションが溜まっていることが原因と考えていいでしょう。

人間の心にはキャパシティというものがあります。

ストレスやフラストレーションが溜まりすぎると、そのキャパシティいっぱいの状態になるわけです。

そんな状態になっているために、ちょっとしたことでそのキャパが超えてしまうのが、すぐに舌打ちする人ということになるでしょう。

自己嫌悪を感じている

「自分はダメ」という意識を持っているというのも、すぐに舌打ちする人の心理と言っていいでしょう。

たとえば、同僚たちといっしょに仕事をしているとします。

その際、同僚たちに比べて、自分だけが仕事が遅く、人と同じような成果を上げられない場合、そんな自分を嫌悪して、つい舌打ちしてしまうわけです。

コンプレックスなどがあり、自己嫌悪を感じることが多いというのが、すぐに舌打ちする人の特徴ということになるでしょう。

すぐに舌打ちする人の主な心理や特徴を6種類紹介しました。

身近にそういう人がいるという方は、その人のことを知るための参考になさって下さい。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-