【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171218135713.html
距離を置きたいと言う男性の心理

距離を置きたいと言う男性の心理 | LADYCO

LADYCO
距離を置きたいと言う男性の心理

つきあっている彼氏から「距離を置きたい」と言われたことのある女性は少なくないでしょう。

ここでは、交際中の彼女に「距離を置きたい」と言う男性にはどんな心理があるのか見ていくことにしましょう。

  • 気持ちが冷めたから別れたい
  • 他に好きな女性ができたが、キープしておきたい
  • 恋愛以外のことに専念したい
  • 自分の気持ちがわからなくなった
  • 彼女を「重い」と感じている
  • 大きな悩みを抱えている
  • まとめ

1. 気持ちが冷めたから別れたい

気持ちが冷めたから別れたい

「距離を置きたい」と男性が言った場合、まず考えられるのが「別れたい」という心理でしょう。

何かきっかけがあって、つきあっている彼女に幻滅することもありますし、長くつきあっているうちにだんだん恋愛感情が薄れてきたというケースもあります。

いずれにしても、交際中の彼女に対して、気持ちが冷めたわけです。

その場合、「別れよう」とはっきり口にすることができない男性が少なくありません。

やさしい性格で、彼女を傷つけたくないと思うような男性は、そう告げることができず、「距離を置きたい」と言うわけです。

そこには、「距離を置きながら、関係をフェードアウトさせたい」という心理があると考えていいでしょう。

ダイレクトに別れを切り出して、面倒なことになるよりも、きれいにフェードアウトしたいと考えているわけです。

このケースの「距離を置きたい」は、イコール「別れたい」ということです。

2. 他に好きな女性ができたが、キープしておきたい

他に好きな女性ができたが、キープしておきたい

前項とは違い、「別れたくはない」という心理を持っているケースも少なくありません。

たとえば、ほかに好きな女性ができたとしましょう。

そして、その女性とも交際をスタートさせたとします。

つまり、二股状態になっているわけですが、先につきあっていた彼女とも別れるつもりはありません。

ただ、新しい彼女との交際のほうが優先されますから、先につきあっていた彼女と会う機会はどうしても激減します。

それをわかっているために、「これまでのように会うことはできないから、少し距離をおこう」と言っているわけです。

また、新しい彼女とうまくいかなくなることもありえるでしょう。

その場合、元の彼女との関係を保っておけば、彼女をすべて失うことはありません。

つまり、「キープしておきたい」というのが、このケースでの男性の心理なのです。

3. 恋愛以外のことに専念したい

恋愛以外のことに専念したい

どうしても別れたいと思うほど、彼女のことが嫌いになったわけではないけれど、「距離を置きたい」と言うケースもあります。

このケースでの男性の心理は、「恋愛以外のことに専念したい」というものです。

たとえば、仕事が面白くなってきたとしましょう。

そして、「もっと仕事で成長したい。

昇進も目指したい」
と考えたとします。

そういう気持ちになると、男性は恋愛に費やしている時間やエネルギーがもったいないと考えるケースが少なくありません。

恋愛が仕事の足を引っ張っているように感じてしまうわけです。

そのため、彼女とは距離を置いて、できるだけ会う時間を少なくしようとするのです。

このケースでは、「別れたい」という気持ちを強く持っているわけではありませんが、「別れることになってもかまわない」という心理であると考えていいでしょう。

4. 自分の気持ちがわからなくなった

自分の気持ちがわからなくなった

人間は自分で自分の気持ちがわからなくなるということがあります。

特に、恋愛においてはそうした心理になることが少なくないでしょう。

つまり、「彼女のことをほんとうに愛しているのか、どれくらいの恋愛感情を自分は抱いているのかわからない」という心理状態になることが、男性にはあります。

そういう状態になった時に、自分の気持ちを確かめるために、少し冷却期間を取ろうとすることがあるのです。

つまり、「距離を置こう」という言葉には、「距離を置くことによって、自分の気持ちを冷静に見つめてみたい」という心理が隠されているということになるでしょう。

5. 彼女を「重い」と感じている

彼女を「重い」と感じている

愛情が冷めたわけではなく、交際を続けていく気持ちは持っているものの、彼女と物理的に距離を置きたいと考えるケースもあります。

どうしてそんなことを考えるのか。

それは、彼女のことを「重い」と感じているからにほかなりません。

ほかには大きな不満はなく、別れを考えているわけではなくても、男性は彼女を「重い」と感じると、少し距離を置いて、その重さを軽減しようとするのです。

このケースでは、女性のほうが自分の「重さ」に気づいて、それを改善することができれば、元の状態に戻ることもあるでしょう。

6. 大きな悩みを抱えている

大きな悩みを抱えている

先ほど、恋愛以外のことに専念したいために、「距離を置きたい」と言うケースを紹介しました。

そのケースでは、頭の中が仕事や勉強のことでいっぱいになっているため、恋愛モードにならないわけですが、ほかのことで頭がいっぱいになっているというケースも少なくありません。

それは、何か大きな悩みを抱えているというケースです。

たとえば、ひそかに大きな借金をしていて、その返済で大変な思いをしているとしましょう。

その場合、借金のことが頭から離れませんので、とても恋愛をするだけの余裕がありません。

他にも、仕事で大きなミスをして、解雇されそうだとか、家族の中に大きな問題が起こっているというような場合も、その悩みのことで頭がいっぱいで、恋愛する余裕がなくなることがあります。

そういう心理状態にあるため、「距離を置きたい」と言う男性がいるのです。

まとめ

交際中の彼女に「距離を置きたい」と言う男性の心理を、6種類紹介しました。

「彼氏からそう言われた」という方は、彼氏の心理を知るための参考になさってください。

つきあっている彼氏から「距離を置きたい」と言われたことのある女性は少なくないでしょう。

ここでは、交際中の彼女に「距離を置きたい」と言う男性にはどんな心理があるのか見ていくことにしましょう。


気持ちが冷めたから別れたい

「距離を置きたい」と男性が言った場合、まず考えられるのが「別れたい」という心理でしょう。

何かきっかけがあって、つきあっている彼女に幻滅することもありますし、長くつきあっているうちにだんだん恋愛感情が薄れてきたというケースもあります。

いずれにしても、交際中の彼女に対して、気持ちが冷めたわけです。

その場合、「別れよう」とはっきり口にすることができない男性が少なくありません。

やさしい性格で、彼女を傷つけたくないと思うような男性は、そう告げることができず、「距離を置きたい」と言うわけです。

そこには、「距離を置きながら、関係をフェードアウトさせたい」という心理があると考えていいでしょう。

ダイレクトに別れを切り出して、面倒なことになるよりも、きれいにフェードアウトしたいと考えているわけです。

このケースの「距離を置きたい」は、イコール「別れたい」ということです。

他に好きな女性ができたが、キープしておきたい

前項とは違い、「別れたくはない」という心理を持っているケースも少なくありません。

たとえば、ほかに好きな女性ができたとしましょう。

そして、その女性とも交際をスタートさせたとします。

つまり、二股状態になっているわけですが、先につきあっていた彼女とも別れるつもりはありません。

ただ、新しい彼女との交際のほうが優先されますから、先につきあっていた彼女と会う機会はどうしても激減します。

それをわかっているために、「これまでのように会うことはできないから、少し距離をおこう」と言っているわけです。

また、新しい彼女とうまくいかなくなることもありえるでしょう。

その場合、元の彼女との関係を保っておけば、彼女をすべて失うことはありません。

つまり、「キープしておきたい」というのが、このケースでの男性の心理なのです。

恋愛以外のことに専念したい

どうしても別れたいと思うほど、彼女のことが嫌いになったわけではないけれど、「距離を置きたい」と言うケースもあります。

このケースでの男性の心理は、「恋愛以外のことに専念したい」というものです。

たとえば、仕事が面白くなってきたとしましょう。

そして、「もっと仕事で成長したい。

昇進も目指したい」
と考えたとします。

そういう気持ちになると、男性は恋愛に費やしている時間やエネルギーがもったいないと考えるケースが少なくありません。

恋愛が仕事の足を引っ張っているように感じてしまうわけです。

そのため、彼女とは距離を置いて、できるだけ会う時間を少なくしようとするのです。

このケースでは、「別れたい」という気持ちを強く持っているわけではありませんが、「別れることになってもかまわない」という心理であると考えていいでしょう。

自分の気持ちがわからなくなった

人間は自分で自分の気持ちがわからなくなるということがあります。

特に、恋愛においてはそうした心理になることが少なくないでしょう。

つまり、「彼女のことをほんとうに愛しているのか、どれくらいの恋愛感情を自分は抱いているのかわからない」という心理状態になることが、男性にはあります。

そういう状態になった時に、自分の気持ちを確かめるために、少し冷却期間を取ろうとすることがあるのです。

つまり、「距離を置こう」という言葉には、「距離を置くことによって、自分の気持ちを冷静に見つめてみたい」という心理が隠されているということになるでしょう。

彼女を「重い」と感じている

愛情が冷めたわけではなく、交際を続けていく気持ちは持っているものの、彼女と物理的に距離を置きたいと考えるケースもあります。

どうしてそんなことを考えるのか。

それは、彼女のことを「重い」と感じているからにほかなりません。

ほかには大きな不満はなく、別れを考えているわけではなくても、男性は彼女を「重い」と感じると、少し距離を置いて、その重さを軽減しようとするのです。

このケースでは、女性のほうが自分の「重さ」に気づいて、それを改善することができれば、元の状態に戻ることもあるでしょう。

大きな悩みを抱えている

先ほど、恋愛以外のことに専念したいために、「距離を置きたい」と言うケースを紹介しました。

そのケースでは、頭の中が仕事や勉強のことでいっぱいになっているため、恋愛モードにならないわけですが、ほかのことで頭がいっぱいになっているというケースも少なくありません。

それは、何か大きな悩みを抱えているというケースです。

たとえば、ひそかに大きな借金をしていて、その返済で大変な思いをしているとしましょう。

その場合、借金のことが頭から離れませんので、とても恋愛をするだけの余裕がありません。

他にも、仕事で大きなミスをして、解雇されそうだとか、家族の中に大きな問題が起こっているというような場合も、その悩みのことで頭がいっぱいで、恋愛する余裕がなくなることがあります。

そういう心理状態にあるため、「距離を置きたい」と言う男性がいるのです。

交際中の彼女に「距離を置きたい」と言う男性の心理を、6種類紹介しました。

「彼氏からそう言われた」という方は、彼氏の心理を知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-