【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171217141451.html
どうせが口癖の人の心理

どうせが口癖の人の心理 | LADYCO

LADYCO
どうせが口癖の人の心理

どうせが口癖になってしまっている人はネガティブそのものであり、まるでやる気がないように見えてしまいます。

そんな人の心理や性格などの特徴を8つ取り上げてみましょう。

  • 意欲がない
  • 失敗ばかりを恐れてしまう
  • 自分を悲観的に見る
  • すべてにおいてネガティブ思考である
  • 他人を信用できない
  • 諦めが早い
  • 同じ失敗を繰り返してしまう
  • 生きる目的がない
  • まとめ

1. 意欲がない

意欲がない

どうせという言葉をいつも使うことでそれに対する意欲を出そうという気持ちがありません。

それは現状を変えたくないとか、今のままでいい、時間やお金、その他なにかと苦労するようなことはしたくないという気持ちが表れています。

やってみないと実際にはわからないようなことも、どうせという思考でそれに取り組まないのであり、向上心がなく、無気力と見られてしまうこともあるでしょう。

2. 失敗ばかりを恐れてしまう

失敗ばかりを恐れてしまう

どうせという言葉を使う人たちは失敗したときのことを考えているゆえにそれを恐れてしまっている部分があります。

もしこうなったらどうするの、という思考が強過ぎてそれをする勇気がないのであり、それをするくらいなら今のままがいいという気持ちになっています。

どうせ自分にはできない、どうせ受け入れてもらえない、そんな内向きな思考は結局なにもできなくて、職場にとって影の薄い人になってしまうかもしれませんし、つまらない人というイメージを与えてしまう可能性があります。

3. 自分を悲観的に見る

自分を悲観的に見る

自分には取柄がない、平凡な人生で特別なものを持っていない、そして彼氏や彼女もいない、そのような人はどうせ自分には、という悲観的な見方があります。

今更なにもすることができないし、このまま歳を取っていくという人生だという諦めにも似た気持ちであり、それは人生楽しいものがなにもないというほどしらけていることも少なくありません。

生きるということの素晴らしさを実感できていないのかもしれません。

4. すべてにおいてネガティブ思考である

すべてにおいてネガティブ思考である

もっと良くなるかもしれないとか、やってみようという言葉は生き生きとしており、周囲の人たちの意欲を高めるものとなりますが、どうせという言葉はそれに続く言葉がネガティブであり、どうせ無理なのだからとか、どうせ失敗するのなら、という感じでネガティブそのものです。

そしてそんなネガティブな人たちはいつもそういうマイナスなことばかり言うので、一緒にいても楽しくなく友達が少なくなってしまう、あるいは一緒に行動をしたくないという気持ちを周囲の人たちに与えてしまうことでしょう。

5. 他人を信用できない

他人を信用できない

どうせというのは他人や周囲の人たちを信用できないゆえにそう感じてしまうのかもしれません。

本当に信頼できる人と話すときであればある程度期待を持つものですが、信用できないと思っている人との会話だと、どうせ無理という最初から決めつけてしまうほど相手に期待していないし、懐疑的な目で見てしまうことでしょう。

そして案の定そのように失敗すればそれ見たことかという気持ちになるのであり、ますます相手を信用できなくなっていきます。

6. 諦めが早い

諦めが早い

どうせという思考を持っている人たちというのは諦めるのも早いです。

元々上手くいくという自信などないし、行き詰ったら諦めようという気持ちが頭の中にあるので、実際にトラブルな悩みにぶち当たるともう止めた、どうせできるわけがないんだからということになるでしょう。

諦めが早く、それを乗り越えるためになにかをしてみるとか、別の方法を考える、誰かに助けを求めるということをせずに、あっという間に自分は無理でした、という結論を下してしまうのです。

7. 同じ失敗を繰り返してしまう

同じ失敗を繰り返してしまう

同じ失敗を繰り返してしまい、自尊心を保つことができないと、どうせ自分なんか、とネガティブになりやすいです。

仕事場で数回にわたり同じ失敗で怒られてしまうと、恥ずかしいし、失敗から学んでいない自分に飽き飽きしてしまうことでしょう。

長い人生ではそんな失敗は誰にでもあるものですが、自分だけがダメという気持ちが強くてどうせ自分はろくに仕事もできないとなってしまいます。

8. 生きる目的がない

生きる目的がない

どうせ死ぬのだからという究極的な思考を持つとどうでもいいという投げやりな態度がすべての点に表れてしまうことがあります。

どうせ死ぬのだからという言葉は、だから思い切って取り組んで後悔のないように生きようという気持ちになる場合もありますが、マイナス思考で使われることの方が多く、どうせ死ぬのだからなにをやっても意味がないという悲観的な思考であり、それは絶望とか無駄とか無意味、無価値といったネガティブワードを組み合わせて使うようになってしまいます。

まとめ

どうせ、という言葉は確かに良い意味で使われることがほとんどありません。

仮にその思考が間違っていなかったとしてもそれを使うことは相手の行動の意欲をそぐものとなってしまうために注意したいところです。

人生を悲観するのではなく、もっとポジティブにそしてこうなるかもしれない、やってみないとわからない、そんな気持ちで取り組む方がはるかに楽しく充実した毎日になります。

どうせが口癖になってしまっている人はネガティブそのものであり、まるでやる気がないように見えてしまいます。

そんな人の心理や性格などの特徴を8つ取り上げてみましょう。


意欲がない

どうせという言葉をいつも使うことでそれに対する意欲を出そうという気持ちがありません。

それは現状を変えたくないとか、今のままでいい、時間やお金、その他なにかと苦労するようなことはしたくないという気持ちが表れています。

やってみないと実際にはわからないようなことも、どうせという思考でそれに取り組まないのであり、向上心がなく、無気力と見られてしまうこともあるでしょう。

失敗ばかりを恐れてしまう

どうせという言葉を使う人たちは失敗したときのことを考えているゆえにそれを恐れてしまっている部分があります。

もしこうなったらどうするの、という思考が強過ぎてそれをする勇気がないのであり、それをするくらいなら今のままがいいという気持ちになっています。

どうせ自分にはできない、どうせ受け入れてもらえない、そんな内向きな思考は結局なにもできなくて、職場にとって影の薄い人になってしまうかもしれませんし、つまらない人というイメージを与えてしまう可能性があります。

自分を悲観的に見る

自分には取柄がない、平凡な人生で特別なものを持っていない、そして彼氏や彼女もいない、そのような人はどうせ自分には、という悲観的な見方があります。

今更なにもすることができないし、このまま歳を取っていくという人生だという諦めにも似た気持ちであり、それは人生楽しいものがなにもないというほどしらけていることも少なくありません。

生きるということの素晴らしさを実感できていないのかもしれません。

すべてにおいてネガティブ思考である

もっと良くなるかもしれないとか、やってみようという言葉は生き生きとしており、周囲の人たちの意欲を高めるものとなりますが、どうせという言葉はそれに続く言葉がネガティブであり、どうせ無理なのだからとか、どうせ失敗するのなら、という感じでネガティブそのものです。

そしてそんなネガティブな人たちはいつもそういうマイナスなことばかり言うので、一緒にいても楽しくなく友達が少なくなってしまう、あるいは一緒に行動をしたくないという気持ちを周囲の人たちに与えてしまうことでしょう。

他人を信用できない

どうせというのは他人や周囲の人たちを信用できないゆえにそう感じてしまうのかもしれません。

本当に信頼できる人と話すときであればある程度期待を持つものですが、信用できないと思っている人との会話だと、どうせ無理という最初から決めつけてしまうほど相手に期待していないし、懐疑的な目で見てしまうことでしょう。

そして案の定そのように失敗すればそれ見たことかという気持ちになるのであり、ますます相手を信用できなくなっていきます。

諦めが早い

どうせという思考を持っている人たちというのは諦めるのも早いです。

元々上手くいくという自信などないし、行き詰ったら諦めようという気持ちが頭の中にあるので、実際にトラブルな悩みにぶち当たるともう止めた、どうせできるわけがないんだからということになるでしょう。

諦めが早く、それを乗り越えるためになにかをしてみるとか、別の方法を考える、誰かに助けを求めるということをせずに、あっという間に自分は無理でした、という結論を下してしまうのです。

同じ失敗を繰り返してしまう

同じ失敗を繰り返してしまい、自尊心を保つことができないと、どうせ自分なんか、とネガティブになりやすいです。

仕事場で数回にわたり同じ失敗で怒られてしまうと、恥ずかしいし、失敗から学んでいない自分に飽き飽きしてしまうことでしょう。

長い人生ではそんな失敗は誰にでもあるものですが、自分だけがダメという気持ちが強くてどうせ自分はろくに仕事もできないとなってしまいます。

生きる目的がない

どうせ死ぬのだからという究極的な思考を持つとどうでもいいという投げやりな態度がすべての点に表れてしまうことがあります。

どうせ死ぬのだからという言葉は、だから思い切って取り組んで後悔のないように生きようという気持ちになる場合もありますが、マイナス思考で使われることの方が多く、どうせ死ぬのだからなにをやっても意味がないという悲観的な思考であり、それは絶望とか無駄とか無意味、無価値といったネガティブワードを組み合わせて使うようになってしまいます。

どうせ、という言葉は確かに良い意味で使われることがほとんどありません。

仮にその思考が間違っていなかったとしてもそれを使うことは相手の行動の意欲をそぐものとなってしまうために注意したいところです。

人生を悲観するのではなく、もっとポジティブにそしてこうなるかもしれない、やってみないとわからない、そんな気持ちで取り組む方がはるかに楽しく充実した毎日になります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-