【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519145313.html
野菜ばかり食べるのはダイエットによくない理由10選

野菜ばかり食べるのはダイエットによくない理由10選 | LADYCO

LADYCO
野菜ばかり食べるのはダイエットによくない理由10選

野菜は低カロリーだから痩せると思っている人は多いと思います。

しかし、野菜だけでは体重が減らないこともあるのです。

  • 何故減らないのか
  • 糖質の多い野菜
  • 身体を冷やしてしまう
  • 油分の高い食物と摂取することが多い
  • 栄養が偏る
  • お腹が減りやすくなる
  • 精神トラブルが発生する
  • 余分な老廃物が溜まる
  • 筋肉が減る
  • 痩せにくい体になる
  • まとめ

1. 何故減らないのか

何故減らないのか

ダイエットで重要なのは脂肪を燃やし減らすことです。

確かに野菜は低カロリーなものが多いですが脂肪を燃やすには向いていない野菜も多く存在します。

ダイエットで重要なのは脂肪を燃やすことです。

工夫して摂取することが重要と言えるでしょう。

2. 糖質の多い野菜

糖質の多い野菜

イモ類、トウモロコシ、お米等が糖質を多く含んでいます。

糖質は蓄積されると脂肪となってしまいます。

特に主食であるお米は他の食物と一緒に摂取することで体内に蓄積しやすくなります。

ただし、糖質というのは取らなければならない成分でもあります。

運動し上手くエネルギーとして消化できる程度を心がけて摂取しましょう。

3. 身体を冷やしてしまう

身体を冷やしてしまう

脂肪を燃やすには身体を温かくすることも重要です。

しかし、野菜は生で食べることが多いため身体を冷やしてしまいます。

特にキュウリやキャベツ、レタス、トマトなどはサラダとして摂取することが多いです。

食べ方に工夫をする必要があると言えるでしょう。

野菜も調理次第で温かくする方法はたくさんあります。

スープに入れたり麺と絡めたりとすることで脂肪を燃焼しやすい体になるでしょう。

工夫して摂取しましょう。

4. 油分の高い食物と摂取することが多い

油分の高い食物と摂取することが多い

サラダにかけるドレッシングやマヨネーズなどは油分が大変多いです。

油分が多いほどカロリーは高くなります。

野菜は確かに低カロリーですが高カロリーなものと一緒に摂取しては意味がありません。

こだわりのある人は塩しか付けない、という人もいるかもしれませんが塩もカロリーは高いです。

ダイエットに向いた食品とは言えないでしょう。

また、油分を多く含んだ野菜というのも存在します。

ドレッシングに使われている菜種などの油分を発する成分は避けた方が良いでしょう。

5. 栄養が偏る

栄養が偏る

野菜はビタミンが豊富ですがビタミンだけでは人の体を維持することはできません。

人間の体に必要な栄養素は糖質、脂質、タンパク質の三つになります。

この三つの栄養素は三大栄養素と呼ばれています。

体を正常に動かすために必要な成分です。

糖質は先ほど太りやすい成分としても紹介しましたが、適度に摂取しないと体が動かなくなります。

ただし、食べすぎに注意しましょう。

体内に溜め込まないように適度に消費するのが一番ですね。

6. お腹が減りやすくなる

お腹が減りやすくなる

野菜ばかり食べていると正常な代謝ができなくなります。

すると脳が体を正常に動かすために食事を取るよう訴えてくるのです。

脳は栄養を求めているのに野菜しか食べていないとさらに栄養が偏ります。

そのため脳が食事を取るように訴えてきます。

延々と同じサイクルを繰り返すことになります。

7. 精神トラブルが発生する

精神トラブルが発生する

6にも書きましたが正常な代謝ができなくなることでお腹が減りやすくなります。

お腹がすいた人は感情の起伏が激しくなったり、集中力が低下してます。

自分が抑えられなくなり過食症になる人もいるようなので注意が必要です。

そうなると本末転倒ですので適度に他の栄養素も取り入れるようにしましょう。

8. 余分な老廃物が溜まる

余分な老廃物が溜まる

三大栄養素は代謝を促す力を持っています。

しかし、野菜だけでは三大栄養素が摂取できません。

そうすると代謝が下がります。

代謝が下がると脂肪や老廃物が溜まります。

つまり太りやすくなってしまうのです。

特に老廃物はダイエットだけでなく美肌の敵でもありますので気を付けたいところですね。

9. 筋肉が減る

筋肉が減る

代謝が下がると筋肉が減ります。

ダイエットに必要な筋肉が減ると脂肪を燃やすことが出来なくなってしまいます。

さらには筋肉が無いと体を冷やしやすくなります。

体を冷やすと代謝がさらに下がります。

代謝が下がると筋肉が減り……という悪循環に陥ってしまいます。

体を冷やさず適度に筋肉を付けるように気を付けましょう。

10. 痩せにくい体になる

痩せにくい体になる

代謝が下がり筋肉が減ると痩せにくい体になります。

三大栄養素が足りないせいで脂肪を分解する力が足りないからです。

それに体も冷えてしまいます。

もちろん、野菜の中にも脂肪を燃焼しやすくする成分を持つものがあります。

キャベツ、なす、キュウリ、大根に含まれるホスホリパーゼという成分です。

ホスホリパーゼとはリン脂質のエステル結合を加水分解する酸素(加水分解酵素)のことです。

リン脂質には脂肪酸やリン酸、アルコール等の太りやすい成分が含まれています。

ホスホリパーゼには、その太りやすい成分を分解し代謝をよくする効果があります。

三大栄養素と一緒に摂取すると良いでしょう。

まとめ

野菜だけのダイエットでは痩せない理由が分かったでしょうか?

三大栄養素もしっかり摂取して健康的に痩せましょう。

ただ、三大栄養素も食べすぎると太る原因となります。

三大要素を摂取しつつ適度に運動するというのが一番いい方法だと思われます。

みなさまも偏ったダイエットはせずにコツコツと励みましょう。

野菜は低カロリーだから痩せると思っている人は多いと思います。

しかし、野菜だけでは体重が減らないこともあるのです。


何故減らないのか

ダイエットで重要なのは脂肪を燃やし減らすことです。

確かに野菜は低カロリーなものが多いですが脂肪を燃やすには向いていない野菜も多く存在します。

ダイエットで重要なのは脂肪を燃やすことです。

工夫して摂取することが重要と言えるでしょう。

糖質の多い野菜

イモ類、トウモロコシ、お米等が糖質を多く含んでいます。

糖質は蓄積されると脂肪となってしまいます。

特に主食であるお米は他の食物と一緒に摂取することで体内に蓄積しやすくなります。

ただし、糖質というのは取らなければならない成分でもあります。

運動し上手くエネルギーとして消化できる程度を心がけて摂取しましょう。

身体を冷やしてしまう

脂肪を燃やすには身体を温かくすることも重要です。

しかし、野菜は生で食べることが多いため身体を冷やしてしまいます。

特にキュウリやキャベツ、レタス、トマトなどはサラダとして摂取することが多いです。

食べ方に工夫をする必要があると言えるでしょう。

野菜も調理次第で温かくする方法はたくさんあります。

スープに入れたり麺と絡めたりとすることで脂肪を燃焼しやすい体になるでしょう。

工夫して摂取しましょう。

油分の高い食物と摂取することが多い

サラダにかけるドレッシングやマヨネーズなどは油分が大変多いです。

油分が多いほどカロリーは高くなります。

野菜は確かに低カロリーですが高カロリーなものと一緒に摂取しては意味がありません。

こだわりのある人は塩しか付けない、という人もいるかもしれませんが塩もカロリーは高いです。

ダイエットに向いた食品とは言えないでしょう。

また、油分を多く含んだ野菜というのも存在します。

ドレッシングに使われている菜種などの油分を発する成分は避けた方が良いでしょう。

栄養が偏る

野菜はビタミンが豊富ですがビタミンだけでは人の体を維持することはできません。

人間の体に必要な栄養素は糖質、脂質、タンパク質の三つになります。

この三つの栄養素は三大栄養素と呼ばれています。

体を正常に動かすために必要な成分です。

糖質は先ほど太りやすい成分としても紹介しましたが、適度に摂取しないと体が動かなくなります。

ただし、食べすぎに注意しましょう。

体内に溜め込まないように適度に消費するのが一番ですね。

お腹が減りやすくなる

野菜ばかり食べていると正常な代謝ができなくなります。

すると脳が体を正常に動かすために食事を取るよう訴えてくるのです。

脳は栄養を求めているのに野菜しか食べていないとさらに栄養が偏ります。

そのため脳が食事を取るように訴えてきます。

延々と同じサイクルを繰り返すことになります。

精神トラブルが発生する

6にも書きましたが正常な代謝ができなくなることでお腹が減りやすくなります。

お腹がすいた人は感情の起伏が激しくなったり、集中力が低下してます。

自分が抑えられなくなり過食症になる人もいるようなので注意が必要です。

そうなると本末転倒ですので適度に他の栄養素も取り入れるようにしましょう。

余分な老廃物が溜まる

三大栄養素は代謝を促す力を持っています。

しかし、野菜だけでは三大栄養素が摂取できません。

そうすると代謝が下がります。

代謝が下がると脂肪や老廃物が溜まります。

つまり太りやすくなってしまうのです。

特に老廃物はダイエットだけでなく美肌の敵でもありますので気を付けたいところですね。

筋肉が減る

代謝が下がると筋肉が減ります。

ダイエットに必要な筋肉が減ると脂肪を燃やすことが出来なくなってしまいます。

さらには筋肉が無いと体を冷やしやすくなります。

体を冷やすと代謝がさらに下がります。

代謝が下がると筋肉が減り……という悪循環に陥ってしまいます。

体を冷やさず適度に筋肉を付けるように気を付けましょう。

痩せにくい体になる

代謝が下がり筋肉が減ると痩せにくい体になります。

三大栄養素が足りないせいで脂肪を分解する力が足りないからです。

それに体も冷えてしまいます。

もちろん、野菜の中にも脂肪を燃焼しやすくする成分を持つものがあります。

キャベツ、なす、キュウリ、大根に含まれるホスホリパーゼという成分です。

ホスホリパーゼとはリン脂質のエステル結合を加水分解する酸素(加水分解酵素)のことです。

リン脂質には脂肪酸やリン酸、アルコール等の太りやすい成分が含まれています。

ホスホリパーゼには、その太りやすい成分を分解し代謝をよくする効果があります。

三大栄養素と一緒に摂取すると良いでしょう。

野菜だけのダイエットでは痩せない理由が分かったでしょうか?

三大栄養素もしっかり摂取して健康的に痩せましょう。

ただ、三大栄養素も食べすぎると太る原因となります。

三大要素を摂取しつつ適度に運動するというのが一番いい方法だと思われます。

みなさまも偏ったダイエットはせずにコツコツと励みましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-