【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519105542.html
リバウンドを避けるコツ

リバウンドを避けるコツ | LADYCO

LADYCO
リバウンドを避けるコツ

世の中では、毎年、新しいダイエット法やダイエット本、サプリメントが発売されています。

痩せたい、太りたくない、という願望は現代を生きる我々の数ある願望のうちで、強力な一つとなっています。

では、なぜダイエット法やサプリが消えては現れ、を繰り返しているのでしょうか?

  • 「太る」歴史は繰り返される
  • なぜ繰り返される
  • リバウンドのメカニズム
  • 何を食べるか?
  • 産まれ変わる
  • どうすれば痩せられるか?
  • 無酸素、有酸素、どっちが優先?
  • 無酸素の利点
  • 筋肉肥大で燃焼体質
  • 有酸素で一気に
  • 有効な有酸素運動とは?
  • イメージトレーニングで後押し
  • 人は動かなくなった
  • まとめ

1. 「太る」歴史は繰り返される

「太る」歴史は繰り返される

ダイエット関連の新しい方法や物が毎年のように現れる背景には、ダイエットした体が自分に定着しないことが大きな原因の一つになっていると考えられます。

つまりリバウンドが繰り返されていることが考えられます。

実際、ある有名スポーツジムではせっかく痩せて、シックスパックも手に入れたのに、また戻ってくるケースが多いそうです。

リピーターで収益のかなりの部分を上げているようです。

2. なぜ繰り返される

なぜ繰り返される

リバウンドの大きな原因の一つとして、極端な食事制限が挙げられます。

もう今では一品ダイエットは危険だという認識が広まっていますが、炭水化物を一切抜くなどの極端なダイエットはまだ細々とではありますが、継承されつつあります。

この種の極端なダイエットは体に何かしらの不都合を起こします。

ふらつきから肌あれ、抜け毛など、徐々にボディーブローのようにダメージを人に蓄積していきます。

そういう極端な食事によるダイエットから普通の食生活に戻ると、そのギャップでリバウンドが起こるケースが多いです。

3. リバウンドのメカニズム

リバウンドのメカニズム

人一人が1日に必要とするカロリーは男性でおよそ1800kcal、女性で1600kcalと言われています。

このカロリーの範囲を下回る食生活を続け、目標体重に到達。

その頃には体はその食生活になれています。

そこで元の食事に戻す、するとエネルギー過多だと体が感じリバウンドが起こりやすい状況ができます。

健康に痩せるためには最低限、この摂取カロリーを目安に栄養を取る必要があります。

老化により、年とともにこの必要カロリーも減っていく傾向にあるため、より健康体でいるためには自分の1日の摂取カロリーの年齢別の表を参考にしましょう。

1日に必要なカロリーとの上手な付き合い方。

これがダイエットの始まりの一歩です。

4. 何を食べるか?

何を食べるか?

成人男性で1800kcal必要だとしても、ただそのカロリーを取ればいいというものではありません。

先に述べた一品ダイエットの最大の弊害は、栄養の偏りです。

リンゴのみ食べる、豆腐のみ食べるでは、人体をとても健康に保てません。

肉や魚、野菜や穀物を万遍なく、バランス良く摂取する必要があります。

たまに芸能人でお菓子のみで必要カロリーを取っている方がテレビ等で紹介されますが、必ずあとにツケが来ると思います。

とくにビタミン類、タンパク質、炭水化物、鉄分、カルシウムは体を作る重要な要素なので、積極的に取っていきましょう。

5. 産まれ変わる

産まれ変わる

今日食べた食事は数日後の自分の体を形成します。

そう考えると今日の食事が大事になってくると思います。

昔は人は1日2食で暮らしていましたが、現代科学は3食、バランスよく必ず食べるのが健康体を保つ基本になっています。

食べたものを通して、人体の古い細胞は新しい細胞へと産まれ変わります。

このダイナミズムを考えれば、日々の食事がいかに数日後の自分に大切かが分かると思います。

6. どうすれば痩せられるか?

どうすれば痩せられるか?

食事制限と聞くと、食事を1800kcalよりも下に抑えなければならないという印象があるかもしれません。

実際には食事制限とは元々が摂取エネルギーが過多の方が普通の食事に制限することを意味します。

または栄養の偏りを修正する意味合いでも使われます。

その他には糖尿病など、生活習慣病でも食事制限という言葉は使われます。

では1800kclを保ったままでは痩せられないじゃないか?

と思う方も出てくるかもしれません。

ダイエットの二大柱と言えば食事、あともう一つが運動です。

この運動中心のダイエットを行えば、リバウンドの起こりにくい体型が手に入ります。

7. 無酸素、有酸素、どっちが優先?

無酸素、有酸素、どっちが優先?

運動には二種類あります。

思いものを持つ際にグッと息を止めるなど、一時的に呼吸をとめてパワーをだす無酸素運動。

それとジョギングやゆっくりめの水泳など、呼吸を続けながら反復運動を行う有酸素運動があります。

どちらがダイエットにより効果的か?

よく有酸素さえやれば、と思われがちですが、両方バランス良く行うことで、ダイエットの時間的な効率が上がります。

8. 無酸素の利点

無酸素の利点

無酸素運動はいわゆる大きな筋肉を育てる運動です。

腕から腰、足まで様々な部位の筋肉を太くする器具がトレーニングジムなどにあります。

これら無酸素運動に共通した理想的な回数は、連続して10回やっと持ち上げられるぐらいの重りの運動を3セット、日を空けて週に3回行うというものです。

9. 筋肉肥大で燃焼体質

筋肉肥大で燃焼体質

この無酸素運動で筋肉を太くしていくと、一日に何もしなくても体が自然とエネルギーを燃焼してくれる基礎代謝が底上げされます。

筋肉が付く、車でいうと普通車の燃費から、燃費を食う大型車へと体がシフトする。

燃費を食う、は体でいうと余分なエネルギーを燃やしてくれることなので、大きな筋肉を粘り強く育てていきましょう。

10. 有酸素で一気に

有酸素で一気に

大きな筋肉を育てながらも、有酸素運動を併せて行っていきましょう。

有酸素運動の主な目的は心肺機能の強化と脂肪燃焼です。

有酸素運動では一般的に運動を始めてから20分以降、脂肪が燃え始めると言われています。

この20分の壁を越えたら、その後は運動の継続時間に従って、脂肪がひたすらに燃えてくれます。

筋肉量が多ければ、さらに燃える脂肪も多くなります。

11. 有効な有酸素運動とは?

有効な有酸素運動とは?

脂肪を燃やす上で一番有効な有酸素運動はジョギングと言われています。

まずは5分、とかできる範囲から徐々にやっていき、次第に時間と距離を伸ばしていくのがコツです。

ただ体重が重く膝に負担がかかる方の場合はプールでのウォーキングから始めていきましょう。

ジョギングがちょっと抵抗あるという方はバイク、つまりサイクリングがおすすめです。

どちらも会話が出来るぐらいの息使いで長い時間続けることで効果があります。

12. イメージトレーニングで後押し

イメージトレーニングで後押し

無酸素も有酸素も習慣付くまでは中々しんどい作業だと思います。

ダイエットで飽きがこないよう、モチベーションを保ちつづける方法として、自分のなりたい体型の有名人、アスリートのポスターを部屋に貼る、というのがあります。

この人のこの腹筋になりたい、このお尻になりたい、など、具体的なパーツを貼り、それをイメージしながらトレーニングに励むことで、何もしないよりも理想に近づき、モチベーションが上がると言われています。

13. 人は動かなくなった

人は動かなくなった

移動技術や輸送手段の格段の進歩により、人は昔と比べてはるかに運動量が落ちました。

この文明の発達による負の側面、それが肥満社会です。

文明が発達して便利になったのは有り難いことですが、その恩恵に預かるばかりでは、本来の人としての自然な動きから遠のき、どんどん体にエネルギーが蓄えられていきます。

人は昔と比べて動かなくなった、このことを意識して積極的に運動してみてはいかがでしょうか。

まとめ

食事を減らすことによるダイエットの弊害は、だんだんと一般的に周知されていきました。

確実に痩せる薬やサプリメントというものは科学的実証に乏しいですが、筋肉を付けやすくする、運動時の脂肪を燃焼させやすくする、などの補助的な効果は期待できます。

ダイエットには決意と確実に痩せる手段が必要です。

現在確実に健康に痩せることが証明されているのは運動、とくに有酸素運動によるダイエットです。

有限な時間は、確実な方法で埋めていきましょう。

世の中では、毎年、新しいダイエット法やダイエット本、サプリメントが発売されています。

痩せたい、太りたくない、という願望は現代を生きる我々の数ある願望のうちで、強力な一つとなっています。

では、なぜダイエット法やサプリが消えては現れ、を繰り返しているのでしょうか?


「太る」歴史は繰り返される

ダイエット関連の新しい方法や物が毎年のように現れる背景には、ダイエットした体が自分に定着しないことが大きな原因の一つになっていると考えられます。

つまりリバウンドが繰り返されていることが考えられます。

実際、ある有名スポーツジムではせっかく痩せて、シックスパックも手に入れたのに、また戻ってくるケースが多いそうです。

リピーターで収益のかなりの部分を上げているようです。

なぜ繰り返される

リバウンドの大きな原因の一つとして、極端な食事制限が挙げられます。

もう今では一品ダイエットは危険だという認識が広まっていますが、炭水化物を一切抜くなどの極端なダイエットはまだ細々とではありますが、継承されつつあります。

この種の極端なダイエットは体に何かしらの不都合を起こします。

ふらつきから肌あれ、抜け毛など、徐々にボディーブローのようにダメージを人に蓄積していきます。

そういう極端な食事によるダイエットから普通の食生活に戻ると、そのギャップでリバウンドが起こるケースが多いです。

リバウンドのメカニズム

人一人が1日に必要とするカロリーは男性でおよそ1800kcal、女性で1600kcalと言われています。

このカロリーの範囲を下回る食生活を続け、目標体重に到達。

その頃には体はその食生活になれています。

そこで元の食事に戻す、するとエネルギー過多だと体が感じリバウンドが起こりやすい状況ができます。

健康に痩せるためには最低限、この摂取カロリーを目安に栄養を取る必要があります。

老化により、年とともにこの必要カロリーも減っていく傾向にあるため、より健康体でいるためには自分の1日の摂取カロリーの年齢別の表を参考にしましょう。

1日に必要なカロリーとの上手な付き合い方。

これがダイエットの始まりの一歩です。

何を食べるか?

成人男性で1800kcal必要だとしても、ただそのカロリーを取ればいいというものではありません。

先に述べた一品ダイエットの最大の弊害は、栄養の偏りです。

リンゴのみ食べる、豆腐のみ食べるでは、人体をとても健康に保てません。

肉や魚、野菜や穀物を万遍なく、バランス良く摂取する必要があります。

たまに芸能人でお菓子のみで必要カロリーを取っている方がテレビ等で紹介されますが、必ずあとにツケが来ると思います。

とくにビタミン類、タンパク質、炭水化物、鉄分、カルシウムは体を作る重要な要素なので、積極的に取っていきましょう。

産まれ変わる

今日食べた食事は数日後の自分の体を形成します。

そう考えると今日の食事が大事になってくると思います。

昔は人は1日2食で暮らしていましたが、現代科学は3食、バランスよく必ず食べるのが健康体を保つ基本になっています。

食べたものを通して、人体の古い細胞は新しい細胞へと産まれ変わります。

このダイナミズムを考えれば、日々の食事がいかに数日後の自分に大切かが分かると思います。

どうすれば痩せられるか?

食事制限と聞くと、食事を1800kcalよりも下に抑えなければならないという印象があるかもしれません。

実際には食事制限とは元々が摂取エネルギーが過多の方が普通の食事に制限することを意味します。

または栄養の偏りを修正する意味合いでも使われます。

その他には糖尿病など、生活習慣病でも食事制限という言葉は使われます。

では1800kclを保ったままでは痩せられないじゃないか?

と思う方も出てくるかもしれません。

ダイエットの二大柱と言えば食事、あともう一つが運動です。

この運動中心のダイエットを行えば、リバウンドの起こりにくい体型が手に入ります。

無酸素、有酸素、どっちが優先?

運動には二種類あります。

思いものを持つ際にグッと息を止めるなど、一時的に呼吸をとめてパワーをだす無酸素運動。

それとジョギングやゆっくりめの水泳など、呼吸を続けながら反復運動を行う有酸素運動があります。

どちらがダイエットにより効果的か?

よく有酸素さえやれば、と思われがちですが、両方バランス良く行うことで、ダイエットの時間的な効率が上がります。

無酸素の利点

無酸素運動はいわゆる大きな筋肉を育てる運動です。

腕から腰、足まで様々な部位の筋肉を太くする器具がトレーニングジムなどにあります。

これら無酸素運動に共通した理想的な回数は、連続して10回やっと持ち上げられるぐらいの重りの運動を3セット、日を空けて週に3回行うというものです。

筋肉肥大で燃焼体質

この無酸素運動で筋肉を太くしていくと、一日に何もしなくても体が自然とエネルギーを燃焼してくれる基礎代謝が底上げされます。

筋肉が付く、車でいうと普通車の燃費から、燃費を食う大型車へと体がシフトする。

燃費を食う、は体でいうと余分なエネルギーを燃やしてくれることなので、大きな筋肉を粘り強く育てていきましょう。

有酸素で一気に

大きな筋肉を育てながらも、有酸素運動を併せて行っていきましょう。

有酸素運動の主な目的は心肺機能の強化と脂肪燃焼です。

有酸素運動では一般的に運動を始めてから20分以降、脂肪が燃え始めると言われています。

この20分の壁を越えたら、その後は運動の継続時間に従って、脂肪がひたすらに燃えてくれます。

筋肉量が多ければ、さらに燃える脂肪も多くなります。

有効な有酸素運動とは?

脂肪を燃やす上で一番有効な有酸素運動はジョギングと言われています。

まずは5分、とかできる範囲から徐々にやっていき、次第に時間と距離を伸ばしていくのがコツです。

ただ体重が重く膝に負担がかかる方の場合はプールでのウォーキングから始めていきましょう。

ジョギングがちょっと抵抗あるという方はバイク、つまりサイクリングがおすすめです。

どちらも会話が出来るぐらいの息使いで長い時間続けることで効果があります。

イメージトレーニングで後押し

無酸素も有酸素も習慣付くまでは中々しんどい作業だと思います。

ダイエットで飽きがこないよう、モチベーションを保ちつづける方法として、自分のなりたい体型の有名人、アスリートのポスターを部屋に貼る、というのがあります。

この人のこの腹筋になりたい、このお尻になりたい、など、具体的なパーツを貼り、それをイメージしながらトレーニングに励むことで、何もしないよりも理想に近づき、モチベーションが上がると言われています。

人は動かなくなった

移動技術や輸送手段の格段の進歩により、人は昔と比べてはるかに運動量が落ちました。

この文明の発達による負の側面、それが肥満社会です。

文明が発達して便利になったのは有り難いことですが、その恩恵に預かるばかりでは、本来の人としての自然な動きから遠のき、どんどん体にエネルギーが蓄えられていきます。

人は昔と比べて動かなくなった、このことを意識して積極的に運動してみてはいかがでしょうか。

食事を減らすことによるダイエットの弊害は、だんだんと一般的に周知されていきました。

確実に痩せる薬やサプリメントというものは科学的実証に乏しいですが、筋肉を付けやすくする、運動時の脂肪を燃焼させやすくする、などの補助的な効果は期待できます。

ダイエットには決意と確実に痩せる手段が必要です。

現在確実に健康に痩せることが証明されているのは運動、とくに有酸素運動によるダイエットです。

有限な時間は、確実な方法で埋めていきましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-